トップ > ホメオパシーヘルプ 体験談 > アンチエイジング > ダイエット

女性 41歳 群馬県
ホメオパシー的ダイエット体験談。ホメオパシーで薦めるオイルをとりはじめてから、少しずつですがむくみは消え、気づけば元の体形に戻っていました

群馬県女の体験談 私は、身長165cmで68kgというガッシリ体型です。定期的に運動をし、大変よく食べていますのでここ数年ずっとこのサイズで体形の変化もさほどありません。 が、なぜか、ずっと同じライフスタイルにもかかわらず、梅雨時と秋口に代謝が落ちるのか便秘とむくみに悩まされます。 顔なんてもう、パンパンです。鏡を見るのもいやになってしまいます。

痩せるといわれている置き換えダイエットやサプリも試しましたが何の効果もなく、わらをもすがる思いでホメオパシーで薦める月見草油や亜麻仁油の ブレンドされたオイルを試しました。

群馬県女の体験談

すると、少しずつですがむくみは消え、気づけば元の体形に戻っていました。 めちゃくちゃ痩せる、というものではないのかも知れませんけど、なんだかわからないうちに(食べすぎとかではなく)太ったという方にはお勧めできると思います。

男性 40代 静岡県 ホメオパス
マザーチンクチャー(MT)アヴィナサティーバのトンシャカハーブ水(※1)を約1カ月間とり続けたところ、なんと体重が17㎏も落ちてスリムになりました!

静岡県男性ホメオパスの体験談

マザーチンクチャー(MT)アヴィナサティーバのトンシャカハーブ水(※1)を約1カ月間とり続けたところ、なんと体重が17㎏も落ちてスリムになりました!

毎日、1リットルのミネラルウォーターに(MT)アヴィナサティーバを40~50滴入れて、とり続けました。とりはじめてすぐに変化が現れました。

変化1:夜食や間食が欲しくなくなった。
変化2:食事のしかたが変わった。時間だから食べるというのではなく、お腹が減ってから食べるようになった。
変化3:体が必要としなければ、食事を抜かすこともできた。
変化4:食事量が減った。全部食べるのではなく、必要量を食べたら箸を置くようになった。


<<体重の変化>>
2009年7月1日:91Kg
2009年7月8日:トンシャカハーブ水開始
2009年8月1日:トンシャカハーブ水終了
2009年8月31日:78Kg
2009年12月31日:74Kg
2010年2月14日現在:74Kg


昨年9月までは、一人暮らしなのに冷蔵庫もガスレンジもなく、自炊せずに外食やスーパーの総菜に頼るという、とても自慢できない食生活でした。唯一気をつけたのは、深夜にはものを食べないで、水分だけをとるようにしたことです。それだけでこのような結果を出すことができました。

アヴィナサティーバは脳のストレスをやわらげるマザーチンクチャーです。
ストレスで食べていた気持ちを和らいだために劇的に減量できたのです。

運動などほかのダイエット活動は何もしませんでしたが、体の要望に従っただけで自然とやせていきました。リバウンドもありません。みなさんも、ぜひ試してみてください。

※1:基本的なトンシャカハーブ水の作り方

①手のひらの上でマザーティンクチャーの瓶を2回、トントン叩く

②ペットボトル(500ml)の水に10~20滴を入れて
一日かけてチビチビ飲みます(濃さは好みで)。

※マザーティンクチャーの活力をアップするコツは、
飲みたびにシャカシャカ振る事。

■ホメオパスからのアドバイス(とらのこ会員専用)

・『ホメオパスからのアドバイス』は、とらのこ会員のみ閲覧可能です。
・ログインIDとパスワードは とらのこ会入会後、
 会員証の配布・配信にあわせて、ご案内いたします。

とらのこ会入会

◆CHhomファミリーホメオパスコース(1年生)
日常起こる出来事や急性の症状に対応し、
ホメオパシーのキットの使い方や、マヤズムに関して学べるコースです。

自宅で学べるeラーニングコー スもありますので是非、
この機会に受講してみてください。
通学コースは、5月開講。eラーニングコースは、6月開講です。

≪CHhom学校紹介≫
○卒業生の声
○ファミリーホメオパスコース・コースの紹介(通学・Eラーニング)
○人生が変わるホメオパシー

>>ホメオパシー健康相談を受けるには

>>ホメオパシーセンター(JPHMA認定)

※ホメオパシーは、現代医学による医療行為を否定したり、遠ざけるものではありません。 異変を感じた場合には、専門機関へご相談ください。

※体験談は個人の感想であり、すべての方が同様の体験をすることをご説明しているものではありません。


季節性のある症状

一般的な急性症状

怪我、身体活動後のトラブル

子供の罹る病気(感染症)

子供に多い問題

アレルギー性疾患

女性の問題

男性に多い問題

感情、精神症状

医原病(薬の副作用)

難治性疾患①

難治性疾患②

皮膚

骨・歯の問題

アンチエイジング

動物

農業

その他