トップ > ホメオパシーヘルプ 体験談 > 難治性疾患② > 癌

女性 東京都
妹が子宮頸癌と甲状腺機能亢進を発病 奇跡の体験談
「それから3ヵ月、そしてまた3ヵ月、妹のがんは消えていました。完治!!です」

神奈川県女性の体験談 私がホメオパシーの学校の1年生だった夏、久しぶりに妹に会って驚きました。この1、2ヵ月の間に体重が5kgも減り、非常に疲れた様子でした。すぐに病院で健康診断を受けるよう言いました。その結果は「子宮頚癌の疑いあり。甲状腺機能亢進」という診断でした。

地元の県立病院の婦人科を受診、「子宮頚がんレベル3、手術をしたほうが良い」とのことでした。

「念のため、他の病院でも診てもらって」と助言。癌研で再検査、結果は同じ「子宮頚がんレベル3」。しかし、ベッドが空いていなかった(?)せいか、3ヵ月後の再検査ということでした。

「3ヵ月も放っておいて大丈夫かな?」と不安げな妹。「その間、レメディー飲んでみる?」とすかさず言ってしまった私。まだホメオパシーの学校に入学したばかりの私は、当時使っていたマテリア・メディカを頼りに、そしてそのころ私がみていただいていたホメオパスからも助言をいただき、Sep.(シイピア)、Con.(コナイアム)、Carc.(カーシノシン)と、ケブラコ、エキネシアのマザーチンクチャーも加えて、毎日、ペットボトルの水に入れて、飲んでもらうということになりました。

「病気の一番恐いところからやりなさい」という由井先生の言葉を思い出し、とりあえず甲状腺のほうは後回し。 そして迎えた3ヵ月後の検診、「レベル3」は変わらずでした。でも驚いたことに、また3ヵ月後の検診ということになったのです。

「この癌はおとなしいようだから、少し様子を見よう」と医者が言ったそうです。

3ヵ月ごとの検診、これを1年近く繰り返しました。その間、がんの大きさは変わらず、レメディーも同じ物を使い続けました。このころ2年生になっていた私は、学校でバナジープロトコルを学ぶ機会に恵まれ、妹のレメディーを、Carb-an.(カーボアニマリス)とCarc.(カーシノシン)に変更、さらに由井先生の「徹底してマヤズムをやらなければ……」という教えにより、Tub.(チュバキュライナム)、Syph.(スフィライナム)を加えました。

それから3ヵ月、そしてまた3ヵ月、妹のがんは消えていました。完治!!です。

レメディーをとり始めてから1年半後のことでした。しかしそのころから、もともとあった甲状腺のほうの症状が目立ってきていました。今までのレメディーの回数を減らしながら、Iod.(アイオド)、Spong.(スポンジア)、Thyr.(サイロイダイナム)を週2回つけ加えました。

10日もしないうちに、動悸、手足の震えは驚くほど改善し、徐々に体重も戻って、4ヵ月後の検診で、TSHは正常値になりました。しかしまだ、腺腫はあるとのこと、レメディーを続けるよう妹に言いました。

このころ、私はストットラー先生の講義を受ける機会に恵まれました。病の大元にダイナミックに働きかけるLM処方を学び、学校ではLMポーテンシーの準備も整えられていました。Tub.(チューバキュライナム、Carc.(カーシノシン)介入として、Carb-an.(カーボアニマレス)すべてLMポーテンシーで飲み始めてもらっています。

2つの病が回復していく中で、妹に以前の穏やかな笑顔が戻ってきています。日々進化していくレメディー処方を学ぶことのできる幸せに心から感謝しているこのごろです。

【動画】がんの治療にホメオパシーの実績
インド人ホメオパス バナジー親子の研究発表
第15回日本ホメオパシー学術協会JPHMAコングレス



○2004~2013年(10年間)悪性腫瘍の記録(24,204人対象)
最低の治療期間:3カ月(8,464人)
亡くなった方:419人
悪化されている方:880人
途中で止めた方:590人
改善された方:268人
ちょっとよくなった方:941人
多少良くなってきた:3,028人
症状が変わらない:2,338人。

<参考図書>

バナジー・プロトコル

米国国立がん研究所が認めたバナジー・プロトコル!
がんをはじめとする200以上の病気治療のプロトコルを一挙大公開!
「バナジー一家4代 (150年)に及ぶ臨床経験に基づく知恵の結晶です。
そのバナジー・プロトコルを余すことなく公開した本書は、ホメオパシーにおける病理的アプローチのバイブルと言っても過言ではありません」

 

【脳腫瘍】



ケース①12歳 男児 脳腫瘍、発作、頭痛、視界のぼやけ 
ケース②14才 男児 脳腫瘍 痛みを伴う右手の衰弱、頭痛、動悸

脳腫瘍の統計(2004~2013年)4,397のケース 最低でも3カ月治療
60% 改善
23% 停滞
10% 悪化
07% 中断
※脳腫瘍のケースで症状が改善又は進行していないケースの合計83%

【肺がん】



ケース① 50歳 肺がん、右側胸部痛、咳、食欲の喪失
ケース② 59歳 肺がん、風邪、咳、呼吸困難

肺がんの統計(2004~2013年)3,588ケース中
32% 改善
21% 停滞
34% 悪化
13% 中断
※脳腫瘍のケースで症状が改善又は進行していないケースの合計53%

【骨がん】



ケース① 20歳 骨癌、右腰部の腫れと左大腿の短縮するような痛み
ケース② 59歳 肺がん、風邪、咳、呼吸困難

肺がんの統計(2004~2013年)3,588ケース中
32% 改善
21% 停滞
34% 悪化
13% 中断
※脳腫瘍のケースで症状が改善又は進行していないケースの合計53%

【ホメオパスによる改善報告】担当ホメオパス:由井寅子
【動画】白血病のケース



①12歳 男児 白血病

<参考図書>

ホメオパシー 癌のレパートリー 新装版
ロジーナ・ゾンネンシュミット(著) 熊坂 春樹(訳)

ホメオパシーを実践している方、学んでいる方に、ぜひ参考にしていただきたい1冊です。
本書では、あらゆる重要な腫瘍の種類と、そのマヤズム的、体質的、臓器親和性の確かなレメディーが、過去200年のホメオパシーの癌専門家たちの言葉を考慮に入れて記載されています。
まさに本書は、ホメオパシーによる癌へのアプローチを集大成したものであり、ホメオパシー医学の大きな成果です。



■ホメオパスからのアドバイス(とらのこ会員専用)

・『ホメオパスからのアドバイス』は、とらのこ会員のみ閲覧可能です。
・ログインIDとパスワードは とらのこ会入会後、
 会員証の配布・配信にあわせて、ご案内いたします。

とらのこ会入会

◆慢性病におけるホメオパシーの治療法は
CHhomプロフェッショナル・ ホメオパス養成コース(4年生) にて
教育、育成を行っております。
通学コースは、4月開講。eラーニングコースは、6月開講です。

≪CHhom学校紹介≫
○人生が変わるホメオパシー
○CHhomコース紹介
○在校生・卒業生の声

>>ホメオパシー健康相談を受けるには

>>ホメオパシーセンター(JPHMA認定)

※ホメオパシーは、現代医学による医療行為を否定したり、遠ざけるものではありません。 異変を感じた場合には、専門機関へご相談ください。

※体験談は個人の感想であり、すべての方が同様の体験をすることをご説明しているものではありません。


季節性のある症状

一般的な急性症状

怪我、身体活動後のトラブル

子供の罹る病気(感染症)

子供に多い問題

アレルギー性疾患

女性の問題

男性に多い問題

感情、精神症状

医原病(薬の副作用)

難治性疾患①

難治性疾患②

皮膚

骨・歯の問題

アンチエイジング

動物

農業

その他