トップ > ホメオパシーヘルプ 体験談 > 子供の罹る病気(感染症) > 水疱瘡

女性 宮城県
水疱瘡ウイルスは本当に時間で衰退するんだなって感じました

宮城県女性の体験談 水疱瘡をホメで治した時のことを書かせて下さい。

娘が4歳の時、幼稚園で水疱瘡が流行り罹りました。この子は予防接種を全然していません。ボツボツもあまり出ず、1日高熱が出て数日で乾燥しすぐ軽快しました。こんなんでなんで「予防接種打て」って言うのかなって思いました。

もう1人の娘は1歳でした。この子も予防接種はしてません。

診断に行った小児科さんの予想通りの潜伏期間で発症して、高熱も数日続き、肺にもボツボツが出来たようで咳もひどくなりました。

かなり元気も無くなって、数日してもよくならず、またその小児科に行ったところ「他の病院なら入院させるくらいなんだけど、お母さん!もう1日、遅くても1日半でよくなると思うからよく観察しつつ頑張って!」と励まして頂き、入院せず、予防のレメディーが入ったセットとホメオパシーセンターからアドバイスをいただいたPuls(ポーサテ―ラ)、Rhus-t(ラストックス)、Ant-t(アンチモニウム・タータリカム)、Apis(エイピス)などで、小児科の先生の言ったよりちょっと時間はかかったけど無事元気になりました。

もちろんその子にもよるだろうけど、小児科の先生の話では「1歳前後が水疱瘡は一番ひどくなる」そうです。肺にくると咳はほんと酷かったけど、ウイルスは本当に時間で衰退するんだなって感じました。

いい小児科の先生に出会えた事もほんとよかった!

あの酷いさなかはボツボツもほんと全身でひどく見た目にも可哀そうだし、何より元気が全然無くなるし・・咳は止まんないしでかなりきつかった。

やっぱ親はとっても心配でいっぱいになります。強くなれない弱い親なので。小児科医が子供の罹るものについて、こんなに「大丈夫だから」って言って下さることに感激しました。 かなり大丈夫って思えました。その先生はインフルでタミフルも出さないので近所では評判がとっても悪いんです(笑)

わたしにはとっても助かってます。すいてますし(笑)

女性 30代 東京都
水疱瘡に罹りましたが、意を決して薬を使わないで出しきることにしました

東京都女性の体験談 先週、長男が水疱瘡にかかりました。

土曜日くらいから肩や足に数か所発疹があり、当初は虫刺されだろうと思っていたら、数日後の火曜夕方に急に体中に広がり、顔や頭、口内にも出来、その晩から39度くらいの熱がでました。アレルギー体質で、2歳すぎまではアトピーで苦しんでいたので(これもホメオパシーでほとんど分からないくらいにまでなりました)、全身の湿疹には薬も使わざるを得ないかな、と覚悟をしていましたが、幸いにもあまり痒がらず、熱によるダルさだけでしたので、意を決して薬を使わないで出しきることにしました。

まずはAnt-c(アンチモニューム・クルーダム)200を何回かリピート。その後、一応診察を受け、翌日(水)には熱が高くて辛そうなので、キッズトラウマ本に従いBell(ベラドーナ)200やPuls(ポスティーラ)200を何回か。Ant-c(アンチモニューム・クルーダム)200も2回ほど。

木曜日、熱も38.0以下となってきたものの、ブツブツが気持ち悪く、また口内の水痘が痛いらしいので、Sulph(ソーファー)200やNat-m(ネイチュミュア)など、適当に数回、そしてかなり甘ったれなので途中Puls(ポスティーラ)も。金曜日、熱も37度となり、食欲もでてきたので、レメディを与えるのをほとんど忘れたものの、金曜日の夕方にはほぼ復活となりました。湿疹もかさぶたとなり、出し切れたかな、と思います。

水疱瘡中に気になったのは、息がとても臭うことでした。子供の息なんて通常は全く臭わないのに、今回は主人曰く「細菌の臭い」とか。

横で寝ている私が顔をしかめたくなるくらい臭っていたのです。それも治癒とともになくなりましたが、あれは闘っていた証拠なのかもしれません。

◆CHhomファミリーホメオパスコース(1年生)
日常起こる出来事や急性の症状に対応し、
ホメオパシーのキットの使い方や、マヤズムに関して学べるコースです。

自宅で学べるeラーニングコー スもありますので是非、
この機会に受講してみてください。
通学コースは、5月開講。eラーニングコースは、6月開講です。

≪CHhom学校紹介≫
○卒業生の声
○ファミリーホメオパスコース・コースの紹介(通学・Eラーニング)
○人生が変わるホメオパシー

>>ホメオパシー健康相談を受けるには

>>ホメオパシーセンター(JPHMA認定)

※ホメオパシーは、現代医学による医療行為を否定したり、遠ざけるものではありません。 異変を感じた場合には、専門機関へご相談ください。

※体験談は個人の感想であり、すべての方が同様の体験をすることをご説明しているものではありません。


季節性のある症状

一般的な急性症状

怪我、身体活動後のトラブル

子供の罹る病気(感染症)

子供に多い問題

アレルギー性疾患

女性の問題

男性に多い問題

感情、精神症状

医原病(薬の副作用)

難治性疾患①

難治性疾患②

皮膚

骨・歯の問題

アンチエイジング

動物

農業

その他