トップ > ホメオパシーヘルプ 体験談 > その他 > 日光過敏症

女性 島根県
日光過敏症の痒みと皮膚の発赤がNat-mで治まりました

島根県女性の体験談 約2年前に日光過敏症と診断され外用薬を処方されました。

たぶんステロイドだろうと思い、ほとんど塗らずに、Nat-mur(ネイチュミュア)とローションを使ったところ、痒みと皮膚の発赤が治まりました。それから、海老で食あたりになった(腰痛で歩けなくなった)時も、Nat-murで楽になりました。以来私の必需品となっています。

◆慢性病におけるホメオパシーの治療法は
CHhomプロフェッショナル・ ホメオパス養成コース(4年生) にて
教育、育成を行っております。
通学コースは、4月開講。eラーニングコースは、6月開講です。

≪CHhom学校紹介≫
○人生が変わるホメオパシー
○CHhomコース紹介
○在校生・卒業生の声

>>ホメオパシー健康相談を受けるには

>>ホメオパシーセンター(JPHMA認定)

※ホメオパシーは、現代医学による医療行為を否定したり、遠ざけるものではありません。 異変を感じた場合には、専門機関へご相談ください。

※体験談は個人の感想であり、すべての方が同様の体験をすることをご説明しているものではありません。


季節性のある症状

一般的な急性症状

怪我、身体活動後のトラブル

子供の罹る病気(感染症)

子供に多い問題

アレルギー性疾患

女性の問題

男性に多い問題

感情、精神症状

医原病(薬の副作用)

難治性疾患①

難治性疾患②

皮膚

骨・歯の問題

アンチエイジング

動物

農業

その他