トップ > ホメオパシーヘルプ 体験談 > 難治性疾患② > シェーグレン症候群【特定疾患】

【ホメオパスによる改善報告】担当ホメオパス:由井寅子
男性 32歳  主訴:シェーグレン症候群

【解説】シェーグレン症候群

特定疾患に指定されている難病。

目の乾燥(ドライアイ)、口の乾燥、鼻腔の乾燥など、
通常湿り気のあるはずの粘膜が乾燥する事を特徴とする疾患。

目の症状では、
涙が出ない為、目が痒い、痛い、疲れる、悲しくても涙が出ないなどの症状がある。

口の症状では、
唾液が出ない為に、常に口の渇きがあり、口の内が痛む、味がよくわからない、
口が渇き過ぎて日常会話が続けられないなどの症状を訴える他、
関節痛や疲労感など症状は全身に及ぶ。

様々な原因が重なった自己免疫疾患と考えられており、
日本には約3万人の患者がいると推定されている。


ホメオパスによる改善報告:シェーグレン症候群 【状況】
目の乾燥。目の周り、眉間、こめかみが疲れる。
口の渇き。唾液がでない。喉がゴロゴロする感じ。
7年程まえから口角炎で口角が切れやすくなる。
疲れやすい。毎日、体がだるく動けないほど。寝込むほどの時もある。
28歳のとき特定疾患の『シェーグレン症候群』と診断された。
ステロイド剤を摂るよう進められたが副作用が辛いとも言われ様子を見ていた。

【ホメオパスの考察】
クライアントを取り巻く環境として、長年、農家として農業に従事しており農薬の影響を考えられる事。
また、果物栽培は親子4代に渡って続く家業であり、農薬の害を考慮にいれレメディー選択を行った。

ホメオパスによる改善報告:シェーグレン症候群 【選択したレメディー
(2007/03/30~ 複数回相談会受診)】
農薬を希釈振盪したレメディー、薬を希釈振盪したレメディー
神経サポート、Ph-ac(フォサック)、Merc(マーキュリー)など  他省略

【結果】
相談会を受診し始めた当初の報告では、睡眠をとっても疲れが抜けきれず朝起きれない状況であったが、レメディーを摂った次の日はすっきり起きられる。摂らないと起きる事が辛くなると報告。

また、好転反応として38度以上の発熱を数回、発疹、咳、鼻水、痰、舌に発疹。排泄に比例するかのように、徐々に口や目の乾きも改善、体の疲労感も改善しているとの報告。

始めての相談会から5年後、2012年の報告では、以前のような疲労感はなく、体調もよく、朝起きられない事は一度も無い。唾液がでなくてしゃべれないという事も無くなった。

以前、物忘れは酷かったが、それも改善していると報告している。

◆慢性病におけるホメオパシーの治療法は
CHhomプロフェッショナル・ ホメオパス養成コース(4年生) にて
教育、育成を行っております。
通学コースは、4月開講。eラーニングコースは、6月開講です。

≪CHhom学校紹介≫
○人生が変わるホメオパシー
○CHhomコース紹介
○在校生・卒業生の声

>>ホメオパシー健康相談を受けるには

>>ホメオパシーセンター(JPHMA認定)

※ホメオパシーは、現代医学による医療行為を否定したり、遠ざけるものではありません。 異変を感じた場合には、専門機関へご相談ください。

※体験談は個人の感想であり、すべての方が同様の体験をすることをご説明しているものではありません。


季節性のある症状

一般的な急性症状

怪我、身体活動後のトラブル

子供の罹る病気(感染症)

子供に多い問題

アレルギー性疾患

女性の問題

男性に多い問題

感情、精神症状

医原病(薬の副作用)

難治性疾患①

難治性疾患②

皮膚

骨・歯の問題

アンチエイジング

動物

農業

その他