トップ > ホメオパシーヘルプ 体験談 > 骨・歯の問題 > 骨軟骨腫

【ホメオパスによる改善報告】担当ホメオパス:由井寅子
4歳 女児 主訴 膝関節の骨軟骨腫

骨軟骨腫

骨は硬い組織ですが、
軟骨は名前のごとく骨の中でも端っこにある軟かい組織です。

軟骨は関節の表面にあり、
関節が滑らかに、弾力的に、動けるような働きをしております。
また、骨の端のほうで盛んに新しい細胞を作って、
骨を成長させる役目も持つため、成長期にある子供の骨は、
大人より軟骨の部分が多い状態にあります。

骨軟骨腫は、軟骨組織が異常に増えてしまう症状で、
10歳代の子どもにもっとも多く発生します。

軟骨腫が大きくなると、関節の動きが制限されて動作がうまくできなくなる他、
周囲の組織を圧迫したり、骨折したりして痛みが起こる事もあります。


【状況】
軟骨腫が右膝にできている為、関節を正常に曲げたり伸ばしたりする事ができない。
歩行が上手くできず、右脚を伸ばしたまま、ブン回すように歩く。

ホメパスによる改善報告:骨軟骨腫 右関節の痛みのケース 【ホメオパスの視点】
女児は生後6ヵ月の頃から歯にフッ素塗布を行い、
これまで計10回行っている

フッ素は骨と歯に沈着し易く、
骨の腫瘍の原因となる場合がある。

女児は軟骨骨以外にも、フッ素の影響と見られる影響が顕著にでていた為、 フッ素が体の正常な機能を害したケースと予想し、フッ素を希釈振盪した レメディー、医原病(ワクチンなど)のレメディー、慢性マヤズム(遺伝傾向) のレメディーを選択、約2年間通ってもらった。


【選択したレメディー】
Fl-ac(フル・アック)、Calc-f(カルク・フロア)、その他省略

【主な好転反応】
・耳から黄色い膿を排泄。
・発熱
・咳 

【好転反応後】
・骨種が徐々に小さくなり消滅。
・右膝が伸ばせなかったのが、真っ直ぐに伸ばせるようになった。
・普通に歩けるようになった。
・スキップができるようになった。
・元気に走る。

ホメパスによる改善報告:軟骨種 右関節の痛みのケース

【現在】
元気に動いて、バレエのステップを踊っている。
冬は元気にスキーをし、ボーゲンで滑れるようになりました。
夏は浮き輪なしで泳げるようになりました。
今は跳び箱に夢中で4段が飛べるようになりました。

◆慢性病におけるホメオパシーの治療法は
CHhomプロフェッショナル・ ホメオパス養成コース(4年生) にて
教育、育成を行っております。
通学コースは、4月開講。eラーニングコースは、6月開講です。

≪CHhom学校紹介≫
○人生が変わるホメオパシー
○CHhomコース紹介
○在校生・卒業生の声

>>ホメオパシー健康相談を受けるには

>>ホメオパシーセンター(JPHMA認定)

※ホメオパシーは、現代医学による医療行為を否定したり、遠ざけるものではありません。 異変を感じた場合には、専門機関へご相談ください。

※体験談は個人の感想であり、すべての方が同様の体験をすることをご説明しているものではありません。


季節性のある症状

一般的な急性症状

怪我、身体活動後のトラブル

子供の罹る病気(感染症)

子供に多い問題

アレルギー性疾患

女性の問題

男性に多い問題

感情、精神症状

医原病(薬の副作用)

難治性疾患①

難治性疾患②

皮膚

骨・歯の問題

アンチエイジング

動物

農業

その他