ページの先頭です
ページ内を移動するリンクです
カテゴリーメニュー
本文

ボイス

CHhomへの入学のきっかけは人それぞれ。
それぞれの思いを胸に、在校生も卒業生もみんながんばってます。
そんな先輩たちの声をお聞きください。

在校生・講師(卒業生)の声

森林浴のような学びの舎 CHhom1期 M.Aさん

初めは、夢でもあった美大に入学が決まっていましたが、祖父が白血病になり余命3ヶ月とお医者さんに告げられてから祖父自身が、延命治療も入院も強い思いで希望しなかった為、自宅で過ごす事になりました。
次第に体力も衰えていく中で何か自分に出来ないかと思い、ホメオパシーを祖父に使い出しました。ホメオパスの健康相談会にも行き・・・

ホメオパシーは素晴らしい医学
片桐航ホメオパス

ホメオパスになってよかったと思うことは、一生を通じて学ぶ意味のあるものを見つけた事です。ホメオパシーのセルフケアを教育する等の社会貢献が出来る事はとても価値があることだと思います・・・

卒業生にインタビュー

現場で活躍する先輩方の生の声をお届けします。

病気にするのも治すのも自分自身
RAH 5期 鈴木優子ホメオパス

「他の学校だったら、ホメオパシーは趣味で終わっていたかもしれない。RAHでの学びは、普通ではなかなか学べないような内容です。ホメオパシーだけではなく、生きるヒントがちりばめられていて。勉強がこんなに楽しいってことを多くの人に体験してもらいたいですね。」

4年間の感想

RAHの先輩たちから、4年間の過程を終えられた感想をいただきました。

人生が変わりました。価値観が変わりました。生きやすくなり迷いが減りました。この学校に入る事で得られたものはとても多いです。由井先生に出会えて、ホメオパシーに出会えて、RAHに出会えて本当に感謝しています。こんなに人生を揺さぶられる学校は、他にはないと思います。CHhomがホメオパシーがもっと広まりたくさんの人が恩恵を被られる事を願います。