トップ > ホメオパシーヘルプ 体験談 > アレルギー性疾患 > 食物アレルギー

女性 40代 神奈川県
キウイを食べてショックを起こし喘息様発作を起こしてぐったり。Ipを与えら瞬間で顔色がさっと良くなり30分でほぼ沈静

神奈川県女性の体験談 食物アレルギーで、驚いたことがあったので報告します。

子供が夕食後、キウイを食べてショックを起こし、喘息様発作を起こしてぐったりしてしまいました。今までキウイは食べていたのに・・・と思いつつ、救急車を呼ぼうかどうしようか様子を見つつ、Ip(イペカック)30Cを与えたところ、口に入れた瞬間に顔色がさっと良くなり、機嫌が良くなり、30分でほぼ沈静、そのあとも数回Ip(イペカック)を与えて3時間後にはすやすや寝ていました。

これを見ていた主人も、「効き目に寒気がした・・・」と言い、今では何かあると、レメディくれ、と言ってきます。持病で耳に神経痛を持っており、Acon(アコナイト)で5分であっけなく治るので、やみつきになっているようです。おもしろいもので、レメディがヒットすると、眠くなるんですね。あまり眠気がこないものは、効き目もあまりありません。

女性 40代 兵庫県
食物アレルギーの子供です。小児科医に「食物アレルギーが強過ぎて、子供さんは大人になるまで生きられない」と真剣に言われたときは、本当に絶望の淵にいました。あの時に、辛くて「子供と一緒に死ぬしかないのではないか」と思った私でしたが、人生を諦めてしまわなくて本当に良かったです。

兵庫県女性の体験談 5年間以上ホメオパシーだけで対処してきていますが、長引く症状は病院に行って診察を受けたり、経過を診て頂いています。(ホメオパシーを使っているとは言っていません)。

6年前にはたくさんの食物アレルギーがあり、あまりに症状が強いため、小児科医は「(この子は)一生かけてもどれも微量の食物アレルゲンを解除するのがせいぜいで、一生普通には食べられるようにならない」と頭を抱えてうなだれながら言いました。そのような途方に暮れていた時にホメオパシーに出会いました。

理系だったので、理論を聞くからに胡散臭いと思いながらも、他になすすべもなかったので、藁にすがる思いで相談会を受け体質改善を行いました。

最初はどのレメディーも全く反応せず、やっぱり「インチキだった」と思いながらも、悔しいのでそのまま体質改善を続けていたら、1週間で新生児みたいな緑色の排泄物が私と子供に出てきてびっくりしました。3カ月ほど言われるまま体質改善を続けていたら、突然1つのアレルゲンの負荷試験が進み出し、一生どころか、ほんの数か月で完全に解除できました。 小児科医も驚いていました。

殆どのアレルゲンは解除できてきたのですが、卵だけは抗生物質とステロイドの両方の毒出しとの連動が強く、アトピーで肌がぼろぼろになってしまうので、なかなか解除とまではいきませんが、卵のつなぎ程度は食べられるようになりました。

食物アレルギーの症状が出た時は、相談会で頂いているレメディーが凄く合っていて、軽い蕁麻疹なら2分程度、背中全体の蕁麻疹は1時間程度で治まってしまいます。

病院に行くよりも早く良くなるので、病院へはなかなか行く機会もありませんが、これからも気長に卵の解除を続けて行こうと思っています。

ホメオパシーに出会えて本当にラッキーでした。

あの頭を抱えた小児科医の「食物アレルギーが強過ぎて、子供さんは大人になるまで生きられない」と真剣に言われたときは、本当に絶望の淵にいました。

あの時に、辛くて「子供と一緒に死ぬしかないのではないか」と思った私でしたが、人生を諦めてしまわなくて本当に良かったです。

ホメオパシーを広めて下さって、本当にありがとうございました。

■ホメオパスからのアドバイス(とらのこ会員専用)

・『ホメオパスからのアドバイス』は、とらのこ会員のみ閲覧可能です。
・ログインIDとパスワードは とらのこ会入会後、
 会員証の配布・配信にあわせて、ご案内いたします。

とらのこ会入会

◆慢性病におけるホメオパシーの治療法は
CHhomプロフェッショナル・ ホメオパス養成コース(4年生) にて
教育、育成を行っております。
通学コースは、4月開講。eラーニングコースは、6月開講です。

≪CHhom学校紹介≫
○人生が変わるホメオパシー
○CHhomコース紹介
○在校生・卒業生の声

>>ホメオパシー健康相談を受けるには

>>ホメオパシーセンター(JPHMA認定)

※ホメオパシーは、現代医学による医療行為を否定したり、遠ざけるものではありません。 異変を感じた場合には、専門機関へご相談ください。

※体験談は個人の感想であり、すべての方が同様の体験をすることをご説明しているものではありません。


季節性のある症状

一般的な急性症状

怪我、身体活動後のトラブル

子供の罹る病気(感染症)

子供に多い問題

アレルギー性疾患

女性の問題

男性に多い問題

感情、精神症状

医原病(薬の副作用)

難治性疾患①

難治性疾患②

皮膚

骨・歯の問題

アンチエイジング

動物

農業

その他