トップ > ホメオパシーヘルプ 体験談 > アレルギー性疾患 > アトピー

女性 30代 東京都
難治性アトピー、医原病(28年間使用したステロイド病)の方のホメオパシー体験談。
ホメオパシーのおかげで生まれ変わることができ、やっと「自分」を生きられるようになったと感じています。好転反応もありますが、ホメオパシーのレメディーやマザーチンクチャー、スキンケア製品で、身体も心も右肩上がりに健康になっていっています。

ホメオパシーの相談会を受け始めて7年目に入りました。

最初の5年間は、とらこ先生のクライアントとして健康相談を受け、28年間使い続けてきたステロイドから離脱しました。

激しい好転反応に苦しんだ時期もありましたが、人生に絶望するほど重度だったアトピー (個人的にはステロイド病だと思っています)が、見違えるように改善しました。

以前は、電車に乗れば見知らぬ隣の人から「いい治療法を知っているけど試してみない?」と言われたり、 通りすがりの人にもじろじろ見られるほど醜い姿でしたが、今では「アトピーなの?」と指摘されることもほとんどなくなりました。

東京都女性の体験談

現在は病院の薬を一切使わず、ホメオパシー健康相談会で選択されるレメディーやマザーチンクチャーのほか、Calen(カレンデュラ)蜜蝋クリーム、 Calen(カレンデュラ)配合の寒天ベースのジェルしか使用していませんが、以前のような状態に戻ることもありません。 ホメオパシーのおかげで生まれ変わることができ、やっと「自分」を生きられるようになったと感じています。

○私のアトピー歴

私は生後6カ月からのアトピーで、高校~大学のころは入退院を繰り返し、 そのたびにステロイドを全身に塗られ、内服もさせられて、まさに「薬漬け」になっていました。

そのため、副腎などの臓器がかなりダメージを受けているようです。 その体を完全に回復させるには、まだ時間がかかることは理解しています。

ですから、「いついつまでに完治させよう」と急ぐようなことはせず、「なるようにしかならない」と気長に構えて、 「今がこの私にとってパーフェクトな状態だ」、「どんなときにも気づきを得られるはずだ」と信じて、一日一日を過ごすようにしています。事実、ホメオパシーを始めて長い期間がたっていますが、毎日楽しみながらホメオパシー的生活を送っています。

○好転反応を乗り越える

私はとても敏感な体質なので、レメディーをとるとすぐによくなることもありますが、 逆に好転反応が起こることもよくあります(もちろん今の好転反応は、ステロイドからの離脱の時期だった初期のころに比べれば、それほど激しいものではありませんが)。 私の場合はステロイドの害が大きいため、顔にひどく出ることはほとんどなくなりましたが、 主に筋肉や腱、骨などに痛みや腫れが生じます。

ちょうど3カ月ほど前のことですが、ちょっとしたストレスがきっかけで、 普段だったら好転反応を起こさないようなレメディーで、激しい反応が出てしまいました。

両脚が腫れあがり、特に左脚は皮膚がほぼ全部剥離してしまい、滲出液が大量に出て、 少しでも動かしたり圧迫すると、両足首と両脚の骨の周りの筋肉に激痛が起こるという状態に陥ってしまったのです。

会社を休み、Hep.(ヘパソーファー)、Puls.(ポースティーラ)などのレメディーや Calen(カレンデュラ)蜜蝋クリーム、Tarax(タラクシカム/西洋タンポポ)などのマザーチンクチャーをとったおかげで、少しずつ滲出液も治まり、会社にも復帰しました。

会社に復帰してからは、Nit-ac.(ニタック)と、Thuj.(スーヤ)をとり続け、確実に回復していくのを感じました。

痛みには、Mag-p.(マグフォス)と、Morph.(モーフィン)をポケットに入れておいて、必要な都度、頓服としてとっていました。

私は会社ではデスクワークをしています。
ずっと座っているため、脚がうっ血してくるのですが、 Mill(ミュルフォリューム/西洋ノコギリソ ウ)のマザーチンクチャーをとったところ、 わずか1時間くらいでむくみがスーツと取れて、痛くて動かせなかった足指が動かせるようになりました。

好転反応もありますが、ホメオパシーのレメディーやマザーチンクチャー、スキンケア製品で、 確実に、右肩上がりに身体も心も健康になっていっています。

私たち人間が必要としているものは、すべて「自然界」の中にあるんだなとつくづく思います。 そして、その「自然な状態」に戻れるようにお手伝いしてくれるホメオパシーという素晴らしい療法に、 言葉では言い尽くせないほど感謝しております。

東京都女性の体験談

※慢性病であるアトピーは、深い部分に原因がありますのでセルフケアでは限界があります。 JPHMA認定のホメオパスにご相談ください。

※アトピーの皮膚は非常に敏感です。皮膚の治癒力を低下させる石油由来のスキンケア製品から、 天然成分100%にこだわった製品に切り替える事をお勧めいたします。

特に、徹底的に無農薬・無化学肥料で栽培されたカレンデュラやヘチマを使ったスキンケア製品は皮膚の治癒力を最高度に高めてくれるでしょう。

女性 愛知県 アトピーのケース
(CHhom名古屋校スタッフからの投稿)
長引くアトピーの好転反応。とらこ先生からアドバイスをもらったマザーティンクチャー、エキネシアとアーティカプラットで大きく改善!

愛知県女性の体験談 CHhomの学生さんからアトピー改善の体験談を聞きましたので、シェアしたいと思います。

ホメオパシーを知って、ホメオパシー健康相談会にもかかり、とうとうプロフェッショナルホメオパス養成コースに入学!! 学生として熱心に学び、自分でアトピーを改善しようとがんばって取り組んできたそうです。

好転反応で皮膚からの排出があったり、良くなったり悪くなったりを繰り返し、辛い時期が続きました。 浸出液で服がびしょびしょになるぐらい大変な時期もあり、このアトピーは本当に治るのだろうか?と 疑ったこともあったそうです。

そういう状態の中でも、3回目の妊娠・出産を無事終えることができたそうですが、おっぱいの出が悪く、困っていました。

そんな時、とらこ先生名古屋ライブ講演会で、とらこ先生から「おっぱいは出ているか?」と声をかけられました。 思わしく出ていないおっぱいや皮膚状態を見て

とらこ先生は
「エゾイラクサで作った、Urt-pφ(アーティカプラット/イラクサ)マザーチンクチャーで乳汁分泌を促し、ムラサキバレンギクで作った、Echiφ(エキネシア)マザーチンクチャーで血液をきれいにして、 乳汁の質を上げるといい。この2つのマザーチンクチャーを飲んむと、血液をが綺麗になる」とアドバイスをもらったそうです。

愛知県女性の体験談

この2つのマザーチンクチャーを飲んでいくと、体から治ろうとするエネルギーが出てきたそうです。 この2つのマザーチンクチャーを飲んでいくと、どんどん皮膚状態が良くなってきて、最終的には、肌がつるつるになっていったそうです。

今日、久々にCHhom名古屋校に顔を出してくれたこの学生さんは、肌だけでなく心も晴れ晴れ、とても輝いて見えました。

こんな素晴らしい体験談をシェアしてくださいましてありがとうございました。
この体験がアトピーで苦しんでいる方に届くことを願います。

【ホメオパスによる改善報告】担当ホメオパス:由井寅子
女児 8歳 主訴 アトピー

【状況】
アトピーは夜と暖かい布団の中で痒くなる。

性格的には嫉妬心が強い。
弟が生まれてすぐから母にべったり。
嫉妬が凄く、赤ちゃん返りが激しかった。
ワクチンは一通りうけた。

【選択されたレメディー(2010/04/27)】
・Thuja (スーヤ)
・9種の予防接種のレメディー
・Echi(エキネシア)
・Puls(ポスティーラ)など

ホメオパスによる改善報告:女児 8歳 主訴 アトピー

【レメディーをとった後(2010/8/20)】
1回の相談会で改善。
肌がものすごく綺麗になった。
夜も眠れる。この快適さが夢のよう。

※複雑化していないアトピーは短期間で改善する場合がありますが、親がアトピーやアレルギーを持つ場合、症状の抑圧が多い場合は、その負荷は子供に受け継がれ長期の治療が必要になります。
また、ステロイドを使用していた場合も同様です。

アトピーは、JPHMA認定ホメオパスにご相談される事をお勧めいたします。

【ホメオパスによる改善報告】担当ホメオパス:由井寅子
女性 30歳 主訴:30年間続く難治性アトピー

【状況】
アトピーは生後2ヵ月から30年間続いている。酷い痒み。

【タイムライン】
0歳の時、顔・体に発疹。亜鉛軟膏とステロイドを使用し治療。
その後、幼少期に麻疹、水疱瘡、おたふく風邪を発症するが、 全て薬で抑圧。
当初劇的にアトピーの発疹を抑える事ができた。
ステロイドは徐々にきかなくなり、そのたびに強いステロイドに、 ランクアップ。
しかし、じきにそれもきかなくなってしまった。

ホメオパスによる改善報告:女性 30歳 主訴:30年間続く難治性アトピー

【選択されたレメディー(2004年2月10日)】
・His(ヒスタミリナム)
・Corti(コーチゾン)など

ホメオパスによる改善報告:女性 30歳 主訴:30年間続く難治性アトピー

【レメディーをとった後】
①2004年2月20日
発疹が広がり始める(抑圧されていた症状が表に出る=好転反応)

ホメオパスによる改善報告:女性 30歳 主訴:30年間続く難治性アトピー

②2004年3月31日
好転反応(熱・アトピーの排出)が起こる。

ホメオパスによる改善報告:女性 30歳 主訴:30年間続く難治性アトピー

③2004年4月20日
首の後ろが腫れる(体が老廃物を出そうとしているが出す力が無い)
レメディー選択:Bar-m(バリュータ・ミュア)など

④2004年4月23日
レメディー後、首の腫れた部分に穴が大量の膿が排泄され首の腫れが小さくなった

ホメオパスによる改善報告:女性 30歳 主訴:30年間続く難治性アトピー

⑤2004年10月
アトピーがすっかりよくなり結婚式をあげられた。

【ホメオパスによる改善報告】担当ホメオパス:由井寅子
男児 1歳 相談会を重ねる毎に悪性リンパ腫の疑いもなくなりアトピーが大きく改善したケース

担当ホメオパス 由井寅子
主訴: 1.アトピー(写真あり)

http://www.homoeopathy-center.org/symptom/case_yui02.html

【ホメオパスによる改善報告】担当ホメオパス:小林由希子
女の子 8歳 家族のサポートでアトピー性皮膚炎を乗り越えた例

担当ホメオパス 小林 由希子
1)アトピー性皮膚炎 2)便秘 3)疲労

【詳細】
http://www.homoeopathy-center.org/symptom/category03-01.html

女性 20代 東京都
酷いアトピーからホメオパシーのおかげでほぼ回復した者の一人です

東京都女性の体験談 しかし、今でも乳製品やコーヒー、チョコ等を摂り過ぎると、未だに指と関節の内側が痒くなってしまいます。

ステロイドの薬害は、長く続いた好転反応(一年ほど)でだいぶ排出したと思ったのですが、食品によって痒みが再発してしまうのは残念に思っているところです。

20年止められなかった、ステロイド軟膏や抗ヒスタミンを、今はまったく手を出さず、Calen(カレンデュラ)やThuj(スーヤ)の入った蜜蝋のクリームとレメディのみで対処しているので、立派な成長!とは思いながら、もう少し辛抱強くレメディで毒だしが必要ととればいいのか、食品による症状は有難いととって、身体に食品を選択してうまく体とつきあっていくということが先決なのか迷うところです。

マクロビオティック、特に中国・陰陽の考え方では、白砂糖をつかったもの・肉類・乳製品・南国からきた食べ物は極陰、もしくは極陽の食物で、アトピーを悪化させるといいます。自身の感覚からいっても、上記の食品を摂った後は痒みが必ず増しています。

以上をもって、アトピーを完全に克服した方の意見(特に食品との付き合い方)も聞ければ光栄に思います。いつも本当にありがとうございます。

女性 40代 東京都
アトピーで悩んでいるお母さん、お父さん方、諦めないでください。癒されない傷はないと、この頃、心から思う私です。

東京都女性の体験談 子どもに食物アレルギーとアトピーがあり、西洋医学ではアレルギーは、よくはならないという何か確信のようなものがり、ホメオパシーを始めました。

0歳の頃からホメオパシーを始めているので、娘はもう5年近く、レメディのお世話になっていることになります。同じアトピーで苦しんでいる方への参考になればと思い投稿します。

うちの子は、アレルギーとアトピーで一時は自殺も考えるほどの苦しい日々がありました。

ただ、ここ2、3年は、足首だけに症状が残る程度で、お陰様で、とてもアトピッ子だとは思えない程のきれいな肌です。また、レメディのおかげで大変丈夫な子で、インフルエンザをやっても、2,3日で回復します。保育園の先生もびっくりです。

ただ、足首に残っただだれのような症状は頑固でした。とても痒く、お風呂や寝る前の時間は修羅場でした。気が狂ったように娘はかくのです。そして、私は「掻いちゃだめー」と叱る、娘は泣きながらかくの繰り返しで、お風呂と寝る前に時間は私にとっても、とても辛く、毎日が自己嫌悪でした。

しかし、ある日、気づいたのです。かいてもいいんだと。痒いんだから、かきたいだけ、かかせようと。

それからは、気が狂ったようにかいている娘に対して、感情的になることもなく、「痒いなら、かけばいいよ」と眺められるようになりました。そして、娘は、大変な勢いでかいてはいるが、しばらくすると、気持ちがおさまるのか、かくのを止めることに気がつきました。 そして、癒しのカレンデュラJをお風呂に入れると、更に痒みがおさまり、かく回数が段々と少なくなっていきました。

そして、最近では、あの、赤く、ただれような足首の症状が、いつの間にか消え、きれいになっていることに気づいたのです。もう、駄目だと諦めていたのに。

小学校のプールは、塩素が強いので、どうしようかと思っていたくらいだったのに。

かきたいだけ、かきなさいと、私が娘を責めない様になったことが、一番の薬だったように思えます。

アトピーで悩んでいるお母さん、お父さん方、諦めないでください。
癒されない傷はないと、この頃、心から思う私です。

女性 40代 東京都
アトピーに悩んでいるお母さん方の参考になればと思い再投稿します

東京都女性の体験談 うちの子は、生後3ヶ月からひどい湿疹に悩まされ、現在は6歳ですが、現在はアトピーが完治しています。

レメディをとるようになり、めきめきとよくなったのですが、足首、特に左の足首は、ただれた様に赤く、象皮のような状態が続きました。

痒みも酷く、毎晩お風呂と寝る前に酷く掻くので、正直良くなることを諦めていました。 ただ、アトピーには食事が大切と、野菜は有機栽培のもの、その他の加工品は添加物や化学調味料が含まれていないものを吟味してきました。

もちろん、薬は極力避けて、天気の良い日は外遊びで、痒くて掻きたいときには思い切り掻くという方針で続けたところ、なんと、昨年の10月には、足首の湿疹がきれいに消えてしまいました。やはり、毎日の地道な努力が、アトピーには一番の近道だと思います。

<参考図書>

ホメオパシー子育て日記 中村 房代(著)

子育てに悩む母親必読の書。
アトピーの二児の母親が綴ったホメオパシー体験記!

女性 40代 タイ

アトピーを持つ9歳の次男です。以前は熱を全く出せなかった息子ですが、最近では、熱も出せるようになり、アトピーもすごく良くなってきています。

女性 40代 神奈川県

4年くらい前から家族でレメディを使用しています。4歳の娘のアトピーもここ1年程継続して健康相談を受けて、徐々にですが改善が見られます。

女性 20代 東京都
私は、アトピーという自分の病気を通してホメオパシーに出会い、そこにあるたくさんの考え方に心から共感し、将来ホメオパスになるという確固たる夢を見つけることができました。

東京都女性の体験談 幼少時、母が病死した直後から約20年間、酷い全身アトピーで皮膚科に通院、ステロイドや抗ヒスタミン等とり続け、一時的に辛さを抑えるだけの結果で一向に完治しなかったが、2007年末、ホメオパシーに出逢い、セルフケアで毎日必須微量元素のレメディー、定期的にデトックスを進めるレメディーセットを摂るようになってから約6カ月で身体のアトピーの症状はほぼでなくなりました。大きな好転反応もなく、本当に奇跡のようでした!しかし、手指に痒みのはげしい赤くポツポツ関節付近にできる湿疹がしつこく残っており、ひどい痒みに負けデルモゾール軟膏等に頼り続けてしまっていました。

今回初めてホメオパスに相談会を受けました。本日は、辛い好転反応を経て得た誇りある体験談を少し長くなりますが投稿させていただきます。

好転反応として、まず、顔の眼の周りを中心に痒みのあるかぶれがおき、手指の湿疹は、Thuj(スーヤ)を飲み終わった頃酷くなり、汁が止まらなく痛痒くなりました。

それから、以前特に湿疹の酷かった箇所(首、腕膝の内側、乳首)に赤くポツポツする湿疹がたくさん出て、夜中は特に痒くて二時間おきに起きてしまうような辛く眠れない日々が続きました。その際対症として摂っていたレメディーはSulf(ソーファー)、Rhus-t(ラストックス)、Merc(マーキュリー)、Hep(ヘパソーファー)。CalenとThujの入った蜜蝋クリーム等です。その後、1ヶ月半ほどたつと、今度は腕に蕁麻疹が出現しました。夫も、蚊による病気ではないかと心配して「病院に行け」と言いましたが、私は「これは好転反応なのだから」と心を決め症状を受け入れていたので、日々療法に対する意見の食い違いで夫と激しい言い合いばかりの日々でした。

その急性症状にはNat-m(ネイチュミュア)、Apis(エイピス)、Ars(アーセニカム)、Rhus-tの入った蜜蝋のクリームです。蕁麻疹の痒みにとてもよく効きました。

腕の蕁麻疹が治まるにつれて、今度は痒みが脚に移っていきました。治癒の方向性として「症状は上から下へ、中から外へ」のことば通りの現象で、身体で納得できた私はこの頃から好転反応を少し楽しめるようになっていたように思います。

コンサルから約2ヶ月後、依然汁が出続けジュクジュクしていた手指に、Calen(カレンデュラ)をかなりリピートし続けた数週間後、汁が止まり、長い間でこぼこだった湿疹が平らに落ち着いて、指の間の痒みと、少しの水泡が残るだけとなりました。

「嗚呼、苦しいこの時期もやっと終幕か・・・」と思った矢先、ある日の朝起きると、昨晩はかけらもなかったような酷い痛みを伴う膿が、治りかけていた指という指にたくさん出現。

更に数日すると顔から頭皮、腕、脚にまで痛い膿が広がり、その時の心境は本当に言葉にできないほどの絶望感で、夫に対して泣き叫び、怒り、食欲もなくなり呆然とし混沌とした日々でした。その頃はMarc(マーキュリー)、Puls(ポースティーラ)、Hep(ヘパソーファー)等を摂っていましたが、症状は消えず、このまま一生膿が止まらないのではないかと思うほど、取っても取っても膿が溢れていました。

膿が出始めて約3週間後のある日、足首を4針縫うケガを負ってしまい、拒否し続けていた病院へ泣く泣く行くことになりました。夫の強い勧めで、消毒と包帯で感染から保護することだけでいいから通院しようという状況になりました。消毒も、食塩水以外は使わないで欲しいと看護婦さんにお願いしました。しかし膿んでいる箇所を無理やり切ったり、とにかく痛い治療に更に心が弱くなってしまい、毎日病院以外では部屋で混沌と眠り、ごはんもろくに食べられない数週間で、もうこの状況では仕事もできない。改めてホメオパスと電話で相談会をしたところ選択されたレメディはPyrog(パイロジェン)チンキの水ポテンシーでした。

処方されたレメディを飲みはじめて約5日後、包帯を恐る恐るとった私の手を見て「これは夢か」と眼を疑いました。数日前、膿と血だらけだった皮膚から膿は消え去り、かさぶたが出来、皮がむけ始め、約一ヵ月出続けた膿はもう見られませんでした!!今、ようやくグルグル巻きだった包帯が取れ、かさぶたは少しずつ取れて、何も塗ることなく自然に綺麗で新しい皮膚に生まれ変わっています。

私は、アトピーという自分の病気を通してホメオパシーに出会い、そこにあるたくさんの考え方に心から共感し、将来ホメオパスになるという確固たる夢を見つけることができました。

自分自身の選択により、約20年間も症状を抑圧する薬を使い続け、結果心身が不自然になっていたその経験をもって、ホメオパシーに出会うことができ、今のわたしがここにいると思います。好転反応は予想をはるかに越えた辛いものでしたが体内の毒をこれ以上溜め続けていたら、真の意味でのどんな悪夢が未来に待っていただろうと思うと身震いがする思いです。

女性 30代 愛知県
ありがたいことに、手にはアトピーがあったのですが、一年前にホメオパシーで完治しました

アトピーがあったときは、爪の表面にでこぼこが時々できたりしていましたが、今はとてもきれいな状態です。

女性 30代 宮城県
あの頃を思い出すたびに、ホメオパシーへの感謝、教えて下さった皆様、関係者の方々への感謝で胸がいっぱいになります

宮城県女性の体験談 今から5年前に息子のアトピーでお世話になり、いまではホメオパシーは生活にかかせないものになっております。今日は、息子のアトピーを治す上でとても大切だったことを伝えさせてください。

レメデイはホメオパスの方にアドバイスいただき飲ませました。私も飲みました。食事も気をつけましたが私があまり神経質になると息子のアトピーが悪化するので、簡単にできるキンピラゴボウやコンニャク、レンコンなど解毒によいといわれるものを無理のないように食べさせました。

ある書籍から『アトピーのある家庭には、コントロールする人、支配する人がいる例が多い』と知り、それは私だ、と猛烈に反省しました。その頃は夫婦喧嘩も多く、私の精神状態も普通ではなかったかもしれません。それらに気づいて、スムーズに平和を取り戻せたのは、やはりレメデイの力が大きかったとおもいます。Lach(ラカシス)はとても合いました。

そして、家庭内が平和になり、息子に「生まれてきてくれてありがとう。」「未熟なママでごめんね。ゆるしてね。」と素直に言えるようになった頃、息子のアトピーはなくなっていたのでした。

参考になるかわかりませんが伝えさせていただきました。あの頃の夜息子の背中を一晩中掻いたり、お風呂に痛みで泣きながら入ったことを思い出すたびに、ホメオパシーへの感謝、教えて下さった皆様、関係者の方々への感謝で胸がいっぱいになります。

■ホメオパスからのアドバイス(とらのこ会員専用)

・『ホメオパスからのアドバイス』は、とらのこ会員のみ閲覧可能です。
・ログインIDとパスワードは とらのこ会入会後、
 会員証の配布・配信にあわせて、ご案内いたします。

とらのこ会入会

◆慢性病におけるホメオパシーの治療法は
CHhomプロフェッショナル・ ホメオパス養成コース(4年生) にて
教育、育成を行っております。
通学コースは、4月開講。eラーニングコースは、6月開講です。

≪CHhom学校紹介≫
○人生が変わるホメオパシー
○CHhomコース紹介
○在校生・卒業生の声

>>ホメオパシー健康相談を受けるには

>>ホメオパシーセンター(JPHMA認定)

※ホメオパシーは、現代医学による医療行為を否定したり、遠ざけるものではありません。 異変を感じた場合には、専門機関へご相談ください。

※体験談は個人の感想であり、すべての方が同様の体験をすることをご説明しているものではありません。


季節性のある症状

一般的な急性症状

怪我、身体活動後のトラブル

子供の罹る病気(感染症)

子供に多い問題

アレルギー性疾患

女性の問題

男性に多い問題

感情、精神症状

医原病(薬の副作用)

難治性疾患①

難治性疾患②

皮膚

骨・歯の問題

アンチエイジング

動物

農業

その他