トップ > ホメオパシーヘルプ 体験談 > その他 > 膀胱炎

東京都 40代 女性
再発した膀胱炎。症状は悪くなる一方。レメディーをとると見る見る間にいままでのしんどさ、苦しさ、痛さがなく なっていき、血尿が 止まってくれました。「助かった~」。 いろいろ言われ、バッシングの対象になってしまったホメオパシーですが、私自身、その有効性を体で体感いたしまし た。 さまざまな見解があろうかと思いますが、どうぞ真実の道を歩んでください。これからも、ホメオパシーとはお付き合いしていけると思います。

東京都女性の体験談 ○バッシング以来、ホメオパシーから距離を置くようになっていました

私がホメオパシーと出会ったのは、子どもたちが幼稚園時代のころ。かれこれ、12、3年は経とうかと思います。 そのころ通っていた幼稚園の母たちの間では、案外使っている方も多かったと思います。

子どもたちがかぜ気味ともなると、Acon.(アコナイト)などをリピートさせたり。薬を嫌がる子どもたちも、ホメオパシーの甘い球は嫌がらず、ほしがりました。

たまに、自身の体調などにも、ホメオパシーの先生に相談してレメディーを選んでいだいていましたが、2年前の突然の朝日新聞からの報道、バッシング。真実がつかめないまま、子どたちも大きくなり、その内容を自身で読み、自らとろうとはしなくなっていました。私自身も、少し離れたところから見るようになり、そして、いつしかホメオパシーとは距離を置くようになっていました。

○再発した膀胱炎 窮地を救ってくれたのはホメオパシー

しかし、1 ヶ月程前。自身の慢性的になっている膀胱炎が再発。夜中眠れず、しんどい思いでトイレを行き来。 常備していた漢方薬もなく、体を温める対処をしたり、あげくは、かぜ対応の漢方薬や抗生物質を飲んでみたり。 どれも芳しい効果が見られず、調子は悪くなる一方。 次の日は日曜で、医者もやっておらず薬局が開くのも11時ごろ。症状は悪くなる一方。 持つはずもなく、万事休す。と、なぜか忘れていたホメオパシーの存在を思い出し、藁にもすがる思いで娘に早朝から手伝ってもらい、とリあえずOリングでその時の自身に必要であろうレメディー、Canth.(カンサリス)、Ter.(テレビンシーナ)、Ars.(アーセニカム)、Staph.(スタフィサグリア)などがわかり、数分あけてリピート。

なんと、見る見る間にいままでのしんどさ、苦しさ、痛さがなくなっていき、血尿が止まってくれました。「助かった~」。 ここまでくれば、あとは自力で、一週間ほどは、Oリングで調べてはレメディーをとってなんとか改善することができました。 今回、窮地をホメオパシーに助けていただいたことは事実です。

いろいろ言われ、バッシングの対象になってしまったホメオパシーですが、私自身、その有効性を体で体感いたしました。 子どもたちも、私がとっている横から、またレメディーをほしがる始末。 まだまだ、さまざまな見解があろうかと思いますが、どうぞ真実の道を歩んでください。 これからも、ホメオパシーとはお付き合いしていけると思います。

◆CHhomファミリーホメオパスコース(1年生)
日常起こる出来事や急性の症状に対応し、
ホメオパシーのキットの使い方や、マヤズムに関して学べるコースです。

自宅で学べるeラーニングコー スもありますので是非、
この機会に受講してみてください。
通学コースは、5月開講。eラーニングコースは、6月開講です。

≪CHhom学校紹介≫
○卒業生の声
○ファミリーホメオパスコース・コースの紹介(通学・Eラーニング)
○人生が変わるホメオパシー

>>ホメオパシー健康相談を受けるには

>>ホメオパシーセンター(JPHMA認定)

※ホメオパシーは、現代医学による医療行為を否定したり、遠ざけるものではありません。 異変を感じた場合には、専門機関へご相談ください。

※体験談は個人の感想であり、すべての方が同様の体験をすることをご説明しているものではありません。


季節性のある症状

一般的な急性症状

怪我、身体活動後のトラブル

子供の罹る病気(感染症)

子供に多い問題

アレルギー性疾患

女性の問題

男性に多い問題

感情、精神症状

医原病(薬の副作用)

難治性疾患①

難治性疾患②

皮膚

骨・歯の問題

アンチエイジング

動物

農業

その他