トップ > ホメオパシーヘルプ 体験談 > 季節性のある症状 > 【冬】インフルエンザ

女児 5歳
インフルエンザを自分の力で治した長女は自信がついたようで「レメディをくれてありがとう。」と今でもよく言います。これからもたくさん勉強して、娘たちと一緒に自己治癒力を高めていきたいです!

5歳女児の体験談 先月、5歳の長女がインフルエンザA型を発症しました。長女は、初めてのインフルエンザ。私も初めてのインフルエンザの看病。薬ではなく、レメディで乗り切りました。

【発症日】
幼稚園から帰ってくると、長女の機嫌が悪い。熱を計ると、38.2度。 元気もあり、夕飯も食べたけれど、夜中、手が痙攣のようにブルブルふるえ、全身もビクンビクンとして、怖いと泣くので、「熱を上げるために、筋肉がブルブルするんだよ。そうやって、体の中の菌をやっつけようとしているんだよ。大丈夫。」というと、自然と手の痙攣もおさまり、何度か起きながらも寝られました。

【1日目】
朝、40度。病院で10時頃39.6度。痰が絡んだ咳をたまにして、水っ鼻がたまに出る程度で、喉は少し腫れていると言われました。

レメディは、
Acon.(アコナイト)→Bell.(ベラドーナ)
Carb-v.(カーボベジ)、Ars.(アーセニカム)、Puls.(ポースティーラ)、
病院で診断後、Cupr.(キュープロム)、Gels.(ジェルセミウム)をとりました。

発熱翌日22時頃、12時間ぶり位に起き上がり、トイレで排尿。 まだ目がウルウル、熱が高そうなので、Bell.(ベラドーナ)をとらせた所、23時と2時に嘔吐。 3時に吐きたいけれど吐けないようなので、Ars.(アーセニカム)を与え、朝7時近くまで寝られました。

5歳女児の体験談 【2日目】
37度まで解熱。吐き気が治まらないので、Ip.(イペカック)、Lyc.(ライコポディウム)を与え、8時に3回目の嘔吐。その後も吐きたいけれど吐けないので、Sil.(シリカ)を与え、少し寝られるようになりました。

まだ吐き気が残り、吐きそうと何度も起き上がって、一生懸命吐こうとするので、Ant-c.(アンチモニウムクルーダム)、Bism.(ビスマス)、Ant-t.(アンチモニウムタータリカム)、Carb-v.(カーボベジ)、Bry.(ブライオニア)、Nat-m.(ネイチュミア)を。 水分がだいぶとれるようになってきたので、Carb-v.(カーボベジ)を水分補給の白湯の中に2滴入れました。 →16時頃しばらくぶりで50分程寝られる。

Bry.(ブライオニア)、Ant-c.(アンチモニウムクルーダム)をリピート。 夜、お腹がジンジン痛いと泣き、寝られない(寝てもすぐ起きる)ので、Calen.(カレンデュラ)、Sulph.(ソーファー)でやっと少し寝られる。

【3日目】
水筒(白湯)に、Carb-v.(カーボベジ)、Nat-m.(ネイチュミュア)、Ars.(アーセニカム)、Ant-c.(アンチモニウムクルーダム)、肺のサポート、腸のサポート、塩を入れて水分補給。 10時頃、発熱翌日の朝食以来、食べられ(重湯、梅肉エキス、うどんつゆ)、少し元気が出てくる。 まだお腹が痛いというので、Cham.(カモミラ)。

11時頃テレビが見たいと起き上がり、しばらくリビングで座っていられるように。 12時頃、おかゆ、味噌汁、たくあん1切、レンコン粉、しょうが葛湯。 その後、咳も3日程で治まり、すっかり元気になりました。

長女は、自分の力で治し、自信がついたようで、「苦い薬を飲ませないで、レメディ(砂糖玉)をくれてありがとう。」と今でもよく言います。 これからもたくさん勉強して、娘たちと一緒に自己治癒力を高めていきたいです!

女性 30代 山形県
インフルエンザを薬無しで初めて乗り越えたのは大きな収穫でした

山形県女性の体験談 ホメオパシーを始めて10ヶ月になります。先日、8歳の息子が咳がひどく学校を休ませて様子を見ていたところ、午後から発熱しました。熱はみるみる40度近くにあがりました。咳とともに嘔吐もありAcon(アコナイト)、Bell(ベラドーナ)、Stram(ストラモニューム)、Puls(ポースティーラ)、Bry(ブライオニア)、Sil(シリカ)、Cupr(キュープロム)、Gels(ジェルセミューム)、Ferr-p(ファーランフォス)、Phos(フォスフォラス)、Calc(カルカーブ)、Ip(イペカック)などを飲ませましたが、全く変化が見られず熱は更に40度を超え、昏睡状態になりました。

途中診断のため病院に行き、インフルエンザA型と診断されました。その場でタミフル、解熱剤、点滴を打たれそうになったので断ったところ「そんな人初めてだ」と言われながらも頑張って再度「要らない」と言って帰ってきました。

熱が全く下がらないので、途中何度も解熱剤を使いたい衝動に駆られました。これで何かあったら医者からは「それみたことか」と言われるんだろうなと思いながらも何とかガマンしました。

3日目になって下痢をし、やっと解熱傾向になりました。

と同時に、私に悪寒が走りGels(ジェルセミューム)飲んで寝た所39度近い熱が出ましたがリピートして翌日には37度台に下がりました。しかし悪寒は治まらずGels(ジェルセミューム)飲んでは眠り汗をかき…を繰り返しました。6日目になり、二人とも平熱になり食欲も出てきました。

今回、インフルエンザを薬無しで初めて乗り越えたのは大きな収穫でした。

女性 20代 千葉県
生まれて初めてのインフルエンザに罹り、薬を使わずに対処できた喜びでいっぱいになりました

千葉県女性の体験談 日ごろからホメオパシーを愛用させていただいております。ありがとうございます。
先日生まれて初めてのインフルエンザに罹りました!

ホメオパシーをはじめて約一ヶ月。浄化を加速させるために罹ってくれたのでしょうか。初期症状は喉の痛みと微熱でした。風邪かなと思い、Acon(アコナイト)、Bry(ブライオニア)、Apis(エイピス)、Bell(ベラドーナ)、Lach(ラカシス)を摂ってみましたがヒットせず、違うかなと思いつつもGels(ジェルセミューム)を摂ると、口に入れた瞬間に涙がどーっと出て、睡魔に襲われました。

翌日病院に行くと、インフルエンザAでした。

今まで自分は罹らない体質だと思い込んでいたので驚きましたが、Gels(ジェルセミューム)に反応したのはそういう事だったのですね。

基本キットしか持っていなかった事と、一人暮らしなのでもし何かあったらどうしようとホメオパシーだけで対処できるか不安でしたが、毒出しのチャンスだと思い病院でもらった薬は飲むまいと決めました。

[3日目] 熱が39度まで上がり、喉の痛みも激しく咳も止まらなくなりました。吐き気や下痢も伴いました。Gels(ジェルセミューム)、Bell(ベラドーナ)、Ferr-p(ファーランフォス)、Ars(アーセニカム)、Bry(ブライオニア)、Ip(イペカック)、Chin(チャイナ)を、その時その時の症状に合わせて摂り、3日間の高熱を乗り切りました。

[4日目] 夜中に大量の寝汗をかいて起きたのでMerc(マーキュリー)をとると、翌日ひどい口臭が。驚きましたが排出ができて嬉しかったです(笑)。また、Bry(ブライオニア)のおかげか以前薬で抑えてしまった副鼻腔炎の症状が出てきました。Nat-m(ネイチュミュア)とKali-bi(ケーライビック)を摂ると、数時間後に真っ黄色のどろどろの鼻汁がドバッと出てすっきりしました。

[6日目]やっと37度台まで熱が下がり一安心。

しかし咳がしつこくDros(ドロセラ)、Ant-t(アンチモニウム・タータリカム)など、咳によさそうなレメディーをいくつか摂ってみても良い反応が無いので、咳によさそうなレメディーPert(パタシン)、Bac(バジライナム)、Cor-r(コラリュームルブ)、肺のサポート、咳のサポートを注文し届けてもらいました。

[7日目]ようやく平熱にまで下がり、薬を使わずに対処できた喜びでいっぱいになりました。本当にありがとうございます。

その後、必須微量元素のセットを飲みぐんぐん体力をつけています。今回は本当にホメオパシーにお世話になりました。夜中に一人苦しく不安になって、薬を飲もうかと思った事もありましたが掲示板を読み、その行為を食い止めることが出来ました。皆様に感謝しております。ありがとうございます。

女性 鹿児島県
インフルエンザA型を乗り越えた家族のケース。医師から「身体にとって戦いは必要ですよ」とのアドバイスを頂き、「心身の免疫をつける為にかかっているんだな」と改めて思いました

鹿児島県女性の体験談 1月に息子がインフルエンザA型を発症し39.6℃まで発熱しました。

38.5℃以上の発熱から12時間以上経過後にインフルエンザの検査が出来るため、タイミングを見て小児科医を受診しました。医師が喉を診て「腫れてないけどねぇ…、まぁ検査しましょうか」と首をひねりながら検査をし(約10分後に結果が分かるのですが)、診察室を出た30秒後に看護師が飛んで来て「A型陽性反応が出ました! お子さんを車で待機させて下さい」と血相を変えて飛んできました。

かかりつけホメオパスのアドバイスですぐ水ポーテンシー(Ars., Bell., Gels., )+MT)Calen.と、インフルエンザコンビネーションレメディーでの対応を行い5日で治癒しました。

今、息子は「元気、げんき~!」と言いながら家中を跳び跳ねています。

本人曰く「僕の最高記録(昨年ノロウイルス感染時の40.2℃)には届かなかったね」と残念そうでしたが、これだけの熱を一気に上げるバイタルフォース(自己治癒力)の強さがさすがです。

同時期、私も38.9℃の熱を発症し、インフルエンザA型の診断を受けましたが、帰宅後すぐ38.1℃に下がってしまった事を考えると、バイタルフォース(自己治癒力)の弱さを認めざるを得ません。主治医からは「陽性反応が出て良かったですね、ゆっくり休んで下さい。ウイルスに効く薬はありませんが、38℃を越えるとウイルスは死滅しますから抗生物質やPL散剤等は出しません。身体にとって戦いは必要ですよ」とのアドバイスを頂き、「心身の免疫をつける為にかかっているんだな」と改めて思いました。

私の勤務先は医療系です。普段は厳しい管理者もこの時ばかりは「しばらくかかるでしょうから、ゆっくり休んで下さい」と寛容で感謝しました。普段の激務を補うかの様にただひたすら寝て、たまに少し食べてレメディーを摂っているうちに以外と早く熱は引きました。私としては数日間の高熱が続くと思っていたので残念でしたが、また体力がついてからのお楽しみにしておきます。たまった有給休暇は繰り越すだけでなく、こうしてデトックスに使うのも良いのかも知れませんね。

私はホメオパシーに出会ってまだ8年あまりですが、今では相性の良いベテラン小児科医師(60代)とご縁が出来、ドクターとの付き合い方も上手になりました。

<参考図書>

それでもあなたは新型インフルエンザワクチンを打ちますか? 由井寅子(著)

女性 30代 イギリス RAH/CHhom学生
妊婦は重症化するから早目のタミフルを・・・と言われていますが、ホメオパシーだけで対処できるということを実感した体験でした

イギリス女性の体験談 現在妊娠中ですが、新型インフルエンザにかかりました。

ある日帰宅後、すごい勢いで高熱が出て、あっというまに40度を超えました。
夫が、その前日に乗ったバスの中で新型インフルエンザに罹っていて、診療所を追い出された人がすぐ後ろにいて、その人のことを思い出して「もしかして新型インフルエンザじゃない?」と。

イギリスでは、妊婦が新型インフルエンザにかかると、すぐにタミフルが無料支給されますし、重病人扱いされるのが目に見えていたので、ホメオパシーで自分で対処しました。

まず、Merc(マーキュリー)を摂るとだいぶ喉の痛みが引き、鼻水の対処にNat-m(ネイチュミュア)、Hep(ヘパ・ソーファー)、熱には色々な種類のティッシュソルト(TS)で、その都度対処しました。

その翌日には喉の痛みはなくなり、関節の痛みなどもひいてきて、3日目には元気になりました。

実はその時、慢性インフルエンザのコンビネーションレメディーを持っていませんでしたが、私のインフルエンザがうつってしまった夫に飲ませたところ、夫は翌日には元気になっていました。 妊婦は重症化するから早目のタミフルを・・・と言われていますが、ホメオパシーだけで対処できるということを実感した体験でした。

◆CHhomファミリーホメオパスコース(1年生)
日常起こる出来事や急性の症状に対応し、
ホメオパシーのキットの使い方や、マヤズムに関して学べるコースです。

自宅で学べるeラーニングコー スもありますので是非、
この機会に受講してみてください。
通学コースは、5月開講。eラーニングコースは、6月開講です。

≪CHhom学校紹介≫
○卒業生の声
○ファミリーホメオパスコース・コースの紹介(通学・Eラーニング)
○人生が変わるホメオパシー

>>ホメオパシー健康相談を受けるには

>>ホメオパシーセンター(JPHMA認定)

※ホメオパシーは、現代医学による医療行為を否定したり、遠ざけるものではありません。 異変を感じた場合には、専門機関へご相談ください。

※体験談は個人の感想であり、すべての方が同様の体験をすることをご説明しているものではありません。


季節性のある症状

一般的な急性症状

怪我、身体活動後のトラブル

子供の罹る病気(感染症)

子供に多い問題

アレルギー性疾患

女性の問題

男性に多い問題

感情、精神症状

医原病(薬の副作用)

難治性疾患①

難治性疾患②

皮膚

骨・歯の問題

アンチエイジング

動物

農業

その他