トップ > ホメオパシーヘルプ 体験談 > 身体活動に伴う問題 > 捻挫

女性 30代 東京都
治りが早くてびっくりしています。薬を飲まずに治せて、ホメオパシーのおかげです

東京都女性の体験談 先日、道の段差に足をとられて足首と足の甲を捻挫してしまいました。

病院に行ったところ、レントゲンでは骨折はありませんでしたが、酷くひねっているらしいということで、ギブスをまかれました。

足を持ち上げてどこにも接触しないようにしていても膨れ上がったような感じでズキズキ痛みがあり、地面に足をつくことはできず、まして歩くなんてとんでもないという感じでした。

消炎剤などをもらいましたが飲まずに、レメディを摂ることにしました。Arn(アーニカ)200cとRuta(ルータ)200cを1日2~3回、時々Hyper(ハイペリカム)やRhus-t(ラス・トックス)をとって安静にしていました。

お医者さんからは、このあともっと腫れて赤紫のアザになりますよと言われましたが、2日後にまた診てもらった時には全然そうなっていなくて、逆に腫れはひいており、別の先生だったのですが〝たいしたことない″というような顔をされてしまいました。治りが早くてびっくりしています。薬を飲まずに治せて、ホメオパシーのおかげです。

女性 20代 千葉県
Rutaをとってから首首の筋肉がこわっばた感じがなくなりました

千葉県女性の体験談 オアシスに載っていたガングリオンのケース
『Ruta(ルータ)は幼い頃からあまり両親の支えがなく、文句を言わずに一人で乗り切った人です』という箇所を読み、 小さい頃から足元が弱く走るとよくこけたり、捻挫、骨折をくりかえしてきた自分に合うかもと思い、Ruta(ルータ)30Cを1粒摂りました。

20分後お風呂に娘と入ってるときに、右側の腰から足のくるぶしにむかって電気が走ったような痛みがありました。

毎日娘を抱っこするから、腰痛?とも考えましたが、この痛みには、覚えがありました。

昔、右足首を骨折した時のリハビリ中に、道に転がっていた枝を踏んだときの痛みと同じでした。 その時以降、右足首の調子が悪く筋肉がこわっばた感じがあったのですが、こわばりがなくなりました。

今までRuta(ルータ)は何度か摂ったことがあったのですが、こわばった感じがなくなり嬉しいです。 私のバイタルフォースが活性化してきているのでしょうか!

女性 30代 神奈川県
「じん帯が切れたかも」と思いましたが、セフルケアで治ってしまいました

神奈川県女性の体験談 先日、駅までの坂道を駆け下りていた時、横からでできた車にびっくりして急に止まったところ、 膝をひねってしまいました。

聞こえる位の音がしたため、「じん帯が切れたかも」と思いました。

手元には必須微量元素のレメディーセットを溶かした水しか持っておらず、とりあえず一口飲み、 一旦家に引き返し、Arn(アーニカ)とRuta(ルータ)を短時間で2回ほどリピートしました。

医者に行こうとも思いましたが足を庇いながらではありますが、歩けたためレメディで様子と見ることにしました。

1日目は手持ちのRuta(ルータ)が残り少なかった事もあり、水に溶かしたものを頻繁にとりました。 そのせいもあるのか、足が凄く浮腫んで重くなりました。 膝の痛みは歩くときはあるものの腫れることはありませんでした。

2日目は階段を下りるときの振動が神経に響いたので、Hyper(ハイペリカム)と足を庇って歩いていたためか、筋がつっている感じがしたので、Rhus-t(ラストックス)をとり様子を見ました。

3日目には、ほとんど痛みもなくなり、膝のつった感じが取れなかったので、Rhus-t(ラストックス)をとりました。

ほぼこの経過で治ってしまった事に本当にありがたい事だなと思っています。

◆CHhomファミリーホメオパスコース(1年生)
日常起こる出来事や急性の症状に対応し、
ホメオパシーのキットの使い方や、マヤズムに関して学べるコースです。

自宅で学べるeラーニングコー スもありますので是非、
この機会に受講してみてください。
通学コースは、5月開講。eラーニングコースは、6月開講です。

≪CHhom学校紹介≫
○卒業生の声
○ファミリーホメオパスコース・コースの紹介(通学・Eラーニング)
○人生が変わるホメオパシー

>>ホメオパシー健康相談を受けるには

>>ホメオパシーセンター(JPHMA認定)

※ホメオパシーは、現代医学による医療行為を否定したり、遠ざけるものではありません。 異変を感じた場合には、専門機関へご相談ください。

※体験談は個人の感想であり、すべての方が同様の体験をすることをご説明しているものではありません。


季節性のある症状

一般的な急性症状

怪我、身体活動後のトラブル

子供の罹る病気(感染症)

子供に多い問題

アレルギー性疾患

女性の問題

男性に多い問題

感情、精神症状

医原病(薬の副作用)

難治性疾患①

難治性疾患②

皮膚

骨・歯の問題

アンチエイジング

動物

農業

その他