トップ > ホメオパシーヘルプ 体験談 > 感情、精神症状 > 人間関係の悩み

女性 40代 神奈川県
好転反応後の発熱後に気持を表現でき悩みを乗り越えたケース

神奈川県女性の体験談 春より小学校に通い始めた娘のケースです。

2学期(9月)がスタートしてから、一人の友人とぎくしゃくしている様子で、学校から帰宅後に涙を流したり、どうしたら仲良くやれるのかなあ。と小さい胸を悩みごとでいっぱいにしている様子でした。

オアシス(ホメオパシー会報誌)の記事を参考に、Staph.(スタッフィサグリア)とIgn.(イグネシア)とLach.(ラカシス)を、夜寝る前に同時に口の中に入れてあげました。そして翌日になり、夕方、娘が突然の発熱。おでこが熱く、目がトロンとしています。測るといきなりの38.5度でした。

娘は生後すぐからホメオパシーをあげていて、ワクチンやクスリのお世話になったことは、おかげさまで今まで1度もありません。熱をだすときは一気に38度超えをする子です。 いつもでしたら、Acon.(アコナイト)やBell.(ベラドンナ)をあげるところなのですが、今回はもしかすると、昨夜のレメディがヒットし、娘のなにかが一皮むけようとしているのではと思い、前日の夜と同じStaph.(スタッフィサグリア)とIgn.(イグネシア)とLach.(ラカシス)を同時に口の中に入れてあげました。

発熱すると、我が家では30分おきに熱を測り、記録、様子をみてレメディをリピート したり、変えたりをしているのですが、今回は30分後に熱を測ったときには、一気に37.5度、さらに30分後に測ると37度。この時には顔色ももどり、目もいつもの感じにもどっていました。

レメディがヒットすると、本当にあっという間に終息してくれるので、親子ともに苦しい時間が少なくてすむのは、とてもありがたいことだなあ。と思います。

念のため、夜中にも時折、おでこを触ったりしましたが、発熱することなく、朝を迎えることができました。

登校し、帰宅後、いつもの様子とは違い、スッキリした顔なので、「どうした?大丈夫?」と尋ねると、「今日は自分の思ってることを言えた。そしたらスッキリした。だから大丈夫。」と言うのです。

ホメオパシーって本当に素晴らしいな~。とつくづく思いました。

◆インナーチャイルドセラピスト養成コース

インナーチャイルドの意味と癒しの技術を学び、
レメディーとフラワーエッセンスを活用し、
人生を楽に生きるためのコースです。

○とらこ先生メッセージ

怒り、憎しみ、死にたいという感情で、
自分で自分を苦しめているのは、インナーチャイルドがあるからです。

この人生を喜びをもって生きるためには
自分の内にあるインナーチャイルドをみつめ、
自分自身を癒し、自分自身を大切にすることが
最も重要ではないでしょうか。

本校の授業で先ず、自分自身を癒し、
修了後セラピストとなった暁には、その知識と経験を積み重ねて、
是非とも周りの人々のインチャ 癒しの手助けをしてほしいのです。

「生きることが楽しい」と皆が、日々実感することが、ゴールです。

是非、本校へ学びに来てください。


○インナーチャイルドセラピストになるには
○インナーチャイルドセラピストコースの様子&授業毎のアンケート

>>ホメオパシー健康相談を受けるには

>>ホメオパシーセンター(JPHMA認定)

※ホメオパシーは、現代医学による医療行為を否定したり、遠ざけるものではありません。 異変を感じた場合には、専門機関へご相談ください。

※体験談は個人の感想であり、すべての方が同様の体験をすることをご説明しているものではありません。


季節性のある症状

一般的な急性症状

怪我、身体活動後のトラブル

子供の罹る病気(感染症)

子供に多い問題

アレルギー性疾患

女性の問題

男性に多い問題

感情、精神症状

医原病(薬の副作用)

難治性疾患①

難治性疾患②

皮膚

骨・歯の問題

アンチエイジング

動物

農業

その他