トップ > ホメオパシーヘルプ 体験談 > 季節性のある症状 > 【秋】感染性胃腸炎

女性 30代 埼玉県
自己治癒力を触発した事で早く回復できたケース

埼玉県女性の体験談 いつも家族でホメオパシーには大変お世話になっております。

数日前にノロウイルスと思われるものに感染しました。夕食を済ませてお風呂に入り22時過ぎに就寝し眠っていたのですが、夜中の3時過ぎに急に嘔吐し、すごい悪寒を感じたのでその時点でIp(イペカック)30Cをとり眠ろうとしましたが、再度吐気を感じたのでしばらくは眠れず、波が落ち着くのを待ち二度目のIp(イペカック)30Cをとり眠りました。

翌朝7時過ぎに目が覚めて、吐気は落ち着いたものの胃の辺りに少しの痛みと違和感があり、悪寒が強まってきたので熱を測ってみたら37.5度あったのでArs(アーセニカム)30Cをとりお昼まで一眠りし、目覚めた際に熱を測ったところ37.0度に下がっていたので二度目のArs(アーセニカム)30Cをとって一眠りし16時頃に目覚めたときには熱も36.5度に下がり、胃の痛みもなくなり、回復していました。

脱水症状になるといけないと思い、給水をしようと少しは飲んだのですが、どういうわけかあまりたくさんの水は飲めず、食欲は一切なかったので一度も食べませんでしたが脱水症状にはなりませんでした。その後も食欲は回復しなかったので、夕食に湯豆腐とおかゆを少しだけ食べて眠りに着き、翌朝目覚めたときにはいつもの体調に完全に戻っていました。 通常は感染してから完治には約3日はかかると聞いていたので、こんなに早く回復できてありがたいことだなあとホメオパシーに感謝しています。

新聞や放送などの報道では今年は過去25年の間でノロウィルスの異常発生の年でこのウイルスには対応策となる薬も具体的な予防法もないと言われております。(対応策は念入り丁寧な手洗いの励行のみ)

ひとりでも多くの人がホメオパシーのレメディが回復の力になってくれることを知る機会があればいいと思い投稿させていただきました。

女性 福島県
あんなにひどかった症状が、一粒のレメディで治るとは、ホメオパシーの偉大さを感じた体験でした

福島県女性の体験談 ホメオパシーの威力にいつも感心しております。一番助かったのは、子供の胃腸炎です。

いくつか手持ちのレメディを試しましたが、効かず、下痢がひどかったので、一応、病院に行ったら、かえって他の種類の胃腸炎をもらってしまい、一週間以上下痢が続き、オムツをしていてもウンチが漏れてしまい、洗濯などとても大変でした。 子供も辛そうで、とても可哀想でした。

そんななか、サイトで検索をしたら 、Verat(バレチュームアルバム) がヒットしましたが、持っていなかったため、注文し、届いたので、すぐに飲ませました。

そしたら、ひどい下痢が一回でストップし、3日間うんちが出ず、すごいうんちが出るかとドキドキしておりましたが、その後、普通のうんちが出ました。

あんなにひどかった症状が、一粒のレメディで治るとは、ホメオパシーの偉大さを感じた体験でした。

■ホメオパスからのアドバイス(とらのこ会員専用)

・『ホメオパスからのアドバイス』は、とらのこ会員のみ閲覧可能です。
・ログインIDとパスワードは とらのこ会入会後、
 会員証の配布・配信にあわせて、ご案内いたします。

とらのこ会入会

◆CHhomファミリーホメオパスコース(1年生)
日常起こる出来事や急性の症状に対応し、
ホメオパシーのキットの使い方や、マヤズムに関して学べるコースです。

自宅で学べるeラーニングコー スもありますので是非、
この機会に受講してみてください。
通学コースは、5月開講。eラーニングコースは、6月開講です。

≪CHhom学校紹介≫
○卒業生の声
○ファミリーホメオパスコース・コースの紹介(通学・Eラーニング)
○人生が変わるホメオパシー

>>ホメオパシー健康相談を受けるには

>>ホメオパシーセンター(JPHMA認定)

※ホメオパシーは、現代医学による医療行為を否定したり、遠ざけるものではありません。 異変を感じた場合には、専門機関へご相談ください。

※体験談は個人の感想であり、すべての方が同様の体験をすることをご説明しているものではありません。


季節性のある症状

一般的な急性症状

怪我、身体活動後のトラブル

子供の罹る病気(感染症)

子供に多い問題

アレルギー性疾患

女性の問題

男性に多い問題

感情、精神症状

医原病(薬の副作用)

難治性疾患①

難治性疾患②

皮膚

骨・歯の問題

アンチエイジング

動物

農業

その他