トップ > ホメオパシーヘルプ 体験談 > 子供に多い問題 > 中耳炎

女児 5歳
中耳炎。長女は、自分の力で治して自信がついたようで「レメディをくれてありがとう」と今でもよく言います。

女児 5歳の体験談 5歳の長女の中耳炎を、薬を使わず治した話です。

長女はそれまでに何度か中耳炎になっており、「中耳炎は抗生物質を飲まなければ治らない」と思っていました。

豊受クリニック高野先生の講演会に出たり、受診するうち、「いくら健康を意識した食生活をしていても、抗生物質1週間を飲んだだけで、無駄になってしまう。」というお言葉を聴いて以来、「この抗生物質を飲まないと、命の危険が!」という場合だけにしたいと思うようになりました。

長女の場合は、午前中だけ2~3時間熱が上がり、それが1週間程続きました。
耳痛は朝が多く、夜はぐっすり寝てくれたので、助かりました。

レメディは、①Caust.(コースティカム)、②Ars.(アーセニカム)、③Puls.(ポースティーラ)の順にとりました (赤いキットしかなかったので)。

病院は、「耳もみてくれる小児科」(肩まで診てくれました!)で耳を丁寧に診てもらい、薬は飲みませんでした。

女児 5歳の体験談 長女は鼻へスプレー薬をすると、そこがヒリヒリ、ジンジンするそうなので、医師に「鼻へのスプレー薬は止めてください」と何度も言っても止めてくれないので、耳鼻科にはいかないようにしています。

熱が下がり、症状が落ち着いた頃、豊受クリニックを受診し、高野先生によく診て頂きました。

長女は痛みで泣き叫んだ時だけ、肝臓と足裏にこんにゃく湿布をさせてくれましたが、後は熱が出てもケロッとしていたので、椅子に座りながら、たまにこんにゃく湿布に足を乗せてくれる程度でした。

食事については、甘いものを極力避ける位しか長女は、受容してくれませんでした。

長女は、中耳炎を自分の力で治し、自信がついたようで、「苦い薬を飲ませないで、レメディ(砂糖玉)をくれてありがとう。」と今でもよく言います。


◆CHhomファミリーホメオパスコース(1年生)
日常起こる出来事や急性の症状に対応し、
ホメオパシーのキットの使い方や、マヤズムに関して学べるコースです。

自宅で学べるeラーニングコー スもありますので是非、
この機会に受講してみてください。
通学コースは、5月開講。eラーニングコースは、6月開講です。

≪CHhom学校紹介≫
○卒業生の声
○ファミリーホメオパスコース・コースの紹介(通学・Eラーニング)
○人生が変わるホメオパシー

>>ホメオパシー健康相談を受けるには

>>ホメオパシーセンター(JPHMA認定)

※ホメオパシーは、現代医学による医療行為を否定したり、遠ざけるものではありません。 異変を感じた場合には、専門機関へご相談ください。

※体験談は個人の感想であり、すべての方が同様の体験をすることをご説明しているものではありません。


季節性のある症状

一般的な急性症状

怪我、身体活動後のトラブル

子供の罹る病気(感染症)

子供に多い問題

アレルギー性疾患

女性の問題

男性に多い問題

感情、精神症状

医原病(薬の副作用)

難治性疾患①

難治性疾患②

皮膚

骨・歯の問題

アンチエイジング

動物

農業

その他