トップ > ホメオパシーヘルプ 体験談 > 感情、精神症状 > 虐め、虐待

女性 男性への憎しみ、性的虐待の怒りですが、あれほどの激しい憎しみがなんだか大分治まったようです。Opヒットのおかげでしょうか。

女性の体験談 こんにちわ、Op(オピウム)がヒットしたケースをお伝えします。

安全だと信じていた男性に、ひどい性的虐待的な扱いをうけ、怒りを抑圧された経験から、Staph(スタッフサグリア)や、Acon(アコナイト)を試してたのですが、あまり大変化がなく、怒りと傷ついたままの日々が続いておりました。

ある日、自分はOp(オピウム)がいいのでは?と思い、200Cを3日試したところ、2日目に鼻の奥の腺が腫れ、高熱が出ました。

ヒットしたのは嬉しかったのですが、めったに出ない高熱なので体力がどんどん消耗、これは大変と、Bell(ベラドーナ)200Cを2回リピートしても下がらず、Ferr-p(ファーランフォス)12Xをリピートしたところ、少しずつ下がり始め、朝方には平熱まで下がりました。

しかし、貧血症気味なのか、肝臓が弱ってるのか、顔が赤黒くなっていたので、Chin(チャイナ)、Ars(アーセニカム)と取り、最後に、Gels(ジェルセミウム)をとり、顔色も大分落ち着いてきました。

うまくレメディーを選択できたなぁと思います。
体力回復の為にもう一声、これからしばらくは、必須微量元素のレメディー、肝臓サポート、腎臓サポート、脾臓サポートのレメディーセットを取ろうと思います。

テーマだった男性への憎しみ、性的虐待の怒りですが、あれほどの激しい憎しみがなんだか大分治まったようです。なんかもういいや、疲れた、って感じで(笑)。

Op(オピウム)ヒットのおかげでしょうか。ありがとうございました。

◆インナーチャイルドセラピスト養成コース

インナーチャイルドの意味と癒しの技術を学び、
レメディーとフラワーエッセンスを活用し、
人生を楽に生きるためのコースです。

○とらこ先生メッセージ

怒り、憎しみ、死にたいという感情で、
自分で自分を苦しめているのは、インナーチャイルドがあるからです。

この人生を喜びをもって生きるためには
自分の内にあるインナーチャイルドをみつめ、
自分自身を癒し、自分自身を大切にすることが
最も重要ではないでしょうか。

本校の授業で先ず、自分自身を癒し、
修了後セラピストとなった暁には、その知識と経験を積み重ねて、
是非とも周りの人々のインチャ 癒しの手助けをしてほしいのです。

「生きることが楽しい」と皆が、日々実感することが、ゴールです。

是非、本校へ学びに来てください。


○インナーチャイルドセラピストになるには
○インナーチャイルドセラピストコースの様子&授業毎のアンケート

>>ホメオパシー健康相談を受けるには

>>ホメオパシーセンター(JPHMA認定)

※ホメオパシーは、現代医学による医療行為を否定したり、遠ざけるものではありません。 異変を感じた場合には、専門機関へご相談ください。

※体験談は個人の感想であり、すべての方が同様の体験をすることをご説明しているものではありません。


季節性のある症状

一般的な急性症状

怪我、身体活動後のトラブル

子供の罹る病気(感染症)

子供に多い問題

アレルギー性疾患

女性の問題

男性に多い問題

感情、精神症状

医原病(薬の副作用)

難治性疾患①

難治性疾患②

皮膚

骨・歯の問題

アンチエイジング

動物

農業

その他