トップ > ホメオパシーヘルプ 体験談 > 感情、精神症状 > 鬱病

女性 30代 広島県
産後に躁鬱病を発症。レメディーをとってから、たった2週間で、眠り薬、躁鬱の薬が半分になり、精神科の先生は「次の子も考えていきましょう!」と前向きに発言されて、凄くうれしく思っています

広島県女性の体験談 産後に、躁鬱病になり、10種類の薬をついつい、こないだまで、飲んでいました。

しかし、2週間前に、ホメオパシーに出会い、たった2週間で、眠り薬、躁鬱の薬が半分になり、精神科の先生は「次の子も考えていきましょう!」と前向きに発言されて、凄くうれしく思っています。

Sep(シーピア)からはじまり、広場恐怖、発作前には、私には、Arg-n(アージニット)が合ったようです。お蔭でソラナックスを飲まないで、買い物にも、乗り物にも行ける様になりました。

私は、元々、緊張したら、喉がつかえるようになり、ご飯が食べれなくなるのですが、Ign(イグネシア)で対処しました。PMSの時には、イライラするのでLach(ラカシス)を飲んでいます。いつも、カバンにはArg-n(アージニット)、Ign(イグネシア)、Lach(ラカシス)を入れてます。

女性 埼玉県
レメディがメンタルヘルス面に有効であるということの他に、ホメオパスの方の誠意ある健康相談での対応に、これまでの精神科のドクターとの差を感じています。

埼玉県女性の体験談 鬱病で精神科にかかり、改善せず、ホメオパシーに出会いました。

徐々にですが、確実に体調も良くなり、これからもホメオパシーを続けていこうと思っています。レメディがメンタルヘルス面に有効であるということの他に、ホメオパスの方の、誠意ある健康相談での対応に、これまでの精神科のドクターとの差を感じています。

私は引越しなどもあり、病院は数回変わりました。
全てのとは言いませんが、ほとんどのドクターは、メンタルヘルスの疾患がある患者には「普通の人ではない」「問題行動をする人」という意識で診察をしており、人間を診るというよりは症状を診るという診察でした。

こちらが病状で苦しんでいることを話しても、「これが問題行動にあてはまる」という選別意識で聞いていて、だからこの患者は精神病なのだ、決め付けていくような聞き方です。病気を治しに行っているのに、さらに病気の認識をクローズアップして帰されるような、重い気持ちになってしまうことも多々ありました。

ハロー効果というのがありますが、「問題のある患者」として診られると、治療の方向として良くない流れが出来ると思いますし、その辺は患者も敏感に感じ取っていると思います。 ホメオパスは患者がどうしてそう感じるのか、その訳は、というところまで丁寧に聞いていきますし、人の生き方にまで話は及びます。

また、ホメオパス自身が、自分の内面的な問題や課題をクリアしていくことを、ホメオパスになる過程で課されているようなので、偏見なく話を聞いてもらえている気がします。

病院のドクターは、初めのうちは詳しく時間をかけて問診をしても、やがて診療時間は短くなります。しかし、時間が長いか短いかが大事なのではありません。「こだわりのない心」や「偏見のない心」で、同じ人間として聞いてもらえている、受け取ってもらえているという感じを、患者は気にしているのではないでしょうか。それは残念ながら、ホメオパスほどありませんでした。

メンタルヘルスを患っている患者さんの中には、霊性が高い方もいます。
色々なことを敏感に感じ取れる方もいます。しかし、物質中心主義だけで患者を診ようとすると、そういった方々を異常だとして、病人扱いする流れは変わらないでしょう。そういう診断を下しているのが「こだわり」のある人間だったなら、実際、どちらが正しいのだろうと考えてしまうときもあります。

病人を診る職業のかたは、医者でもホメオパスでも、霊性の教育も必要です。
メンタルヘルスに限らず、癌患者で死に行く方をどう癒すかということになった時に、言葉掛けが違ってくると思います。

西洋医学を否定しているわけではありません。また、患者さんを思うすばらしいドクターもいらっしゃることも知らないわけではありません。しかし、ホメオパスの姿勢から学ぶことは多いと思います。最後になりましたが、これからもよろしくお願いします。

■ホメオパスからのアドバイス(とらのこ会員専用)

・『ホメオパスからのアドバイス』は、とらのこ会員のみ閲覧可能です。
・ログインIDとパスワードは とらのこ会入会後、
 会員証の配布・配信にあわせて、ご案内いたします。

とらのこ会入会

◆インナーチャイルドセラピスト養成コース

インナーチャイルドの意味と癒しの技術を学び、
レメディーとフラワーエッセンスを活用し、
人生を楽に生きるためのコースです。

○とらこ先生メッセージ

怒り、憎しみ、死にたいという感情で、
自分で自分を苦しめているのは、インナーチャイルドがあるからです。

この人生を喜びをもって生きるためには
自分の内にあるインナーチャイルドをみつめ、
自分自身を癒し、自分自身を大切にすることが
最も重要ではないでしょうか。

本校の授業で先ず、自分自身を癒し、
修了後セラピストとなった暁には、その知識と経験を積み重ねて、
是非とも周りの人々のインチャ 癒しの手助けをしてほしいのです。

「生きることが楽しい」と皆が、日々実感することが、ゴールです。

是非、本校へ学びに来てください。


○インナーチャイルドセラピストになるには
○インナーチャイルドセラピストコースの様子&授業毎のアンケート

>>ホメオパシー健康相談を受けるには

>>ホメオパシーセンター(JPHMA認定)

※ホメオパシーは、現代医学による医療行為を否定したり、遠ざけるものではありません。 異変を感じた場合には、専門機関へご相談ください。

※体験談は個人の感想であり、すべての方が同様の体験をすることをご説明しているものではありません。


季節性のある症状

一般的な急性症状

怪我、身体活動後のトラブル

子供の罹る病気(感染症)

子供に多い問題

アレルギー性疾患

女性の問題

男性に多い問題

感情、精神症状

医原病(薬の副作用)

難治性疾患①

難治性疾患②

皮膚

骨・歯の問題

アンチエイジング

動物

農業

その他