トップ > ホメオパシーヘルプ 体験談 > 一般的な急性症状 > 鼻炎

女性 東京都

東京都女性の体験談 ホメオパシーに出会ったころのことを書きます。

私は、慢性的な鼻詰まりに長年悩まされていました。
夜寝るときが怖かった。横になると酸素が足りないからあくび。あくびの涙が鼻を通って粘膜を刺激。一度クシャミがでたら、もう両方の鼻で息を吸うことができなくなりました。それでも睡魔に誘われ寝てしまうのですが、水中に潜るような変なストーリーの息苦しい悪夢が毎夜続いていました。口をあけて寝て翌朝口腔は痛いし、夫にはいびきがうるさいといわれるし、辛かったな~。

耳鼻咽喉科の治療は即効性があります。鼻と喉に薬の蒸気を吸い込むととても息が吸い易くなりました。でも耳鼻科に行った翌日からは効果が切れて、昼夜を問わず全面的な鼻詰まり。喉も渇きやすくなります。頭もボーっとして、息は吸えても何も考えられない。でも薬がないと怖いので、いつも薬がなくならないように数を数えて携帯してました。「良くなっている」のとは違う感じ。なんだかこれっておかしいですよね。だんだん疑問が湧いてきました。 そこで漢方医を探し、漢方薬を試しました。なたまめ茶も試しました。残念ながら私には効果が感じられませんでした。

そんなある日、友人から薦められたのがPuls(ポースティーラ)という名前のレメディでした。小瓶を手に取ったとき急にクシャミが出てきて不思議でした。友達は「ヒットかもね。母子関係に絡む気持ちの問題からきているのかもね」と本を見せてくれました。

このことがきっかけで、家庭用のキットを求め、本を参考に自分でレメディーを選ぶようになりました。間違ったセレクトでも別に症状は変わりません。最初は鼻詰まりで何種類も細かくレパートリーが分かれていることが理解できませんでしたが、今は返って鼻汁じゅるじゅるでなのか、粘膜がうっ血しているからなのかそれぞれ違うレメディーを選ぶことが当たり前になりました。

ホメオパスの健康相談会に勇気を出して(お金も出して)行ってみてよかったと思います。点鼻薬の害などの排出のおかげで今や鼻詰まりはすっかり解消されています。ティッシュを一晩で使い切ることも全くないです。ある日ドロッとした小さな鼻血が出て、症状が良くなりました。

今日はであったころのこと、不思議に思いながらも効果が出てうれしかったころのことを思い出して書いてみました。


◆CHhomファミリーホメオパスコース(1年生)
日常起こる出来事や急性の症状に対応し、
ホメオパシーのキットの使い方や、マヤズムに関して学べるコースです。

自宅で学べるeラーニングコー スもありますので是非、
この機会に受講してみてください。
通学コースは、5月開講。eラーニングコースは、6月開講です。

≪CHhom学校紹介≫
○卒業生の声
○ファミリーホメオパスコース・コースの紹介(通学・Eラーニング)
○人生が変わるホメオパシー

>>ホメオパシー健康相談を受けるには

>>ホメオパシーセンター(JPHMA認定)

※ホメオパシーは、現代医学による医療行為を否定したり、遠ざけるものではありません。 異変を感じた場合には、専門機関へご相談ください。

※体験談は個人の感想であり、すべての方が同様の体験をすることをご説明しているものではありません。


季節性のある症状

一般的な急性症状

怪我、身体活動後のトラブル

子供の罹る病気(感染症)

子供に多い問題

アレルギー性疾患

女性の問題

男性に多い問題

感情、精神症状

医原病(薬の副作用)

難治性疾患①

難治性疾患②

皮膚

骨・歯の問題

アンチエイジング

動物

農業

その他