トップ > ホメオパシーヘルプ 体験談 > その他 > 災害対策(PTSD等)

女性 福井県
友人が東日本大震災後のPTSDに。Ars.Acon.Arn.をとってもらったら体が常に震えている感じがしていたのがおさまってきて、少し食欲が出てきて、少し夜眠れるようになって・・・幸せなお産をすることができました。

福井県女性の体験談 この度の東日本大震災で、岩手在住の友人が被災しました。

幸い家族も自分も命は助かったものの、家は津波に流され、農家でしたが畑もどこにあったか分からなくなり、今後の生活の目処が立たず、典型的なPTSDに陥っているように見えました。

私はホメオパスの先生に相談したところ、Ars.(アーセニカム)/ Acon.(アコナイト)/Arn.(アーニカ)のコンビネーションのレメディーがよいでしょうとアドバイスをもらい、さっそく販売店でそのコンビネーションレメディーを探して友人に送りました。

震災後数日しか経っていなかったことと、友人が避難所にいたためレメディーが届くのに時間がかかってしまいましたが、レメディーをとってくれました。

普段ホメオパシーを利用している人ではないので、ホメオパシーをどう説明しようかなどといろいろ考えましたが、友人は素直にレメディーを試し、自分でよい変化を感じてくれたようでした。

体が常に震えている感じがしていたのがおさまってきて、少し食欲が出てきて、少し夜眠れるようになって…。 その後家族の方の分もレメディーを届け、今では一大決心をして転院しました。

お陰でホメオパシーに理解ある助産師さんのもと、幸せなお産をすることができました。

福井県女性の体験談 今では主人も健康相談にかかり、上の子も保育園で一番熱を出す子どもだったのが、セルフケアで全く病院に行くことも、またアレルギーもなくなって、元気に成長しています。 私の実家の家族までも健康相談にかかり、皆でホメオパシーの恩恵を受けています。

私の今後の目標は、下の子の手がかからなくなるころ、CHhom に入学し、ホメオパスになることです。

現在もなりたくてなった職業に就いてはいますが、30代半ばにしてようやく心の底から本当に就きたい職業を見つけることができました。 様々な報道がありましたが、本物は必ず残ります。ホメオパシーの更なる発展を祈り、私の体験談とします。

みなさん落ち着いてこられたようです。気持ちの整理がつくにはまだまだ時間が必要だと思いますが、レメディーの力も借りながら、1 日も早く元気を取り戻してほしいと思います。 こんな大変なときにこそ威力を発揮するのがホメオパシーのすばらしいところだと思いますし、これからもホメオ パシーが日本人の心も身体も健康にしてくれるよう、願ってやみません。

女性 30代 福岡県
震災のニュースを見てショックを受けた7歳の娘。今回レメディーがあり助かりました。不安感が強い娘には 「不安、恐怖、事故」のサポートレメディーは必須レメディーです。

福岡県女性の体験談 7歳の娘が大震災があった日にニュースで映像を見て、東京に住んでいるお友達となかなか連絡がつかず、不安で泣き出したので、Acon.(アコナイト)、Stram.(ストラモニューム)、Op.(オピウム)をすぐにとらせました。 その後テレビの震災のニュースはあまり見せないようにしました。

相談会でお世話になっているホメオパスの先生に状態を伝え、教えていただいた Ign.(イグネシア)、Nat-m.(ネイチュミュア)、Puls.(ポースティーラ)をとり、それから「不安、恐怖、事故」のサポートレメディーと、放射線コンビのレメディーを各1ビンとらせました。

その後、友達と連絡がとれ、徐々に娘も落ち着いていきました。
今回レメディーがあり助かりました。

娘が3歳の時に同居していた祖母が倒れてから夜への不安がとても強く、夜なかなか眠れずにいることもあり、ずっと相談会を受けてレメディーをとっています。

3歳の時はパニック症状を起こし、昼夜逆転生活になったり、寝てもうなされたりということが2年ぐらい続いたのですが、娘が大きくなっていることもあり、今回は1週間ぐらいでリズムが戻りました。

不安感が強い娘には「不安、恐怖、事故」のサポートレメディーは必須レメディーです。

女性 60代 栃木県
地震で家がメチャメチャに。Acon、Arg-n、Arsなどをとり鬱にもならずにすみました

栃木県女性の体験談 2011年3月11日の地震で被害があり、家の中はがらくたの山のようになりショックもありましたが、Acon.(アコナイト)、Arg-n.(アージニット)、Ars.(アーセニカム)など、PTSDに合うレメディーをとり、大変助かりました。

毎日水のペットボトルに入れとったところ、鬱にもならず、今は放射能も心配ですので、毎日とっています。

もっと自分も上手にレメディーをとれるようになれたらと思いますが、副作用がないのでいろいろ試せるのがうれしいです。 また、ホメオパシーの会報誌オアシスの体験談、その他の記事も大変参考になり助かっています。

自然は素晴らしいですね。私たちの健康を守るものが備わっているのですから、共存の大切さをもっとみんな認識してほしいです。ホメオパシーを知って、本当によかったと思っています。

女性 50代 東京都
その日から熟睡できて本当に驚いています

東京都女性の体験談 地震の後、恐くて眠れない日々が続いていたのですが、友人からいただいたレメディー、Acon(アコナイト)、Arn(アーニカ)、Ars(アーセニカム)のレメディーと福島で採取した土を希釈振とうして出来たレメディーをとったら、その日から熟睡できて本当に驚いています。




女性 40代 東京都
その日から眠れるようになったとのこと、嬉しいです

東京都女性の体験談 震災後続く余震や不安で、眠れなくなっていた職場の友人に、ホメオパシーの存在を教え、Acon(アコナイト)、Arn(アーニカ)、Ars(アーセニカム)のレメディーを薦めてみましたら、すんなり受け入れてくれて、なんとその日から眠れるようになったとのこと、嬉しいです。

<参考図書>

ホメオパシー的災害対策 由井 寅子(著)

○災害に備え、レメディーキット、マザーティンクチャー、書籍を確保しましょう

災害時は怪我・ショック・不安感・不眠など様々な心身の不調が発生します。
そういう状況の中でレメディーやマザーティンクチャーに
非常に助けられたと多くの被災者が証言しております。
しかし、被災地は情報と物流が寸断される為、
必要な情報やレメディーを入手する事が困難となります。

備えあれば憂いなし。
水や食料などと共に各種レメディーキット、マザーティンクチャー、
書籍(ホメオパシー的災害) をご用意される事をお勧めいたします。

○3.11被災者のホメオパシー体験談(日本ホメオパシー医学協会/JPHMA)
http://jphma.org/gienkatsudo/taiken.html


■ホメオパスからのアドバイス(とらのこ会員専用)

・『ホメオパスからのアドバイス』は、とらのこ会員のみ閲覧可能です。
・ログインIDとパスワードは とらのこ会入会後、
 会員証の配布・配信にあわせて、ご案内いたします。

とらのこ会入会

◆CHhomファミリーホメオパスコース(1年生)
日常起こる出来事や急性の症状に対応し、
ホメオパシーのキットの使い方や、マヤズムに関して学べるコースです。

自宅で学べるeラーニングコー スもありますので是非、
この機会に受講してみてください。
通学コースは、5月開講。eラーニングコースは、6月開講です。

≪CHhom学校紹介≫
○卒業生の声
○ファミリーホメオパスコース・コースの紹介(通学・Eラーニング)
○人生が変わるホメオパシー

>>ホメオパシー健康相談を受けるには

>>ホメオパシーセンター(JPHMA認定)

※ホメオパシーは、現代医学による医療行為を否定したり、遠ざけるものではありません。 異変を感じた場合には、専門機関へご相談ください。

※体験談は個人の感想であり、すべての方が同様の体験をすることをご説明しているものではありません。


季節性のある症状

一般的な急性症状

怪我、身体活動後のトラブル

子供の罹る病気(感染症)

子供に多い問題

アレルギー性疾患

女性の問題

男性に多い問題

感情、精神症状

医原病(薬の副作用)

難治性疾患①

難治性疾患②

皮膚

骨・歯の問題

アンチエイジング

動物

農業

その他