トップ > ホメオパシーヘルプ 体験談 > 動物 > 痙攣

【ホメオパスによる改善報告】担当ホメオパス:笹木眞理子(獣医師)
うさぎ メス 6歳 うさぎは抗生物質などの感受性が高く、このように弱いところに急に症状を示すことがある

ホメオパスによる改善報告:担当ホメオパス:笹木眞理子(獣医師) 担当ホメオパス:笹木 眞理子(獣医師)
主訴:痙攣/眼震/斜頚

http://www.homoeopathy-center.org/symptom/category08-01.html

<参考図書>

ペットオーナーのためのホメオパシー
クリストファー・デイ(著) 塚田 幸三(訳)



ペットのためのホメオパシー
クリストファー・デイ(著) 塚田 幸三(訳)



猫のためのホメオパシー
ジョージ・マクラウド(著) 塚田 幸三(訳)



犬のためのホメオパシー
ジョージ・マクラウド(著) 塚田 幸三(訳)



動物の本質
カール・ケーニッヒ(著) 塚田 幸三(訳)


◆アニマルホメオパスコース
(eラーニングコースによる自宅学習のみ開講)


ホメオパスにとって、動物についての知識を持つことは、大変強みになりますし、
もの言わぬ動物をみることで
少ない情報から症状像をとらえる観察眼を養う良い訓練となります。

そして、ペットを通して
飼い主さんをも癒すことが出来るようになるためのアニマルホメオパスコースです。

※アニマルホメオパスコースはCHhom学生のオプション授業となり
2年次以降に選択が可能です
(通常の授業に加えての履修となります)。

季節性のある症状

一般的な急性症状

怪我、身体活動後のトラブル

子供の罹る病気(感染症)

子供に多い問題

アレルギー性疾患

女性の問題

男性に多い問題

感情、精神症状

医原病(薬の副作用)

難治性疾患①

難治性疾患②

皮膚

骨・歯の問題

アンチエイジング

動物

農業

その他