2013年9月8日(日)

CHhom プロフェッショナルホメオパス4年制コース CH1・2期
「薬理学②」
講師:山内先生

(写真クリックで拡大します。)

本日のCHhom1期生、2期生の合同授業の「薬理学②」は、CHhom大阪校より中継発信にて行われました。講師は前回の6月の講義と同様、山内知子先生。

今回は病気の種類を「炎症」、「血液・体液の循環障害」、「免疫・ホルモンの異常」、「退行性の病気」、「腫瘍」、「精神疾患」と分類し、1つ1つについて学びました。

各分類ごとに、日常よく使用することで、薬害となりうる汎用薬について、どのように影響を及ぼし害となるのかについて、薬が及ぼす体のメカニズムや、実際の相談会での症例ケースを用いながら講義が行われました。

コンビニエンスストアでも簡単に買えるようになった薬。
薬好き日本人は健康志向と言いながら、過度に薬をとっている現状。症状と言えども、それは薬害が原因となっている事も多いようです。

今日は薬の影響を学ぶ事が出来た講義でした。

山内先生、ありがとうございました。


2013年9月8日 2013年9月8日(日) はコメントを受け付けていません。 お知らせ