5/28 武蔵村山市医師会主催 由井先生特別講演「コロナ時代を生き抜く免疫力の高め方」

寅子先生の現代医学とZENホメオパシーが手を繋ぐ架け橋となる歴史的な講演 大成功!

当日の講演は以下のアドレスにて配信中です。
https://stream.homoeopathy.ac/live/special_live_20210528/

武蔵村山市医師会主催 寅子先生特別講演 [コロナ時代を生き抜く免疫力の高め方] 終了しました。
寅子先生が武蔵村山市医師会 学術担当の山内立行医師からの熱いラブコールに応え、同医師会が主催する学術講演会にて、自然な農業、安心栄養ある食を通して健康への貢献に取り組む日本豊受農代表として招待され、40名のお医者様へオンラインで講演を行いました。(寅子先生とのツーショットで写っている先生が山内先生です)
またこの講演会は、本来は、医師会の方々限定の内容ですが、企画頂いた山内先生のご厚意により、豊受会員の皆様にもライブ配信で視聴して頂け1200名以上がライブで視聴しました。

【今回の学術講演が実現した背景】
ホメオパシー大国でありIT大国でもあるインドが縁となりホメオパシーをお知りになられた武蔵村山市医師会 学術担当の山内立行先生が、調査を続けるうちに由井先生の存在を知り、由井先生の書籍をほとんど読まれ、グリーンメディスンやホメオパシーDayなどの講演会に足しげく通われました。世界ではホメオパシーは自然療法、エネルギー医学、伝統医学では医療関係者の間でも広く取り組まれていますが日本の医療界では不思議でよくわからないとまだ認識の低いホメオパシーですが、『寅子先生の取り組まれているZENホメオパシーについて、他のお医者様にも知って貰いたい』という思いがついに実現化しました。

また今春より、新型コロナワクチン接種が医療関係者。高齢者から始まっています。

しかし接種開始に伴い、ワクチンによる国内外で副反応などの心配な報道も続いています。その一方では、ワクチンパスポートが検討され始め、世の中は推進派、反対派などの主張も入り乱れ、混乱しています。この状況下、お医者様の中でもこのワクチンについての本当の最先端の情報をもっと知りたいというニーズが高いようです。

そして、ワクチンで体調を崩す可能性に対して、ホメオパシーを利用して改善させる方法について、また、免疫を高めていくための食の提案や心のケアを含めて寅子先生の講義を聴いてみたい、と思われるお医者様の為に、今回の学術講演が実現しました。

【講演の様子】
まず初めに寅子先生が今回このような会にお招き頂いたことのお礼と、ご自身が現代医学によって救われた体験をお話し、多くの方々が助けられた現代医学の素晴らしさをお伝えし、現代医学と共にホメオパシーも使っていただきたいとお話しました。

講演の中では、ホメオパシーとは何かを同種の法則や希釈振盪の技術、ノーベル賞受賞のモンタニエ博士の水の記憶の実験の解説、世界におけるホメオパシー事情と説明し、ホメオパシーで改善した治癒症例としてアトピーや難治の変形性股関節症のケース、B型肝炎のケースなどを紹介。
また食の大切さと豊受自然農の活動についても紹介し、日本豊受自然農が製薬会社と協力してセンブリの薬用植物の栽培に取り組んでいることにも触れ、お医者様方も関心を持って聞いていただけたと思います。

コロちゃん対策としては、世界的な免疫学者である新潟大の岡田名誉教授、ソーク研究所の研究、長年世界のワクチン研究の最前線で活躍されたボッシュ博士の研究なども紹介し、コロちゃん対策と今回の開発期間を短縮して投入されたワクチンの懸念点などを解説したことに加え、免疫を高めることでコロちゃん対策やワクチンの健康被害への対策となるハーブやホメオパシー医学を応用したサポートチンクチャーについても解説、ライブ会場の皆様、大変熱心に聴かれていました。

講演を終えて主催の医師会の会長からも「医師会としては、ワクチンを推進する立場ではありますが寅子先生のお話に共感しました」というメッセージを頂き、特に実際に副反応での健康面の問題に苦しんでいる方々のサポートや免疫力を高める食・栄養、心のケアなどへの関心が高かったようです。他のお医者様も寅子先生の元に駆け寄り「素晴らしかったです」と感想を伝えられていました。

配信で応援してご覧いただいた皆様ありがとうございます。
寅子先生がホメオパス達や会員の皆様の思いを背負って行った今回の講演によって、新型コロナ感染症、またそのワクチンについての正確な情報と対策が伝わり、日本でも医療関係者、製薬会社が、ホメオパシーや自然療法とが更に協力し合って国民の健康生活の向上を推進していく一歩になることを心から願っています。

*************************

【受講者アンケート】

●とらこ先生、スタッフの皆様、お疲れさまでした。医師会からの招聘、おめでとうございます。とても嬉しく思い、視聴させていただきました。こうして視聴させていただきますと、ホメオパシーを使っての自然農、ホメオパシー教育、相談会、とらこ先生のなさっていらっしゃることが、本当にすごいことだと 改めて認識いたしました。医師会の方々に どうか 伝わりますように 願っております。昨今の世の中の情勢から、より慎重に石橋を叩くようになった私ですが、医師会の方々が 今日のとらこ先生の この素晴らしい講演を 善意の心で、まっすぐに受け止めてくださることを 心より願っております。ワクチンを推奨、推進している方々から、このご時世に とらこ先生に講演を依頼、なんて、つい警戒してしまいますが、医師会の方々が、善意の心で、今日の先生の素晴らしい講演を受け止めてくださいますように、と願ってやみません。最後のやりとりは、薄氷を踏む思いで視聴しておりました。神様仏様、どうか、とらこ先生を、ホメオパシーをお守りください・・・そんな気持ちです。

●本日は 武蔵村山市医師会様 主催 とらこ先生の特別講演を配信して頂きありがとうございました。とらこ先生は ホメオパシーだけではダメだと 農薬・化学肥料不使用の農業で 農産物を作ってくださいました。無医村のアフガニスタンで 井戸を掘り続けられた 中村哲先生と重なります。寝たきりの時期もあった化学物質過敏症の私はホメオパシーと安全な食べ物と 苦しむ私にいろんな言葉のレメディをくださって ここまで自分を取り戻すことが出来ました。初めて とらこ先生の出してくださった ホメオパシーをとり3日目の朝に 体が軽くなったような目覚めを感じました。生きる事を諦めかけていました。外へ苦痛なく 出られるようになれたらなぁ そんな夢を少し見るようになりました。今では 描いた夢の 先の先の世界に生きています。もう少し夢はあります。頑張りたいです。ありがとうございました。

●寅子先生、本日は本当にお疲れ様でした。医師会の先生方に少しでもホメオパシーが受け入れてもらえるようにという寅子先生の深い願いが終始感じられる素晴らしい講演で感動しました。どこまでも謙虚にお話されていて胸がいっぱいになりました。今日をキッカケに西洋医学とホメオパシーがお互いをリスペクトし合うそんな日本の医療界になっていって欲しいと心から願っております。お医者様もみんな同じではなくてこんなに志の高い先生方がいらっしゃるということを教えてくださりありがとうございました。私自身、いつの間にか西洋医学の先生方に批判的な物言いになってしまうことがあるので身を正したいと思います。ありがとうございました。寅子先生、今日は本当にお疲れのことと思います。どうぞご自愛ください。

●いつもお世話になっております。運よく、医師会での講演の案内メールに気がついて講演を拝聴することができました。有難うございました。新潟大学の教授のお話が映像で見られたのは良かったです。ワクチン業界で有名な方のインタビューは、ちょっと通訳の方の和訳が分かりづらくて微妙でしたが、危険性は十分理解できました。コロナは怖くありませんが、ワクチンを打った人は怖いので、「スパイクサポートチンクチャー」を25日からとっています。同居している母と一緒に飲んでいますが、父はワクチンを打ちたがっていて困っています。父は、新聞やTVが流している情報が真実だと思い込んでいて、ワクチンの怖さを説明してもフェイクニュースだと思っています(笑)日本のマスコミはスポンサーが怖くて本当の事は流さないといくら言っても聞き入れません。今回の講演を機に医師の方達がワクチンの危険性や本当はコロナなんて大騒ぎするほどの物じゃないと、堂々と声に出して言っていただけるようになると良いです。

●寅子先生ができるだけわかりやすく、相手を尊重していってらっしゃる姿が眩しかったです。この場を創ってくださった先生の純粋さにも感動します。医療現場で働いた経験があるので、ワクチンの副反応で致命的なことになった場合、責任問題がどうのではなくずっと心が痛むと思います。私自身、インチャが深かったゆえに医療現場にいたと思います。紹介された先生が「寅子先生のところに行けない人」とおっしゃったのが、優しいなぁと思いました。インチャがかけるブレーキを優しく外す方法、あるいは、もっと大事なことがあると氣付くことで進めると良いですね。本当に貴重な講演をシェアしていただき感謝です。ありがとうございました。

●今日も興味深いお話をありがとうございました。山内先生のような開かれた心を持っておられる先生がいらっしゃること、とても嬉しく思います。山内先生のようなお医者さんが増えれば、患者さんを真に癒す医療が受けられるようになりますね。もっともっとたくさんの日本人にホメオパシーが伝わり、治療を受ける際の選択肢の一つになる事を切に願います。息子の強迫神経症をホメオパスとホメオパシーのおかげで乗り越えることができました。以来、ペットも家族もホメオパシーでセルフケアをしています。動物は素直なので効果が現れるのが早いです。寅子先生今日もお疲れ様でした。ホメオパシーに出会えた幸運に心より感謝しています。

●医師会の先生方に、寅子先生が講演をされる日が来るだなんて夢のようでした。15年前にホメオパシーと出会った頃には、自分も無我夢中だったこともあり想像したこともありませんでした。地に足つけて続けることの大切さを、ひしひしと感じました。いつも私たちの前を歩いてくださりありがとうございます!西洋医学、自然療法の垣根がほどよく低くなり、癒され治癒していく人がどんどん増えていきますようにと、感謝の気持ちで視聴させていただきました。

●武蔵村山市医師会に招かれての講演会からなのでしょう、いつになく低姿勢のとら子先生のお話 とても分かりやすく良かったと思います。これを期にホメオパシーが広まり、とら子ホメオパシーの真髄「心・身体・霊」三位一体の療法が理解され、また身体を作る大元である食~農業に目が向けられるよう、関心が向けられるよう 祈るばかりです。有り難うございました。

●医師会でホメオパシーに興味を持って下さった事は凄いと思います。山内医師が寅子先生の講演会へ行きこれは、と思ったから広めようと思ったんだと思います。山内医師はホメオパシーとzenホメオパシーの違いもご存知のようなので、これからが楽しみです。過去は現在のため、現在は未来のためと思い、これから益々、ホメオパシーが栄え広まると期待してます。私も少しずつマテリア・メディカを覚えて周りに教えてあげられるようになりたいと思っています。今回の寅子先生の話し方で使い分けは大切と心新たに思いました。これを見習いたいと思います。今まで寅子先生がご苦労なさって築き上げてきたことが、今後、更に広まることを願っています。寅子先生ありがとうございました。

●この度は、貴重な情報を無償で提供していただきましてありがとうございました。予防のために①②③のサポートチンクチャーを購入したばかりだったので、大変参考になりました。ワクチンの害を家族に伝えるのは難しいですね・・・。いろいろと伝えたのですが、不安が強い家族はワクチンを打たないという選択ができないようで、予約しています。止められないのかな・・・と私のほうが責任を感じしましまう。家族にも、今回お話にあったサポートチンクチャーを進めたいと思います。本人が納得したものしか摂らないと思いますが、これまでもカレンデュラやBONなどはとっていますので、どれかは選んでくれると思います。これからもよろしくお願いいたします。

●素晴らしい動画を視聴させていただき、ありがとうございました。高齢者のワクチン接種がはじまり、打ちたくないのに周りに迷惑がかかるので打たなくてはと思っている方もおり、私は何もできずにいました。外出先では消毒液をしないと入れてくれない所がほとんどで外出もしなくなり、悲しみや怒り等複雑な気持ちでした。そんな時、いつも良いタイミングで由井先生の動画を視聴することができ、スッキリだったり、安心した気持ちになることができました。しっかりと自分のブレない軸をもっていこうと思いました。

●現代医学に携わる医師の方々にこのようなホメオパシーの講演をされるのは素晴らしいと思いました。相互理解が進んでいくことで、ホメオパシーの社会的認知度も高まっていくのではと思います。コロナワクチンの問題についても、雑誌『循環研究』の論文をめぐって共感の声が出てくるなど、とても良い共鳴が起きているなあと思いました。それにしても、寅子先生の口調がいつもとかなり違っていて、平身低頭な姿勢が感じられ、驚きもありましたが、とても共感できました。

●インドやアメリカなど、変異ウイルスが流行っている所は、アストラゼネカの治験があった場所だったなんて、本当に酷いワクチンなんだなと思う一方、ついに日本でも承認されてしまった事でこれからどうなるのか心配です。ワクチンを打った人の為のレメディーをありがとうございます。

●寅子先生のライブ配信、楽しませて頂きました。どうもありがとうございました。お医者さんがホメオパシーに興味を持ってくれると良いなぁ・・・と思いました。寅子先生の思いが一人でも多くの人に届けば良いなぁ・・・心から思いました。先生、お疲れ様でした。

●医師の方が興味を持たれて実際試してらっしゃるのはとても素敵な事だと思います。こういう事例が少しづつでもいいから増えて理解が深まるといいなと思いました。

●寅子先生、おつかれさまでした。とてもわかりやすかったです。後半のコロナワクチンへの対策、希望の光になりました。ありがとうございます。

●とても良かったです、ありがとうございました。再配信 期待しております。