8/15 とらこ先生の-コロナを越えてタブーを越えて- この時代を生き抜く10の講座 第3回<歴史>東京ライブ講演

暑中お見舞い申し上げます。
新型コロナというこれまでなかった状況の中で迎えるお盆、終戦記念の日です。

本日は、恒例の納涼 お盆のとらこ先生イベント
「とらこ先生のコロナを超えてタブーを越えてこの時代を生き抜く、10の講座
第3回 <歴史> ―歴史の事実を知りこれからの生き方を考える―」
が行われました。

とらこ先生は以下の言葉から講演は始まりました。

『今回、この「歴史」というテーマを、お盆、終戦記念の日に講演するにあたり、
もう1度、1万5千年前 縄文時代から綿々と受け継がれてきた日本文明について、その歴史を学び直しました。
これまで日本で生きてこられました多くの方々のたゆまく努力や犠牲など、
何度も日本文明が断絶するような危機もありましたが、それを乗り越え、今から考えても、奇跡だと思いますような出来事が積み重なって
今、このような日本文明が、途絶えずに続いている。
そして私も日本という国で生かされていて、人生を体験させていただいているということは、本当に有り難い 有り難いことであります。』

そして、日本文明が誕生して以来、私たちまで、命をつないでいただきましたすべての先祖の皆様に感謝をし、
さらに、この日本文明を守るために、犠牲になられました多くの御霊様には特に感謝の祈りをささげて、
最初に1分間の黙祷を捧げました。

本日の講演では、「縄文日本文明」1万5千年以上、世界でも最古といわれる奇跡の文明を受け継ぐ日本、先人、先祖の人達が生きてきた
激動の歴史をザビエル来日、明治維新、現代までも振り返りました。

特に、キリスト教、植民地支配、ユダヤの世界戦略、ヨーロッパの日本侵略と向き合うこととなった戦国時代の世、信長、秀吉、家康の真実。
世界が植民地化、戦乱で荒れる中、奇跡の平和と繁栄をもたらした江戸時代の本当の姿。
英雄坂本竜馬の活躍などNHK大河ドラマなどで語られる美談とはかけはなれた現代日本の病巣にもつながる「明治維新の闇」、
戦後の「戦争罪悪感政策」など…
目からウロコの激動の日本の歴史の真実を、世界との関係を含め、とらこ先生がお話ししてくださいました。

本日8月15日終戦の日に真実の歴史を学ぶ事は、私達がこれから先どのように生きていくべきかの道標となった事でしょう。

とらこ先生、ご参加の皆様、本日はどうもありがとうございました。

本日見逃した方には再配信(自宅受講のみ)を8/21(金)、8/22(土)、8/23(日)に行います。
時間は①10:00~ ②14:00~、③18:00~(3日間共通)です。

大切な講演なので皆様ぜひご覧ください。

お申込先はこちら▼
https://ec.homoeopathy.ac/

【参加者アンケート】

  • これまで何度かとら子先生のお話で聴く度に歴史の真実には衝撃を受けてきましたが、これまで以上に衝撃的な内容でした。身も心も恐怖や悲しみで震え、凍りつくようでした。それでも私たちはこの真実を受け止めて生きていかなければならない…今回のテーマ「これからの生き方を考える」ということなのですね。真実から目を背けることなくしっかり受け止め、正しく理解し、どう生きるのか、ひとつずつ考えながら前を向いていきたいと思いました。残酷で非情な歴史を経ても日本が今もこうして存在し、私がここに存在していることの奇跡に感謝し、清く正しく自分自身の命を最後まで精一杯生きようと思います。とら子先生、命の危険を冒してまでお話していただき、ありがとうございました。
  • 今日初めて視聴させていただきました。ありがとうございました。聴き始めた位になぜか心が震え涙が出てきました。かなり遠回りしてしまっていましたが、今やっとこのタイミングで真実を知ることが出来ました。内容はかなり衝撃的でしたが、知ることが出来たことで日本人の誇りを取り戻したいし恥ずかしくない生き方を全うしたいと思いました。未来に繋がっていく様私に出来る事をしていきたいです。
  • 少し前から母から誰かが「日本をつぶそうとしている」という話を聞くことがあり、日本が前は活気があったのに今は自分の国にほこりがない、自信のない国になっていると私自身感じていたので、その母の言葉が気になっていました。今回のコロナで2020年のオリンピック、パラリンピックが出来なくなったのも、私は偶然とは思えませんでした。テレビで放送されるのはきれい事ですし、しんそうを知る機会がなかったので、今日の講演を聴きたいなと思いました。良いことをする人は消されて、悪い人は残るなど日々の生活でも感じていましたが、それは今に始まった事ではなく、私が生まれるずっと前どころか、人間という生き物がこの世に生まれた時から始まっていたんだなと感じました。これが人間のさがなんだなと思いました。でも私はそういう人になりたくない。正しいことを正しく伝えたいし、自分を曲げるような事はしたくないので、できることはすごい限られますが、自然にやさしい、日本を生かすことは何か考えて、これからの人生 行動していきたいです。
  • 本日は大変貴重なお話を聴けて幸運でした。長崎、スペイン、グラバー亭、写真館・・・日銀・・・渋沢栄一・・・どれもこれも運命的な、ささやかですが関わりのあるWordに興味津々でした。私のふるさとは長崎で教会も多く、伯父は長崎市内の浦上天主堂の目の前で写真館をやっており、本日のあの写真はまさか?!と思ってしまいました。トーマス・グラバーが好きで社名をグラバーと名付けた知り合いがいますが、どこかで真実を知っているのか・・三男が世界史が大好きで、しかもスペイン語を学びたいと、スペイン語学科へ進みました。この歴史の知識はきっと違うでしょう。当時、長崎の地元で働いていた職場の上司は、渋沢栄一氏のひ孫になる人でした。現在は東京におりますが。そして派遣業務で日銀に勤めております。何か感じるものがあるお話でした。ワクチンのことを知りホメオパシーを知り、大きく思考が変わりました。その背景にこの歴史問題は大きいと感じています。これを知らなければ納得いかないことが多いと思っています。なぜ今生かされているのか深く感じ、感謝しています。本日はありがとうございました。
  • 本当に、本当に貴重なお話 有難うございました。勝者の都合の良い、曲げられた歴史の全体像が、よく解りました。(部分的には知っていましたが….)蛇のように賢く、鳩のように善良に、自由に素直に生きていかねばと心から思いました。そして、豊受家族の皆さん、面白かったです。皆さん大活躍ですね。これからも、よろしくお願いします。
  • 本日もありがとうございました。知っている内容もたくさんありましたが、改めて順を追って話を聞くことで、さらに絶望的な気持ちになりました。そんな中でも、希望を捨てず行動してくださるとらこ先生に感謝です。先生のように、私たちももっと行動を起こしていく必要があると思いました。最後に、会津藩のことを取り上げていただいてありがとうございました。私は住まいは、戊辰戦争の舞台となった鶴ヶ城の米倉だった場所です。悲しみに溢れた土地です。今日のお話をこの地で聞くことが、ここで亡くなったたくさんの人たちの鎮魂につながったような気がします。ありがとうございました。
  • 日本のために戦って下さった人々に感謝をして、拒否をすべきことはきっぱりと拒否し、前へ進んでいきたいと思います。
  • 今まで間違った歴史を学んでいたことを知りました。知ったことは、あまりにも残酷で、苦しくて、でも知らないことのほうが罪なのですよね。知ったことで、正しい知識になりました。今までの歴史上の日本人が、日本をまもってくれていたことに、感謝したいと思います。
  • 歴史は戦国時代までは興味があり、近代になるほど勉強しなくなっていました。これだけ、嘘やまやかし、誤魔化しの事実があるから、興味が持てなかったのかなと思いました。ねじ曲げられた世界が変わる今、大きく翻弄されずに生きていける指針をありがとうございます。
  • いままで不勉強すぎたことに気付きました。知らないことを知らないままにし、生きることもできます。ただ、自分が常に疑問をもち、そこから先へ進めないのであれば、一つ一つ向き合っていきたいとおもいました。ありがとうございました。
  • 今まで何の疑いもなく信じて来た事が、操作され仕組まれてきたことだと聞いて、大変ショックでした。先生の話が聞けてよかったです。これからは、日本人であることにもっと自信を持って生きていきます。
  • 第一、第二、第三回と段々すごくなってきました。自国の歴史を学ぶ事は大切なことだと思っておりました。本日の講演でのお話は心にずっしりときました。歴史はその後の人間が如何様にも書き換えることが出来ます。事実を知ること、伝えていく事でそこから平和な世になっていくことを願います。ずっと先生がおっしゃっておられる自灯明、法灯明をしっかりともって今後しっかり生きて、しっかり死んでいく。最後は『は〜、楽しかった。やれるだけやった。全て良かった。ありがとうございました^ – ^』そう言って帰れるように生きたいと思いました私の祖父もその兄妹も皆、沖縄戦で亡くなりました。ご先祖がいてくださったから私は生まれてこれた。感謝し自分を大切にしていきます。^ – ^由井先生ありがとうございます。合掌。
  • 終戦記念日に、命がけで真実を伝えてくださった寅子先生に感銘を受けました。歴史の裏側のねじ曲げられた真実も衝撃的でしたが、その世界は、連綿と今の時代にも繋がり、コロナ禍においても、何が正しいかを見極める大切さ、自分で自分を守ること、自灯明、法灯明、インチャ癒しの重要性を更に強く感じました。いつも真っ直ぐ光に導いてくださる寅子先生。今日も素晴らしい講演会をありがとうございました。今、生かされていることに感謝し、一隅を照らすことができる生き方を改めて考えてみようと思いました。
  • 寅子先生の命を張った講演会、本当にありがとうございました。優秀な故に根絶やしにされようとされている日本人に生まれることを選んだ私の魂ですので、一人でお多くの方にこの事実を知っていただけるよう行動したいと思います。昔からなぜ日本人だけがそんなに憎まれるのか・・・と不思議に思っていましたが、先生のお話ですっきり理解できました。 また、昔の将軍様たちは本当に優秀で素晴らしい方々であったこと、そのような人たちの血を受け継いでいる我々日本人は頑張って生きていかなければならないのだと改めて思いました。間違った教育の賜物で今もコロナ脳と非コロナ脳に分断されつつある日本ですが、国民の一致団結を切に願うばかりです。 若い人たちに早く気づいて欲しい。ありがとうございました。
  • 本日は知らなかった本当の歴史を教えていただきありがとうございました。資料を読むと、目を背けたくなる残虐な内容に非常に心が痛みました。でも真実は真実としてきちんと知ることが必要だし、とら子先生のおっしゃるように、国民の多くが知ることにより亡くなられた沢山の魂の無念もすこしは救われるのではないかと思います。信長、秀吉、家康、孝明天皇、日本の国民を守るために様々なことを考え行動してくれていたことに感謝し誇りに思います。歴史についての本も沢山出版されていてどれを買おうか迷っていたので、今日紹介された本を読んでより深く知りたいと思います。イルミナティに絶対支配されたくはありません。種の問題もとんでもない法律だし絶対に可決してはいけないと思います。とら子先生の手紙がトランプさんにちゃんと届き良い結果になることを祈るばかりです。
  • 昨日の終戦記念日に、今まで私達が知らなかった歴史を教えて頂けた事に感謝いたします。本当に驚くことばかりでしたが、納得でき日本人である事に誇りを感じました。1人でも多くの方が、これらの事実を知り今自分が何をすべきなのかを考え、当たり前に流れている嘘の情報に惑わされる事なく生きて行けたらいいのにと強く感じました。寅子先生、いつもありがとうございます。寅子先生に出会えた事に感謝します。次回も楽しみにしています。
  • 終戦記念日に相応しいお話をありがとうございました。多くの方が知るべき、またホメオパスにとっても重要な内容だと思います。
  • 自衛隊が大事だということ痛感しました。自衛ができないような巧みに作り上げられてきた教育と歴史。ユダヤが世界を支配しすべてを対立に分断され、弱体化されてきていることは悲しいことだけれど、長い長い歴史の中で真実が明るみに出てきて、本当の自衛、自分を守り、自分の命を大切に次へとつなげていくときが来ているのだと思います。神国である日本の信仰の誇りを思い出し、手をあわせていく気持ちを育てていきたいと思います。自分のことをまったく大切に出来なかった頃は、日本がどうだろうと歴史が何であろうと関係なく生きていましたが、大切にするよう、インナーチャイルド癒しを重ねるほど、”神ながらの道”に立ち返ろうと思うようになってきました。魂を目覚めさせるお話しをいつもありがとうございます。
  • あまりにも衝撃が大きく、胸がいっぱいで、とても整理ができない状況です。歴史の改ざんに虚しさと憤りしかなく、途中涙が込み上げてきました。このような真実を、今日、終戦の日、そして戦争を心から憎んでいた祖母の命日に知り学べたことにふるえるほどの感動を覚えました。真実を知り、自分の本質を生きてゆかなくてはならないことを痛切に感じております。そして寅子先生のメッセージ、力強い決意に大きな勇気をいただきました。自然から学び信仰の心をもち、八百万の神に感謝する心を大事に致します。そして、寅子先生とのご縁に心から感謝致します。本日はありがとうございました。
  • 痛快なちゃぶ台返しの連続でしたね、世界菜ユダヤ人の執念の報復ゲームのコマなんでしょうか?ヒットラーへの評価も少し修正されました。でも今日の講義でほぼ謎解きがされてスカッとしました。もつれた糸がほどけたような気分です。山本五十六、新渡戸さん、坂本龍馬など同胞をあざむき命をおびやかした事にはショックでした。五十六がスパイというのは聞いていましたが、確かにパールハーバー襲撃は無意味ですよね。坂本龍馬も日々の生活とか資金をどこから調達しているのかずっと疑問でした。etc. とても有意義な講義でした。参考図書も呼んで深めていきたいと思います。
  • 娘がおかしくなり精神科を受診、入院させ、服薬前よりだんだんと更におかしくなり、どうしてなのか?病院は治すところではないのか?なぜ治らないのか?と考え、調べていくと今回の事も分かってきました。先生の仰るように自分のことは自分で守らないとならず、自然農をしていかないと食べるものがなくなるという未来があるので、どうにかして土地に作らないとと思います。いつもは娘や仕事で時間をとられ食事は大急ぎで食べますが、今日はとってもゆっくりと食べることができました。しかも安心安全の食べ物で味もとても美味しかったです。ごちそうさまでした。
  • 全ての日本人が真実の歴史を学ぶ、知る必要があると思いました。罪悪感ではなく誇りを持っていいんだと思いました。コロナも真実を知ろうとしない方が多いです。ワクチンを待ち望んでいるようです。本当の事を教えて下さっている方がいるのに、それを知ろうとしようともしない、メディアの影響力は凄いなと思います。野口種苗さんより種を買ってベランダ菜園を始めました。今年は小さな人参ですが、収穫することが出来ました。食に関してですが、周りの人はコンビニ食を美味しいと食べています。ガンにでもならなければ、食の大切さを自覚できない人が多いです。
  • 日本の歴史が捻じ曲げられている事はききますが、こまで細く自分で調べることはなかなかないので、とても興味深かったです。戦後GHQによって日本人の精神性が破壊されてきた事は知っていましたが、それ以前からそのたくらみが行われていた事には驚きました。ショッキングな内容も多かったですが日本人なら知っておくべき事だと思いました。ありがとうございました。今日は中2の息子も一緒に参加したので、これから生きていくのに何かの役に立つに違いないと思いました。
  • 目からウロコの内容でした。ユダヤ・・・執念深い考え方・思想だなぁと思います。織田信長、豊臣秀吉、徳川家康・・・。すばらしい日本のリーダーであったのに、ゆがんで伝わっているのが残念です。真実が伝わっていないのに、日本人ばかりが罪悪感を持ち続けている/持たされ続けているのは、どういうことかと思います。終戦記念日のこの日に貴重なお話を聞けて、無念の御魂の方々はとても喜んでいるだろうと感じました。とらこ先生、ありがとうございます。スタッフの皆様、暑い中、準備をしていただき、ありがとうございます。
  • 今日はありがとうございました。参加できて良かったです。多くの世界史の中の命の事を知りました。かなり前にホメオパシーの歴史の授業を受けた時、またはそれ以上の衝撃、この講義は大きな力の総合なのだと思いました。普段、一人の方の命と向き合っていて、大きなギャップでした。今、自分がここに生きている事を深く考えました。これはホメオパシー講義と半々だと、もっと私たちは今の命を考えるだろうなと思いました。食品添加物大国のいきさつもよくわかりました。よくまとめられませんが、大きな衝撃でした。ほっとした優しい美味しさの茶菓ごちそうさまでした。
  • キリスト教を一旦ゆるして、なぜその後禁止にしたのか?ずっと納得できないでいたが、今日謎が解けました。でも、今までの常識がガラガラと崩れてしまい、さてどう建て直したら良いものやら?植民地にならず、今まで独立国として続いてこれた幸いをかみしめると同時に先人の偉大な判断と活躍を誇りに思います。その視点から見ると、今の時代は癌の末期?され治療はどこから手をつけたら良いのか?まず自分ができる一つを大切にしていきたい。絶望に未来は無いから種から学ぶ。
  • 学校で習った歴史とは、まるで違うことは少し知っていましたが、習った事象も反対の立場から見れば、まるで違うことなのだということを改めて認識しました。自分の知らない所で起こっていることを知るのは、暗い気持ちになることは確かではありますが、知ることによって自分の選択肢が増え対策することができます。先生のおっしゃるとおり、自分の心根次第でもあるのだと思いました。
  • あいかわらず、パワフルなお話しありがとうございます。本を教えていただけるので、とてもありがたいです。昔に比べると、情報や本も多く手に入るようになりましたが、私達がしっかりと選ばなければならないことは、心にしていきたいことです。イルミナティー的な言葉で「あなたのチョイスがすべてを決めます。良いものをチョイスしましょう」と言いますが、チョイスの巾を広く持つことの方が大切だと思いました。
  • おどろきのお話がたくさんでした。最近はかくれていたことがだんだんと公になってきていると感じます。このようなお話しの会をもってくださるとらこ先生に感謝いたします。何が正しくまちがっているのか本当にわかりにくい世の中です。心をすまして情報をみていきたいと思います。おいしい心づくしのお菓子をありがとうございました。豊受麺もとても美味しかったです。楽しく勉強になるひとときをありがとうございました。
  • 今日の講演は札幌会場に来て参加させて頂きました。学校で習った歴史もあまり覚えていませんが、ヒーローのようにイメージしていた人物たちが実はイルミナティだったと知ってびっくりしました。私はシンガポールに旅行で行って美術館に入ったときプロガバンダの絵(バットマンやスーパーマン)のヒーローが日本の兵士を悪者のように扱っている絵をいくつも見たとき、とてもショックだったのを思い出しました。今日は事実を教えていただきありがとうございました!
  • 今回の講演・先生のすべてに本当に覚悟を感じました。本当に本当にショックな内容が多く、でもずっと深く知りたいし、先生の講義内ですごく確信がある感じでお話しされていましたが、私としては半信半疑ですが、なかなか自分ではたどり着けない情報ばかりだったので、本日まとまった濃~~~い2時間半で伺えて、とてもとても勉強になりました。本当にありがとうございました。先生のご無事を祈るばかりです。
  • 本当の事を知るということは、自分の自信にもつながるのでしょうか?自分が儲かればそれでよいという考えは、他者を傷つける。良くない事が起こると誰かのせいにしたくなりますが、どんな事がおきても、自分の考え方ひとつで乗り越えることができる。この時代を選んで生まれてきた自分の魂の力を信じて強く生きていきたいと思います。元気が出ました。とらこ先生ありがとうございました。
  • とら子先生ありがとうございました。500年にも及ぶ、日本破壊植民地化の全貌を知りました。端々を色々な所で聞いたことがありましたが、全体像を知ったのは初めてで、衝撃的でした。教科書で教えられること、世間の「常識」として信じられていることは、一部の人たちに都合のよいように、また、日本を貶めるために改変されていたのだと、認識が深まりました。
  • 知っていたこと、点と点だったことが、線につながり、有意義な時間を持つことが出来ました。こんなにも早い時期からなんて仕組みしていたことか・・・。そして歴史上悪者に仕立て上げられていた武将たちのこと、歴史は勝ったものに書き変えられるのかと・・・。日本でもそうだったのですね。もう少しいろんなことを知りたいと思いました。日航ジャンボ機(123便も)事故じゃなくて事件ってことですよね・・・。
  • 知らない事ばかりで、今まで習っていた事が、どれだけ偏った内容であったかと思います。過去のことではあるけど、「日本人」としてどれだけ世界に目を向け、「日本」を守ってきたのかがわかり、とても誇らしいと感じました。今も反日、差別が世界にはあるが、見方が変わると、見え方は変わるかも知れないが、「日本人」は頑張ってきたと思えました。
  • 「やおよろずの神」で守られてきた「日本」、縄文時代から続く歴史、深いと感じました。ザビエルが日本をローマ教会に献上したことには衝撃を受けました。キリスト教が伝来して1549年から新型コロナ禍の中にある現代、限りなく続いている歴史、戦争の惨禍下にあっても続いている歴史があることに感動しました。多くの真実を知り、学ばせて頂きました。終戦の日に貴重な講演をありがとうございました。
  • どうもありがとうございました。ここまで歴史の事実が変えられているとは驚きました。心ある日本人を悪者として語り継いだそのユダヤ人のやり方は恐ろしいです。この事実の中でも生かされていることや、今ある事、与えて頂いていることに感謝していくことの大切さを再認識しました。ありがとうございました。
  • 今回も貴重なお話をありとうございました。学生の頃、歴史が苦手で頭に入らずほとんどの事を覚えておらず帰って良かったな(笑)と思いました。戦争で命を落とした方が無念でなりません。今日の事を忘れずこれから生きていく上でできることはして行きたいと思います。日本が心も体も素晴らしい国になることを祈りたいです。
  • 知らなかったことが多く驚きとともにそうだったんだなあと現実を知ることができました。今までの視点とは違うところから歴史や政治をみていけそうです。学ぶことって大切だなあと改めて実感しました。ありがとうございます。
  • 本日も命を懸けた講義で大切な話をしてくださり、ありがとうございました。日本は色々なところから植民地化されてきており、国民の一人として対策出来ることは少ないですが、頑張っていこうと思います。(もっと色んな人に気づいてほしいですね)自然農を守るため私自身やれることをやっていきます。
  • 私は歴史の授業が苦手でした。今日の寅子先生の講義でその理由がわかったような気がしました。私が習った日本史は嘘の内容ばかりだったからではないかと思いました。寅子先生ありがとうございました。こしあんこのおだんご、ハーブティーとても美味しかったです。ご馳走様でした!
  • 歴史をさかのぼって明治から近代まで本当の日本の歴史を知る事が出来て、とても勉強になりました。食の大切さ、自然のありがたみが分かり、食の問題は、とても大事だと思いました。普通に自然の食事をとりたい気持ちはあるのですが、身の回りは、工場出荷の食物ばかりなので、添加物を取り過ぎないようにしなければと思っています。
  • こんな大昔から日本つぶしが始まっているなんて本当に深刻だと思った。しっかりと理解できなかったので、何回も聞いて落とし込みたいと思った。9月or10月の種の法律は何としても、阻止しないと終わると思った。こんな真実を日本人のほとんどが知らないという現実は本当に深刻であると思った。こんなことを教えてくれた寅子先生に感謝です!!
  • とらこ先生、命をはった講義ありがとうございました。いかに何も教えてもらってなかったのか、いかに捻じ曲げて教えられていたのか、ショックでした。もう一度、歴史のことを学び直したいと思いました。そして自分はこれから日本の為に何ができるのだろうか。難しいけど、よく考えたいと思いました。
  • とても深い内容でした。学校で習ってきた歴史とは全く違って、学校の社会の先生は日教組の方が多いので、とても疑問ではあるとも思います。いつもとらこ先生の歴史の話には衝撃をうけます。わかりやすく解説してくださりありがとうございました。
  • キリシタン弾圧、鎖国の裏側にあった事実に驚きました。グラバーが武器商人であり坂本龍馬がヒーローではないことは知っていたけど、裏側を知れば知るほどショックを受ける反面、彼等が恐れるほど日本人は凄いんだ(今の日本人はそうとも言えなくなってる)洗脳されてる場合じゃないぞ!とも思えました。何を習うかはほんとに重要で、教科書を変えるなんてことはとんでもないことのように思わされていたけれど、変えないことのほうがとんでもないことだったのだと実感しました。貴重なお話をありがとうございました。次回も参加します!
  • 終戦の日に、またお盆の時に、このようなお話を伺うことは、大変意義深いことだと思いました。とても衝撃的な内容でかつボリュームもあり、まだ頭の中が整理できませんが、途中、”本能寺の変”のあたりでネットの調子が悪く、聞きそびれた部分もあるので、来週の配信を再度聴講したいと思います。最初のDVDの中学生男子のケースで、このような意識をもった子がいることは、頼もしくも思い拝見しておりました。また、現在もいろいろと大変な状況ではありますが、日本に生まれ育ったことに誇らしく思いました。アンテナを張って、意識を高めていけるようにしていきたいと思います。本日はありがとうございました。次回の第4回も楽しみにしております。
  • とても驚きの内容でした。知ることができて良かったと思います。食、環境、考え方、今の私にできること自分や家族にやっていきたいと思いました。
  • 命をはってこの講義をした」という由井学長のお言葉。お言葉の重みをかみしめると共に、学長の決意や覚悟、信念を改めて感じました。またお着物姿の装いから、学長の思いが伝わってきました。「歴史は単なる暗記科目」「受験科目」という認識でしかなく、また歴史がとても苦手だった私にとっては難しい内容の講義でしたが、後半部分はイメージがつきやすかったです。今回も驚愕の内容でした。タブーを越えての3回の講義に共通して言えることは、「世間で信じられていることや声高に叫ばれていることの中には真実はない」ということだと思います。”名目”を盾に、どれ程ひどいことが行われてきたのか、そして現在進行形で行われ続けているのか。空恐ろしいです。お先真っ暗でなすすべがないと思ってしまいそうですが、「どんな条件下でも生きていく力を」とおっしゃる学長にいつも勇気を頂いています。常に先を見みすえ、アグレッシブにポジティブに道を切り拓かれている学長の強さはどこから来るのでしょう。真実を包み隠さず話して下さる分、由井学長に身に危険が及びませんようにと願わざるを得ません。「祝詞般若心経」「自灯明」「法灯明」「信仰心」が学長を守って下さっているのだと思っています。
  • 由井先生、危険を冒しての情報提供感謝します。これからも真実を見分ける目を持ち、真実を伝える勇気を持って生きていこうと思います。ありがとうございました。
  • とらこ先生、終戦記念日にありがとうございました。祖父母の世代は江戸時代の終わりに生まれた両親に育てられ 両親の世代は明治生まれの親に育てられ 自分達は 戦前に生まれた親に育てられました。これまで何となく肌で感じる 違和感が有りました。どの時代の親に育てられたか で その人の中に流れている物が違うのかなぁと思うようになりました。家族が薬や手術で次々壊れてゆくのをただただ側で見ているだけでした。「ユダヤ教の考えの医学だから日本人は治らない」とらこ先生が言葉は端的で ショックでした、 けれどもちゃんと理解できました。素敵なお着物と帯で♪ ありがとうございました。
  • 今回の公演を聴いて、知らなかった方は、ショックを受けた方も多かったのではと思いました。特に、戦国時代に多くの日本人が海外へ人身売買されていたことや明治維新のお話は、学校教育や一般世間で知られていることとはかけ離れているからです。私も20歳前後の頃、司馬遼太郎の『竜馬がゆく』を読んで、心躍らせていたものでした。しかし、3.11後、世の中の隠されていたものが露わになるにつけ、これまで自分が当たり前としていた常識を、特に日本の歴に疑問を感じるようになり、今日のお話のようなことを知るに至りました。「勝てば官軍」と言いますが、勝者が歴史を書き換え、本当の歴史は闇に葬られてきたということ。勝者が語ったことは、一度検証しなおすことの重要性を感じます。靖国神社のこと。教育勅語のこと。日本国憲法のこと。そのできた経緯とその意図などを、今一度よく検証することが大切と思います。
  • お盆の最終日、先祖の御霊の送り火を焚くこの日が終戦記念日なんですね。改めて気づいた今日でした。歴史を振り返り、能天気な人が多い日本の現在が実際、歴史的に見てもどんな状況なのか。これまで閉ざされた環境下だけの講義を、命がけでネット配信込みでされた思いの深さを受け取りました。声高に言ったから届くものでもないのは分かっているけれど、それでも自分の無力さに打ちのめされる時もあり、マスクで溢れる日常に違和感が大きくなります。豊受のマクワウリの苗が雨がちな中でも1つ立派な実をつけました。以前振舞ってもらって食べたことがあるのに黄色くなってきても硬いし、食べ頃がわからない。マスクを避けて自由に過ごしたく19歳の息子連れ夫婦で一泊山に行ったけれどブヨに喰われたのか3人とも足くるぶしが判らないほど痒い両脚をパンパンに腫らしています。南方のジャングルへ入った兵隊さんたちはどれほど大変だったかなぁ。食べ物のことも知らなくて生きるチカラが足りなくなっているな。ホメオパスとして知る立場になることも多い私たち、気づいたところから少しでも行動をしよう。超微量の法則、ちっさなエネルギーに威力があるんだから。自然から、御先祖から受け継いでもらった我が肉体に宿る生命力に手を合わせて、今日は静かに過ごしたい。
  • 由井先生ありがとうございました。衝撃の内容でしたが、命がけで伝えて下さった事に感謝いたします。真実は100人いれば100通りあると思うので、本当の所は分かりませんが、しっかりと事実を見つめるようにしていきたいと思います。自分自身がどう生きるべきかをよく考えてみたいと思います。イルミナティであってもすべての人に愛を与える事が出来ますように。本当のイエスの教えが広まりますように。
  • 歴史は勝ったものが都合のいいように作ったものだとさらによく認識しました。スペイン人の極悪非道ぶりには吐き気がしました。日本をよくするには一人ひとりが意識を持って生きていくことが大切だと思いました。
  • 学校で習った歴史とは全く違う歴史の方が真実だったと言う事実。しかもあんな昔からユダヤ人が世界を動かしていたとは…。とらこ先生の話を聞きながら、日本人って凄い!と思いました。思惑通りに、近年は食や精神など日本人らしさが失われつつありますが、自分の中に流れているものに誇りを持ち、これからはと思います。
  • 終戦日に伺う本日のお話はまた、いつもより迫力がありました。白人支配による状況がどのようなものか、またキリスト教布教における実態がどのようなものか、秀吉がカトリック弾圧を推し進めたのも日本人の女性が奴隷として売りさばかれていることを知ったからであり、イエズス会の正体が実は・・・ということも知ってはいました。自身がカトリック学校出身なもので学生時代に、1986年の映画「ミッション」を見ました。ベースは南米でインディオたちに布教するイエズス会宣教師の話です。ラスト、グァラニー戦争に巻き込まれ負傷して亡くなる宣教師たちに変わり、インディオの少年が大きな十字架を拾って掲げ、歩いていくシーンがあります。その時は、その信仰心に「素晴らしい」とすら感動しました。その後、カトリックの実態がどういうものかわかり、今ではまるで離れてしまっていますし映画を見ても白々しく感じてしまいました。植民地支配における、当時の白人の残虐非道ぶり。ほとんどの人が知らないままでしょう。コロンブスたちが現地の人間を食べていた、などということは「そんなことあり得ない」とすら言われそうです。しかし、そうやって「人食い」を長年やってきた人種であるということを理解すると、白人いうもの、そしてカトリックというものが本当はどういうものであるか理解しやすいですよね。そしてまた、日本と言う国がどうしてこれほどまでに罪悪感を植え付けられ。憎まれたのか。それは日本こそが尊い「神の国」だからなのではないか、それゆえイルミナティなどルシファーの血統のインナーチャイルドが騒いだのではないかと感じます。後半からは涙がとまりませんでした。国のために、自衛のために戦った多くの方たちが「戦犯」などというものとして戦後に裁かれ、不当な扱いを受けたこと。そして処刑されたこと。「本当は違うんだ、こうなんだ」という無念の思いが由井先生を通して伝わってきたのを感じました。そしてまたそれらは怨嗟の声などではなくこの国を守るために大切なことを、いま、このタイミングで「ようやく伝えることができる」という、そんな思いでもあると感じました。今回も、本当にありがとうございました。
  • 何も知らずに暮らしてました。人は、争いなくしては生きていけない存在なのでしょうか。
  • 寅子先生の勇気に感謝致します。冒頭の男子中学生が無事教師になり社会に受け入れられる事を切に願います。
  • イルミナティという言葉は今まで何度か聞いていたが、世界中を争いに引きずり込むばかりか、世界の政治、経済を意のままにしていることが、講演会でよく分かった。日本の政治家も成す術なく、国民に訴えようもなく、それに気づいて動く若者の声も聞こえてくる。国民は、真実を知らされないまま、何でだろう?と、ウスぼんやりしている者、足元が危うく今日明日に困る者、儲け時と動く者もいる。これらすべてが今までの地球上の現実を動かしてきたし、今もそうだ。一方、日本民族は、島の民族であるということに恵まれて、大陸で生き抜いてきた平気で殺戮する感覚はない。繊細にものごとをよく見て、明治維新を果たし、植民地支配を逃れて発展したことは、日本人ならである。神仏は、地球の上で人を作り、どのように育っていくかを空の上で眺めている。地球上の小さな一点でしかない日本は、ある意味、宝石のようだ。世界中が一挙に平和になるとは思えない。しかし、ここでできないことは、世界のどこでもできないだろう。勇気と自信をもって、しっかりせよ!日本人!と言われている。イルミナティの人たちの魂の傷つきは、半端ない。神仏の力が届きますように。もう一度、今日の講演を聞いてみたい。由井先生のご加護がありますように。
  • 今回も、由井学長の貴重な講演をありがとうございました。子どもの頃から戦争の悲惨さを痛烈に教わって育った自分にとっては、何が事実だろうと8月15日は悲しく心苦しい日として生きてきました。なので、由井先生のお話しから今日学んだ事実をそのまま受け入れています。あまり意識していませんでしたが、今日の内容を受講して、自分の価値観は日本の歴史の縮図のようでした… 熱心なカトリックの家庭で育ちました。大人になりクリスチャンではない結婚をしました。夫は吉田松陰の教えを価値観とする長州男児でした。結婚して最初に住んだ土地は会津でした。薩長と会津とどちらが錦の御旗を掲げたか、毎日、夫の言い分と、地元の会津の人たちの言い分と、譲らない両者の間で、明治以前の日本史がない北海道出身の自分にとって、歴史は生き物であり、まだ問題は解決していないことを突き付けられる初めての経験でした。地元からの差別的な扱いを受け、夫は長州の手柄を解き続け、何が事実か分からなくなり、ノイローゼ状態で地元のカトリック教会に駆け込みました。そこではザベリオ会のシスター方が親切にしてくれました。でもその修道会は、自分が学生の頃、ボランティアでフィリピンの原住民の山奥に行ったときに、原住民の子どもたちにキリスト教を普及していた修道会でした。地元言語をもつ裸族の子どもたちが、Tシャツにスカート姿で首から十字架をかけて、英語を話し西洋の食文化や薬を使っている姿を目の当たりにしたとき、宣教とは文化の侵略と紙一重かも知れないと気付きました。自分はカトリック教会から籍を抜きました。そのことで実家からひどく責められました。夫とも離婚し、北海道に戻ってきました。生まれ育った宗教を手放した自分は何を価値観に生きていけばいいのか、自分の素性を知られたら差別を受けるということ、政治と宗教の話はしてはいけないということ、その殻のなかに閉じこもっていました。今日のお話しを聞いて、薩長も会津もキリスト教も、世界の、そして日本の歴史の事実であり、そして何より自分のDNAは日本人なんだと、思い起しました。だからどうしても違和感のあるものを脱ぎ捨てて、無意識に自分は自分を守ってきたんだと思います。カトリックの教えを貫けなかった自分を責めて、実家の両親を裏切ったことを責めて、夫を理解できずに離婚した自分を責めてきました。でも、もしかしたら、信長や秀吉や徳川幕府が日本を守ってきたように、自分は自分の日本人としてのDNAを守ってきたのかもしれません(なにか大きな存在に守られて導かれていたのかも知れません)、そう思いました。何か大いなるものを信仰することが生活の中にあるという価値観は、両親に与えられたものであり、そのことに感謝しつつ、今は、毎朝神棚の前で祝詞と般若心経を唱えています。生きとし生けるものに命があって、そのひとつひとつが尊いことに、涙が出そうになります。ホメオパスとして、そして小さく続けている自家採種自然農を大事に、これからの人生しっかり歩みたいと思います。ありがとうございました。
  • 歴史教育の難しさ、恨みの解決が難しいのは生まれ変わりに触れることができないからだと感じました。私は由井寅子先生にインナーチャイルド癒しを教えていただき、一生懸命にしています。いつか、どこかでイルミナティーさん方に伝わればいいなと思っています。由井寅子先生から見たら甘いかもしれませんが、神様は人間を結婚する存在をしてくれました。どんなに自分達だけを擁護しても他のところから“血”が来ないといけない。自分さえ良ければという考えでは立ち行かない世の中であることがありがたいと思っています。小学校区・自治会という小さな世界でも“嫉妬”でかき回す人をたくさん見ました。自分の嫉妬に翻弄される姿。それは私でもすぐになれる姿だと思います。日々、インナーチャイルド癒しをし、相手を追い詰めない心でいることの大切さを感じました。インナーチャイルド癒しをしてきて、最近、被害者にこそ、仕返しをしない権利があるように感じています。傷つけられたと思うことを由井寅子先生がおっしゃった同種療法の世の中だからこそ、自分のこととして受け取っていくことを丁寧にしていきたいと思いました。ホメオパシーを使い、有機農業の食べ物を食べている状態で、恨みを果たす意思を持ち続けるのは並大抵のことではないと感じます。違和感を感じつつ、子供に教え、自分のインナーチャイルドを癒さないように恨みだけに目を向ける、それを悲しいと感じるのは、インナーチャイルド癒しで父にその姿を見たからかもしれません。ホメオパシーを使い、有機農業の食べ物を食べている状態でも、師に付きインナーチャイルドを癒すことなしに安らぎはないのだと感じました。先生が命がけでお話ししてくださっていらっしゃることは、長年かけていただいた賜物だと思います。本当にありがとうございました。
  • 全然知らなかった歴史上今日は本当に勉強📝✒️になりました‼️ありがとうございました💕
  • とても興味深く拝見しました。今まで学校教育で習ったことが正しいことだと思っておりました。歴史上の人物やNHK大河ドラマでの内容が違っていたんだなと思うと、何が正しいのかとわからなくなりますが、私にはCHやとらこ先生という偉大な場所があり、本当に感謝しております。この会を開催するにあたり、先生はたくさんの本を読まれたり、調べたりされたと思います。ずっと勉強は続くのだなと思いますが、先生という先を歩く方のおかげで楽しく学べます。途中の豊受家のCM面白かったです。ありがとうございました。次回も楽しみにしております。
  • 学校では、歴史の授業の中でも近代史は駆け足で過ぎる程度にしかやってませんでした。根底にはまたイルミナティが牛耳っていること、現代医学がなぜ効くはずがないのか納得です。「不都合な真実」は表向きには語られないのだと思いました。マスコミの報道だけでなく、習った歴史も疑ってみて、自分の頭で考えなければならないのだと思いました。勇気をもって今日の講義をしてくださり、ありがとうございました。
  • なんとなくは分かってるつもりでしたが、今回のお話でよく分かりました。国境や、国と国の戦いは無いってことですね。子どもの頃「こんなこと覚えてなんになるんだろ」って歴史は嫌いでした。今思えば嘘の歴史は覚えなくていいって本能で分かってたのかもしれないですね(笑)学校の勉強って無駄ですね。なんにも役に立ってないです。また、本当の勉強するために講演見ます。ありがとうございました。
  • 重要なメッセージがたくさん含まれた講話をありがとうございます。日本はつくづく正しい歴史が語られていないと感じます。日本人の慎ましさがアピール下手となって、良いことをしても自慢しない気質で損をしていることが、歴史に表現されないのをもどかしく思ってきましたが、今回のお話で外国人の悪意とむごたらしさをこれでもかと見せて頂いたことで、驚き呆れながらも日本人として生を受けたことを誇りに思いました。日本が諸外国にじわじわと侵食され、解体され、壊滅的な状況に追い込まれつつある現状を、日本人全員が自覚しなくてはいけないと思います。今できる最善のことは何か、瞬間瞬間に感じながら行動していきたいと思います。
  • 秋の国会での種苗法の行方が気になります。本日も大変参考になりました。誠にありがとうございます。先行きは不透明ですが、一日一日に感謝して生きたいと思います。
  • 衝撃を通り越して、具合が悪くなりそうな感じでしたが、本当の所はどうだったのかということを知ることができて良かったです。資料も後で見ようと思います。
  • 本日も有りがとうございます。これまでの人生の中で、「何故、どうして・・・・・」と思える「事象・事柄の内容」の根底が本日判明でき心から感謝し、御礼申し上げます。
  • 色々情報収集していく中で、出だしはユダヤなのか~というところにたどり着いたところだったので、大変勉強になりました。しかし、ユダヤのインチャ?!執念が凄過ぎますね。何代にもわたって、その気持ちを持ち続けられるって・・・。ショックでしたが、今の状況の仕組みがよくわかりました。近くに隠れキリシタンの話が受け継がれているところがありますが、美化されているように感じます。大河ドラマも多くの人が見ているのに誤った歴史情報を植え付けられている。情報操作と洗脳も徹底していますね~ 汗このモヤモヤを糧に、うちに来てくれる生徒さんにも真実を伝えていきたいなと思いました。小学生の息子にも、学校の授業とは別に、本当の歴史を教えたいです。でも明るく生きるぞ~♡豊受家族最高 笑笑海幸彦の「暑いっ!!」もこないだからツボです 笑 とらこ先生、命を張った授業ありがとうございました!!!
  • 貴重な講演を視聴する機会が与えられとても有り難く感謝しています。先月ある俳優さんが不自然な亡くなり方をされたことをきっかけに沢山の事を知る事となりました。船瀬先生の著書、新刊もまた読みたくなり購入し次々と事実が明らかになりましたが今回の講演で全てが繋がり疑問に思っていたことも解決しました。多くの国民がこの事に気が付き世の中が良くなるよう願ってやみません。自給自足の大切さや真実を見る目を養う必要性も大事だと知りました。皆の洗脳が解ける日が早くきますように。寅子先生ありがとうございました!!
  • この8月15日にこの講演を聞けたこと。忘れられない講演になりました。意を決して教えて頂いた寅子先生に本当に感謝です。GHQの罪悪感政策は、聞いていて知っていたが、まさか織田の時代から、そんなことになっているとは、(タイトルを見た時関連はあると思っていましたが)びっくりでした。これらを知るとなんだか愕然としました。それでも生きてきた日本人。寂しい気にもなりました。自分は、自分で守ること、そして、植物・自然のごとく、生きること、自然の素晴らしさを実感できる生き方、自灯明、法灯明をたいせつに、信仰を中心にする生活を贈っていきます。ほんとうにありがとうございました。
  • 素晴らしかった。日本の歴史の真実。もう一度見たい、これからもこのような講座楽しみにしております。ありがとございました。
  • 今回の講演会の前に、もっと一般的な歴史を勉強しておけばよかったと思いました。そもそも、小中高で習う一般的な歴史や歴史上の人物のこともあまりよく覚えていませんで、比較ができませんでした。寅子先生が、これだけのことを調べ上げて講演してくださったのに、申し訳ないと言いますか。ですが、命がけな寅子先生の真実を伝えたいという一心なお気持ちが、ありがたくてなりませんでした。
  • 天正遣欧使節が見た、海外で酷い目に合っている日本人女性の話はもともと存じていましたが、改めて聞いても、やはり酷いです。コロンブスとタノイ族の話も酷い。中学生の頃、教科書に黒人を奴隷として劣悪な環境の船の中で運ぶ姿が描かれた絵を見ました。人間を人間と思っていないような残虐な絵と記述にやるせない気持ちになったのを思い出しました。やったらやり返すような総主教ウススさんからの指令。やめてくれ!と思いました。こんなことが続いていくのは傷つけられた人がいる。インチャが傷ついているからなのでしょうか?日本が戦争(第二次世界大戦)に踏み切ったのは仕方ないとどこかで聞いたことがありました。しかし、ずっとどうしてか理解出来ませんでした。今回の話で、そういうことだったのかと腑に落ちました。
  • 第二次世界大戦にまつわる、日本の歴史については学生の頃、本を読みあさったことを思い出しました。日本と諸外国の主張がなぜここまで異なるのかおかしいなと思っていたこと、なぜか日本が悪者?になっているのこと、理不尽さについて何とも言い難い気持ちでした。それが、安土桃山時代から続いており、この歴史のウズに巻き込まれていったのが日本なのだと今日再認識しました。本日、終戦記念日であり、誰も幸せにならない戦争ですが、その戦争でもやはりいい思いをした一部の人々がいることは、その時代に生きて、犠牲になった一般の方々の無念さを思うとやり切れません。正しく知り、生きるとは何なのかを考えさせられるお話でした。ありがとうございました。
  • 豊受製品のCM何度見ても可愛いらしくて好きです。製品一つ一つにストーリーをありそうなので、誕生秘話的なCMも面白いかなと思いました。講演会は自分で調べていた事を寅子先生に承認して頂いたようで良かったです。それにしてもシオニストは長い年月をかけて一つの目標のために似た手口を繰り返してきたプロ集団。それは簡単には表に出ない訳だと納得しました。
  • 本日も寅子先生のお話を拝聴させて頂きましてありがとうございました。寅子先生のお着物姿がとても美しく凜とした日本人女性を感じました。私達が小さい頃から学校で学んできた日本の歴史が書き換えられたものだったことがわかりとても衝撃的でした。日本人としてとても誇り高い歴史人たちが、日本を賢明に守ろうとしていたこと秀吉の自信たっぷりの振る舞いに賞賛を送るとともに、秀吉への感謝の気持ちがふつふつとわいてきました。何故日本人の平和的主張に対して、ユダヤの人々が立ちはだかろうとしているのか?私は世界平和を望む一人ですので、私達の命を守るために水と食料を守り保持していかなくてはならないと思います。寅子先生が命を張ってこの講演会をしてくださったことに心から感謝申し上げます。寅子先生がおっしゃるように信仰心を持ち、どんな試練を受けていたとしても幸せであることに感謝し、私達は生かされていることを自覚しながら懸命に生きていくことがとても大切だと感じました。私は今年の春から庭に畑を作って自然農を少しずつ始めました。自分で育て料理して頂ける事のありがたさ、自然ってとっても素晴らしいとあらためて感じました。この素晴らしさを少しでも多くの方々に体験してもらえたらと思いました。寅子先生のお話を沢山の方に聞いて頂けたらいいなあと思います。今日はお盆と言うこともあり、途中お客様がいらしてライブを見逃してしまいましたが、来週にも再配信があるということなのでもう一度拝見したいと思います。寅子先生本日もありがとうございました。次回のライブも楽しみにしています。スタッフの皆様ありがとうございました。皆様ご自愛ください。
  • ユダヤ人を切り口にした歴史の話を聞くのは初めてだったので、興味深く感じました。日本文化文明の優位性がもっと明らかにされ、人類の豊かな暮らしに役に立てられるといいなと思いました。ただ、私の祖父の弟にあたる人から、中国に歩兵として出兵したときの話を聞いたことがあるのですが、日本は中国でむちゃくちゃをしていたと。やはり、日本軍も行軍の際、集落に着くと男を集めて殺し、女を暴行して殺し、食料を奪って進軍するということを繰り返していたとのことでした。それと、私は教員だったのですが、戦国武将の評価は低くないのでご安心を。それと、教職員組合の影響力が大きいような話でしたが、国家権力には遠く及ばず、組合員も高齢化して極少数です。教育問題が起こると、政府もマスコミも日教組のせいにしていましたが、ほとんどの学校には組合員はおらず、また支持政党は社会党だったので、今はどうなったのか実際は不明です。男の子のケースは、靖国神社の役割をきちんと理解すればわかることだと思いました。誰もが、寅子先生がおっしゃるように、信仰心、農業・自然、一人ひとりを大事にする生き方ができる世の中になるよう、学んでいきたいと思いました。ありがとうございました。
  • 以前、イギリス人の友人に日本にキリスト教が入ってきた時の弾圧について話したとき、それはその時の日本のトップはえらかった、まず思想を変える、それが植民地支配の第一歩だから、と言われました。それまでは、信じることは自由であり、当時の厳しい取り調べを考えれば、非道であると思っていましたので、見方を変えるとまったく違った事実が見えてくることを知りました。今日のお話も大変興味深かったです。今まで善と思っていたものが悪であったり、悪が善であったり、一人一人が大多数の意見に惑わされることなく、見極め判断していかなければと思います。個人個人が霊性を高め、奪い合うのではなく分かち合っていた世の中へシフトしていくことを強く願います。
  • 日頃から、ねずさん(小名木善行氏)ブログ等を拝見し既知の内容ではありましたが、分かりやすくまとめていただき大変充実!あっという間の2時間半でした。何故、自国の側から見た歴史(国としての正史)を堂々と語ることが許されないのか?「かつて日本は悪い国だった」。自分が受けてきた教育(=無意識に刷り込まれた罪悪感)に何の疑問すら持てずにいたままだったとしたら…返す返すも恐ろしいことです。戦後75年。学校教育に関しては嘆かわしいことばかりではありますが、シェアしてくださったケース(13歳男子中学生の主張)を拝見し、少なくとも学校教員のいう事に疑問を呈し、この国を自らの手で変えていく必要性を感じている若人がいること!まっとうな日本人の遺伝子は脈々と確実に受け継がれている!唯々それがうれしかったです。本日この講義を拝聴できたことに感謝です。ありがとうございました。
  • ホメオパシーの講座で日本人が公にはほとんど知らされていない真実の歴史を伝えて下さってありがとうございます。トランプ大統領にお手紙を出されるとのこと。驚きと感動を致しました。どうぞくれぐれもお気をつけて。陰ながらお守りしています。
  • 海外のドキュメンタリーをみていると確かにそうかも、チャーチルのドキュメンタリーを思い出しました。4年後には農地で自然栽培したいです。雑草や木々と共にえんどう豆やいんげんを育てたいです。今回も濃厚でした。ありがとうございました。
  • ホメオパシーの勉強会をする度、自分の常識と一般の人の意識の差を認識いたします。(秀吉たちのキリスト教歴史も「和楽」により知りました。)CHhomで学べて心から良かったと思います。いつも多くの知識をありがとうございます。
  • よくここまで詳しく調べて講演されたと思います。なんとなくおかしいなと感じていた歴史の一部が表に出て、それが共通認識になるまでにはどのぐらいかかるだろうと思いました。
  • 本日の講演、ありがとうございました。義務教育では教わらない貴重なお話を聴くことができ、とても興味深かったです。8月15日という日にこのお話を聴けたことに、大きな意義を感じました。
  • キリスト教伝来の話も学校ではすると学ぶそうですが、当時、他では色んな国が植民地となっていたのだから、日本もその目的だったと考えるのは自然だと思いました。物事を違う視点で見るのは大切と思いました。
  • 学校では学ぶことのない深い内容でした。子供が同伴だったので、途中、聞き逃した部分もあったので、もう一度きちんと聞きたい、と思う講演会でした。将来、子供たちにも教科書以外の歴史や背景を伝えていきたいと思いました。
  • 驚きの内容で何を信じて良いのか、分からなくなってきました。学校で習ったことを鵜呑みにせず、自分でもしっかり調べてみようと思いました。頂いた資料、家でゆっくり読ませていただきます。
  • 戦慄が走る内容でした。私たちは全ての面から洗脳されていて、そのことすら気づいてもいない事実を恐ろしく思います。寅子先生でしかできない内容でした。今は何をどうしていけばいいのか、これからどう生きていくのか本当に突き付けられました。
  • 日本の歴史の表に出てこない内容で正直驚いています。世界史、日本史、今までと違った視点で歴史をみてみたいと思いました。ただ1回だけでは理解しきれず、何度も繰り返して聞きたいくらいです。
  • とてもびっくりしました。スパイがいるということ、同じ日本人なのに、残念でなりませんが、イルミナティのあまりにもむごくてひどい考えを持つ人間がいるこの世界仕方がないのでしょうか。相対性どうしてこんな世界なんでしょうか・・・。
  • 歴史のお話し、大変興味深かったです。内容が理解しずらいこともありました。楽しい話ではないけど面白かったです。10月の種子法の改正、ゲノム編集の種のこととても心配しです。私たちに今からできることを教えていただきたいです。
  • 興味ある内容でした。A級戦犯のことやパールハーバーのこと等、本当のこと知りたかったし、バチカンがなぜイルミナティーと関係あるのかも知りたかった。坂本龍馬のことも他色々知れて納得できました。ありがとうございました。
  • 日本人としていろいろと考えさせられるものでした。講演していただきありがとうございます。これまでより学び家庭菜園に力を入れていきたいです。種子法についても学び活動していきたいです。
  • 日本銀行→ロスチャイルドがもっている(日本国が管理している)。戦後日本を潰すためにもっていくのが腹立たしい。本当の歴史を知ることができてよかった。
  • 戦争の最大の被害者は「真実」であると言われています。戦勝国が戦勝国の解釈で作った歴史をうのみにせず、自分自身で学び判断していきたいと思います。本日はありがとうございました。
  • 改宗ユダヤの陰謀、全てがつながって良く理解できました。日本が今でも生き延びていることに感謝、この事実を胸に今後も生きていきます。心も体も健康に!
  • ぜひ、詳細を知りたいので、紹介していただいた本を買って読んでみたいです。いつか、各10回コースの更なる詳細を教えてもらいたいです。
  • 歴史の別の側面を見ました。まだまだ知らないことがあると思いました。知ることの大切さ、紹介された本を読んでみようと思います。
  • 素晴らしい講座でしたの一言に尽きます。ありがとうございました。できればDVDでも発売されたら、他の講座も見てみたい。
  • ありがとうございました。多くの人が本当の歴史を知って、日本人が誇りを持って生きていけるようになるといいと思います。ありがとうございました。
  • ずい分とまあ、いろいろやられてきました。それは、どんな学びだったのか考えてみたいです。
  • 激動の世界の歴史の背後に隠された事実の一端を知り、真実を知ることの大切さを感じました。
  • いろいろと勉強、刺激になり、このセミナーを機に深めていきたいと思います。
  • 三英傑を輩出した愛知に生まれたことを誇りに思います。
  • かなり深いお話しで、しっかりと事実をみてこれから賢い選択と賢く生きていこうと、強く感じました。ありがとうございました。
  • 終戦記念日に、相応しい内容だったと思います。知らなかった真実を知り大変勉強になりました。有り難うございました。
  • 貴重なお話をありがとうございました。昔から心臓を持ったザビエルの肖像画が不思議でした。今日、紹介された書籍を読んでみたいと思います。