【レポート】6/11(土)菅野幸二ホメオパスの大人気講演会第3弾!【時空を超えるホメオパシー】

本日6/11は菅野幸二先生による「時空を超えるホメオパシー」セミナーが開催されました。

「時間と記憶の旅」の始まりです! 

ホメオパシーは、時空間を超えて治癒に導く可能性のある療法であり、自己免疫力を刺激し、時間を逆向きに遡るという素晴らしい特徴を持っています。何年、何十年も前のことでがキッカケになっている病気でも、治癒に導く可能性があります。「ホメオパシーとは何か」「時空を超えるとは何か」「時間とは何か」「記憶とは何か」その背景も合わせて解説して頂きました。

菅野先生は、今回ポイントとなるレメディーとして、「Acon.アコナイト」「Op.オピューム」「Ign.イグネシア」「Nat-m.ネイチュミュア」「Nux-v.ナックスボミカ」など様々な主要レメディーについても具体的に関連付けて紹介して下さいました。

参加者の方々は新しい気づきや多くの学びがあった事と思います。何年、何十年昔のことであってもホメオパシー療法では治癒に導く可能性があります。皆さんも日々の生活の中で、自己治癒力を触発し心と体の健康を取り戻す療法、ホメオパシーを活用していきましょう!

《お知らせ》
この講義は、6月14日まで、再配信中!
お申し込み、詳細はこちら→

会場参加者アンケート

●素晴らしいお話ありがとうございました。色々な言葉やお話が心に残りました。本当のところはもっと上の次元から見ないとわからない。意識が高次になると色んなものが見える。今を生きてれば色んなことが楽になる等。私も個人的に「この世や目の前で起こること良いも悪いもなく、ただそれを判断する自分がいるだけだ」よく感じながら日々を生きてるので本日の先生のお話はそのような日々の自分の気持ちとつながるところがありました。ホメオパシーに出会って心身ともに少しずつですが強くなってきたのを感じていますので先生がおっしゃってた自立していくことでいろんなことを変えていけると楽しみに楽しく生きていきたいです。ありがとうございました。

●とてもたのしく聞かせていただきました!最後の次元のお話で、「あー、だからおてんとーさまはお見とーしなんだー!!!」とわかりました。見られてないからわからない…あの人、死んじゃったんだから、こーしたって大丈夫、だろう?!……そーんなことないんですねー!!!いつもNHKの「生きもの地球紀行」を見ていると、神サマ、仏サマも*高次元の方々ですから*ニンゲンのしゃば世界をこんな感じで眺めてるのかなぁー ニンゲンは何やっとるんじゃ!あそこであーしてる、ここであーしてる…とニンゲン生体系を眺めてんだろーなあ、と み~んなお見通しなんだよねー!!だから霊性生活(+ちょぴっと俗生活)なんだなぁ~と面白く聞かせていただきましたーありがとうございました!!!

●菅野先生の「時空を超える」ホメオパシーセミナーもとても興味深く拝聴させていただきました。明解なご解説と、ところどころ、和やかな笑いをまじえた内容で理解しやすかったです。「時間」にしても、事実の解釈にしても選択しているのは個々の人間であって、それ故に自分のつくり出す世界が変わってくる(ただし腑に落ちることが必要)ということが、印象に残りました。そして、ホメオパシーのレメディーで症状や感情が治癒するみでなく、自分で「気づき」「自立する」ことが大切だというお話は、とても菅野先生らしくて良かったです。ありがとうございました。【高宮先生の「時空を超えて時を超えて」開催になったというアナウンスもユーモアがあり、いいなと思いました。】 

●自分の感情・思考(概念)を気づくために、新しい見方、認識を得ること、角度を変えることの大切さ、面白さを教えて頂きました。客観的に自分を見ることの大切さに改めて気づきました。「被害者」私も最近やっと抜けてきました。このことはとても大きなことですね。社会を変えてゆく、ことにつながりますね。「自立」やります!私もずっと、書き換えしてます。大切です!!

●菅野先生、ありがとうございました。相談会ではタイムラインを見ますが、改めて「過去を癒す」と言われると、なるほど!と思いました。自分の症状は自分でないと治せない。意識や視点を変えればよいだけの簡単なことなのに、時間や記憶などの幻想にとらわれていて、それがすごく難しく感じているのだと思いました。

●素晴らしかったです!私の聞きたかったことを今、わかりやすく言ってくださり自信が持てましたし、今、私がやろうとしていることは、まさにそれだと思いました。世の中もその方向へ変化することを応援しているような雰囲気です。問題を起こして良い方向に乗り越えよう。自立したいと思います。

●違った切り口で、アメリカ少年の話、フラットランドの話、被害者でいることによって可能性がない世界を生きている、というお話を聞けて、新たな視点が拓けました。次回のセミナーを期待しています。楽しみにしています。菅野先生、スタッフの方々、ありがとうございます。

●今日はとても楽しい時間をありがとうございました。とてもわかりやすく、日々に活かすことができそうです。被害者のお話し、とても参考になりました。

●いつもありがとうございます。聴いてよかったです。イーチオロジーから見たレメディーの摂り方を知って解釈が深くなりました。

●菅野先生、ありがとうございました。相談会ではタイムラインを見ますが、改めて「過去を癒す」と言われると、なるほど!と思いました。自分の症状は自分でないと治せない 。意識や視点を変えればよいだけの簡単なことなのに、時間や記憶などの幻想にとらわれていて、それがすごく難しく感じているのだと思いました。

●素晴らしかったです!私の聞きたかったことを今、わかりやすく言ってくださり自信が持てましたし、今、私がやろうとしていることは、まさにそれだと思いました。世の中もその方向へ変化することを応援しているような雰囲気です。問題を起こして良い方向に乗り越えよう。自立したいと思います。

●いつもありがとうございます。聴いてよかったです。イーチオロジーから見たレメディーの摂り方を知って解釈が深くなりました。

●違った切り口で、アメリカ少年の話、フラットランドの話、被害者でいることによって可能性がない世界を生きている、というお話を聞けて、新たな視点が拓けました。次回のセミナーを期待しています。楽しみにしています。菅野先生、スタッフの方々、ありがとうございます。

オンライン視聴者アンケート

●純粋に現在に生きることは、とても難しいことだと改めて思いました。私たちは過去に囚われ、未来を危惧して思い悩んでいることがあまりにも多いと感じます。そのことを改めて考える良い機会となったセミナーでした。記憶の概念で、「エピソード記憶」と感情である「情動記憶」が分離しているのではないかという事例があります。フランスのある病院で脳に損傷を負い、今回のセミナーのお話の中での事例のサムと同じように毎日記憶がリセットされる患者がいたとのことです。その患者に医師が手の中に画びょうを隠し持って握手しました。もちろんその患者は痛くて手をすぐに引っ込めました。次の日も同じ医師がその患者と握手をしようとすると、その患者は前の日の出来事を覚えていないにもかかわらず、手を引っ込めたとのことでした。前の日の出来事であるエピソード記憶は忘れてしまっていても、痛みによる恐怖という情動記憶は残っていたことを示している事例とのことでした。ちょっとひどい実験ですが、興味深い事例です。この事例を挙げたのは、セミナーの最後のQ&Aのところで、「記憶を書き換える」ことについて質問した方の中で混乱があるかもしれないと感じたからです。「書き換える」というと、あった事実をも書き換えるように受け取られる方もいるかもしれません。しかし、過去にあった事実は変わらなくても、セミナーのお話でもあったように、あった出来事に対する「解釈」を変えることで、現在の自分のありようが変わり、現在の自分のありようが変わることで、未来も変わっていくことができるということだと思いました。トラウマを解消すると、そのトラウマ体験を思い出しても感情が揺さぶられることはなく、自己に対する否定的な価値観や思い込みなどに基づく行動や思考を生み出すこともありません。トラウマは記憶であり、トラウマの解消は記憶の解消に他なりません。そのトラウマを解消する過程では、「エピソード記憶」と「情動記憶」、そして解釈である価値観や思い込みという「信念」の解消は、ポイントとなるところです。これに付け加えるならば、エネルギー的な影響を受けている場合は、エネルギーの授受の解消。霊障などの問題がある場合はその解消などが必要となります。記憶を解消することは、身体的・心理精神的・霊的各側面へのアプローチが必要で、解消がされたかどうかは、その方の感情や体感で確認できます。もし、以前ほどではないにしろ感情が出てきたり、体感が残っているならば、それに関わるトラウマの記憶が解消されずに残っていることを示します。なぜなら、多くの場合、記憶は1つの出来事の記憶の単体で存在していないからです。同じテーマや同じ信念のテーマで他の記憶と繋がっていることが多く、1つのトラウマ体験の記憶を解消しても、そのテーマ全体の記憶を解消することはできないからです。今回のセミナーのお話の中で出てきた四次元のつながりのようです。この記憶のつながりの中で、過去世の記憶と思われるものが出てくることもあります。この過去世の記憶が実際にあったことなのかどうかは、個人的にはどうでもよいことです。大切なのは、その記憶が現在のその方に身体的・心理精神的に影響を与えていること。そして、その記憶を解消することで現在のその方の内的世界が変化し、外的世界の現実も変化するということだと思います。そして、そのための「気づき」をサポートしてくれるホメオパシーは、素晴らしいツールだと改めて思いました。次回のセミナーも期待しています。ありがとうございました。

●菅野先生のお話、すごく腑に落ちて納得できました。人はそれぞれ自分の幻想の世界に生きているのですよね。人は人の幻想に生きていて、共有して同じ世界に住んでいるように見えても、単にそれは自分の世界の登場人物としてのその人なんですよね。人生の構成要素のパーツとして、同じ状況(ゲームの設定)を利用していても、意味も見え方も、登場人物それぞれが違うものを見ているのですよね。最近は「世界線」という言葉がはやっていて、「過去を書き換える」とは、違う世界線へ移動することでもあるから、元の世界線の人とは、その過去を共有することができないのは仕方ないですよね。最後の方の質問の方が「過去を書き換えたら、他の人の過去と形が違ってしまって食い違うのでは」と疑問を出されていたし、輪廻転生の捉え方の質問をされていた人もあったけれど、まだまだ時間軸の概念などは、一般的ではないですね。「起こった出来事自体は変わらないけれど、その出来事の意味の解釈を変えることによって、今の自分の癒やしへとつなげることができる」くらいまでがせいぜい一般的なところかなあ、と思いました。

●素晴らしいセミナーをありがとうございます。時空を超えるホメオパシー、想像を超える素晴らしさで、目から鱗が出るような内容でした。とても理論的でわかりやすく、インチャ癒やしに拒否反応を示す男性にぜひ見てもらいたいです。きっと考えが変わり、インチャ癒やしを理解し、受け入れられると思います。過去、現在、未来という時間の幻想の中に生きている、今という瞬間に秘密がたくさん隠されている、出来事と感情が結びついたエピソード記憶によって自分がつくられている、過去の記憶を書き換えれば、瞬時に自分が変わる、多くを学ばせていただきました。またぜひ菅野先生のセミナー続編をお願いいたします。

●時空を超えるホメオパシーのお話面白かったです。、確かにホメオパシーを使っていると急な病気には結構直ぐに効いたりしますが痛みとか精神的な出来事では、古い順番で古傷に移行していくようなところがあるのではと思います。30年前に障害の子供のリハビリを両腕で手伝い過ぎて腕を痛めたことがあり、その時の痛みかなと最近の腕の痛みで思い出したり、子供の時にボールを受けた時息が出来なくなった時の記憶が最近急に胸痛が起きて記憶がよみがえったりしています。心臓サポートで良くなりました。時空を超えるホメオパシーは凄いです。有り難うございました。

●脳科学から見た記憶の話やエピソード記憶の話がとても興味深くて面白かったです。また聞きたいと思いました。インチャ癒しというと苦しい、なかなか前に進めないとか自分の中でネガティブな感じがあったのですがそうではなくメリットもあるという事や記憶は書き換えることが出来るんだという事を聞いていくうちに気持ちがすごく楽になっていきました。フラットランドの世界の話も面白かったです。最後の被害者についての話や人には段階があるという事や色んな面において気づきがとても大事なのだと言うことが学べてすごく勉強になりました。

●何度もインチャの講義を聞いてまた、自分もインチャの癒しがまだ全部ではないですができかけてきています。先生が言われたインチャの癒しにはその人なりのタイミングがあるとおっしゃられたのは自分の経験上ものすごく、わかります。その時が来れば不思議とそのような状況がまるで準備されてたかのように出現します。なので、焦らずその時までお祈りを繰り返し信じて待っていることだと今は、思っています。日々、感謝の増えていく毎日この世に生きていることに改めて、感謝します。(合掌)

●時間とは何か、記憶とは何かと真正面からの問いかけに考えさせられながら、まるで古代遺跡の地下へと探検するような感覚で視聴していました。セミナー自体も徐々に核心に迫っていくような、刑事もののドラマのような構成で、それこそ気づきを促されているようでした。先週から精神的にしんどくて袋小路にはまっていましたが、なるほど自分は過去の幻想にとらわれているんだな、間違った価値観に気づいていないんだなということがよく理解できました。菅野先生ありがとうございました。

●菅野先生貴重な講演をありがとうございました。過去、未来を生きるのではなく現在に焦点をあてて今を楽しみ生きつ事がいかに大事かということがわかりました。また過去は幻想でしかないということ自分の考えを変えて過去を塗り替えていけたらと思います。「自分のことを大切にして信じること」なかなか簡単ではありませんがそのような思い込みも捨て素直に受け入れていきたいと思います。

●なかなか深い内容のお話しでした。難しいようなおはなしですが、でもなんか腑に落ちるような感じでした。とてもためになりました。今後もこのような講座をしていただけると、うれしいです。ありがとうございました。

●アモンダワ族を初めて知りました。時間という抽象的なお話をわかりやすくされていて素晴らしかったです。時間を外すエクササイズ続けていきたいです。

●自立するようにするのがホメオパシーというのがなるほどなと思いました。

●凄く共感できるお話で大変良かったです。ありがとうございました。

●むちゃくちゃ面白かったです。また先生の話が聞きたいです。

●大変おもしろく拝聴しました。

●待ってました!延期になったので、由井寅子先生が話される重病になられた人が管野先生かしら?と勝手に想像して恐かったので、今日はとても嬉しかったです。深い深いお話に背筋がのびる感じです。どこまでも自分が見ている世界ということを改めて感じました。だからこそ、どんな色眼鏡でこの世を見ているのかを感じる大切さを実感しました。昔、記憶の書き換えだけをしていた時に、思考を支えている思考と言うんでしょうか、深いところにある不安や恐怖が上がってきて動けなくなりました。由井寅子先生発案のインチャ癒しではそこをまず見て、感情の解放→価値観の解放と進むのでそうなりにくいのと、不安や恐怖が上がってきたと氣付いたらまたインチャ癒しをすれば良いので行動ができています。自分が勝手に良いように解釈しているという表現があまりにも明確でスッキリします。だからこそ、勝手に書き換えて良いんでしょう。そこにわかって欲しいものがあると進めないので自分で何度も寄り添うことが大事なんだと思いました。質問に対して明確に軽やかに応えられるお姿に感動しました。管野先生のまたのお話を楽しみにしています。今日のお話を心にまた日常を過ごしていきます。本当にありがとうございました。

●非常に面白かったです。過去の書き換えに関しては、なんとなく感覚としてはありましたが、言葉で表現しなおすと理解が深まるものだなと再認識しました。起きた出来事に対する感情の書き換えをすることにより、当時の関係者や自分に対する許しが生まれるのかもしれないですね。それによって、記憶に対する縛りから解放され、所謂「手放す」ことができるのかと理解しました。事実は事実として、多方面から見ることによってまったく違ったものとして感じることは感覚としてはありました。起きた事象が当時の自分にとってネガティブなことであっても、今の自分の面白い一面を形成したことに気づけば笑い飛ばせるものになると思っています。そういえば、歯の痛みでどれほど歯医者に通って痛み止めを飲んでも眠れないほどの痛みがあったのに、あまりの痛みに号泣してからすぐに眠れて、起きたら痛みがとれていたことを思い出しました。当時の自分は泣くということが必要だったということでしょう。心とカラダ、また自分という存在は本当に不思議なものです。ただただ興味深く、まさに腑に落ちるお話でした。ありがとうございました。

●楽しく拝聴させていただきました。私は精神薬の後遺症により記憶障害になり、過去の記憶がなくなり未来も作っていくことが出来ない状態に今までなっていました。時間の概念も記憶がなくなり、そのことについても今まで自分が説明出来なかったことが分かってホッとしました。また、過去の記憶の解釈を変えれば未来も変わるというのも、今の私にドンピシャに必要なことを教えていただいたなと感じました。あと、被害者意識の話も大変参考になりました。記憶障害も回復してきており、自分の人生は自分で変えていけるのだと希望をたくさんいただきました。全般を通して分かりやすく丁寧に教えていただきとても聞きやすかったです。ありがとうございました。

●菅野先生、とても興味深いセミナーをありがとうございました。時間は概念というお話に目から鱗でした。今まで時間といえば、今何時?とか時間が経つのって早いよね、という事しか口にすることがなく、時間とは何か?とは考えたこともありませんでした。インナーチャイルド癒しで過去を書き換える、というのがいま一つわからずにいましたが、今日のお話で納得しました。過去や未来に囚われているから今が窮屈なのだと思いました。記憶=自分であり、自分の価値観の基準が自分の世界を創っており、過去の自分の見方が変わる、過去の記憶を書き換えると、瞬時に今の自分のあり方が変わり、未来の自分も変わる。何か開眼したような気分です。

●本日は貴重な講演を視聴させていただきありがとうございました。フラットランドの世界の話が面白かったです。今、自分の生きている3次元の世界では3次元で暮らしている自分という存在や世界の全貌を認識できないんだということ。見えなくても認識できなくても意識を高く持つことでいろいろなことに気づいていける。そして、自分で気づくことで過去の記憶の書き換えができて過去が変わり未来も変えることが出来る。素敵だなあと思いました。実践していけば、きっと楽に軽く生きることが出来そうです。今を生きるヒントが盛りだくさんの講演でした。ありがとうございました。

●次元と気づきの関係について、とても興味深く聴きました。私もレメディをとった時に、過去に歯科治療を受けた時の感覚が蘇りました。歯をドリルでグリグリと削られる感覚がまさに今削られているかのように蘇りとても驚いた経験があります。先日「インターステラー」という5次元の映画を観たばかりで、次元について思いを馳せていた所だった事もあり、とても楽しく聴講させていただきました。このような切り口のセミナーもまた是非開催して頂きたいと思います。

●初めは、物理の授業のようで難しい〜と思いながら聞いていましたが、徐々に繋がりがわかって、当たり前のように感じていることを深く考えるきっかけになりました。また、自己判断で、ホメオパシーを始めてすぐの頃にスタッフィサグリアを摂ったら、五日目ぐらいに死にたくなって、叫びまくって、大変でした。あの時、カーシノシンを摂ってたら違ったのかな〜と思いました。今はフラワーエッセンスの力も借りて乗り越えています。ありがとうございました。

●ホメオパシーの持ち味的な部分について、わかりやすく示唆に富んだ内容で、とても参考になりました。最近どうしたら、ホメオパシーを知らない方にも、興味を持っていただけるのか考えていましたが、イチオロジーとしての切り口と、インチャ癒しという言葉を使わずに、価値観の見直しを問題提起していたところは、私も今後、ホメオパシーを紹介する上で、組み込んでいきたいと思いました。ありがとうございました。

●現在、過去、未来は自分の中の世界であり外にはない当たり前すぎて考えたこともありませんでしたが、深く考えるきっかけになりました。最後の、質問の答えの中の、被害者でいることは自分を変えなくてよく何も変わらない。というお言葉が心に残りました。しっかりと自立して沢山のことに気づいていけるようにインチャを癒し日々暮らしていこうと思いました。ありがとうございました。

●とても興味深い講演会でした。まったくもって、時間の概念のことなど考えたことがなかったので、新しい気づきとなりました。過去も未来も自分が作り出している幻想。本当に常に先のことを考え動いている自分がいることに改めて驚きました。「今を生きる」ってどういうこと?今までやってきていないのでいかに難しいことか。この気づきを活かし、今を生きるをやってみようと思います。

●とても興味深い話をしていただきありがとうございました。丁度、時間は存在しないということに関連した本を読んでいたこともありましてより学びを深めることが出来ました。インチャ癒しをしていると、何十年も前に起こったことなのに、昨日起こったように感じることもあり、時間の不思議さを感じておりましたが、今回の話でメカニズムが理解できたように思います。

●菅野先生、時空を超えるホメオパシーのセミナーをありがとうございました。今現在、抑圧していた恐怖、パニック、ショック、罪悪感、トラウマなどふき出しており、対処困難に感じていますが、いずれ被害者でいることを乗り越えて、「今という瞬間」に隠された秘密と宝物を手にして自立したいと思います。今後ともよろしくお願いいたします。

●最初、時空があっち行ったりこっち行ったりして小難しく頭が回らなかったのですが、自分の意志次第と私は捉えました。そう考えるととてもシンプルですべては自分次第、気づくか気づかないかどうか。良い悪いではなく変わらないのは事実だけでそれをどう捉えるか。他では聞けないとても深い話をありがとうございました。

●とても素晴らしい講義をありがとうございました。時間の概念のお話、日々の出来事から価値観に気づくことの大切さ、全てが今に集約されていること、被害者意識のお話が特に参考になりました。とても大切なお話をありがとうございました。最高でした!もう一度視聴したいです。

●未来は自分で変えていけるという菅野先生の言葉がささりました。呼吸を意識して今を生きれるようにしたいと思います。だから瞑想がいいと言われているのでしょうか。被害者意識を持っているよと気づいてもらうためには、どんな声掛けをしたらいいのだろうと思いました。

●タイトルからすごく興味があって、菅野先生の説明もとても良かったです。とても大事なことがたくさん詰まった講座でした。1回で消化しきれない部分が多く、2,3回は再受講しようと思います。いつも良い情報をありがとうございます。

●2次元世界の図形たちはお互いを線としか捉えられない。それと同じで3次元の私たちには4次元のことははっきり分からない。まさにその通りだなぁと思いました。とても楽しかったです。ありがとうございました。

●過去も未来も幻想で信じなければ豆腐のように柔らかくなり崩すことができる。過去のいやな出来事を忘れることが出来ずにいますが、ヒントをいただきました。ありがとうございます。

●菅野先生の講義を楽しみにしておりました。次元を超えて、時空的見地からホメオパシーを学ぶ事が出来、世界化が広がりました事、深く感謝申し上げます。有がとうございました。

●ありがとうございました。事実プラス解釈イコール自分の人生と考えて良いのでしょうか。どう解釈しているか、に気づくことが自分の人生の舵をとることになるのかな。

●菅野先生の講義はいつも奥深くて、難しいところもありますが、ポイントは何度も言ってくれるので、気づきが大切だと分かりました。どうもありがとうございました。

●たいへん興味深い内容でした。私は以前アドラー心理学を学んでいましたが、共通点をたくさん感じました。ありがとうございました。

●過去を変えて、少しずつでも自立していきたいです。希望を持てる講演会を有難うございます。

●時空を超えるホメオパシーとはどのような内容か、興味を持ち視聴しました。前から時間や空間とは?疑問に思っていたので、時間の概念や空間の説明でフラットランドの紹介など、新たな情報ありがとうございます。大昔にランボーさんという詩人が書いた詩の一部で、時間の外、空間の外。という言葉がずっと記憶の中にあり、気になっていました。ネット社会になり様々な情報がある中、多次元の中にある私たちが生きている次元は。3次元を感じきる事なのかもしれません。般若心経もやっと何を言ってるのか分かりかけてきたし。もう一度高次元意識のガイドブック読んでみようかという気になってきました。時間と空間。磁力と重力、この世とあの世、世界という事象は繋がっているんだと感じる講演でした。それを自身に落とし込みインチャ癒しをするのが一苦労なんですけどね、まさしく頭ではなく腑におちないと理解とは言わないんですね。とっかかりを与えてくれた講演でした、ありがとうございました。

●過去の体験が、感情によって強化され記憶として残るお話、とても参考になりました。同じ体験を共有しても、捉え方は人それぞれ。過酷な体験だったとしても、それを「そのお陰で」とか「ありがたい経験だった」とポジティブに価値付け、腹落ちさせることができれば、ネガティブな過去は貴重な成長の糧となる、ということに納得しました。視座を変えること。人としての成長、魂レベルで成長していくこと。長く生きれば生きるほど、経験値は増え解釈の幅も広がり、許容できる器も大きくなって、過去はどんどん肯定できるものになっていく。そう考えると熟練するまで人生を生きないと損だとも思いました。人生で出くわす物事には、プラスの面もマイナスの面も両方あります。そのどちらに重きを置くのかで、人生の明暗も分かれますね。克服できなかった過去のつまづきを、ホメオパシーの力を借りて克服しながら、体験してゆくことを続けて行きたいと思います。ありがとうございました。

●とても興味深いセミナーでした。個人的にはフラットランドの話が大好きです。目の前に見えることだけを頑なに信じて見えないものを全否定するのではなく、「自分は知らないことがたくさんあるんだ」ということを知った上で、見えないこと、知らなかったことに気付いていけるようになりたいなと感じました。すべてが「今」に集約されていること、気付きによって自分の人生を切り開いていけることを知れて良かったです。ありがとうございました。

●とても興味深い内容でした。自分が被害者でいるうちは何も変わらない。なぜかと言えば、人に同情されるし得であるから、ある意味その状態に満足しているという部分に気づきがありました。そしてホメオパシーが自立を助けるというところに納得いたしました。

●今まで時間というものは、過去・現在・未来と流れていくもので、当たり前の事と思っていましたが、それが幻想でしかないと言われた事は、ビックリでした。時間に囚われることなく、羽ばたいてみたいと思いました。

●レメディの知識のみならず、この世や人の本質的な講義が聞けて、とても有意義な内容でした。ご自身の実体験からの講義内容も分かり易く、大変参考になりました。ありがとうざいます。

●時間の概念と記憶の話、とても面白かったです。菅野先生の深い考察の講義は、いつも楽しみです。もう1回、見たいと思います。ありがとうございました。

●コマーシャルのお父さんとは全く違うギャップに引き込まれ,とても深い内容をわかりやすく、腑に落ちました。今を大切にこれからの自分の人生を自らクリエイトいて行きます!更にホメオパシーの凄さを知る事が出来ました。ありがとうございました。ホメオパシーを15年以上前に友人から教えてもらい、暫く遠のいていましたが、コロナ禍で寅子先生の動画に辿り着き、この激動時代に対処出来るすべがある事に、本当に有り難く、不安や恐る事なく、大丈夫!と思えています。プランターで育った豊受サラダ菜は、安心安全で心が喜び、美味しく頂いています。寅子先生を始め、多くの優秀なホメオパスの方々、豊受自然農の方々、全ての関係者の方々に感謝申し上げます。神様、仏様ありがとうございます。これからもどうぞ宜しくお願いいたします。

●本日は哲学的な切り口から、スピリチュアルな分野まで幅広く大変興味深いお話だったと思います。次元については、私もなかなか理解ができない面もありますが、現在地球は3次元から5次元に移行しており、目覚めている人はその両方を行き来しているという説があります。そのことについて、菅野先生のご意見をお聞きしたいと思いました。なんにせよ、一番大事なことは「気づき」であるということはストンと落ちました。被害者意識をはずし、過去の自分を受け入れ、意識を書き換えて未来を幸せに生きたいと思いました。とても希望がもてるヒューマニズムな講義をありがとうございました。

●物の見方が大きく変わりました。全ては幻想である。知らないことを知らない世界に生きている。より一層、周りとの価値観のずれが生じるが、自分を軸に過去や未来へばかり見つめてきたので、現在を見る時間をとって、自分と向き合っていきたいと思いました。レメディの説明は、もっと知りたいと興味が深まりました。長年、薬漬けになってる人にホメオパシーで気付きを得て、薬を手放せたらと願いますがデトックスが凄まじいことになりそうで、やはり、本人の決意なしでは容易ではないだろうなと感じました。ありがとうございました。

●大変洗練された美しい講義をして下さり、感謝申し上げます。いつも何故か、スーッと入って参ります。要点が明確で、論理的で、真っ直ぐです。今回、最後にお話された自立出来るように持っていく。如何に気づいていけるかが大切。被害者は、自分が変わらないよと言っている。他人任せ。得だから。でも本当は自分の世界を作れないんだから、物凄く損してる。とはっきりと飾りのないお言葉にハッとしました。軽やかに淡々とお話される講義を通して、深い気づきを頂きました。ありがとうございます。

●時空を超えるホメオパシー素晴らしかったです。時間の考え方、過去は書き変わる。うんうんとうなずいて聞いていました。そしていつもの被害者意識を強く訴える方の質問、その方への返答もすごく良かったと思います。早く気づかれていろんな過去を書き換えて、新たな素敵な人生を歩んでいってほしいと切に願います。菅野先生どうもありがとうございました。

●Acon.とりました。円の話、面白かったです。過去世の話が、興味深かったです。ありがとうございます。菅野さん、スタッフの方々、愛してます。