1/9(日)動物コース「癌と自己免疫疾患」の授業が公開講座として行われました。

 

20100109_animal.jpg 

2011年最初の動物コースの講義は、オープンキャンパスとして一般の方々にも開放いたしました。

今日のテーマは癌と自己免疫疾患です。
ホメオパシー的観点から三位一体それぞれの問題によって癌になる原因を見て行きました。

-予防接種による血液の濁りと真菌の蔓延-
由井学長の新たな試みとなる、癌患者の患部と粘菌の写真を比較した、象形薬理説的観点から考える癌治療の可能性。

-バイタルフォースの二重性-
バイタルフォースの生産的側面がレメディーによって軌道修正され、奇形状態の脚から肉球や爪が生まれた症例集の上映。

-オーナーのインナーチャイルドによるペットの人間化-
相談会に来たペットオーナーの家庭内にある問題がペットの病気の背景に関連することに着目し、その根本原因の解決に取り組んだ学長のケーステイ ク。

オープンキャンパスに来られた方々には、CHhom動物コース充実の講義内容を体験して頂けたのではないでしょうか。

最後に学長から学生・ホメオパスへ、癌を扱うホメオパスとしての心構えが伝えられました。会場では、参加者の2011年の初めに襟を正され、身が引き締まる思いが伝わってきました。

オープンキャンパス参加者の声は⇒こちら


2011年1月9日 1/9(日)動物コース「癌と自己免疫疾患」の授業が公開講座として行われました。 はコメントを受け付けていません。 お知らせ