2015年1月11日(日)

CHhom プロフェッショナルホメオパス CH2・3期
「ホメオパシー病理」
講師:由井学長

20150111_CH23_tokyo_01.jpg
20150111_CH23_tokyo_02.jpg

(写真クリックで拡大します。)

本日は由井学長のホメオパシー病理の授業が行われ、3.4年達は、ホメオパスになるための筋肉を養いました。


また午前中は公開講座として、一般の方々も聴講したほか、人気の病理の授業という事もあって卒業生の参加もありました。


聴講生達は最後の最後まで集中力を切らす事なく、終了間際には上級生らしい高度な質問が全国からよせられ、由井学長が1つ1つ丁寧に回答されておりました。


本日のテーマは「運動と筋肉」。

CHhomでは知識を詰め込み、頭でっかちにする教育ではなく、臨床ケースを自分で見て、疑問を持ち、自ら考え、仮説を検討し、体験の中で自分でつかみとる授業スタイルがとられます。


層状に重なり合う筋肉と骨格の構造を学んだほか、筋肉とトラウマの関係、筋肉とミネラルの関係、筋肉と知覚神経の関係、ミネラル同士の拮抗関係や筋肉の疾患との関係など、食生活や生活環境と筋肉の関係など、広く深い知識を学びました。また、東洋医学的観点や、筋肉の疾患が表現するメッセージなど深遠な境地にまで、視点が広げられました。


筋肉の疾患を持つ3人の患者さんの臨床ケースがDVDで上映され、学生達は自ら考え、疑問をもつ機会を与えられたほか、治癒に導いた秘訣について由井学長から1つ1つのケースに丁寧に解説が加えられました。


生活環境から特定のミネラルが欠乏してでた症状、深いインナーチャイルドと頸椎の疾患歴から知覚神経に異常がでているケース、医原病から筋肉の自己免疫疾患が起きているケースなどが大きく改善していく様子を学生達は頭をフル回転させて体験し、自分のものにしているようでした。


沢山の質疑で延長された授業は大きな拍手で幕を閉じました。

由井学長、学生、聴講生の皆様、お疲れさまでした。

20150111_CH23_sapporo_01.jpg20150111_CH23_nagoya_01.jpg20150111_CH23_osaka_01.jpg20150111_CH23_fukuoka_01.jpg

>>授業の感想
>>公開講座の感想


2015年1月11日 2015年1月11日(日) はコメントを受け付けていません。 お知らせ