12/10(土)「自分の信念を越えて、柔軟な心を育む 同種療法・ホメオパシー」のセミナーが福岡にて行われました

20111204_sem.jpg

札幌から始まったとらこ先生冬の全国ツアーもいよいよ終盤。

本日はCHhom福岡校にて、新セミナー「自分の信念を超えて、柔軟な心を育む同種療法・ホメオパシー」が行われました。

今回のセミナーは「間違った信念や道徳が病気をつくる」という、とらこ先生がこれまで多くのクライアントをみて来られた中で発見したひとつの結論をテーマに掲げ、「信念から来る病気」についてのお話とそれに対するレメディーの紹介をしていきました。

人は信念が強ければ強いほど物事を素直に受けとめることができません。そして間違った信念によって本来の自分自身が見えなくなり病気になるのです。

例えば「泣いてはいけない」という信念(あるいは道徳)が無感情や心の病気を生み体の病気にまで発展して行くということ。
ホメオパシーの父ハーネマンも「信念の病気は最も重い病気である」と著書の中で訴えています。

講演の中では、幼いころの体験や周囲からの刷り込みによって、自分でも気づかないうちに信念の病気にがんじがらめになっている方々が、ホメオパシーを通して、インナーチャイルド癒しを通して、囚われの殻を外していき、本来の自分自身をもう一度生きられるように、生まれ変わることができたケースの数々が紹介されました。

様々な苦難の数々を乗り越えたとらこ先生の言葉のレメディーたちは人生に迷う多くの方々の胸に響き渡ったようです。

ホメオパシーで生まれ変わるチャンスを掴み、新たな人生の一歩を踏み出して行きましょう。

講演会終了後、囲む会が行われました。
「とらこ先生を囲む会」開催の様子はこちら


2011年12月10日 12/10(土)「自分の信念を越えて、柔軟な心を育む 同種療法・ホメオパシー」のセミナーが福岡にて行われました はコメントを受け付けていません。 お知らせ