2010年08月21日

ホメオパシー基礎 ホメオパシーを歴史的に見る
講師:澤元講師

sawamoto.jpg

本日はCHhom1期澤元先生のホメオパシー基礎の授業がCHhom東京本校から各校を中継でつなぎ行われました。 「オーガノン」「慢性病論」というハーネマンの原点の翻訳やパラケルススの「医師の迷宮」の翻訳を行い、ドイツだけでなくヨーロッパの医学の状況にも詳しい澤元先生の授業は圧巻でした。 「ホメオパシーを歴史的に見る」というテーマのもと、翻訳者としてのホメオパシーの知識を披露していただきました。

ハーネマンがどういう時代を生きていたのか、啓蒙主義とロマン主義との関係からどのようにホメオパシーが育ったのか、パラケルスス、ケント、バッチなどの話も織り交ぜて、普通では知ることのできない内容の盛りだくさんの授業となりました。 また、澤元先生の素朴で温和な人柄が感じられる時もあり、学生も自然と笑みをこぼす場面も何度かありました。ホメオパシーの原点をひも解く澤元先生の期待通りの授業となりました。


2010年8月21日 2010年08月21日 はコメントを受け付けていません。 お知らせ