2014年3月29日(土)

インナーチャイルドセラピスト養成コース
講師:由井学長

20140329_incya_nagoya_01.jpg
20140329_incya_nagoya_02.jpg

(写真クリックで拡大します。)

いま、由井学長は、この時期恒例の全国講演会の真っ最中。

そこで、本日のインナーチャイルドセラピスト養成コースは、一般講演会に引き続いて、CHhom 名古屋をライブ会場に、全国各校を中継で結んで開催されました。


今回のテーマは「絵と色」。
絵を描いたり、分析したりすることは、心の深い部分を探るインナーチャイルドセラピーにおいて、たいへん役立つものです。


はじめに、前回受講生から提出していただいた絵から、何点かをピックアップ。
由井学長に、その絵が何を象徴しているのか、どんな心理があらわれているのか、
分析をしていただきました。


次に、実際に受講生の皆さまに、その場で家族の絵を描いてもらいました。
その後の休憩時間の間も絵を描き続けている人もいて、皆さん熱心に取り組んでいました。


この絵に関しても、何点か由井学長に分析していただきましたが、その方の家庭環境や、家族関係を読み取ることが出来て、とても興味深いものでした。


絵画療法はインナーチャイルドを癒していく上で、とても有効な手段であることが、
受講生の皆さまにも、理解できたことと思います。


続いて、色の持つ性質や癒しの効果についての講義が行われました。


ふだん目にするさまざまな色を、映像を使いながら体感してもらうことで、
色には深い意味や働きがあることを、実感できたのではないでしょうか。


今日の学びを自分自身のインナーチャイルド癒しに、そしてセラピストになってからはクライアントとの相談の場に、活用していただきたいと思います。


由井学長、本日も貴重な学びをありがとうございました。

20140329_incya_nagoya_03.jpg
20140329_incya_sapporo_01.jpg
20140329_incya_tokyo_01.jpg
20140329_incya_osaka_01.jpg
20140329_incya_fukuoka_01.jpg

2014年3月29日 2014年3月29日(土) はコメントを受け付けていません。 お知らせ