2013年11月9日(土)

CHhom プロフェッショナルホメオパス4年制コース CH1・2期生
「ケーステイクと分析」
講師:由井学長

本日の講義はケーステイクと分析の講義です。
学生の皆さんが実際のケースを見て、考え、分析し、適切なレメディーを導き出そうと意見を交わしながら進めて行く参加型の講義であり、ホメオパスの活動に向けての実践経験を積むためには必須のプログラムです。

まずは由井学長によるケーステイクが行われました。学生たちは自分ならクライアントのどこに着目しどんなレメディーを選択するかを学長とともに考えます。

相談会の中で学長がクライアントに向けられるあたたかい言葉はクライアントだけでなく聴講している学生の心にも響きます。
学生の皆さんは、ホメオパスの立場に立っているのを一時忘れて涙を流し自分のインナーチャイルドと向き合うような場面もあったようです。

午後は札幌校から沖縄校まで各校でクラスメイト同士の意見交換の時間が設けられると、それぞれが発言し、クライアントを治癒に導くレメディーを議論し合いました。皆で知恵を出し合い、力を合わせて考え合う白熱した時間になりました。

後半は由井学長によるケースの分析と解説が行われました。学長はなぜこのレメディーを選択したのか?ケースのポイントを振り返り解説が行われると学長の視点の鋭さ、洞察の深さに脱帽しつつもその視点に少しでも近づこう、吸収しようと、皆さん真剣に聴いていました。

ケーステイクと分析の講義は、臨床経験を通してホメオパスとしての力がつく講義だと言えます。学生の皆さん、一歩一歩着実に、技術だけでなく自分自身の内面まで磨いていってほしいと思います。

由井学長、本日も多くの学びをどうもありがとうございました。

(写真クリックで拡大します。)


2013年11月9日 2013年11月9日(土) はコメントを受け付けていません。 お知らせ