2011年5月14日(土)

動物コース
「動物とは/ケース分析」
講師:由井学長

講義の様子の写真

今年で7年目を迎えた動物コース、本日は記念すべき第一回目の講義です。
本日の講義は一般開放され、動物コース卒業生や一般の方々も多数の方々が集まりました。

午前の授業では、由井学長から動物コースの意義が述べられました。
大いなる者への畏敬の念や信仰心を忘れてしまった人間の無知によって動物たちが犠牲になっている、しかしそれがいづれは人間へと帰ってくる、という事が問題提起として投げかけられました。
その一例としてあげられた、福島原発20キロ圏内の犬猫たち、宮崎で殺処分された鳥牛たち。
彼らの無念さや悲しみが伝えられ、各校で涙を流す方々の姿が見受けられました。
彼らを救うためにも今アニマルホメオパスが全国で必要とされているのです。

午後の講義は、由井学長によるライブケーステイクの模様が公開されました。
今回は動物コース初の試みとなるスカイプ相談で千葉の牧場と回線を繋ぎ、牛たちのケーステイクを中継で行い、顎の腫瘍や乳の爛れなど の状態を診て行きました。
物言わぬ動物たちを診るために必要なホメオパスとしての観察眼、そして動物たちの潜在意識を読み取るためのツールとしてのQX-SCIOを駆使する由井学長。
特にQX-SCIOが動物たちの感情の問題や栄養の欠如、放射線の害などの問題点を抽出していく様子には一同驚きの声が上がり、動物コースならではの画期的な内容となりました。


2011年5月14日 2011年5月14日(土) はコメントを受け付けていません。 お知らせ