2011年2月11日(金)

動物コース
「動物ケース分析」
講師:由井学長

講義の様子の写真

東京では朝から雪が降り続きました。
本日の動物コースは二本立ての内容。
まず午前は由井学長「ケース分析」の授業が行われました。

物を言わない動物をケーステイクする場合、人間に対して行う場合とは違う注意すべきポイントや、また、人間を診る時にも通用する、ケーステイクにおけるホメオパスとしての心構えを教えて頂きました。

症例集では、オーナーのペットに対する溺愛が病気を作るケースを上映されました。
動物だけでなく、そのオーナーにも示唆し、彼らに気づきを与える由井学長。
そして、マヤズム及び選択したレメディーの考察と分析が行われました。

午後には「ライブケーステイク」が行われました。
これは、実際に教室で動物たちに前に出てもらい、学長のケーステイクを受ける、
動物コースならではのスペシャルプログラムです。
今回は、犬、猫、そしてイグアナ(!)が被験者になって頂きました。

学長と動物たちとのコミュニケーション、学長の観察眼、潜在意識を読み取るQX-SCIO。
様々な示唆に富む学長のケーステイクはアニマルホメオパスを目指す学生たちにとって大きな学びとなったことでしょう。


2011年2月11日 2011年2月11日(金) はコメントを受け付けていません。 お知らせ