【とらこ先生相談会レポート】主訴は『酷いめまい』の主訴をもたれる40代女性のケース

5月も今日で終わりですね。皆様、いかがお過ごしでしょうか。
とらこ先生が代表を務める日本豊受自然農では今年の豊作を願い『御田植え祭』が執り行われました。
祝詞奏上に合わせてモリアオガエルが鳴いていて、とても素晴らしい神事でした。

さて、今回は、『酷いめまい』を主訴にもたれる40代女性のケースを紹介させて頂きます。

かなり重度なめまいで、1か月に1回はグルグルと目が回って2~3日起きられなくなる。
めまいは中学入学直後から始まりました。その数年後にパニック発作で倒れ、それ以降は毎日めまい、眩み、息苦しさがあり、学校も休みがちになってしまいました。
日常生活を送るのも辛い状態であったにも関わらず、スポーツでは、優秀な成績を収められていました。
20代、30代でもこの症状は続き、40代に入り、ホメオパシーとヨガを始め、改善に向かったものの、人間関係のトラブルをきっかけに、かつてないほどの酷いめまいの襲われるようになり、何をやっても全く治まらない酷い状態になり、精神的にもギリギリの状態です。
また、『不眠』『不安障害』『体の痒み』『動悸に伴い頭がクラクラ―となる発作』『対人緊張・視線恐怖』『酷い予期不安』『高血圧』『生理不順』といった症状にも苦しまれています。

2か月前の相談会では…

症状が以前より悪化。夜中に目が覚めた時に動悸がする。発狂しそうになる。口が異常に乾く。
朝から頭がフラフラし、体の震えがあり、嘔吐く、動悸がする。このような状態なので仕事に集中できず、軽いパニックを起こすようになり、仕事を休まざるを得なくなった。
一人で外出するのも不安で、一日寝て過ごすうちに気力が低下し、鬱状態になった。旺盛だった食欲も無い。
「ご神仏様のお導きでとらこ先生の相談会に入れて頂いたのに、他の方のように改善できず、私の性根が悪いのか、もうホメオパシー自体を止めた方が良いのか?などと考えてしまっていました。自分に必要な気づきは何なのか、日々考えているつもりですが、答えは出ず、症状は増えるばかりです。。。」と嘆かれていました。
とらこ先生は『諦めては駄目だよ。私にしっかりとついてきて。』と、この悩み苦しむクライアント様を優しく励ましながら、改善に向かえない理由は、この方のインチャ意識やプライド意識が大きく関与している事を、解説を加えながら、導師様から頂いた霊的見解を伝えられていました。
そして、この方の状態を鑑みて、体・心・魂、全てのレベルに届くレメディーを選ばれました。

その後、どのような変化が起こったのでしょう?

クライアント様は、とらこ先生に以下の様に報告されました。
「めまいが少し和らぎ、気力も湧いてきた。運動選手の友人を応援する為に遠出したが、フラフラ感、嘔吐き、震え、頭痛、睡眠障害などの緊張症状が続き、観光など一切行けずじまい。
以前から行きたかった神社を参拝する事だけで精一杯だった。
翌月に入ると、めまいが再び悪化。左側だけグラグラし、体の向きを変えると半回転するような気持ち悪さが四六時中ある。車のブレーキで気持ちが悪くなる。
顕在意識の意欲とは裏腹に、潜在意識がめまいを起こして行動にブレーキをかけているような気がしてならない。
人の評価や他人からどう思われるかが気になり、それが行動や思考に大きな影響を与えている。
めまいが治らない原因は、自分自身の軸で生きていないことにあるのではないか。でも、めまいによって自分のやりたい事が全くできず、どうしたら良いのか分からない。」

とらこ先生:
「ちょっと良くなった時があったんだね。レメディー効いたね~。その感覚を覚えていくんだよ。また、めまいが出てきているけれど、前に増して悪くなったの?」

クライアント様:
「前よりは全然良いです。」

とらこ先生:
「進展したね。インチャ癒しと祝詞心経を頑張ってやったでしょ?それが功を成したね。今のやり方をしていたらだんだん良くなっていくから習慣づける事。
自分を慰める力がついてきたね。前回の相談会で、自分の症状は自分で治す!という覚悟ができたと言っていたけれど、その通りだよ。
人間、‘もう後がないよ’というところまで行くとやれるものだね。
ここ(とらこ先生の相談会)に来るって言うのは、辛いから来ている訳で、それは十分わかっているんだよ。
でも、神様仏様は、この子(クライアント様)が、自分で気づいて、自分を大事にするって事が分かるようにならなければ、治して下さらないんだよ。」

クライアント様:
「やっとわかりました。1年位かけて。。。今までは、誰かに治してもらおうという気持ちが強かったように思います。」

このクライアント様は、それまでは、自分にはあまりインチャは無いと思っていて、インチャ癒しへの取り組みをあまりされてこなかったそうです。
しかし、前回のとらこ先生との相談会で気づきを得られたのですね。今では、一生懸命インチャ癒しに励まれ、その結果、体や心の症状に動きが出て来たという事です。
本当に素晴らしい進展ですね!

理解力が高まってこられたクライアント様に対し、とらこ先生は更なる霊性の導きを与えます。

「今回は、君にサポートφ幼児性をだすからね。
幼児性があると、‘あれやりたくない、これやりたくない、辛い、やっても無駄じゃん。何の意味があるの?’ってなる。
それでもやる。やるというのは大人の意識。
凡事徹底というのは幼児性が強いとできない。大人の意識が子供の意識を上回っていないといけないね。
君の場合、小さい時に甘えていられたら、今、これほどの幼児性は多くなかった筈。
許して貰えなかった。病気になる。弱気になるという事を許して貰えなかった。
幼児性が大きくなったのは君のせいでない。育てられ方。
がむしゃらにしてきたから、一番我儘言って良い幼児期にそれが出来なかったから、今、それを欲しがっているのだよ。
また、そのがむしゃらなペースで突き進んだら、体が持たないから、めまいを起こしてやらせない様にしているんだよ。
さて、これからどうして行けば良いか。。。」

とらこ先生は、導師様から頂いた霊的見解をクライアント様へ伝えられました。

☆ ☆ 霊的見解の概要 ☆ ☆

3世前の生き方がかなり他者を全く無視した自己中で自分勝手、好き勝手に生きてきた人生。
その人生そのものの霊格がとても低い。
この3世前の霊格が引っ掛かってしまうみたいで、めまいの原因にもなっている。
好き勝手生きてきたカルマのようなものと考えるよい。
相当無責任に人に迷惑を掛けた人生だったみたい。
全ての人が自分を崇め奉り、全ての人を思い通りに動かせる、従わせることができる。という王様意識がある。
今世も、3世前と同じ好き勝手やりたい、自由にやりたい、思い通りに生きたい。という幼児性意識がある。


今回は、この3世前の人生の霊格を高め、低霊性意識(王様意識や幼児性意識)を昇華し、リアル霊格を適性霊格まで高めるイニシエーションに励まねばならないという事でした。

とらこ先生は、この低霊性意識を昇華する助けとなってくれる次のレメディーを選びました。

■Yakurai-w.(薬莱神社の手水)
自分さえよければいいという自己中心的な考え方を持ったときにできた魂の傷を修復する効果がある。魂の傷の修復によって利他の精神が芽生える、育つ、大きくなる効果がある。

■Shibut-w. (至仏山の水)
価値を認めてもらえなかったときの怒り、感情を鎮める働きがある。 馬鹿にされたり、駄目なやつと言われたり、と優秀インチャを刺激されることでスイッチが入る(火が付く)怒りが生じる元を軽減してくれる力がある。

そして、随時にサポートφ幼児性。これに、このクライアント様特有の症状にマッチするレメディーを追加されていました。

この方には『駄目な奴に見られるのが恐い』という恐怖があり、『一番にならないと褒めてくれなかった』家庭環境がありました。
恐れから必死になって頑張ってきた自分を振り返り、インチャ癒しを進めていく内に、過去世のカルマが浮上してきました。

『病気』というお知らせを頂いたお陰で、とらこ先生・導師様とご縁ができ、自分の低霊性意識を昇華し、カルマを払い、魂が成長できる。
この素晴らしい巡りあわせは、神様仏様のお計らい以外何ものでもありませんね。クライアント様が心身共に良くなられて行きますように。

クライアント様は、終わりに「霊性の高い神社仏閣の見分け方を教えて下さい』ととらこ先生に質問されていました。
とらこ先生は『こういう質問が出るということはやる気になったね。」と、クライアント様からの質問に答えられていました。
そして「霊性向上の道は、思い通りに行かず気が腐ってしまう時もあるけど、その時も許すんだよ。今回もよく来たね。少し良くなった体験をしたからね。頑張って欲しいな。」と声がけされていました。
クライアント様も、前回と比べて、よりオープンになられていて、「インチャ癒しに励み、この症状を乗り越えていくぞー」と意欲的になられている様子が伺えました。
クライアント様に『自分で治す』という自覚を芽生えさせることのできる方こそ、真の治療家。とらこ先生の次元の高さに感嘆せずにはいられません。

今回も素晴らしい相談会、誠にありがとうございました。

***********************************

体や心の症状から、魂の声を聴き取り、三位一体でアプローチするとらこ先生。

とらこ先生の相談会では、身体面の改善だけでなく、インチャや魂へ癒しが起こる為、より幸せになり、人生が、より充実したものへと変化します。

とらこ先生の相談会をご希望される方は、是非、日本ホメオパシーセンター東京本部までご連絡下さい。

■ 由井寅子先生による、健康相談会のお問い合わせはこちら 
日本ホメオパシーセンター東京本部 tel:03-5797-3136
https://homoeopathy-center.org/consultation/yui-waiting-list/

■ ホメオパシー健康相談会の資料請求はこちら
https://homoeopathy-center.org/request/