7/7(水)ホメオパシー歯科学

7/7(水)ホメオパシー歯科学セミナーが行われました。

本日は英国、ロンドンで、ホメオパシー歯科医歴30年のブライアン・ティール先生をRAH英国本校に招き、英国からの生中継で、CHhom7校を結び夜間の時間帯の講演にも関わらず、200名を超える大勢の方が参加されました。ティール先生は80歳の年齢を感じさせない程、しっかりとした口調で講演され、歯や口腔に関する基本的なレメディーについて、初心者からホメオパスにもわかりやすく解説されました。

患者と治療を始める前に時間をとり、しっかり話をして治療を始めることや、実践、経験に基づくレメディーの選択には、なるほどと思わせる知恵が含まれてた講演となりました。

ホメオパシー歯科学については、日本語書籍の出版はあるものの、しばらくCHhom、RAHでの講義がなかったこともあり、皆さんの関心も高かったように思います。質疑応答も白熱し、日本でも歯科の分野への本格的なホメオパシーの浸透が期待されていることを感じさせる講演でした。また、歯や口腔の不調は、応急対応だけでは難しiい場合も多く、その背後にある様々な慢性病、特に梅毒マヤズム治療が必要なケースも多いです。今後は、応急対処だけでなく、マヤズム治療まで一歩踏み込んだ、歯や口腔に関係するセミナーをCHhomにて企画していきたいと考えています。

参考図書:歯科のためのホメオパシーハンドブックホメオパシーの手引き⑪歯(新装版)


2010年7月7日 7/7(水)ホメオパシー歯科学 はコメントを受け付けていません。 お知らせ