2010年5月30日(日)

「ホメオパシー用語」講師:由井学長

前回の続き、Delusion(妄想)からスタート。

妄想:誤った信念やいつまでも続く心の苦しみと怒りは、適切なレメディー治癒効果を妨げ、最も重い病気となる-というように、各用語について深く掘りさげ、時間をかけてじっくりと解説。

それぞれに対しての、オーガノンの関連箇所を解説・講読し、原書に込められたハーネマンの真意や当時の歴史的背景についても踏み込んで行きました。

さらに、各用語を通して、人はなぜ病気になるのか、そしてなぜ生きるのかという哲学やそれにまつわる学長のエピソードを盛り込み、単なる用語解説という枠を凌駕する、深みのある、CHhomだからこその内容の講義となりました。


2010年5月30日 2010年5月30日(日) はコメントを受け付けていません。 お知らせ