2014年11月20日(木)

CHhom ファミリーホメオパスコース FH4期生
「妊娠と出産のレメディー②」
講師:永桶先生

20141120_FH4_sapporo_01.jpg 20141120_FH4_sapporo_02.jpg

(写真クリックで拡大します。)

本日のファミリーホメオパスコースはCHhom札幌校より、
「妊娠と出産のレメディー②」の講義が全国中継で行われ、ホームキットに収録されているレメディーについて解説いただきました。


講師は、日本ホメオパシーセンター札幌本部で活動されている
永桶房代ホメオパスです。


二人の息子さんの母親として、アトピーやイボにホメオパシーを活用し対処したことなど、自らの体験談をふんだんにまじえてお話しいただきました。


本日学んだレメディーは18種類。ナックスボミカやシイピアなど、よく知られるレメディーのほか、あまりなじみのない方も多いと思われるコンビネーションレメディーの解説もありました。


どのようなレメディーの組み合わせで、どのようなシーンに活用できるか、合わせて使うとよい他のレメディーは何か…などなど、妊娠出産を控えている人だけでなく、日々の体調管理の観点からもおおいに使えるレメディーがたくさんあることがわかりました。


妊娠出産のレメディーということで、母子の結びつきに関わるレメディーも幾つかあり、そこから、インナーチャイルドに向き合うことの大切さも語られました。


現在、インナーチャイルドセラピストコース3期生として受講中という永桶先生、インチャを癒す取り組みをする中で、少しずつ気づきが増し、それにつれてさらに自分を知り、少しずつ楽になっていっているというお話が特に印象的でした。


永桶先生、本日はわかりやすい講義をどうもありがとうございました。

20141120_FH4_tokyo_01.jpg20141120_FH4_osaka_01.jpg

2014年11月20日 2014年11月20日(木) はコメントを受け付けていません。 お知らせ