2014年9月7日(日)

CHhom プロフェッショナルホメオパス CH5期
「TBRを使ったレパートリー」
講師:由井学長

20140907_CH5_tokyo_01.jpg 20140907_CH5_tokyo_02.jpg

(写真クリックで拡大します。)

ホメオパスになりクライアントのケーステイクをしていくために必要なツール、レパートリーを使ったホメオパシー方法論の講義が行われました。

レパートリーとは、ホメオパスが症状から最適なレメディーを見つけるために、症状別にレメディーを選べるようにカテゴライズしたシステムのことです。

現代さまざまなレパートリーが流通していますが、CHhomのボーニングハウゼンのレパートリー(TBR)はハーネマンの原書に基づいた最も忠実で正確なものであり、TBRを取り入れてからの治癒率は着実に結果に顕れています。

本日の講義ではレパートリーの使い方を学び、実際に学生の皆さんが協力して演習問題に取り組む実践的な内容の講義となりました。

まだ慣れない1年生たちが少しずつ実習と解説を通じて、ホメオパスとしてのスキルを磨いていきます。

実際に書籍をめくり、ソフトを操作してホメオパス体験をすることで、改めてその難しさと由井学長のケーステイクの素晴らしさを実感できます。

1年生にとってホメオパスの扉がまた少し開いた大切な講義となりました。由井学長本日もどうもありがとうございました。

20140907_CH5_tokyo_03.jpg
20140907_CH5_sapporo_01.jpg
20140907_CH5_nagoya_01.jpg
20140907_CH5_osaka_01.jpg
20140907_CH5_fukuoka_01.jpg

2014年9月7日 2014年9月7日(日) はコメントを受け付けていません。 お知らせ