7/10(木)【札幌】「ホメオパシー座談会」が開催されました

20140710_sapporo_01.jpg
20140710_sapporo_02.jpg

(写真クリックで拡大します。)

日常生活で役立つホームキットのレメディーを学びながら、皆さんが抱えている質問にホメオパスがお答えしたり体験談をシェアしあうミニセミナー&
座談会「わいわいホメオパシー」第2回がCHhom札幌校で開催されました。


今日の担当は札幌センターの佐藤先生。「恐怖のレメディー」をテーマに、アコナイト、アーセニカムなど5種のレメディーを解説しました。ホメオパシー的に考える「真の健康」とはどういう状態のことをいうの?という話に始まり、心・体・魂を一体としてとらえ、自分らしく生きていくために、日常起こりうる些細な出来事に、都度セルフケアで対応することの大切さを皆で学びました。


また、話題は恐怖の話から死についてにも及び、生ききること、生ききってしっかり旅だってゆくことについて考えるヒントになるような貴重な体験談がシェアされました。


参加者の方からは「大きな恐怖体験ではなくても、ちょっとしたショックなことやビックリすることは日常よく体験しているものだとわかった。そういうときに恐怖のレメディーをすぐとるといいんですね」「思い当たることがあるので日常生活にさっそく役立ててみたい」などの声が上がっていました。


「わいわいホメオパシー」は全8回。ほぼ隔週で開催します。


次回は7月24日(木)、「コントロール不能!? プッツン一歩手前のレメデ
ィー」のお話。担当は藤山道子先生です。ぜひご参加ください!


2014年7月10日 7/10(木)【札幌】「ホメオパシー座談会」が開催されました はコメントを受け付けていません。 お知らせ