2014年6月12日(木)

CHhom ファミリーホメオパスコース FH4期生
「セルフケア概説」
講師:由井学長

20140612_FH_tokyo_01.jpg
20140612_FH_tokyo_02.jpg

(写真クリックで拡大します。)

本日のファミリーホメオパスコースは由井学長による「セルフケア概説」の授業です。


本日はファミリーホメオパスとして家族の健康を守るために、必要なホメオパシーの原理と基礎について教えていただきました。


ホメオパシーのレメディーは万物に備わるバイタルフォースを触発します。バイタルフォースが組織を再生させ臓器を動かし生命活動を維持してくれます。


ホメオパシーによってバイタルフォースが働き、奇形が改善して手術の必要がなくなったケースや排泄が高まることで発達障害児の理解力が上がったケースなどが紹介されました。


体と心の問題の全てを何もかもホメオパシーのセルフケアだけで対処するのではなく、慢性病はプロフェッショナルホメオパスにかかることや緊急時などは現代医学、検査、手術、診断が必要であること、その見極めが必要であることなど、ファミリーホメオパスにとって大切な心構えが学長よりしっかりと話されました。


ホメオパシーを賢く使って症状を出し切り、好転反応を乗り切ることで、現代医学では治らなかった難病が改善した症例なども紹介されました。


基本をふまえ理解を深めることで、さまざまな問題にも対応できるようになります。本日はファミリーホメオパスとしての土台をまた少し固められたのではないでしょうか。


由井学長、本日もありがとうございました。

20140612_FH_sapporo_01.jpg20140612_FH_osaka_01.jpg

2014年6月12日 2014年6月12日(木) はコメントを受け付けていません。 お知らせ