【レポート】9/23 秋のお彼岸 特別講演会 由井先生 東京校ライブ

本日CHhom東京校ではとらこ先生 秋のお彼岸講演が開催されました。

〇とらこ先生のパート

お彼岸はご先祖さまや自然に感謝を捧げる日本独自の仏教行事です。ご先祖様が私たちの命を繋いでくださり、この人生で魂の目的を実践させていただいていることに感謝し、毎年とらこ先生がお彼岸にちなんだ講演会を行っています。

なお、今回は、新型コロナワクチンについて新たな事実がわかってきましたので、最初にとらこ先生から報告がありました

まずはシェディングの真実の解説。
そしてこれまで国は認めていなかった、「新型コロナワクチンと疾患の因果関係」についての証拠となる論文を紹介しました。
新型コロナワクチンの水酸化グラフェンの問題と対策となる血栓用サポートチンクチャーの話は10/15・16の第23回JPHMAコングレスで発表するとのことです。皆様、お見逃しなく。

とらこ先生の今回のお彼岸講演はあるホメオパスからのメールの紹介から始まりました。
お父様が死に行く時にとらこ先生がホメオパスに伝えた言葉、
お父様に必要な祝詞とマントラ、
ホメオパスに望んだとらこ先生の見解など
貴重な学びとなるお話をしました。

今、宗教アレルギーが再度ブームになっていると、とらこ先生。
宗教の本来の意味、なぜ宗教が大事であるか、宗教に対しての誤解を解くための大切なお話をしました。
「生きるという事は、本来、宗教と密接に関わること」
「無宗教であることは、根無し草であり、自分の存在が虚ろになる」
「宗教の否定は、自分の存在意義の否定。人類が滅びる方向に向かっている」

続いて、とらこ先生の高尾山の峯入りのエピソードが語られました。

なぜ高尾山に峯入りに行くのか?
高尾山で御神仏様から受け取ったメッセージ。
子供達にかき乱されたインチャを受け入れた体験。
仏舎利塔で出会った女性を見て、自分の襟元が今一度正されたと、とらこ先生。
霊性の修行を20年近くされているとらこ先生が、自分自身のことを謙虚に客観視してその時の感じた事を、心を開いて私達に伝えてくださいました。
講演の中で「着飾った言葉で目覚めないように、蓋をする事では救われない」というお話もありましたが、とらこ先生の教えは綺麗ごとのない教えです。
自分自身の弱さや課題を認めた上で、自分を癒し、乗り越え、霊性向上を目指そうと努力する、その生き方を示す事で、大切な学びを教えてくださるのです。

豊受の生きる事、働ける事、食べられる事に感謝してやまない人のインタビュー。
霊性生活を経て本当の自分を生きられるようになった方のケース。
そしてとらこ先生の御嶽山を皆で峯入りした時の体験。
最後まで皆様へ大切なメッセージを贈り続けました。

とらこ先生、今回のお彼岸講演でも深い学びをありがとうございました。

また、今回のお彼岸ライブは10月15日(土)、10月16日(日)に「ワクチン信奉の崩壊 未曽有の時代をホメオパシー、自然農が救う」をテーマに開催される第23回JPHMAコングレスのプレイベントという位置づけでも開催されました。

ワクチン信奉の完全崩壊への口火を切っていただくために、コングレス2日目に登壇し来賓講演を頂く南出喜久治弁護士、それに本日は南出先生の紹介で木原くにや弁護士にも発表をいただきました。
南出喜久治弁護士は一緒に政府の新型コロナ(武漢ウイルス肺炎)規制、そのワクチン中止を求めて木原くにや弁護士と国を相手に行政訴訟を起こし、この政策を推進した菅前首相、岸田首相、河野大臣などの現役閣僚を殺人罪、殺人未遂罪で東京地検に刑事告発した弁護士です。

南出弁護士は最初に千円札を取り出し、新型インフルエンザワクチン推進のタイミングで千円札の肖像が夏目漱石から野口英世に変わったことに触れ、実は試作したワクチンで何百人という人が殺され、研究もねつ造、なんら価値ある学術成果も残さなかった野口英世が、ワクチンを打つことで感染症に対して安心感を与えるための広告塔として祭り上げられた人物であるという野口英世信奉のウソを公表し、これを千円札の肖像に使用して国民にワクチン信仰をインプリンティングする政府の政策を批判した。また、南出弁護士がワクチン問題に関わるようになったきっかけは子宮頸がん予防ワクチン。その推進時には民族根絶のワクチンといち早く注意喚起と接種推奨中止を訴え、とらこ先生がご縁で農業シンポジウムで一緒に講演した安保徹先生にも応援いただいたこと、その当時にリークされ動画でビル・ゲイツが人類の人口を10-15%削減するために、ワクチン開発を行う動画が流出した件やフランスの経済学者ジャック・アタリが愚かな人々は予防接種で殺されればよいと発言していることなどに触れ、今回の武漢ウイルス肺炎ワクチンは、毛沢東やスターリンを超える大虐殺であり、職を失おうが弁護士として国の犯罪に対し行政訴訟を行わざるを得なかった心情とこれほど大きな問題であるにも関わらず、多くの弁護士の中で木原弁護士以外、一緒に訴訟を起こすことに賛同してくれた弁護士がいなかった点にも言及、また、国家資格である弁護士が強制的に加入させられる弁護士会が死刑廃止に賛成するなど思想を強制する今の日本で行われている同調圧力の風潮は、ヒトラーが若者グループを組織してつくったヒトラー・ユーゲントを全国民に強制拡大して思想強制したナチスの思想統制をそっくりな危機的な状況にある点にも触れ、すでに反ワクチンは、法的対処だけで対応できる状況でなく、国民運動として展開していく必要性を強調しました。

引き続き登壇した木原くにや弁護士は、自身はもともと工学部で学んでいたが、転身し弁護士を目指す中で日本国憲法を学ぶ中で、南出弁護士の著書『占領憲法の正體』(来週からCHhom東京ショップ、豊受モールなででも販売)に出会った12年前からの縁で、反ワクチン、反マスク訴訟(訴訟の詳細はコングレス特設サイト南出弁護士メッセージリンク→ https://jphma.org/congress/message/341/)を行っている点に触れ、多くの方に知っていただき、国民運動にしていくために、法的対処だけでなく、自らも国政、地方選挙に立候補した心境を語られ、5~11歳までの子どもにも新型コロナワクチンが努力義務として接種がスタートする状況で現在依頼があり取り組んでいる親から引き離され児童相談所に拉致された子供を親元に取り戻す訴訟での話に触れ、児童相談所では、ワクチンが子どもに対し強制接種になるリスクに警鐘を鳴らしました。

10月9日(日)13:30~16:30 神戸市東灘区文化センターで
「子供へのワクチン接種と児童相談所の真実」についての講演が行われます。
(講師 小林有希 医学博士、木原くにや弁護士)

コングレスでは南出弁護士は2日目に、「まほらまと 日本の自立再生社会を実現を!新型コロナワクチン特例承認取消等請求 訴訟報告、危機の時代への対処法」をテーマに発表されます。

※第23回 JPHMAコングレスの詳細・お申込みはこちら▼
https://jphma.org/congress/
https://jphma.org/congress/sanka/

【参加者・配信視聴者アンケート】

●寅子先生の秋のお彼岸講演聞けてよかったです。ずっと体調不良が続いていて健康相談に掛かっています。子宮からの出血は血の涙、ずっと我慢していた怒りや悲しみが今出血という形で出ているとわかっているつもりでもしんどいです。インナーチャイルドセラピスト養成講座を受けましたが、インナーチャイルド癒しもやったつもりで実はできていないと落ち込んだりします。ホメオパスさんに助けてもらいながら少しずつ前進している状態です。Aさんのケースとても身近に感じました。ずっと我慢して体に引き受けてもらった状態がよく似ている気がします。インナーチャイルドに寄り添い、なぐさめ、励ましていく地道なことを続ける力になりました。10月15日、16日のコングレスに行く予定です。お腹の痛みや貧血の状態がどうなっているかわかりませんが、用賀に行くのをとても楽しみに励みにしています。

●講演をありがとうございました。寅子先生が多くの人をホメオパシーで治療しながら、ご自身も精進し続けていらっしゃることに感謝の気持ちが湧いてきます。

●大変参考になりました。自分の真の魂を深めていくことが心と身体にとって大切な事だと思いました。ありがとうございました。

●お彼岸の時期に先祖への感謝を改めて感じることができる貴重な講演をありがとうございました。先祖崇拝とても大切で魂が喜ぶのを感じます。宗教であることの条件をお聞きし本当にこのような宗教があればどれだけ日本人は幸せに生きれるだろうと感じました。真の導師を見つけられるまでは自灯明でとの言葉も昨今のスピリチュアルブームで、さまざまな偽者スピリチュアルリーダーが活躍している世の中を見ると、本当に大切なことだと感じました。僕はとらこ先生とZENホメオパシーに大切な時期に出会えて本当に幸運だと感じています。生きる意味を与え、魂を強くし、人を神仏(さとり=天人合一)へと導く原動力が宗教であるということを考えると、ホメオパシーはカルトのように否定的にみなされた宗教ではなく、真の宗教であると胸を張って言いたいと思います。先生がお釈迦様から受け取られた、瞬間瞬間を大切にすることが信仰心であるということばがとても心に響きました。できない自分をそのまま認め、ただできることをこつこつとやるのみ。今後の生きる指針を見つけることができました。今回もすばらしいご講演をありがとうございました。

●いつも貴重な講座をありがとうございます。今回は視聴している途中から強烈な睡魔で2日かけての視聴となりました。『根無し草』とてもその言葉が心に残っています。信仰心無く生きてきた自分…ぶれない自分軸を持ち何の為に生きていきたいのかをずっと思いながら捜しながら人との出会いを重ね、また様々な出来事の中にあっても少しでも光を感じる方へ歩みを進めてきたように思います…小さなくもや虫への思いやり、蟻の霊性、雨のめぐみ、 陽のめぐみ、悔しさ、思い通りにゆかない出来事、人…全てに心からありがとうの感謝が自然と湧き上がる生きながら仏になれるよう日々自己を内観し過ごしてまいりたいと思います。肩の力がほぐれた感じがしています。本日も講座をありがとうございました。

●最初の野口英世のお話から衝撃的で、何が真実なのか、昨今の状況下で判断するのに戸惑うことが多々ありますが、本講演で今後の心づもりが出来ました。ありがとうございました。また後半の時間を大切にすることや信仰心のお話も心に沁みました。

●お彼岸の時期に先祖への感謝を改めて感じることができる貴重な講演をありがとうございました。先祖崇拝とても大切で魂が喜ぶのを感じます。宗教であることの条件をお聞きし本当にこのような宗教があればどれだけ日本人は幸せに生きれるだろうと感じました。真の導師を見つけられるまでは自灯明でとの言葉も昨今のスピリチュアルブームで、さまざまな偽者スピリチュアルリーダーが活躍している世の中を見ると、本当に大切なことだと感じました。僕はとらこ先生とZENホメオパシーに大切な時期に出会えて本当に幸運だと感じています。生きる意味を与え、魂を強くし、人を神仏(さとり=天人合一)へと導く原動力が宗教であるということを考えると、ホメオパシーはカルトのように否定的にみなされた宗教ではなく、真の宗教であると胸を張って言いたいと思います。先生がお釈迦様から受け取られた、瞬間瞬間を大切にすることが信仰心であるということばがとても心に響きました。できない自分をそのまま認め、ただできることをこつこつとやるのみ。今後の生きる指針を見つけることができました。今回もすばらしいご講演をありがとうございました。

●いつも貴重な講座をありがとうございます。今回は視聴している途中から強烈な睡魔で2日かけての視聴となりました。『根無し草』とてもその言葉が心に残っています。信仰心無く生きてきた自分…ぶれない自分軸を持ち何の為に生きていきたいのかをずっと思いながら捜しながら人との出会いを重ね、また様々な出来事の中にあっても少しでも光を感じる方へ歩みを進めてきたように思います…小さなくもや虫への思いやり、蟻の霊性、雨のめぐみ、 陽のめぐみ、悔しさ、思い通りにゆかない出来事、人…全てに心からありがとうの感謝が自然と湧き上がる生きながら仏になれるよう日々自己を内観し過ごしてまいりたいと思います。肩の力がほぐれた感じがしています。本日も講座をありがとうございました。

●最初の野口英世のお話から衝撃的で、何が真実なのか、昨今の状況下で判断するのに戸惑うことが多々ありますが、本講演で今後の心づもりが出来ました。ありがとうございました。また後半の時間を大切にすることや信仰心のお話も心に沁みました。

●南出先生、木原先生、由井先生、素晴らしいご講演をありがとうございました。大阪校で参加させていただきました。先生方が命の危険も顧みず、声を上げてくださっている事に本当に感謝いたします。殺人ワクチンのお話を聴いていると憤りを感じます。ワクチンによって体の中で大変な事が起こってしまうと考えると、(自分は新型ワクチンは接種していませんが)気分が悪くなるような感覚がしました。訴訟を起こしても、勝訴できるとは限りません。でも、多くの方に知っていただき、気付いていただくために声を上げることは本当に重要なのだと思いました。講演の後に美容院へ行ったら隣で髪を切ってもらっている方が「母がワクチンを打ってから、腕が痛くなって未だに腕が上がらない」と話されていました。それって薬害なんじゃないの?と思いました。由井先生がご講演の中で仰っていたように、排他的な思いではなく、愛を持って、みんなが声を上げる必要があるのだと思いました。みんなが気付き始めているように感じます。マスク、もういらないんじゃないの?ワクチン意味ないどころか薬害なんじゃないの?ワクチンを推奨しているのはテレビと政府だけで、多くの有名大学の教授や専門家が反対しているのに、どうしてそこに耳を傾けないのか?不思議でなりません。由井先生のご講演はすべて聴かせていただいていますが、秋のお彼岸講演は特に大好きです。ダメな自分を認めて受け入れること。今の自分を許して愛してあげること。お釈迦様の言葉が心に響きました。ありがとうございました。

●感想遅くなりました。お彼岸に、また大切なことを教えていただけたと思っています。だいぶ信仰心も持てたと思っていましたが、お話を聞いて、私は、まだまだだなと感じました。とらこ先生もスタッフの方も、とらこ先生が出会った異国の方も、日々、いろいろと感じ考え、行動されている。私も、もっと努力しなければと心引き締まる想いでした。蟻の話も興味深く、私も蚊など目の敵にしていました。怒りがうつりますから気をつけないといけませんね。蜘蛛のために、毛糸を張ってあげるなど、私は、せっせとクモの巣をとのり除いたりしていましたから。虫といえども日々一生懸命生きているわけですから、無下に扱ってはいけないですね。スピリチュアルに走ったこともありましたが、キレイなことはおっしゃりますが、中身はドロドロの方もいらっしゃって、きれいごとだけでは、本物の光には出会えないのだなと思っています。みんなキラキラしたほうに行ってしまうのですが、汚いものをみてキレイになってもらえるよう、伝えていきたいです。峯入りのこともかなりお話されていて、あらためていろいろと振り返ることができました。ケースも最初のころを再度みることができて、こんなだったんだとお恥ずかしいかぎり。私でも成長しているものですね。とらこ先生を師として、日々過ごしてきたことで、こんなに成長できたこと、感謝でしかありません。私の霊性生活もまたまだ始まったばかり。これからもご指導いただけますよう、よろしくお願いいたします。

●南出弁護士と木原弁護士のような権威に忖度しない弁護士さんがいてくれることは救いです。心から感謝です。南出弁護士の「国民運動しないと世の中は動かない」という言葉は大事なメッセージだと強く感じました。主権は国民にあるのです。それを国民各自が理解しないと健全な日本にはなり得ません。木原弁護士が祖国再生同盟を立ち上げ参院選に出馬されていた際応援しておりました。政党登録されていたら私も投票したかったです。「ご先祖様が守って来てくださったこの国を再生させたい」という思いに同意します。DS支配にはうんざりです。由井先生のご講演はいつも、今の自分を顧みて今ここからどう歩んでいくかの指針を示してくださるのでなくてはならないものです。心乱される時、それは欲ではないのかと考えてみます。我欲ならば天の理の味方は得られない。そう、得られないものは真に必要ではないものですね。また、喜びは感情であり幸せと同義ではないということ。由井先生がいつもおっしゃる苦こそ神なり。苦しみをいただく時、苦しいけれど幸せだと思えることが幸せに気付くことになりますね。たくさんの人に聴いていただきたい講演でした。本当にありがとうございます。コングレスも楽しみです。

●南出弁護士、木原弁護士ありがとうございました。弁護士先生の大事な取り組みがわかりました。取り組みありがとうございました。ほんとうの宗教の意味、大切さ、よくわかりました。霊性生活をするごとく、いろんなことをそのために出来る限り時間を割いていこうと思いました。本物の修行に出会えるよう、努めていこうと思います。時間は命(貴重)、雑用などない(不要なことなどない)、ほんとうの一期一会、そのことを大切にしていきたいと思います。峰入りの外国人の話、言葉では表せません。神道の素晴らしさ、神道の心を持っている日本人の素晴らしさを改めて感じました。そして、仏様、仏教にも残っている。縁を探して、修行していけるようにしていきたいと思います。吉岡さんに怒りを感謝に変えようとする気持ち、見習いたいと思います。そして最後の殻を破る必要がある、自信を持つために、私にもあてはまると思いました。すべての時間が、修行、インチャ癒しと、霊性生活へのチェンジ、そこへ向かう姿勢、、修行の道への模索、自分の殻を霊性向上のためにやぶること、やっていこう、求めていこう、進めて行こうと思いました。寅子先生、本当にありがとうございました。

●数々の講演会の中でも、毎回このお彼岸講演をとても楽しみにしております。生かされていることを知り、神仏先祖様自然空気水すべてに感謝する心、また時間を大切にすることが信仰心。寅子先生の峯入りの話を聞いて自分の未熟足りない部分がまざまざと知らされいい気づきになりました。最近、人の感情に左右されたくない感情を乱されないような人になりたいと強く思っていて、その都度インチャ癒しをしていたのですが、先週相談会を受け選択されたレメディが霊性のサポートでした。ずっととりたいなと思っていたのと霊性を上げたいと考えていたので許可が下りた感じがしてとても嬉しかったです。寅子先生の導師様の奥様がクモの為に糸を張ってあげた話にビックリしましたが、行動だけではなく心でハチは危険な生き物・敵と思っているだけで相手も敵とみなし攻撃してくる話はなるほどと納得しました。一瞬刺されないように攻撃されないようにその考えはやめようと思いましたが、そうではなくすべてを受け入れないといけないのだと感じました。ワクチンも農薬もイルミナティもすべてを愛する、究極の悟りだと思います。そうなれるように私も日々精進いたします。

●この度もとても貴重な情報と悟りに向かうことの心の在り方をシェアーしていただき誠にありがとうございました。勇気ある弁護士さんのお声を聴くことができてとても嬉しかったです。また法律を扱っていらっしゃる弁護士さんにもどうにもならないことの事実を知ることができたり、選挙の経緯と現状、ワクチンの脅威が子供にもどんどん影響を及ぼしていること、児童相談所との絡み、祖国再生を願っての懸命な活動が魂に響きました。何とか力を合わせて利権に振り回されない、感謝で満たされたこの世での生活を送れるように自分でできることを尽くしたいと思いました。コングレスでも発表をしてくださることに感謝を申し上げます。また御嶽山霊性ツアーも深い学びをいただきました。負けを認めたことで霊性がぐんと高くなられたこと、諦めないこと!自分も理解力や今の時代に必要な能力が低いこと遅いことなど進めないことだらけの毎日ですが、諦めずに命ある限り与えられた課題に向き合っていこうと思いました。気付きをいただきましたことに深く感謝申し上げます。次回の霊性ツアーには是非参加したいです。合掌。

●南出先生、木原先生、寅子先生、貴重なお話をありがとうございました。一神教の家庭で育った私には、神様仏様のことを受け入れられるまでに三年程かかりました。まだまだほんの入り口ですが、三峰神社の御眷属様に守られて、毎日祝詞を唱えて暮らしています。大嫌いだった父のこともありがたいと思えるようになり、先日は、日光の輪王寺で父の供養に写経をして来ました。心の支えになる神様仏様のことを学校や家庭で教えてくれたら、心が軽くなり、自ら命をたつひとがいなくなると思います。聖路加病院の日野原先生の絵本で、いのち=時間とあり、その絵本を読んで以降、自分はどんなことにいのちを使うべきか考えさせられています。これ!と言う答えはなかなか出ないので、家庭や仕事で、日々、私のやるべきことを精一杯して、ダメな自分を認め、なるべく怒らないように穏やかに過ごせるようしていこうと思います。

●秋分の日の今日、前半はお二人の勇気ある弁護士さんのお話、そして後半は寅子先生の霊性を高める生き方についての講演を聴くことができまして本当に充実した一日となりました。私事ですが最近母が逝去しました。母の望みを叶えるため、また人間らしい死を迎えさせてあげるため、家族で話し合い、自宅での介護・看取りをしました。それは自然で安楽な死で、家族も納得のいく見送りができたと思います。四十九日の法要までの間、般若心経を上げて彼岸へ行けるよう供養したいと考えておりましたが、寅子先生が他にもいくつかお経を上げることを勧めて下さっていましたので是非実行したいと思いました。そして、この先は霊性の向上を目指して生きていきたいと思います。次回、霊性ツアーが企画される時は、是非参加させて頂きたいと思いますのでどうぞよろしくお願い致します。本日はありがとうございました。

●とらこ先生、秋のお彼岸講演ありがとうございました。とらこ先生の白装束のお姿をインスタグラムで見させて頂いたとき胸が熱くなりました。信仰心と宗教の説明をされてるのを聞きながら以前初春講演でホメオパシーは支持しているのに東京校の天照さまやお地蔵さまがおられるのを「宗教」と感じ態度が変わられた方がいたと姉が言っていました。心の安らぎを得る為にとらこ先生が色んなモノをかき集めてくださって来たんだなぁと この身の苦しみを少しづつおろす方法を教えて頂き信じ必死で降ろせて来た年月を振り返っています。日本人がここまで病んでいるのを憂いておられどこまでも希望の光が射すモノを探し進んでおられるとらこ先生に感謝申し上げます。ありがとうございます。

●冒頭で南出・木原両弁護士のお話しがありましたが、今の日本にお二人のような弁護士さんがいらっしゃったことに希望を感じ、感動致しました。それから、今回、アリが人の意識に反応するというようなお話しがありましたが、納涼講演の時に蚊が霊性の低いところを刺し、また悲しみや空虚さや拒絶の感情を痒みで癒してくれているとのこと。それを伺って、蚊や虫はありがたい存在なんだという思いに真に至れたからなのか、それ以来、蚊が飛んできて体に止まるようなことが多々あっても全く刺されなくなり、意識が変わることの重要性をひしひしと感じておりました。寅子先生の講演はいつも自然と意識変容をもたらしてくれるので、毎回ありがたく拝聴しています。

●昨日は仕事があり視聴が遅くなってしまいましたが、配信してくださったおかげでみられました。ありがとうございました。真実の弁護士さんの訴え、とても心が揺さぶられました。由井先生のまわりにこのような正義感あふれる方々が集ってこられるというのは心強く、素晴らしいことだと思います。もっと詳しくお話を聞きたいと思いました。由井先生の仏教の総本山の解説、アリのお話、とても好きでした。1日遅れでもあり、朝から母と大げんかのインチャまるだしの自分でしたが、自分自身を反省して、昨晩の台風の大雨の後の晴天の日に見られたことに心から感謝申し上げます。

●貴重な講演をありがとうございました。弁護士の先生方の深い愛にとても感銘を受けました。国民が真実に目覚め先生が支持され平和な世の中になるよう祈り応援していきたいと思います。寅子先生の言葉にありましたどんな状況でも乱れる事がなく全てを許し、愛すること、を目標に少しずつでも努力をし変わっていけるよう努め時間を大切にその時々を大切に今を一生懸命生きたいと思います。また宗教、信仰心についても詳しくありがとうございました。生きる意味をわすれず魂を強くするためにも信仰心が必要なのですね、尊敬と感謝を持ち続けたいと思います。

●お彼岸講演、由井先生の貴重なお話に頭が下がります。言葉のひとつひとつに涙が出そうになりました。新しいサポートチンクチャーをとって、好転反応で身体も心も揺さぶられながら、自分を掘り下げて癒し、手放す作業を続ける機会をいただいている最中です。このお彼岸に、親とひとつ距離を縮めることが出来たり、子どもと距離を縮めることが出来たり、自力では解決できなかったことが、ひとつひとつ自然と解決できて、ご先祖様の存在、ご神仏様の存在を感じ、ありがたい思いです。日々大切に生きていたいと思います。ありがとうございました。

●ことばで言うのは容易いことですが、愛に生きることはほんとうに難しい。蟻や蜘蛛をも大切にすること等、身近な人や家族・親を大切に出来ない、わたし自身を粗末に扱うわたしには遠い遠い道です。空回りしてぐるぐる同じところを歩いている。けれど、それに自分が気づいたとき、ほんのちょっとでも高まる。そう信じます。道だから。寅子先生を師として歩みます。利他・感謝・謙虚を心します。お彼岸の中日にこのお話を聴くことができたことに感謝します。寅子先生ありがとうございました。皆さま、ありがとうございました。

●ワクチン反対にすべてをかけて動いてくれる弁護士がいることを知り心強く感じました。こういう方々と手を組み、反対派の数を大きくしていくことが大切だなと感じました。とらこ先生の蟻の話、白菊を持った女性の話も心に響きました。腫瘍のケースもそうですが、自分の至らなさを認めることの大切さ、また悪い気持ちが他のものに伝播するということもあるから普段から気をつけなくては、と思いました。毎度思いますが、やはりインチャ癒やしと信仰心は大切ですね。見終わって心洗われた感じです。

●南出喜久治弁護士と木原弁護士のご活躍には頭が下がる思いで、SNSもフォローしてます。私たちが目指すべきは、自由を奪い痛みを与え恐怖や罪悪感や分断を煽るような超非生存的なやり方で真っ当な未来に向かっていける訳が無いってことに気づくこと。非ワクの本質は免疫力の凄さと喜びに目覚めよう!ってこと。真の敵はワク派でも非ワクでも無い。そこで翻弄されないようしないと誰かの目論み通りの方向に向かわされてしまうかもしれませんので真髄からずれないよういつも心がけています。

●お彼岸の講演は何度も、聴いてきましたが今日は今までと違い、ご先祖様に感謝の気持ちとありがたいという気持ちがいっぱいになりました。南出、木原両弁護士の話は聴くことができて良かったです。野口英世は、今日まで英雄と信じておりました。人の最後はそのひとの尊厳を保ちながら亡くなることが大切とありました。高齢の両親が頭に浮かび、深く考える良い機会となりました。今日も、素晴らしい講演をありがとうございました。

●お彼岸講演ありがとうございました。宗教についての間違った解釈を改めることができました。お金儲けのための偶像崇拝が主だと思っていました・・・。仏教の教え、本来は良いものなのですね。感謝が足りないと自覚してから、日常のありがたいことに氣づけるようになってきました。しかしながら、まだまだ、まだまだ・・・感謝することはたくさん。これからも精進は続きます。続けます。氣づきと教えを、ありがとうございました。

●貴重な講演ありがとうございました。信仰心がどうして大切ななのかインナーチャイルド癒しが必要なのか少しわかったような気がします。ダメな自分を認めて許してありのままに生きるためにその作業を助けてくれるものとしてサポートチンクチャ—をもっと気軽に生活に取り入れていこうと思いました。コロナ感染症のことも霊性を上げることでかかりにくくなる体にしていきたいです。本日はありがとうございました。

●お彼岸の日の講演をありがとうございました。イギリスに住んでいると日本にいる時の様に、季節ごとの行事がないので、お彼岸の事を忘れがちになってしまうのですが、そのような中で日本人としてお彼岸の講演を聞けたことはとても嬉しかったです。今日のお話を聞いてやはり心のよりどころとして、信仰心を持つという事は大事だなと感じました。そして当たり前である日常生活にも感謝です。

●寅子先生、貴重なお話をありがとうございました。苦しくてたまらないなか、ホメオパシーに出会った頃のことを想い出しました。最近私は、土を触っていると、すごくホッとするというか、そのままのあなたでいいんだよと言われている感覚になります。お寺や山も同じですね。いつも自然の恩恵をたっぷりと受けているということを心に留めて生きていきます。

●貴重な話が聞けて良かったです。弁護士さんのお話の中で私の知らない話もあり参考になりました。お二人ともお話が分かりやすく良かったです。お二人のような方が増えたらよいのにと思いました。とらこ先生のお話はいやされます。何故か・・・今の自分が聞きたい話にピッタリでした。こうゆうことがよくあります。もう一度視聴したいと思います。

●今日の由井先生のお話、私は感動しました。今まで、「人はなぜ生きるのか?」ということを深く考えもせずにいました。神仏になるために生きているんだよ!霊性向上のために生きているんだよ!という言葉が心に響きました。お話の言葉の一つ一つに言霊が感じられました。良いお話を聞くことができました。感謝!です。ありがとうございました。

●貴重なお話、ありがとうございました。宗教について、信仰心の大切さなど、大変わかりやすくありがたかったです。実際のケースをあげていただいたので、よりわかりやすかったです。頭でわかるより、これから日々の生活に落としこんで実践していくことが大事と思いますので、まずは毎日大切に、生かされていることを忘れずに生きます。

●今回もどうもありがとうございました。感謝の気持ちの大切さは、日々講演会、セミナーで教えていただきました。自分の感情が先に立ってしまい、感謝の気持ちが隠れてしまうことも多くなってしまいますが、改めて感謝について考えることができました。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

●とらこ先生でさえまだ成長途上だとおっしゃるその謙虚さを学ばないといけないと思いました。これまでのお彼岸講演よりさらに深いメッセージがあったように感じました。もっともっとインチャを癒し、感謝の心を持ちお続けたいと思いました。本日はありがとうございました。

●寅子先生、ほんとうにありがとうござました。寅子先生を師と仰ぎ、講演で感じたこと、伝わってきたことを大事にして、考え、霊性生活に努めていこうと思います。(できうる限り)、そのために行動、修行、癒しをしていこうと思います。宜しくお願い致します。

●素晴らしい講演を有難うございました。早速、シェディング対策のマザーチンクチャーを購入しました。症例で紹介くださった膵臓のマザーチンクチャーも購入し、体調管理に役立てます。この度も本当に有難う御座います。今後共宜しくお願い致します。

●延長配信、ありがとうございました。信仰心の大切さが再認識できるので、このような講演を聞くことができることに感謝の気持ちになります。(忘れてしまうので、くり返し聴くことが大切ですね)由井先生、いつもありがとうございます。

●様々な氣付きが散りばめられた、心に深く響く講演会でした。自分や家族を重ねながら、繰り返し視聴させていただきました。この貴重な機会、関わられた皆様に、心より感謝申し上げます。また拝聴できます日を心待ちにしております。

●ありがとうございました。ついつい自分の外側に原因を見つけて怒りを感じ、自分をみることを避けている自分がいますが、保身の強い自分に気付かせてくれる人々、出来事に感謝し、自分の弱さを受け入れていこうと思います。

●素晴らしい、心ある弁護士さんをみました。日本には多くの医師、弁護士がいるのに、どうしても声が上げられない理由があるんだと思います。若者にこそ、本物を見てほしい。と思いました。

●ありがとうございました。お彼岸にふさわしいお話でした。毎回良いお話を伺え感謝です。無宗教の方も目覚める日が早く来る事を願います。南出弁護士、木原弁護士の活動を応援します。

●とらこ先生の高尾山でのお話、とても考えさせられました。いつもありがとうございます。

●本日はどうもありがとうございました。冒頭の南出弁護士、木原弁護士のお話しは大変参考になります。事実を知ってもなかなか行動できない弱さが自分の中にありますが、このようなお話を聞けたことが微力ながら原動力につながるように思いました。由井先生のお話し、前半はコロナに関する情報でしたが、後半の高尾山、膵臓に腫瘍がある方のケース等を聞きながら、いろいろ思うところがありました。その辺のことをぼんやり考えながら聞いていたら突然「私は人から強制されることが嫌だったのか…」というインチャがあった事に気付かされたのですが、そう思ったきっかけは、心のどこかで、ホメオパスは信仰心を持たなくてはならないのだと(半ば)強制されているかのように捉えていたこと、そしてその部分に強く反発していたんだと思います。その後由井先生も「私は人にコントロールされることが嫌だった」とおっしゃっているのを聞いて二度驚きましたが、それでも、由井先生が今日の講義で、ご自身の心内をありのままにお話しくださったからこそ、自分を省みるスイッチが入ったのではないかと…。今日はリアルタイムで受講出来て本当に良かったです。DoreiやSomatsuをとってさらに揺すってみます。心に染み入る講義を、どうもありがとうございました!

●改めて、寅子先生であっても修行の途上なのだということがお話を通じて分かりました。蟻をはらう行為や、吉岡さんのスズメバチを退治したいという考えも当たり前のように思いますが、導師様のお考えではそれすらも愛が足りていないというのは、なかなか悟りに至るには遠いものだと思いました。それとは関係ないですが、母が前頭葉に脳梗塞の疑いがあると先日診断結果が出ましてどうしたものかと考えていたのですが、冒頭で話されていた血栓(?)をお造りになったということで、発売を心待ちにしております。

●感動のセミナーでした。長年の疑問も解消された内容が含まれていて腑に落ちました。寅子先生、本当にありがとうございました。どんな出来事にも与えられていることと感謝し、受け取れるようにはまだまだ未熟な私ですが、寅子先生のお言葉一つ一つがご導師からいただいたものと思えます。医療現場にいた時から、時は命なり、と常々心に置いていました。自分の中のインチャにも感謝しながら、日々、一瞬一瞬を大切に生きていきたいです。ありがとうございました。

●南出弁護士と木原弁護士のお話は、とても興味深くコングレスが楽しみです。南出先生の著書も読んでみようかと思います。寅子先生の高尾山でのエピソードや女性のケースをを拝聴して、自分自身の過去の出来事や関わった人たちのことを思いだしました。自分自身のインナーチャイルドを見つめる良い機会になりました。ありがとうございました。

●先生のアリの話が面白かったです。導師様という言葉をよく使われていましたが、実在の人間だったのですね。神仏かと思っていました。

●大きなアリを手で払ったら、カルマが生じて、小さいアリを食べてしまった導師の解説が興味深ったです。もっと知りたくなりました。

●お彼岸講演何度聞いたことでしょう。けれど、自分のインチャを受け入れるまでは、きちんと講演の内容が入ってくることはなく、僻んだり、諦めてたり・・・。そのような時間が長かった。自分の弱いところを受け入れ、許し、やっと寅子先生の言葉が素直に入ってくるようになりました。私は長い間「根無し草」状態で、我欲が強く勝ち取っていくことしか考えていなかった目の前の人を負かす。それしかなかったように思いますましてや、ご神仏様へ手を合わせることもは、「恥ずかしいこと」「弱い者」がすることと刷込み・思い込み過ごしてきました。弱音を吐けずにいると「自分を信じる」こともできなくなりますね。内観とは弱い部分・醜い部分・情けない部分を認め許してあげること。とても辛い作業と思っていましたが、隠そうと繕っても、周囲の人にはばれていることも分かり、そのことの方が情けない姿であり、潔く受け取り、感謝することの方が良い事にもきづかされました。潔く受け取ることで、心も軽くなり、周囲も笑顔になることも体験することができました。本日の講演内容をもう一度自分の中に落とし、日々の生活に生かしていきたいと思います今日はありがとうございました。

●南出先生や木原弁護士のご活動は知っていましたが、講演などは初めて聞きました。私も先生方の活動に関心があったので良いお話が聞ける機会に恵まれうれしかったです。訴訟だけではなく、国民運動の必要性もとても感じるので私なりにできることを活動しようと思っています。由井先生のお着物が、とても素敵でした!袖から見える黄色と赤のコントラストが花瓶に活けたヒガンバナの色とマッチしていてとてもきれいでした。お着物の美しさをまじまじと感じました。看取りのお話が私には印象的でした。職業柄、人の死について考えることも多いのですが、最後はその人らしく尊厳をもって亡くなるという事を大切に考えていきたいと思いました。今日も素晴らしいご講義、ありがとうございました。

●お父様を亡くした方の話は、自分も母親を最近亡くしたので、感慨深かった。やはりもう少し何かできなかったか?と時々思うが、かといって、いつまでもくよくよしているわけでもないのは、チンキやレメディの効果でしょうか? 人の臨終に立ち合い、不思議な感じ。母親が肉体を捨てて、新たな旅たちをして嬉々として、魂が自由に動きまわっているように感じる。今日はどこまでいったか?と思ったりする。講演会の感想とは少しかけ離れているが、以上のようなことを思い、母親のことを良い人で人生を楽しみ、体を使い切って旅立って行ったなと思いました。ありがとうございました。

※本日のおもてなし

・豊受自然林 めぐみ茶
https://mall.toyouke.com/index.php/product/771
・冷凍あんぱん https://mall.toyouke.com/index.php/product/2217


●児童相談所の事実を、もっと多くの人に知ってもらいたいです。司法国家なのに信じられません。今回の参院選は支持したい立候補者の方が初めていました。でも、無所属で悔しくも落選しました。いままで投票したいひとは皆無で消去法でしたが、今回はワクチン反対など事実を訴える、投票したいと思える候補者がいるのがうれしく思いました。ただ、確かに衆院選のときなら、もっとよかった、と思いました。私も怒りが多く溜まっている様子で、今回の免疫グレートで沢山出てきました。まだまだ溜まっていそうです。今日も実り多い講演をありがとうございました。

●深すぎる内容の講演でした。型にはまりたくないという自分をあえて型にはめ修行する。凄いなと思いました。自分らしく生きるとは、自分勝手になることではない。他人の痛みが分かるようになり寄り添うことができるようになる。おかしいことはおかしいと意思表示して、自分の意志はしっかりと持ち生きる。肉体から離れて魂だけの存在になる時に、この人生で良かったと思えるように日々精進していきたいです。いつも導いてくださるとらこ先生に感謝いたします。本日も素晴らしい講演ありがとうございました。

●由井先生の心にぐさぐさ突き刺さるお話は、私のつまらんプライドが邪魔をして素直に入ってこない、子供の頃は素直だったはずなのにおかしいなあ。いつの間にかインチャまみれになってたんですね。由井先生の話を何回も何度も聞いて咀嚼して自分の栄養にしたいのよ。内観の大切さ、道はまだまだ長いです。 ありがとうございます。豊受野菜おいしそうにカブ丸かじりしてたりレストランで御馳走食べてる、うう、おひるごはんそろそろ食べます。

●今日は自宅で視聴させていただきました。いつもながらにご自身の全てをさらけ出してお話しして下さる寅子先生のお話はとても有難く染み入るものがありました。また、ご自身のケースを発表してくださった方のお話の中で、病気を受け入れたときが治癒なんだという言葉が深く残っています。自分の欲に負けないよう、これからも粛々と活動をしていこうと気持ち新たに思いました。ありがとうございました。

●ワクチンについて、そして世の中のコロナについての考え方が早く改まるよう願っています。南出先生、木原先生、ありがとうございました、これからもよろしくお願いいたします。信仰がいかに大切かということ、認識いたしました。私は登山はしたことがなく初心者ですが、次の機会には御嶽山の登山に参加したいと思います、よろしくお願いいたします。貴重な講演をありがとうございました。

●とらこ先生の話を始め、今日も心に響く話を聴く事ができ感謝です。南出・木原弁護士、豊受の吉岡さん、すい臓腫瘍のAさん、皆さんそれぞれやっていることは異なりますが目の前の事に真撃に取り組んでいて、行動しているという姿に私も行動しようと思いました。そのうえでとらこ先生のことばの一つ一つが支えになります。いつもありがとうございます。

●2人の弁護士の方のお話始めてお聞きしました。野口英世のお話や木原先生の国を思う心に感動しました。とらこ先生のお話は、いつお聞きしてもその時に必要なメッセージを受け取ることができて有難くお聞きすることができました。先生と一緒に山を登る、なんだか憧れますがまずは自分に集中しなければありがとうございました

●南出弁護士、木原弁護士の説明はとてもわかりやすく、是非多くの方々に聞いてほしいと思いました。寅子先生のお話を聞くと、いつもトゲトゲした心がすっきりときれいになったような気がします。私も霊性を高められるよう、もっと頑張ります。どうもありがとうございました。

●ありがとうございました。日頃の生活が当たり前に慣れ、生かされている事の感謝を忘れてしまいます。改めて自分の境遇、健康に感謝です。日本の危機が危ぶまれている恐怖はありますが、正しく判断し冷静に見極める心を持っていたい。

●秋分の日にいろいろな 深いお話を聞けて良かったです。その中でも、はっとした、神人合一が、生きる目的というお話は、絶対忘れないようにしようと思いました。講演を視聴させていただけて感謝です。ありがとうございました。

●寅子先生、ありがとうございました。今日の講演はとても私の心に響きました。ケースの段階からのもうメモを取るのをやめて、手を合わせていました。是非是非シニアの登山に連れていっていただきたいと思います。

●本日も充実した講義をありがとうございました。一期一会のこの機会を大切に学んでいきたいと思います。寅子先生のコロナ関係のお話も楽しみにしています。よろしくお願いいたします。

●寅子先生、今日も素晴らしい講演をありがとうございました。2時間半の間にたくさんの大切な教えが詰まっていました。親の死を看取ったホメオパスの話ではそうすることで魂のホメオパスになる、自分の尊厳を保ちながら死んでいくことが大事ときいて、自分も同じ経験をしたのでたくさん涙がでました。父の選択も自分の経験も間違っていなかったあの経験はありがたいことだったと改めて思う事ができました。どんな状況でも受け入れて、幸せと感じられるのが大事という話です。これから来るかもしれない危機も、その中でいかに幸せと思えるのか?が大事で神仏に近づくために人類に必要な出来事かもしれないと思えるようになりました。

●本年も霊性の上がる「秋のお彼岸」講演をありがとうございました。ホメオパシーの勉強と合わせて、信仰心が大切と常々教えてくださるとらこ先生が、さらに誤解を恐れず「宗教」「神人合一」日本人として大切な魂の基本をお話ししてくださった貴重なご講演だと思いました。ちょうどホメオパシー相談会の事前報告をまとめていた中で、とらこ先生のおっしゃる「お布施」の考えが浮かび、私にとっては理不尽な相手や出来事でもお布施と思えば許せるだろうかと思案していたのです。まだ、自分の怒りや憎しみやダメな自分を認めるところ止まりで、感謝には至らないのですが、今日とらこ先生のお話しを聴くことができて、清々しい心となれて良かったです。

●南出弁護士と木原弁護士の20分ずつの講演を企画していただいてありがとうございました。魂に響きました。自分のツイッターでも今日の講演やお二人の弁護士の方を紹介していきたいです。とらこ先生の本日のお彼岸講演、すべてが響きました。自分に与えられた状況を打破しよう、とか、よりよくするために変えていこう!と努力するとき、あれ?もしかしたら、私、その状況をいやがっていたのかもしれません!あれれ!ちょっとありがたく受け取る、というワンクッションを入れてみようと思いました。なんだか目からウロコです。ありがたいです。というか、色々なことを良くするのに、とにかく感謝だけでいいのかもしれないですね。おもしろいです。今日、来て良かったです。とらこ先生、皆様、いつもどうもありがとうございます!ここに居れて、本当にうれしいです。感謝します☆

●高尾山登拝の話をうかがい、30年近く前に屋久島で縄文杉を見に行ったことを思い出しました。早朝に1人で出発し、急に不安になりましたが、一歩一歩踏みしめ自分の内側と語り合いながら登ったら、全てと一つになれた感覚を持てて安心感に包まれとても幸せな時を過ごせました。緑を感じる山にまた登ってみたいなと思います。怒りと憎しみは腫瘍になるのはもっともだと思います。でも私は10代、20代の頃、恐ろしい程の怒りの感情、憎しみの感情に支配されていましたが、がんになることはありませんでした(小さな腫瘍はありましたが)。私は表現力が弱いので腫瘍という形あるものを表出する力も弱かったのかもしれないと思いました。

●今日は仕事も休みになったので、最初は、オンラインで拝聴しようかと思ったのですが、せっかく来れる時間が出来たので、学校に足を運ぼうと決めたのですが、昨日が夜遅くまで残業になり体力的には大変でしたが来ると決めたのでと思って頑張ってやってきました。やはり、今日のお話を先生から直接お聞きしてエネルギーをいただいた時間となりました。親や人の命をみとることの大切さ、小さいアリなどにまお思いを向けること、など本当になるほどと思いました。小バエが増えて薬剤はおいていましたが、いても命があるのだな、と気にしないようにしていました。私も高尾山に一度登ってみようと思いました。

●寅子先生今日も今日も素晴らしい講演会をありがとうございました。お話を聴いているうちに、心が軽くなりほっとし心地良さを実感し、あ~幸せな時間だな!と強く感じる自分に気がつきました。秋分の日にふさわしいお話しでご先祖様に手をあわせ、心をあわせる気持ちをおかげさまで今この一瞬また新たにすることができました。弁護士の南出先生、木原先生の勇気ある行動に感銘を受けました。日本はまだ大丈夫!と思えました。素晴らしいお話ありがとうございました。

●今日は親戚(義理のおじ)の仏事があります。昨年1回目のワクチンを打った後、それまではとても元気だったのが、あれよあれよと変になり、亡くなったのがおとといです。急に痴呆になり、身体も動かなくなって施設に入り、家族と会えないまま遺体で家に戻ってきました。いろいろ思うことのたくさんあったこのコロナ騒動です。このコロナによって人生が変化した人はとても多いと思います。そこから何を体験していくのか、意識して生きていくのか、考えあることの多い日々です。ありがとうございました。

●努力義務であるはずのコロナウイルスワクチン接種が実質義務になっている現状に大きな危機感を感じた。こういった状況の中で、正しい情報や知識を得て、自分にとって最善となる生き方や行動を行っていくことが今後ますます重要になってくると思いました。彼岸の話:高尾山の峯入りでのエピソード(出会った人、お釈迦様の話と阿蘇の話)で、信仰心は感謝から生まれ、幸福感も感謝から生まれることを改めて認識することができました。

●お彼岸だけに仏教のお話も聞けて参考になりました。とら子先生が訪れた色々なお寺や神社が紹介されて、ほぼすべて知らない所ばかりだったので、こんな所があるのかと思いました。また、先生と大アリのバトルのエピソードが面白かったです。自宅のベランダ菜園にどこから来たのか、アリがいっぱいいますが、彼らがいてくれる意味もわかりました。一方、昨夜シャワーを浴びていたら、なんとゴ〇〇リがでてきて、思わずお湯をかけてしまったのですが、いつかゴ〇〇リの霊的見解もお聞きしたいです。この一見、みにくく見える生き物とそれに遭遇する自分の関係もしりたいです。あんパン、お茶もおいしくいただきました。ありがとうございました。

●途中からの出席失礼いたしました。いつもはインターネットで拝見していましたが、生は良かったです。先生の表情を近くで感じながら心にひびきました。先生でもまだ道の途中とおっしゃられていて、こんな自分でも一歩ふみ出していっていいんだと勇気をいただきました。また、いい子にならないよう自分を見つめていきたいです。このような機会をくださり、あんパンとお茶もおいしくありがとうございました。吉岡さんお米作りありがとうございます。楽しみにしています。

●お彼岸講演に相応しい内容で、深く感銘を受けました。”時間は命、雑用などない”という言葉に深く共感します。ホメオパシーと出会い、学生として学びはじめ、毎朝般若心経・祝詞を唱える事で、お話のひとつひとつが深く心にしみわたることを実感します。生きるとは常に死を考える事、自分自身だけでなく、親を含めたご先祖や大切な人、知人の生を見つめる時も常に自分の尊厳を守り、生かされた命を生き切るということを意識していきたいと思います。

●本日、講演に参加させていただきまして、心より感謝のひと時でございました。生かされていること、信仰心の大切さ、心を乱れず幸せを感じる悟りへの道は物事を受け入れ、許し、愛する全てを愛するという大切なことを生の講義で教えていただきました。小さなことに心乱されない、自分の欲、自我のあるインチャと向き合うことだと再認識させていただいた思いです。time is lifeで少しでも神仏に近づけるよう、霊性を向上出来たらと思います。ありがとうございました。

●とらこ先生にお会いできたことが何よりの幸せをいただきました。吉岡さんのVTR、アリのお話から自然はすばらしいと改めて感じました。私も自然が大好き、虫も大好き、けれど嫌いな虫はつぶしていました~(泣き顔)人生の中で自分をかき乱してくれるものがお布施とは、ありがたい教え、いつか心から受け入れられたらと思います。いつもライブでお話を伺っていましたが、対面は、体感できありがたかったです(ハートマーク)

●新興宗教ではない宗教がまだあることを教えて頂き、とても有難かったです。すべての宗教が「ニセモノ」「金儲け」あと思っていたので敬遠していましたが、近々足を運びたいと思いました。まだまだ湧いてくるネガティブな感情に右往左往してますが、リアクションせず、この感情を感じる意味考えるようにしています。今のところそのことに何か意味があるかはわかりませんが、「神仏様」を感じられるようになりたいと思います。

●ワクチン中止する為に行動して下さっている弁護士の先生がいることを知り嬉しく思いました。今日の寅子先生の講演も心にひびくすばらしい内容でした。一瞬一瞬を大切に苦しい事にひるむことなくありがたいと思い生きていけるよう頑張っていこうと思えるよう先生から元気のパワーをいただきました。ありがとうございました。

●負けを認めて、受け入れられる大切さを教えて頂けました。弁護士の先生方も尊い行いをされているなあと思います。参政党と協力して、選挙も自然農も行って頂けたら素晴らしいと思います。実物のとらこ先生は動画よりおきれいでした。ありがとうございました。もみを各種買わせて頂いて植えたいです。

●スピリチュアル事に要注意との話、おもしろく拝聴致しました。世の中本来、うれしい楽しいしかない年といい、インチャいやしをさまたげるような側面もあると考えさせられました。また由井先生の大アリをはじいたが小アリを大アリが殺す結果になったというお話より心のあり方がいかに大切かを知りました。ありがとうございます。

●久しぶりにCHhom東京校へライブで参加しました。最近はほとんど自宅視聴でした。リアルで知り合いに会えるのもうれしかったです。引きこもりだったかもしれないと思いました。とらこ先生の講演、かなり直接聞けるのは内容もバイブレーションも感じて気持ち良くなりました。ありがとうございました。

●すばらしいお彼岸の講演をありがとうございました。とても心にひびきました。インナーチャイルドいやし、信仰心をまたあらたにすすめたいと思います。本当にありがとうございました。

●自分を見つめる作業が怖くて、なかなかできませんが、少しずつでもできるようにと思っています。寅子先生に出会っていなければ今の私はいないし、先生との出会いに感謝しています。あんぱんがとても優しく、心も体も癒されました。

●ありがとうございました。日々どんな時でも感謝の気持ちを持って過ごしていきます。受け入れることも大事!素直な気持ちで生きていく!!

●南出弁護士、木原弁護士の活動につて、伺えてよかったです。

●ワクチン接種をすすめていかないよう法的に活動してくれている弁護士先生がいらっしゃることに感謝申し上げます。国家レベルでワクチン接種をすすめている国家権力い対して異議を唱える勇気に頭が下がります。強い者に正しい意見をぶつけることは大切なことだと思います。私もそうしたいと思います。とらこ先生が高尾山の仏舎利おいてお釈迦様に菊のお花をお捧げしている行為を見られて一日24時間、感謝の心で生きていくこと、「時は命たり」一瞬一瞬が大事な時である、自分の命があることに日々大切にして生きていこうと思います。日々の出来事に対して受けれることの勇気、とくに失敗した時にその自分を許すことが素直になっていきたいと思っています。ありがとうございました。

●お彼岸講演ありがとうございました。南出先生、木原先生のおお話を聞いて、ワクチン接種に対する思いを、共感しました。どうせ変わらないんだろうと思う気持ちと、変わって欲しい気持ちが入り混じり第三者的な見方でいました。先生方の活動は、すごく大事な事なのでがんばっていただきたい。寅子先生の講演も、日頃の寅子先生の考えがきけてよかったです。アリの話についても、全てはつながっているなと、感じました。触れるだけで、寅子先生の想いが伝わっているというのは、とても新たな発見でした。

●以前より、活動を知り、「すごいな、勇気をもらえるな」と思っていた南出、木原弁護士だから直接お話しをうかがえて、とてもよかったです。ワクチンと児童相談所の問題がつながると大変なことになる というお話は聞いていて、ぞっとしました。私の家族が大丈夫だったららいい、という問題ではないと、と本当にそうだと思いました。一部の勇気ある方に任せるばかりでなく、自分ももっと動いていかないと、と思いました。ありがとうございました。

●南出弁護士、木原弁護士から直接お話しをうかがえたこと、お二人にお礼申し上げます。さまざまな情報があふれ、先の選挙でも情報戦だなと感じていました。今日改めて知ったこともあり、冷静に世の中を見つめて対処していかなればいけないと改めて思いました。とらこ先生のお話は毎回とても深く考えさせられますが、今回は特に”感謝”について深くお話をうかがうことができ、しばらく日々の生活の中で、ふとした時に内観しつつ、少しずつ消化していきたいと思います。ありがとうございました。

●今日も貴重な講演をありがとうございます。南出弁護士さんから、私が以前他の方から聞いていて「それってホント?!」と思っていた野口英世氏のことが聞けてよかったです。木原弁護士さんには「なぜ参政党で出馬されなかったのですか?」という疑問があったのですが、その答えを聞けてよかったです。とらこ先生、スタッフの皆様、今日もありがとうございます。

●紹介を頂き、今回、初めて参加致しました。お彼岸の日だったのも、ご縁だと感じました。元々、神仏を大事に考え、日々過ごしているのですが、再確認できた事、初めて見聞きした事、両方あり、良かったです冒頭の弁護士の方によるお話にも改めて考えさせられました。日々せわしく過ごす中で、いろんな気付きや再確認のきっかけを頂き、ありがとうございます。

●今回も素晴らしい講演会をありがとうございました。ワクチン訴訟問題からお彼岸の宗教について、相談ケースまで大変盛りだくさんの内容を感謝して拝聴しました。峯入りの件が取り上げられ、Aさんのケースの始めから拝聴できたこと、努力してインナーチャイルドを癒し、霊性を上げられた上での峯入りの様子など、大変感動しました。今日はクライアントさんと共に由井寅子先生の人となり、この素晴らしい学校、豊受の食事が出来たことをうれしく思います。ありがとうございました。

●南出弁護士、木原弁護士の真実の信念に基づいた、勇気ある活動に対して深く敬意を感じました。本当に”人権(生命)”を大切にする、とかかげているのに、それによく似たこと... そこら中になります。私自身も、職業を失うことにつながる、ということがわかっていて、足踏みしている状況なので、人のことを批難できません。でもあきらめてる訳ではなく、真実・良心に従って生きたいと思っています。

●心ある弁護士の方がいることを知り、感動しました!応援していこうと思います。こういう最新情報を常に発信して下さるホメオパシーセンタにも感謝です。

●とらこ先生のご自分の経験に引き寄せて皆のテーマを話してくださるのがとても良かったです。涙と笑いが心を開いてくれました。

●嫌な事はお布施という言葉が心に響きました。