【講演会レポート】プレコングレス「ZENホメオパシー 自然な生き方でがんを乗り越える」寅子先生、酒向先生、高宮先生、工藤先生、増田先生 東京校ライブ

本日はコングレス直前プレイベントとして「ZENホメオパシー、自然な生き方でがんを乗り越える」が開催され、現代医師からの癌治療の現状、がんサバイバーの体験談、ホメオパスとしての癌の症例発表、寅子先生による「がんを乗り越える」特別講演と様々な切り口でのイベントとなりました。

酒向猛医師
 【医師として癌と癌治療についての考察】
現代医学の医師からの最前線の癌治療の現状や、がん剤の歴史とロックフェラー財団との関係のお話はショッキングな内容であり、会場を驚かせました。

高宮義和ホメオパス
 【体験談 10年前に自身が患った精巣腫瘍】
自身が体験した癌の経験を包み隠さずお話頂きました。
自分自身を虐めて苦しめた結果、精巣腫瘍が発症しましたが、
亡くなったお父さんからの「生き方、考え方が間違っているんだよ」
というメッセージを受け取り、この苦しみの中で得られた気付きは
「癌は恐ろしいものでない」という、勇気を与えるような発表でした。

増田敬子ホメオパス
 【体験談 神様からのギフト】
今まで語られなかった増田先生自身の体験談。
自身の人生をふりかえり涙ながらに思いの内を語られました。
寅子先生の相談会を受け、自分の中に優秀インチャがあったことに気づき、
そして増田先生が感銘を受けた「がんが自然に治る生き方」を
実践する中でその後再発、転移なしの検査結果となりました。
「今を生きる」「癌は神様からのギフトだった」と大切なことをお伝え頂きました。

工藤聖子ホメオパス
 【末期がんの父を看取ったご自身の体験談】
お父さんの看取りと、自身のインナーチャイルドと向き合った体験談。
「勝たねばいけない」というこれまでの生き方から「負けてもいいんだ」と自分を許し癌を受け入れるようにというアドバイスをした寅子先生の相談会がお父さんの心の救済になりました。
「自らの命を通して、私にたくさんのことを教えてくれて、成長の機会をくれた父と父の癌に、心から感謝しています。」体験談を通して皆様に大切なメッセージを贈っていただきました

松尾JPHMA会長
「ホメオパシーから見た癌の見解」として
 50代男性の肺がんの治癒ケースを紹介しました。
JPHMA会長でもある松尾ホメオパスには多くのガン患者を抱えていらっしゃいます。
松尾先生の経験の発表はホメオパシーの可能性を十二分に示していただけました。

最後を飾る寅子先生の発表では、癌の霊的見解について、癌の意味をお話しました。
本音を押し殺して粗末に生きて来たことや、乱れた感情をインチャ癒しせずに抑圧して来たことが癌を作り、それでも癌は「愛されたい」というインチャがあることを教えてくれているということでした。
即ちインチャを癒して行く事、抑圧した感情を解放する事、自然な生き方をして行く事など癌から学ぶものが多くあるという事が伝えられました。
その他に、天火明命が教えてくれたというRutaの霊的見解やRutaが癌細胞におけるテロメラーゼ酵素活性によるテロメアの修復・再生を防いだケース、癌治療の有効性を持つカンナビノイドとEchiの可能性など、癌と真菌の関係など、多岐に渡る興味深いお話の数々を紹介されました。
さらに深く対策と症例、食と農業について、続きはコングレスで発表するとのことです。

今回の講演は皆様から心を開いて話して頂いた、本当に貴重な機会になったと思います。
発表者の皆様、本日はありがとうございました。

 

【会場参加者アンケート】

●祖父母をガンで亡くして、ガンは怖いものという意識がずっとありましたが、ホメオパシーに出会って、ガンや病気はありがたいもの、と捉え方が変わってきたことは人生を有意義に生きる上でもとてもよかったと思っています。今日は実体験した先生方のお話しを拝聴し、ガンがもたらす恩恵の大きさに感動と感謝あふれる時間でした。真の解決に向けた、由井先生の終わりなき探追によってテロメフとルータの見解、霊的見解はお聞きできたことに感謝ですし、先生方のお話しのように、私も体験者の方にお伝えしていきます。また自らも、自分を粗末にしたことや積み上げたカルマを払うことに取り組み愛の人生を送りたいと思います。

●皆さまの貴重なガンに関するお話を聴けたことが、大変ありがたかった。冒頭の酒向先生のお話で、なぜ現在の「化学療法」「放射線療法」が幅をきかせているのか、の理由というか、背景が見えてきて驚いた。大好きな増田先生、貴重なお話をして下さってどうもありがとうございました。工藤ホメオパスの話も高宮ホメオパスの話も、本当にいちいち心に響きました。今日は、一本映画を見終わったあとのような感動の気持ちでいっぱいです。松尾先生の話されたガンの完治のリアルなケースの話。さいごにKali-sだけになっちゃった、という話が、とてもおもしろかった。そんなことがホメオパシーって可能なんですね。とらこ先生のルータや利他心の話、天火明命のお話、伝えて下さってどうもありがとうございます。カルクフォスを持っていないので、帰りに駅前のショップで買って帰ろうと思います。プレコングレスのイベントを開催していただき、どうもありがとうございました。来週のコングレス!!とってもとっても楽しみにしています☆

●本日も素晴らしい講演を有難うございまいた。先に、先日の由井先生のお彼岸の講演のお礼を申し上げたいと思います。9/26(日)に祖母が亡くなりました。認知症で施設に入っていたのでホメオパシーなどはできませんでしたが、家で祈ることはできました。最後は胃がんだったそうです。今日の癌の症例や見解を聞いていて、祖母の今までの生活や考え方、インチャなどを思いだしていました。人生で起こる一つ一つを「善い悪い」ではなく、その根底にある本当の意味や神様の意図を考え、感じとられるようになりたいと思いました。

●今日も素晴らしい講演会を開催して下さり本当にありがとうございました。どの先生のお話もご自身が経験された実体験を元に得た気付きをシェアして下さり、心・魂に響き胸がいっぱいになりました。ご自身やご家族の癌という経験を公の場でシェアすると言う事は大きな葛藤と苦しみともう一度向き合うことを伴うとても大変な作業だと思います。利他の心でお話をしてくださった先生方に心から感謝申し上げます。酒向先生のユーモアたっぷりのお話も興味深くとても勉強になりました。とらこ先生に教えていただいた癌の霊的見解も深く、貴重な智恵を教えていただき感謝申し上げます。来週のコングレスがすごく楽しみになりました。

●今日は沖縄から大阪校へ参加させていただきました。ありがとうございました。先生方皆さまの発表がとても素晴らしく、心に響きました。ホメオパシーで癌治療をしたいとこが亡くなりちょうど一年になり、増田先生が闘病されたのを知り、涙が止まりませんでした。いとこの死によってホメオパスとして決意を新たに日々クライアントさんと向き合っています。今日の講義にLiveで参加できてとても勉強になりました。

●ホメオパスの方々のご自身の体験談を聞かせていただいてとても感動しました。今日も有難うございます。とても感謝しています。とらこ先生、スタッフの方々有難うございます。

●大きな男性の臓器への自然な生き方参考になった。癌の腫瘍の大きさの変化タイムラインは役に立つと考えられる。苦しまんでもカルマは払えたのですね。

●体験談に基づいた皆さんの発表、とても良かったです。インチャを癒してガンにならない様な生き方をしたいです。重曹?次回の寅子先生のお話し、楽しみです。

●ありがとうございました。来週のコングレスが楽しみになりました。私の回りでワクチンを打った人が鼻血などの出血が多くなったり、採血の針の後の止血が出来ず、出血が続く人が多くなっいますので、コングレスにすごく期待しています。

●いつもオンラインで視聴させていただいていました。今日は、はじめてリアルでうかがいました。時間がなくて途中で失礼しますが、とても感動するお話ばかりでした。ありがとうございました。

●今日はついに秘密だったRutaの見解聴けたーと思いました。学校のEランがやばいので、もうセミナーに行ってられないと思いましたが、メールを見て今日行きたいと思い、来て良かったです。ライブの授業は無くなりましたが、授業を受けているようで楽しかったです。先生方の発表 心を打つものがありました(涙)。来るとその人から感じるものがあると思いました。ありがとうございました。

●動物にもインチャはあるのでしょうか?今年5月に血管肉腫で亡くした愛犬も自分に愛されていない「愛されたい」と思っていたのか?助けてやれなかったのが くやしくてたまらない。

【自宅受講者アンケート】

●「癌は、私たちを助けるためにある。」という言葉は、重く深い言葉だと思います。この世的価値観ではなく、霊的価値観からの言葉だとも思います。また、実際に癌を患ったり、その家族であったりすることは、当事者でなければ本当のところは理解できないと思います。その意味でも今回のプレコングレスは、意味のある大切なものであったと感じます。ここでのお話を聴いた後でも、軽々理解できたとは言えません。これまでの自分の人生の経験も踏まえて想像力をめぐらし、ただただ理解する努力をするだけです。35年ほど前に伊豆の三宅島に一人で旅行に行ったことがありました。1983年の噴火後の2年ほど経った時でした。帰りのフェリーを待つ間だいぶ時間があったので、近くのお土産屋さんに立ち寄りよりました。そこのご主人と話す中で、数年前の噴火の話になり、その時の私は噴火の想像はできたものの、あまりにも大きな出来事であったためか、そこに感情的なものが乗ってこなかったこともあり、「私には被災されたときの本当のことは、わからないでしょうね。」と応えました。そのご主人は、「わかったなんて言われたら腹が立つよ。自分の家が溶岩にのみ込まれて、焼かれるのを船の上から見ていた時の気持ちは、当事者じゃないとわからないよ。」と言われました。本当にそうだと思いました。話を聴いて想像をしても、その時の当事者の体験は、客観的に映画を見ている時のようなものではなく、その体験から押し寄せる感情や体感、免疫系から神経系・循環器系等々すべてに影響するはずですから、理解しつくすことなどできないと思います。ただ、同じような経験をした方は、そこに一歩近づけるかもしれませんが。酒向先生のお話で、日本とアメリカの癌による死亡者数が年々開いてきており、日本は増加の一途とのこと。その原因を私たち日本人は考えなくてはならないと思いました。松尾先生のケースは、いつもながら明快でした。実践する上での道しるべになるケースで、ありがたく思います。寅子先生のお話では、癌の霊的見解が示されました。特に今回のお話では、「テロメア」の大切さがわかりました。また、「真菌を制覇するものが重曹」とのこと。次回コングレスでの教えを心待ちにしています。今回の皆さんのお話を聴いて、そのお話を自分の中で今も反芻しています。今回のプレコングレスでの発表者の方々に感謝いたします。ありがとうございました。

●本当に奥深いセミナーをありがとうございました。高宮先生がゆっくり話される姿が新鮮でした。以前、インチャ癒しでの寄り添い方を教えていただき、視点がさらに深まりました。ご自身の経験の深さだと再認識しました。本当に感謝しています。日常の忙しさ、ご夫婦、お子様との関係を話していただき、嬉しいです。増田先生が年々、優しさが増していかれる所以を垣間見た気がしました。立場上、元気でなければならない。インチャセラピストとしても陥りやすいポイントだと思います。本当にお話、ありがとうございました。渡邊店長さんの部分は見逃すわけにはいきません。商品の説明がわかりやすく魅力が伝わります。購入の参考になります。工藤ホメオパスさんの深い体験を短い時間で話していただく姿は毎回ながら感動です。寒い北海道の大変さをご存知だからこそ、急いで身近に転居することを選ばれたと思いますが、常日頃から真剣に生きていらっしゃるから深い部分で急がれたのだと思いました。おっしゃる通り、息子さんにとっても深い日々になったと思います。松尾敬子先生のお話で、癌は増えているのは、生きたく無い人が増えているからかなぁと思いました。命の大切さを、心の大切さを忘れ、人任せにしてしまっていると思います。私自身、ホメオパシーに出会い、インチャ癒しに出会ったからこそ日々ありがたく過ごせていると感謝しています。松尾先生のユニークな視点に出会うたびにセラピストとして私自身が元気でいることの大切さを感じます。由井寅子先生のお話、本当に響きます。インチャ癒しをするごとに深いものが出てくる感じがしています。コングレスに東京まで行けるのが嬉しいです。本当に深い深いお話、ありがとうございました。

●本日は、たくさんのお話をありがとうございました。酒向先生の「抗がん剤の成り立ち」は、全く知りませんでした。複雑ですね。本当に知らないことがいっぱいです。短絡的に目に見えていることのみにとらわれていてはだめだとつくづく思いました。松尾先生はいつもすごいなと思い、とてもついていけないのですが、検査数値を提示してくださるので、改善がよくわかります。長期間に渡っての経過からは、その時々の変化がありその対応もあり、決してあきらめることはないのだ希望をもってよいのだと思いました。寅子先生の霊的見解のお話、自分を大事にすること・愛されないインチャを癒していくこと、ルータやエキネシアのお話ありがとうございました。重曹については、次回を楽しみにしています。高宮先生、増田先生、工藤先生のご自身の体験談は、心に響きました。私も、膀胱や腹痛、咳や目、アレルギーなどの悩みがありますが、今までの辛かったことが思い出されました。また高齢の家族を抱えて本人達にとって何が最善なのかも考えることが多くなってきています。心はいろいろな思いでいっぱいになりました。本日は、涙が幾度も流れました。また研修会等でのお話、どうぞよろしくお願い致します。ありがとうございました。

●約10年前に私の父はがんが2度発症しその後肺炎で亡くなりました。ずっと父の治療方法に対しての後悔と自分自身もがんになるのではないかという不安から、少しでも知識を得たいと思い今回の講演会に申し込みました。父の職場にはアスベストが使用されていたらしく、同じ職場の人は肺がんになる人が多かったそうです。手術のおかげで5年ほど延命することができました。その後胃にも転移が見つかりましたが、片肺での呼吸が浅く麻酔がかけられないため父の意思で自然療法でやっていく事になりましたが途中から指導者の人と連絡が取れなくなりました。その後父は受け入れる病院を見つけるのにも困ってしまっていました。結局受け入れてくれた病院の担当医師から放射線治療を拒んだりしたので嫌味を言われながら何とか診ていただきました。その後も病院側の治療で疑問が残りました。私がもっと早くホメオパスに出会えていたら、父の苦しみを少しでも軽くすることができたのに。その事が本当に無念です。西洋医学、ホメオパスなどの壁が無くなり、患者さんにとって最良の方法で治療出来る世の中になってくれたらと願います。講演会ではたくさんの体験談や症例を聴かせていただき、本当にありがとうございました。

●今回のプレコングレス、本当に参加してよかったと思いました。発表者の中に増田先生もいらっしゃり、自分自身の癌についての発表と言うことで驚きました。解剖生理学を講義されている増田先生はいつも明るくて、学生の身としましてはいつもパワーをいただいていました。でも、乳癌を患っていてきっと不安で辛い日々だったと思いますが、弱音を見せまいと気を張って頑張っていらっしゃったのでしょうね。増田先生の涙がずんと心に響き、ホメオパシー の勉強にもっと本気で向かい合って行こうと思いました。私も父を癌で亡くしており、あの時ああすればよかった、しなきゃよかったと数々の後悔や反省はありますが、あの時はあれで自分の中では精一杯のことをしていたと思い返し、先生方がおっしゃるように、過去への後悔や未来への不安の中に生きるのではなく、今にフォーカスして自分がやれることをコツコツとやっていきたいと思います。インチャ癒しが癌には必要、罪悪感と自己否定が全ての病気の元、自分のニーズを大切にするなどの言葉が心に残りました。それぞれの先生方のレメディの処方も勉強になりました。ありがとうございました。

●発表者の皆様それぞれに、経験されたことが感じられたことなど、全てとても重要な内容ばかりで真剣に拝聴させていただきました。半年前よりホメオパシーの相談会に行かせていただいておりますが、今の私も半年よりホメオパシーにご縁がすることがなければ、癌になっていただろう・・・と、講座を聞いている内に感じられました。以前の私は、優秀であらねばならない、そうでないと評価されないなどのインナーチャイルドに支配され、本当に自分を粗末にし、無理ばっかりしていました。(3人兄弟の長女に生まれ私も愛されたいインチャが山盛りあります)まだホメオパシーを知ることができたばかりですが、万が一これから何かの病気や症状が出てきたとしても、絶望することなくゆっくり排出していきたいと思えるようになりました。また今回インナーチャイルドセラピスト養成コースを受講させていただける機会を得ましたので、今まで頑張りすぎてきた、大事に出来なかった自分のインナーチャイルドを癒してあげたいと思います。いつも大切な動画を視聴させていただき、ありがとうございます。来週のコングレスも楽しみにしております。

●本日も、深い内容の講義をありがとうございました。まず、酒向先生のお話から、化学療法の裏側を教えていただき、大変勉強になりました(マスタードガスの成り立ちや、ローズ、ロックフェラーのこと、化学療法の怖さなど)。また、高宮先生、増田先生、工藤先生の体験談では、詳細な状況までお話いただき、いろいろな感情が揺さぶられました。「病気は神因」、今の生き方や考え方が間違っていると知らせてくれる病気に感謝しようと思いました。工藤先生のお父様との闘病のお話は、自分の父と重なり、涙が溢れました。松尾先生のお話は私には少し難しかったですが、いろいろと勉強になりました。とら子先生の霊的見解のご説明で、がんになる人の霊的特性がわかり、自分に当てはまるところがたくさんあったので、インチャ癒しをしなければと改めて思いました。怒りをあらわにしないことがよいと思っていましたが、怒りはその都度発散した方がいいのですね。テロメアやがんがカビであることも初めて知り、大変勉強になりました。来週のコングレスでもっとお話しいただけるとのことですので、楽しみにしています。

●「ZENホメオパシー、自然な生き方でがんを乗り越える」ありがとうございました。それぞれの発表 とても良かったです。家族が がんの告知をされるのは「赤紙」が来たようだと ずっと感じていました。「がん赤紙」は老若男女問わず 来ます。うちにも来ました。母と姉、本人達がどのように感じたのか 聞けずじまいでした。がんと向き合って それぞれの気付きをお話くださって 私の足りなかった気付きの部分が埋まりました。とらこ先生が ホメオパシーでできる事やがんの現れた意味を噛み砕いてお話いただいた事で 私の中の がんへのトラウマが薄れていっているように感じます。化学物質過敏症になり 身の回りでしんどくなる物の安全データシートを取り寄せると 発がん性物質となっているものが多いです。これらが安全な物になっていけば日本人のがんは確実に減ると思っています。皆さんの経験知を共有させて頂き 賢く楽しくこの人生を生きていきたいです。ありがとうございました。

●今回のテーマ「自然な生き方でがんを乗りこえる」は心身と魂を三位一体と捉えて、調和させることが自然な生き方であることを再度確認することができました。寅子先生の(癌の霊的見解)は心身と魂は繋がっていることが理解できれば、容易に受け入れられます。ハーネマンをはじめ、海外の著名な先生方の文献を参考に処方され、マテリアメディカを駆使してレメディーを絞り込んでいく、松尾先生の力量には今回も感銘を受けました。解説もとても丁寧で分かりやすかったです。ご自身の癌の体験を講演された高宮先生、増田先生に敬意と感謝をお伝えしたいです。また、お父様を亡くされた工藤オメオパスの悲しみや葛藤にとても共感しました。酒向先生によると、日本は癌が増えているとのこと。これから、ホメオパスの出番がきっと増えていくと感じました。本日、参加できましたこと、たいへんありがとうございました。

●配信があるお陰で自分や家族の用事を済ませながら2日がかりで全部見ることができました。コロナのおかげに感謝します。自身の体験に向き合って自分を開いて表現された内容はとても心に響きます。神さまじゃないから完璧ではなくて、だからこそクライアントさんに共鳴・共感し、親身になれるんですね。トラコ先生の歩行困難な様子を木曽御嶽山でご一緒して改めて感じた時もこのように思いました。必要なんだなと。ありがとうございました。松尾先生のKali-s. の説明、どこに書いてあるんだろう?とすぐにいろいろ確かめました。そうしたら参考文献に出ていなかった「子供のための生命組織塩」にしっかり書かれています。なるほど、こんな風にクライアントさんへの処方について探して確かめているんだと分かり、ミネラルの勉強にこの本の良さを再認識しました。ありがとうございました。

●「がんは治る病気」「もうがんは怖くない」と言われますが、現実は二人に一人ががんにかかる時代。そしてその症状や治療の辛さを見聞きすれば、恐怖と不安を抱かずにはいられません。CMではがん保険を盛んに勧めていますし・・・。西洋医学のがん治療ではがんと戦って、散々苦しい思いをして亡くなる方が後をたちません。そこには霊的な視点が欠けており、人間が肉体だけの存在ではないということを患者も医者ももっと理解すれば、たとえ辛い治療の最中であっても、そこには深い気づきと安寧が得られるのではないかと感じます。でもなにより、ホメオパシーをとりいれてがんに罹りにくい生き方をすること。万が一罹っても全身全霊で自分を癒すことが大事だと思いました。本日は大変有意義な時間を過ごすことができました。ありがとうございました。

●今日はプレコングレスで癌がテーマというとても興味深いものでした。人の死因が老若男女とも癌で亡くなる方が多いいとはいつも感じておりました。人はなぜ癌になるのか、病気と向き合い自分に気付くということ。代謝医療を行う者として、現代医療とのバランスをどのようにとっていくかなど工藤ホメオパスがおっしゃっていたようにホメオパスとして難しいところだと私も同感の思いでした。ホメオパスとしてはなるべく薬を取らないや、いらない手術は避けてほしいなどと思うことがありますが、それも自分のエゴだとわかりました。来週のコングレスはこの続きを発表されるとのこと、とても楽しみにしております。

●ありがとうございました。ガンにも、ホメオパシーで様々対策が出来ること、本当にありがたいと思い、これからも一所懸命勉強していきたいと思います。私は、2011年のファミリーホメオパスの時代から増田先生には内容の濃い授業で大変お世話になっています、プロフェッショナルコースにて2回も休学をしながら、やっと今年3年生に進めました。増田先生お辛い状況の中でも素晴らしい授業で教鞭を奮ってくださったこと、心より尊敬の意と深い感謝を申し上げたく存じます。私も、慢性的な症状を抱えていますが、精一杯今日のこの日を喜んで生きていきます。これからよろしくお願いいたします。感謝

●それぞれの貴重なお話を聞かせていただけて、とてもありがたかったです。久々の酒向先生の酒向節は特に懐かしかったです!午前中に聞いた話を、さっそく午後のクライアントさんに話させていただきました。ここのところあまり講座など参加できていませんでしたが、常に皆さんの話を聞き、ブラッシュアップしていくことは大事だなぁ、とあらためて、そして久々に活を入れてもらった気分でした。来週のコングレスもできる限り時間をやりくりして、参加したいと思っています。今週来週と関わっておられる皆さん、大変かと思いますが、よろしくお願いします。いつもありがとうございます。

●とても濃い内容でした。私も両親をがんで亡くしているので、身につまされました。できる限りのことをしてきたつもりですが、もっとできたことがあったのではと思ったりもします。父とは分かり合えないところが多かったので、心残りはあります。インチャを癒していたら、状況が変わってきたのかなとも思いますが、今こそ癒して両親に感謝の気持ちを素直にもてたらと思い、また、自分を愛していくために受講を決意しました。両親と同じ考え方を修正し、私はがんにならないようにできることは実行していきたいと思います。コングレスも楽しみにしています。本日はありがとうございました。

●夫が癌治療をしたことで、気づきのある講演会でした。夫の父亡き後に癌が見つかったのですが、父が守ってくれたのだと感謝し偲ぶ時間を持ちました。大難が小難となり病気はありながらも幸せな日々が過ごせているのは、ご先祖様や神様の守り導きのおかげと思っています。夫がこの講演を聴くことで、難しいけれど、両親との関係を見つめることが必要なんだと心にとめてみると話してくれました。これはすごいことです。彼岸の講演に引き続き、霊性の向上について深く考えさせられています。今週末のコングレスでもどう胸がうずくかと楽しみにしております。ありがとうございました。

●ホメオパスご自身の貴重な体験談をありがとうございました。私はガンではなく子宮筋腫と卵巣のう腫でしたが、手術と言われたとき、やはり頭の中が真っ白になりました。ガンは病状としては更に重いわけですから、そのショックは如何ばかりかとお察し申し上げます。お父様の看取りもお辛かったと存じますが、きっとご本人はお心はお幸せで天に召されたのではと存じます。由井先生のお話もですが、今日は心のあり方というものを深く学ばせていただいたように思います。どうもありがとうございました。1週間後のコングレスも楽しみにしております。

●ますますコングレスが楽しみになってきました。Eランでビデオでしかきいたことなかった酒向先生のお話しが聞けてうれしかったです。今は金銭的に難しいので、毎週のようにある配信を楽しみにしています。いろんな形で何度もホメオパシーのお話しを聞いているうちに、然ホメオパシーを学ぶとできるようになることはどんなことなのか、ホメオパシーの真髄に触れている気持ちになることがあります。子どもたちが独立したらコースに参加するのを楽しみに、今は祝詞心経を唱えたり本を読んだりしています。いつも学びをありがとうございます。

●今日は全ての皆様の発表が素晴らしく、参加できて幸せでした。がんは厄介な病でもあるかもしれませんが、私たちに生き方や大切なものなど、さまざまな気づきを与えてくれるものでもあると感じました。松尾先生のレメディの選択のあざやかさには感嘆しましたし、寅子先生のお話も大切な情報ばかりで、来週のコングレスがますます楽しみになりました。酒向先生のお話もよくまとまっていてわかりやすく、もっといろいろお聞きしたいと思いました。有意義な時間を誠にありがとうございました。

●増田先生のチンパンジーの話は、そうか、と思いました。人間はそこにないものまで認知しようとする。そんな必要は全く無いよな!今を生きればいいんだと、とても、サッパリしました。トラ子先生の病気の大元は、インチャである。と、いうことを改めて教えてくださり、感情の抑圧をしないように、流していけるように意識して生活していこうと思います。この様なお話しを無料で聴けることに感謝したいと思います。ありがとうございました。

●ご自身や家族の癌の体験を通して、苦しい中でも様々に学んでいく姿が素晴らしかったです。希望を持てました。自然に沿ったホメオパシー療法、インチャ癒しをしているから出来ることだと感じました。松尾先生のケースは、ホメオパシーってこんなことが出来るんだ!と驚きました。寅子先生のルータとエキネシアの解説もとても興味深かったです。ありがとうございました。コングレスも楽しみにしております。

●癌に関してのお話だっただけに内容も重く 癌を経験された皆様の心中計り知れない思いがおありになったと胸が詰まる思いでした。ホメオパシーをやっていてもやはり癌と聞けば頭が真っ白になってしまうのも当然のことだと思います。現代医療の検査との協力なくしては治癒には導けないということも登壇の方々の言葉から痛感致しました。またインチャ癒しも癌治療には欠かせないものだとも痛感しました。

●本日はこのような機会を頂戴しありがとうございました。復習をするために視聴させていただきました。酒向先生、松尾先生、高宮先生、聖子先生、そして、由井先生。貴重なお話をいただきありがとうございました。たくさんメモをとりました。今後の、相談会で役立てていきたいと思います。来週のコングレスも参加させていただきます。よろしくお願いいたします。

●授業とは違う増田先生のお話しに驚きました。実際に癌にかかられた体験は、とても心をうつものがありました。以前から息子さんの話は出てくるのに娘さんのはなく、何となく気にかかっていました。他の方もテーマが癌だけあって、みなそれぞれ心をうつものがありました。そして、由井先生の中身の濃いお話が圧巻でした。ありがとうございました。

●今年、乳がんの化学療法後施術をしました。まだ副作用の強い服薬の抗がん剤とホルモン治療が続くので、主治医に抗がん剤をやめる話をします。改めて感情の抑圧の解決と優秀インチャの癒しは大事だと再認識しました。本日はとても為になる配信ありがとうございました! 残りの人生、本当に自分のやりたいことをやって生きます。

●素晴らしい発表に感動いたしました。増田先生、工藤先生のお話は涙涙で、そのときのお辛いお気持ちなど理解できました。ホメオパシーと西洋医学 両方を使うということも、良いなと思いました。感想はうまく書けませんが、ホメオパシーは素晴らしいし、その一員でいられる私は幸せです。ありがとうございました。

●とても貴重なお話をどうもありがとうございました。貴重な実体験や、抗がん剤の歴史、治癒していく過程などのお話が伺え、とてもありがたかったです。決して語りたくはないであろうご自身の体験談をお話しくださり、心を打たれました。インチャ癒しの大切さを改めて認識しました。どうもありがとうございました。

●子供の頃の記憶。みんな何かしら出てくるんだなと感じています。私は人の気を引いてしまうらしく度々、変な感覚に襲われていました。今回の講演を視聴してあらためて想いが巡りました。不思議だな?と感心してしまうほどです。輪廻の世界観、よく分からないですが時折、降りてくるのかもしれませんね。

●とてもいい学びになりました。本当にありがとうございました。自宅で自分の時間で無料で学習させて頂けて本当に感謝しています。メモが間に合わない時は一時停止してメモができるし聞き流したら巻き戻して何度でも聞くことができてうれしい限りです。今後も多くを学び続けていきたいと思います。

●どのお話も、とても興味深く拝聴しました。特に増田先生は、授業の中ではがんであったことは微塵も感じさせませんでしたので、とても驚きました。我々にお話しすることこそがインチャの解放であるということ、そのことに深く感銘しました。シェアしていただけたことに感謝いたします。

●両親、妹と癌で亡くなっているので、私は健康について関心が高く、ホメオパシーにも興味を持ちました。私自身、ホメオパシーに対する理解、知識を深めさせて頂き、家族と共に元気で暮らしたいと思っています。とても勉強になりました。今日もありがとうございました。

●素晴らしい内容でした。癌治療の現場に始まり、具体的な取り組みのご報告、癌へ至る精神の持ち方や身体の反応及びメカニズム、対処の仕方。どれをとっても参考になることばかりでした。いつもありがとうございます。コングレンスも楽しみにしております。

●それぞれの過去や癌の自身の経験等を、大勢の中で発表して下さった勇気にまず感謝です。そして必ずインチャについて語られていること。これによって多くの方が気づきを与えらえた事でしょう。素晴らしかったです。来週のコングレスを楽しみにしています。

●盛りだくさんの内容で、とても勉強になりました。ルータの蒸留水を飲みだしてから、体を動かしたくなり運動をよくするようになりました。そういうことだったのか!と驚きました。植物の底知れぬパワーに感動しています。

●増田先生の乳がんとの向き合い方 とても参考になりました。自分を好きになれるよう、病気と友達になり、病気に敬意を持ち日々向き合っていきたいとプレコングレス拝見しながら感じました。ありがとうございました。

●今日は貴重なお話をありがとうございました。特に自身の癌の体験談を話してくださり、ありがとうございました。色々なものを癒して、日々生活をしてまいりたいと思いました。来週のコングレスも楽しみにしています。

●松尾先生も仰っていましたが、全ての発表が染みる内容で、またとても勉強になる内容で、本当に良かったです。オンラインなので、介護の合間にタブレットで見ることが出来、とてもありがたいです。

●素晴らしい体験談、症例や貴重なお話をシェアしてくださってありがとうございました。多くの選択肢の中で、ホメオパシーももっと広く伝わるといいと改めて感じさせていただきました。

●どの発表も素晴らしく、とても参考になりました。周りにいまところは、ガンのひとはいませんが、これから生きていくうえでも、参考になる話でした。ありがとうございました。

●素晴らしい講演会をありがとうございました。一日では見きれなかったので、配信を延長していだだいて本当にありがたいです。先生方のお話がありがたくて胸が一杯です。

●とても有意義な時間でした。増田先生のお話伺えて良かったです。工藤先生のお話では何故かずっと泣けました。コングレスも楽しみにしています。

●癌を身近に体験された講義を受けさせて頂き、癌に対する見識と理解が深まりました。様々な感動を与えて頂きまして、ありがとうございました。

●尊いお話をたくさん聞き、胸が一杯になりました。遅い時間まで配信してくださりありがとうございました。今日も魂に響きました。感謝します。

●貴重な体験談をお聞きする事が出来ました。がんへの不安が減りました。重そうの使い方、楽しみにしております。有難うございました。

●本日のプレコングレスは素晴らしい内容でした。ガンについて、もっと知らないといけませんね。ありがとうございました。

●ありがとうございました。大変勉強させていただきました。コングレスもよろしくお願いいたします。

●来週のコングレスがより楽しみになる内容でした。どうもありがとうございました。

●色々なお話が聞けて良かったです。今回もありがとうございました。

●平日視聴できるようにしてくださってありがとうございます。

●本日は先生方の貴重な体験をお聞きすることができました。それぞれとても心にしみるお話でした。私も最近山のようなインチャ、優秀インチャがふきだしてきて自分でおどろきました。トイレもがまんしていたり、息を止めるようにして記録したり酸素不足になるようなことが多かったこれまでの生活を思い出しました。運動不足もありもっとがん予防に注意を向けなければと思います。先日の別のセミナーでaburazemiのレメディーは介護する人がやめる人に優しくなれるとのことで高齢のの母親を介護しているひとに取ってもらい介護される母親にもともにとってもらったところおたがいの関係が少しよいようです。私自身もストレスでいらいらすることがあるので夫とふたりでとったところお互いがやさしく穏やかになりよいようです。本日はどうもありがとうございました。

●ホメオパシーは奥が深く一生かけて学び実践する必要があります。毎日欠かさず学び実践しています。今回の癌のケースを視聴しインナーチャイルド、マヤズム、根本体質、生活習慣等により酸欠、酸化、低体温、カビが常態化し癌を形成していくのが理解できました。多くの人たちの叡智と経験のおかげで少しづつ希望が見えてきています。感謝あるのみです。癌をなくす事が目的でなく、自分の生き方考え方を変え今この時を生きる大切さがわかりました。その結果癌が消滅していくのでしょう。

●本日は様々な症例を発表していただいた先生皆様ありがとうございました。病気は自分のインチャに気づくためにある。本当にそう思いました。頑張り過ぎて弱音を吐かずの乳がんの姉の本音、脳腫瘍の兄の本音、膀胱がんの姉の本音、山ほどのインチャを思いやることが出来ました。膀胱がんの姉は全摘手術とホメオパシーで良くなりました。たくさんの人にホメオパシーを知っていただいて自然に生ききってほしいと思いました。

●どの発表も素晴らしかったです。私の父も祖父も義母も癌の経験者です。3人とも幸い現代医学によって癌は克服しましたが、夫婦どちらかが癌になっているので二人に一人は癌、という確かだと思います。自分を含めて家族が癌になった時に、冷静に判断できるか分かりませんが、今日の講演を聴いて、自分と向き合い、自分を許し、インナーチャイルドを癒しながら、今を生きる力をもらいました。ありがとうございました。

●本日はとても貴重な講演会をありがとうございました。心震える数々の発表、とても胸が打たれました。特に体験者としての声は言葉の重みがあり、自分の事の様に聞いてしまい涙が止まりませんでした。同時に私にも似たようなインチャがあり、がん予防の一つにインチャ癒しという事も聞き真剣に取り組まなければと思いました。寅子先生の話ももっと聞きたかったので、9、10日のコングレス絶対に参加します。

●私は、自分が感情を抑圧する訓練を重ねてきたため、若いころ重病にかかり、それはそれは大変でした。当時よりはマシですが、いまでも感情を抑圧するのは得意技なため、超ガン体質なのを自覚しています。ですので、今回の講演を視聴して、次回のコングレスにも(内容が難しいとついていけないと思いますが)是非参加したくなりました。よろしくお願いします、体調を整えて楽しみに待っています。

●どの発表も心を打つものでした。特に、増田先生、ファミホメで、お世話になっていた時に手術をされていたと気づきびっくりしました。だから、授業の中でも、しきりに病院に行く事を勧めていたんだと納得しました。当時はホメオパシーをやっているのだから、病院は必要ないと思っていたので、不思議でしたが、今は、全てが必然でありがたいものだと理解出来ます。ありがとうございました

●癌という病は重要なテーマなので、興味深く見させていただきました。私自身、何人もの癌のクライアントさんをみてきましたが、うまくいく場合もあれば、いかない場合もありで、癌の難しさを実感してきています。そんな中で、今日の何人もの方の発表は示唆される点があり、来週のコングレスも引き続き、大きな関心を持って参加したいと思っております。ありがとうございました。

●ホメオパスの方々がご自身のありのままの体験談を話して下さる姿に涙が溢れました。手術や抗がん剤、放射線治療の選択は自分や家族が癌になったときとても悩むだろうなと思いました。癌にならないよう感情を出すこと自分を大切にすることが大事なのだなと改めて思いました。

●皆さん、濃い内容の素晴らしい発表でした。ホメオパシーの可能性に、さらに希望が持てました。ありがとうございました。コングレスも楽しみにしています。

●学びになりまた自らを顧みるとても素晴らしいイベントでした。酒向先生の抗ガン剤のルーツの講義はとても興味深い内容で、先生のお話は学生時代ぶりでしたが変わらずとてもウィットに富み決して飽きさせずもっとお聞きしたいほどでした。抗がん剤のルーツなんて、考えてもみなかったです。なるほど、ここにも、「陰謀論を信じやがるバカモノ」と声高に排除しようとする輩の意図が見て取れます。私の敬愛する増田先生の涙に私も涙を抑えられませんでした。私がCHで教わっているその時に、乳がんと向き合っておられたとは全く気が付かず・・いつも楽しくわかりやすい授業を丁寧にしてくださったその姿勢に改めてありがとうございますとお伝えしたいです。松尾先生が、Kali-sが根本レメディーだと発見するまでの10年という年月をかけられた今回のケース、それまでどれほどのご心労があったことだろうかと、本当に頭が下がります。高宮先生、工藤ホメオパスのご体験からも、自分を粗末にしない、自分を自分が支える・愛することの大切さを再認識させていただけました。そして、がんの霊的見解を惜しげもなく伝えてくださる由井先生、本当にありがとうございます。このご恩は、私が真摯にクライアントさんと向き合い、先生に教わった霊性向上の大切さを愛を持って伝え、でもそれがもし伝わらなくても自分を責めることなく、私が私を真に愛し寿命を全うすることですね。胸が苦しいです。みなさま、ありがとうございました。

●本日は大変密度の濃い充実した講演会をありがとうございました。個人的には増田先生、工藤ホメオパスの発表で10年前に在宅ホスピスでみとった父のことを思い出し涙涙で聞いておりました。肺癌だった父は見つかったときには脳転移もあり、残された時間を自宅で家族でみとっていい時間を過ごせたと思っている一方で、今の私だったらもっとこんなこともできたのにという正直悔やまれる気持ちも分の中にあったということに今回気づきました。工藤ホメオパスのお父様と過ごされた時間が私の場合と重なりもう一度自分を癒すことができました。また父の癌が見つかる2年前から私の娘が小学校を不登校となり父がとても心配していたことからどこかで私たち家族か心配をかけたために父は癌になったのではないかと自分を責めていました。でも増田先生のお話から癌は10年前から免疫を逸脱して大きくなっていたということを聞き、父もがんが見つかる10年前のさらに10年前くらいから徐々に大きくなっていたんだとわかったことでとてもほっとしている自分がいました。また一緒にたくさん涙を流せたこともとてもいいインチャ癒しになったと思います。苦しい体験をお話しいただき大変感謝いたします。ありがとうございました。

●実体験を踏まえた各先生方の講演、貴重な内容でした。ありがとうございました。確かに自分自身で病を得るのは大きな気づきと今後の指針になる出来事だと感じます。私も難病に直腸ガン手術により障害者となって様々と苦悩の日々でした。でも表面的には明るく前向きに歩んで来ており、人からは強い逞しいねと思われているようでした。私のインチャは愛されたいと叫んでいたのに・・我慢を重ねて病を得たとは内心分かっていたんですよね。4期インチャコースを学んでいる最中に直腸が破れて緊急手術になり、退院後に又学びながら、今の時期に必要な意味のある出来事だったのだと理解出来ました。とらこ先生の霊的見解に深く頷く自分がいます。もっと自分を愛し労ってインチャ癒しをしたいと心から思いました。いつも大切な気付きをありがとうございます。

●本日も、素晴らしい講演をありがとうございました。先生方のお話をうかがい、自分のことながら「ますます、インナーチャイルド癒しが必要である」と感じました。ご家族のガンのこと、ご自身のガンのこと、クライアントさんのケースなどを伺い、皆様、本当にお大変だったのだなと思います。お辛い体験、悲しい思いをお伝えしてくださったことで、そのお気持ちはきっと浄化されてゆくと思います。酒向先生の、抗がん剤についてのお話は興味深かったですし、松尾先生の、ガンのクライアントさんが治癒してゆくケースは圧巻でした。本日は由井先生のお話もなんだか軽快で、来週のコングレスが楽しみです。すばらしいお話を本当にありがとうございました。

●皆様の貴重な体験を聞けてとても勉強になりました。増田先生がいつも明るく教鞭をとってくださっていたのでガンを患っていらっしゃったのを聞いてとても驚きました。増田先生のように身体にもホメオパシーにも精通されてる方がやはり最終的にはインチャ癒しの必要性を感じられたというお話を聞いて、私自身も今まで、なんとなく必要、必要なのはわかってるがその内に、と思っていましたが、本当にしなければという思いになりました。寅子先生の最後のお話でありました、ルータとエキネシアも日常的にとっていきたいと思います。本当にありがとうございました。

●後半の工藤ホメオパスの話を聞いて札幌から船橋まで引っ越しとか病院変えるとか手続きだけでも大変なのに、両親のケアをする覚悟。そしてホメオパスとしてのあれやこれや、凄すぎです。泣く暇も作れず、泣くことを忘れて、そしてやっと泣けたときが心身共に楽になれた時なのかなと思いました。酒向先生の話も興味深く拝聴いたしましたミニパールハーバーて・・・。風光明媚なアドリア海でその様な事があったとは、戦争は破滅を生み出す。コングレス楽しみにしております。お疲れ様でした。皆々様発表有難うございます。

●私自身はがんを患ってはいませんが、親族にがんで亡くなった者が数名います。自分ががんになったとき、受け入れられるだろうか、どうするだろうかということを時に考えることがあります。ホメオパシーを実践していてもいざとなったら動揺するだろうなと想像します。今日はがんを患ったご本人、がん患者を見送った家族、ホメオパスとして相談にあたったケースなどいろいろな立場の発表者の体験を聞くことができ、とても参考になりました。がんを受け入れてどうするかを自分で選べるようになれたらと感じました。

●今日、オンライン参加するかどうか悩みました。癌という言葉に触れたくありませんでした。わたしの姉は白血病で、命が尽きようとしています。輸血、抗がん剤、放射線、全ての治療を受けて体はボロボロになり、それでも今この時間も頑張っています。姉はこの人生で良かったのか。魂はこの治療法を選んでいたのか。日々こんなことを考えていましたが、先生方のお話を聞いて、今を精いっぱい生きている姉を誇らしく思えるようになりました。参加できたことに感謝申し上げます。ありがとうございました。

●手術をするか、しないか?その決断は 本当に難しいなと感じます。最後は 本人の決断だとしても、それを受け入れる周りの人間は、後から その決断が正しかったのか、間違っていたのか、その選んだ選択によって 苦しむこともあるのだということを再確認しました。寅子先生や 松尾会長のように、揺るぎない レメディーの選択ができることは理想ですが、人の命や 心(インナーチャイルド)に向き合う ホメオパスの精神を学び、知識を増やし、これから精進したいと思います。ありがとうございました。

●たいいへんすばらしいセミナーありがとうございました。癌は、生き方の気づき、すばらしい体験発表と講義、感動ありがとうございました。この続きコングレスでしっかり聞こうと思います。本当にありがとうございました。インチャ癒し、信仰心を大事に、さらにしっかり、続けていこうと思いました。

●今日は、ご自分やご家族のがん体験がとても説得力がありました。やはり、インチャ癒しは、要でもあるが、松尾先生や寅子先生のなるほど納得のレメディーやチンクチャーで、とても心強い予防の英知を授かりました。ありがとうございました。

●とても勉強になりました。先生方の改善例を学べたことに感謝致します。ありがとうございました。

●どなたの発表も勉強になりました。ありがとうございました。

●本日の講義、たいへん素晴らしく拝聴しました。魂の込められた言葉は、心を揺さぶりますね。