【講義レポート】10/24 (土)プロフェッショナルコース CH8期・9期・10期スクーリング&公開講座 由井学長ライブ講義

本日は由井学長による「ホメオパシー病理 内分泌①」の授業が行われました。
松果体、視床下部、脳下垂体、甲状腺、胸腺の生理・病理学を学び、
それぞれの霊的な意味、チャクラやプラーナ管、クンダリーニとの関係を学びました。

「ホルモンによって私達の行動は決まり、オーラにも反映される。
内分泌は私達の使命を分泌するとも言えるし、私達はホルモンに支配されているともいえる。
しかし、私達は自分自身を内観し、行動パターンに気づき、意志の力で行動を変える事ができる。
ホルモンに支配されずに生きるためには、自分を内観し、自分を癒す必要がある。」

エネルギーが滞りチャクラや内分泌に影響が出る背景には心の問題があることが多いため、インナーチャイルド癒しや信仰心の重要性が説かれました。

各内分泌の解説では、学長ご自身の体験やクライアントの体験を交えて生き生きと語られた他、実際のケースが紹介されました。
クライアントの病理を把握した上でのZENホメオパシーによって劇的な改善に導かれることが明らかな内容で
学生の皆様も非常に刺激になり活性化されたようでした。

クライアントの方々の気づきは素晴らしく、心の在り方が変わりなぜこの病気になったのかを気づくことで
治癒に向かっていくというZENホメオパシーの真髄を心で理解することができた内容だったと思います。

聴講に来られた卒業生やeラーニングコースの方々、また午前中は公開講座に参加された方々など
非常に活気があり笑いと涙が溢れる生きた授業になりました。

【講義アンケート】
●今日もありがとうございました。何度も聞いているはずの内分泌のお話ですが、松果体、視床下部、脳下垂体、甲状腺、胸腺のそれぞれの機能をもう1度復習することができ、またそれぞれの霊的見解をまとめておききすることができ大変勉強になりました。寅子先生のお話は何度きいても、いつも新鮮で面白いです!!難しい所が多かったので、もう一度復習し、クライアントさんに還元できるようにしたいです!トドマツの蒸留水とてもおいしく、松果体が活性する感じがしました。スタッフの方々もずっとドアの外で待っていて下さって「どうぞー!!」のタイミングで一斉に出てきて、冷えたものを持ってきていただいてありがたかったです。ありがとうございました!

●いつも自宅視聴ですが、卒業までにとらこ先生の生授業受講できてよかったです。1,2年生の時の病理は全然頭に入らなかったのですが、ホメオパシー的病理はとても勉強になります。内分泌は学生相談の際に処方するのに、いまいち出し方がわからなかったのでとても参考になりました。しかし木村病にはどれを出せばよいかわかりません。来る前に次女が「とらこ先生のおかげでママもすごく変わったから、とらこ先生に感謝している」と伝えておいて!!と言って送りだしてくれました。帰国中は留守の間、家事をやってくれています。とてもありがたい事です。てんかんのケースの中で、せんせいが「狂犬病とてんかんの密接な関係がある」と言われていましたが、是非説明いただきたいです。よろしくお願いいたします。

●また、生命活動(=人生とも言える)の中枢をつかさどる松果体、視床下部、脳下垂体について学ぶことができました。現代に生まれてくる生命(子供達、私達)のいかに複雑な試練を背負わされて来ることか、改めて思い知った気持ちです。それを解きほぐし、治癒(元に戻す)できるホメオパシー、とらこ先生の愛ある三次元処方にただただ感じ入りました。3歳女児(てんかん)のケースも、まるで奇跡が起こったのかと思うほどでした。ホメオパシーを学ぶことができるご縁を有難く思うとともに、足がすくんだのも事実です。甲状腺のケースも然り…心と体と魂の問題。とらこ先生の占い師さんの予言…すごい話ですね。脳…。とらこ先生の図、とても興味深かったです。

●とらこ先生1日ありがとうございました。こうやってとらこ先生から直接授業を受けることができるのもあと少し。貴重な貴重な学びをいただきました。長時間でしたが、とてもありがたい貴重な機会でした。松果体、視床下部、副甲状腺、甲状腺、胸腺。今日授業を受けたら、今までケース見学で見させて頂いた方々がどうしてそうなっているのか、なるほどそうだったのかとよく理解できました。楽しい授業をありがとうございました。ケースでバセドウ病の男性の気づきが素晴らしかったです。

●内容は難しくて、ついていくのがたいへんでしたが、楽しかったです。松果体がたっととうもろこし一粒大にもかかわらずとても大切な臓器であることをていねいに講義していただき、自分の不せっせいを大いに反省しました。睡眠のたいせつさも改めて自覚しました。どれ一つ欠けても、生体を維持することはできないのですがホルモンの役割のたいせつさも実感しました。セミナーとは違ったパワフルな学長講義はとてもワクワクしました。ありがとうございました。

●今日は私にとってナイスタイミングな内容となりありがたかったです。先日のQXの授業の体験で脳と神経の疲労を指摘されました。理由は何だろうと考えていてもなかなか答えが出て来ませんでしたが、今日の授業で答えが見えてきました。いろいろ思い当たるふしがあります。頭も打ってますし。松果体、脳下垂体、視床下部などのレメディーも取ってみようと思います。また自分の内をもっと見つめ直さないとなと思いました。今日も一日たくさんの気付きをありがとうございました。

●内分泌の授業、大変分かり易かったです!!チャクラとの関係と絡めての説明やとらこ先生の深い理解ある解剖生理学の知識に脱帽です。どのケースも、それにより治癒に導く過程がすばらしかったです!!今日も魂にひびく講義をありがとうございました!!

●内分泌器官とチャクラの関係が興味深かった。難しい内容だったので、自分でも調べて理解を深めていきたい。松果体はまだ未知なことが多いが、発見されていないホルモンが分泌されていたり、メラトニンの働きが学べ楽しかった。ありがとうございました。

●チャクラのこと興味がわきました。内容が難しかったです。法雨が私にもいつかおこるといいです。前の日、寝不足だったので(ネットサーフィンをしてしまい)そういう自分も許していければいいのでしょうか?

●内分泌系が、大変繊細かつ、人体をエネルギーに与える影響が大きいものであることがわかりました。講義ではノートをとるので精一杯だったのでしっかり整理して理解できるようにしたいです。

●内分泌は目に見えないのでわかりにくいですがケースの方など見える形でわかりやすく教えていただけてチャクラと一緒に学べてわかりやすかったです。ありがとうございました。

●本日も盛りだくさんの内容の講義をありがとうございました。来年度からライブ授業がなくなってしまうのですね。何度か聞いてもまだまだ勉強することがあります。次の講義もよろしくお願いします。

●ホルモンの系列がいまいち理解できていなかったのですが、1つずつ詳しくやって頂いたのでよくわかりました。1つケースで、甲状腺のレメディーで、Thyr.とThyr-g.の使い分けがよくわかりません。ありがとうございました。

●今日の講義は、とても大切な内容で、終始集中していました。ものすごい量で大変でしたが、おもしろくもありました。学生ケースでもこのあたりのホルモンはよく使うので、大変勉強になりました。次回楽しみです。

●難しい内容ではありましたが、とても面白かったです。チャクラと内分泌の関係や症例の説明などとてもわかりやすかったです。

●今日の授業ありがとうございます。自分や家族にあてはまる事が先生の話にあって、さっそくサポート神経など子どもと私と とってみたいな・・・と思いました。

●とても興味深くて、おもしろい授業でした。チャクラと内分泌がつながっている事、目からウロコでした。楽しく笑わせてくれたので、リラックスして授業を受けることができました。ありがとうございます。

●内分泌についてもとても深くわかりやすい授業でした。松果体、視床下部などの役割や重要性も理解でき、由井学長の処方についての理解もより深まりました。ありがとうございます。

●内分泌の授業楽しみにしていたので、とてもわかりやすく教えていただけたのでよかったです。たくさんの症例を出して教えていただけてとてもわかりやすかったですが、なかなか自分で処方できるかどうかまだ不明です。

●Melat.Pineal-gl.が脊柱側弯症に必要であるという事を教えていただき、とても驚きました。学生相談で扱っているので、参考に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

●ありがとうございました。視床下部、下垂体、松果体は難しいですが、チャクラの関係は興味深かったです。松果体→テレパシーなんですね。とらこ先生の送ったテレパシーは私は○でした‥泣‥まだまだです‥帰って復習します。

●とても難しかったですが、感情がホルモンに影響を与え、それにより行動が支配されているというのには驚きました。感情をきれいに流していくということの大切さが良くわかりました。

●解剖や病理の授業を1,2年で受けたので、何とかついていくことが出来ました。トラコ先生+ホメオパシー的な視点から内分泌が学べてスペシャルな授業でした。ありがとうございます。

●今日の視床下部、下垂体と感情の関係を聞いて、まさに自分のことだと驚きました。自分の病気が作られた原因、経緯が大変納得できました。

●内分泌は難しくて、なかなか覚えられません。でも霊的見解など興味深く、学びになりました。内分泌器官を害する物をとらず生活していきたいです。

●難しい分泌系器官でしたが、チャクラと併せて説明頂き、大変興味深かったです。ありがとうございました。

●非常に興味、分りやすい授業でありがたいです。ホルモンとは難しくて理解できるか不安だったのですが、分りやすいお話の数々に感動でした。

●松果体についての本を読んだばかりだったので丁度タイミングが良く、興味深い内容で面白かったです。

●チャクラとホルモンの関係や、病理について難しいですが、少し理解できました。しっかり復習していきます。生かしていきたいです。

●私は副甲状腺機能亢進で1つとっていますが霊的見解も肝臓が悪くなっている事も全くその通りでした。もっと早くにホメオパシーを知っていればとることはなかったのですが。

●松果体はチャクラと関係が深いので前からとても興味がありました。今日、くわしく知れて大変参考になりました。

●内分泌の講義をどうもありがとうございました。とても深く難しい内容でした。

●今日の講義は難しかったです。しかしもっと勉強したいと思います。

●ケースが沢山見れて良かったです。

●勉強になりました。

【公開講座ライブ&自宅受講者アンケート】
●寅子先生の講義はやはり面白い!内分泌系がわかりやすく、ライブで受けられて良い機会を頂けました。FH、インチャコースを修了、フィト、FHは受けつつあるのでプロコースも受けたいと思いました。eラーニングのみしかなくなるようですが、講義ではなくても直接クラスメイトや先輩と会える機会が欲しいです。ライブ講義を特別講義としてやって頂けたら嬉しいと思いました。

●専門的な内容でしたが、とてもわかりやすく、かつ楽しく受講できました。来年度入学して学ぶことが、今からとても楽しみです!由井先生に直接質問が出来ないことは少し残念に思いました。

●とても興味深かったです。情報量が余りにも多く、覚えられるのかと、不安にも思っています。人を癒やすより、まずは自分からなのではないかとも思いました。

●授業の雰囲気を知ることが出来た、学生の方のトークは大変素直な感想が聞けて良かったです。特にeラーニングについて聞きたいことが聞けました。

●とても勉強になりました。ありがとうございました。

●情報量が多くて、授業がなかなか大変そうだという印象をもちました。でも、在校生が繰り返し出てくるので心配しなくて大丈夫という言葉に少しホッとしました。それでも、学ぶからにはしっかりと覚悟を決めて入学しないといけないと感じました。今日は、学ばせていただきありがとうございました。

●ファミホメのコースの願書を提出してあります。とらこ先生のDVDの授業だと思っていたら、ライブだったので、嬉しかった。松果体と視床下部のお授業を聴いて、自分が25年前に頭を打ったことから、頻尿と常に汗かきの訳がわかりました。コナイアムとソーファが必要でした。あと、奥の家のいつも文句と悪口を言っている人がいて、クリスマスローズを沢山植えている意味も理解できました。スーパーのレジの女の人が、アトピーで痒そうで、大変そうにレジをしてて、ホメオパシーのことを話したら、「私はこれと何十年と付き合ってきた、これがあるのが当たり前で、何しても治らないから、死ぬまで付き合っていく」と怒られてしましました。今日の授業でこの方のことが、理解できました。事務局長が出てきたら、お父さんだ!と思って、ボーノーとやりたくなりました。

●ありがとうございました。内容は興味深く、さらに聴いてみたいと思われるものでした。また、学長先生のパワフルさには画面からでも圧倒されました。在校生の方のお話も参考になりました。今後については入学までに期間もありますのでどうするのか考えたいと思います。(主にお財布との相談です笑)本日は良い機会をいただき、ありがとうございました。

●寅子先生の、実際の授業がどの様に行われているか分かって良かったです。内分泌のことが少しでも、知ることができ体の冷えについて内分泌が関わっていたので、自分の身体の冷えに視床下部の影響が、あるのではと気になりました。

●情報が多く、難しく、メモを取るのも大変でしたが、この知識があるだけで日々の生活が生きやすくなる人が増えるのではと思います。ホメオパスの勉強をしたいと強く思いました。本日のオープンキャンパスに参加してよかったです。ありがとうございました。

●自宅で体験授業の機会を設けてくださって、ありがとうございます。松果体、下垂体などとても興味深い内容でした。既に、相談会にて脳下垂体前葉のレメディを含む処方をしていただいて、その影響のすごさを体験済みでしたので、理論と経験がきれいに繋がりました。311からもうすぐ丸10年、下垂体のレメディが、子ども達や思春期の中高生に増えているのではないかと感じています。睡眠障害、起立性調節障害、潜在性甲状腺機能低下症、副腎疲労症候群、低血糖症、学習障害、早発/遅発月経など…ここ数年で話題になっている疾患は、ホルモンの司令塔に関係がありそうですね。しかし、「心身に影響の出るような放射性物質の量ではない」として農地に利用しようと画策している人々にとっては認めたくない事実でしょうから、気が付いた者がサクッとホメオパシーで改善を目指した方がよいのかもしれませんね。入学後の講義では、その辺りにも斬り込んだ内容が聴けるのでしょうか。受講者の意識とレベルによるのでしょうか。他の講義も受講してみたくなりました。入学を前向きに検討します。本日は、ありがとうございました。

●いつもお世話になります。本日は貴重なお話をありがとうございます。とても興味深く、とらこ先生の楽しいお話も交えながらでしたので、あっという間の充実した3時間でした。しっかり学んでみたいという思いがわいてきましたが、いろいろなハードルがありますので、もう少し考えたいと思います。取り急ぎ深くお礼申し上げます。

●今日はありがとうございました。大変勉強になりました。今回、初めてネットの講義に参加させていただきました。とてもありがたいですが、1人で子どもを育てているため、時間的・経済的に余裕がなく、今まではホメオパスの方に教えていただいたり、自分で勉強したりしてきました。来年は子どもが高校卒業するのでなんとかなるかなと思うのと独学での限界を感じているので、ホメオパスコースを受講したいと思うのですが、海外へ行くことも増えると思うのです。(コロナ禍で全く先が見えませんが)なので、よろしくお願いします。

●本日もありがとうございました。今のところ4年制まではいいかなと思いました。以前受講させていただいたインチャコースなど復習したいと思います。

●本日は貴重なお話を拝聴させて戴きましてありがとうございました。

●とても面白かったです。チャクラについてなど、親しみある情報から、松果体や、視床下部など、多岐に渡る情報が満載で、勉強になりました。トドマツ蒸留水も、興味深いです。続きが是非、勉強したいと思いました。最近、私の周りにも、松果体の腫瘍や、脳下垂体の腫瘍の方がいます。時代的な意味ある病気なのだろうとは思っていましたが、奥が深いですね。寅子先生の講義は、本当にインスパイアされます。何より、笑えるので楽しいです。ありがとうございました。

●この体に起こっていることを物質的な面、霊的な面からとらえることが、とても理にかなっているというか、今人に起きていることを理解するために必要なことだと感じた。とてもわくわくしすっきりする。ぜひ来年、入学し学びたい、ホメオパスになり自分も人も救いたいと思う。

●ありがとうございました。からだは万能にできていると思います。が、病気になるのは、過去生からの感情などにより滞りが起こり、病症があらわれると思っていることを、おしえてくれる授業でした。

●いつも、こんなことを言ったら変人と思われると「普通の人」であるように自分に強いて人には言わなかったようなことを、寅子先生が言ってしまわれてる姿を見て、急に世の中と自分との障壁がなくなる気がしました。もちろん新しく学ぶこともありましたが、常日頃、自分の奥底で感じていることがたくさんありました。だからこそ、信頼できると思いました。(人間共通の、本当に願っていること。潜在的には誰でも分かっていること。なので)

●入学したい気持ちは10年前からありますが、シングルでなかなかできないでいます。クリスマスローズが昔流行ってましたが、私は大嫌いでした。花は好きですが、どうしても好きになれない花でした。何故だか分かったような気がします。母は脳内出血で倒れ、1カ月目覚めなくて、隠れてレメディを口に入れていくと、しばらくして目覚めました。右麻痺ですが、元気です。アコナイト、アーニカの後に、Crot-hをとってもらっていました。マッサージもしていました。レメディのおかげです。倒れる前の1年は私と仲が悪く、レメディを取らずにいました。怒りっぽく、仕事をしていましたが、いつも文句を言っていました。薬、MRIも多く撮っていました。そんな事を思い出しました。学べるようになるといいです。ありがとうございました。

●オープンキャンパスで参加させて頂きました。レメディの名前がまだ把握できていないので難しい部分もありましたが、授業の様子が分かり有益でした。ありがとうございました。

●ありがとうございます。とてもいい機会ありがとうございます。

●本日、振り返ってみると、ノート11ページでした。スピーディーで情報量が多く必死でした。驚いたのが、由井先生のテレパシーが通じたこと。三角だなって思ったのでビックリです。あと、今日はほとんどレメの話が出てこなっかので不思議な感じがしました。内分泌というイメージがぼんやりしてたましたが、チャクラと関係性があるとわかりました。松果体=第三の目、内観の目ということ、自律神経や氣のコントロールや感情とのつながり、自然に則した生き方で機能を保てたらいいです。機能低下にはトドマツ蒸留水は覚えておきます。内分泌の中に入っていった松果体。メラトニンを分泌したり脊髄液の調整したり、大人より子は発達していてエーテルボデイ見えたり‥大人は一つ一つに感動ないからあっという間。フッ素の害、メラトニンへの影響。朝の太陽は目を痛めず、第三の目に届く。予防接種や抗生剤の一部にも入っていたり‥納得できることもありましたが、とにかく点だらけでハードでした。いずれ点と点が線になっていくのかな〜と信じています。インプットばかりでは厳しいので、アウトプットが必要だと感じています。ホメオパシーサロンで仲間とつながりが持てると嬉しいです。前頭葉、視床下部や脳下垂体など、一番大事な頭のこと、少しずつ落とし込みたいと思いました。自信はありませんが、チャレンジします。

●講座公開をありがとうございました。単に内分泌の器官と機能を学ぶにとどまらない由井寅子先生にしかできない講義であると思った。先生の経験を聞くことが症状の見極めの参考になる。症状につながると思われる内分泌の機能の障害に対する改善へのアドバイスが勉強になる。三位一体の「体」の部分をよく知ることは必須だと思った。

●大変興味深く聞かせていただきました。チャクラ、脳の機能、共に学んできておりますが精神とのその関係性、および、症状と精神の関係性についての学びの席に参加させていただき感謝しております。今後もよろしくお願いいたします。