2018年02月10日(土)

2018年2月10日(土)

インナーチャイルドセラピスト養成コース
講師:豊池先生

20180210_incha_fukuoka_01.jpg20180210_incha_fukuoka_02.jpg

(写真クリックで拡大します。)

まだまだ寒さが厳しく、春の訪れが待たれる昨今ですが、本日は、インナーチャイルドセラピストコースの11回目の講義が、福岡校から全国中継で行われました。

講師は、日本ホメオパシーセンター福岡博多と福岡長丘で活動されている豊池明子ホメオパス。本日のテーマは、インナーチャイルドを癒す香り(嗅覚)に関するレメディー。

今日は、嗅覚のメカニズム、臭覚が感情や記憶と密接に結びついていることなどの解説から始まり、「香り」とつながりのある「Ign.」「Staph.」「Ars.」「Carc.」「Berl.」等、合わせて23種のレメディーを豊池先生ご自身の豊富な経験と幅広い知識、ホメオパスとしての多彩なケース事例を交えながら、丁寧にわかりやすく説明されました。

5人の子育てを通じてホメオパシーを活用された体験談が、特に印象的でした。学生の皆さまは、メモを取りながら、じっくりと先生のお話に聞き入っておられました。

講義後の質疑応答にも真摯に答えられ、学生にとっても共感でき、今後に生かせる講義になった事と思います。豊池先生、ありがとうございました。

20180210_incha_sapporo_01.jpg20180210_incha_tokyo_01.jpg20180210_incha_nagoya_01.jpg20180210_incha_osaka_01.jpg

講義の感想

●今日はありがとうございました。魂・心・身体の一体をすごく感じました。心が病むと病気につながっているということを、3例のケースのお話でやっぱりインチャの存在が、こんなにまで身体に影響が出るんだ、皆、お母さんを喜ばすために生きていて、自分の(事)気持ちを抑圧していたことに気づかなかったことが、レメディーのおかげで抑圧された感情が呼び戻されて怒り、悲しみが出てきて自分を取り戻して、新しい生き方を始めていったクライアントさんのお話、ホメオパスさんのお仕事は素晴らしいと思いました。私も怒りが悲しみがもとだったと、感情が出てきたことで、私はさみしかったことに気づき、インチャを癒したら"いやだよ"と言えるようになりました。"NO"を言えることの大切さを、出てきていなかったことが、子どもからも私も"NO"が言えなかったこと、言ってもらえてレメディーも力を感じました。一歩進んだ共感できるようになりました。レメディーは自分を助けてくれる存在であり、もっと学んでいきたいと思いました。

●感情の変遷:以前の授業でも資料にあったような気がしますが、その時はまだよくわかりませんでした。今日の授業でショックだったのですが…恥ずかしいという気持ちが強く、その状態が感情の変遷の中で9段階とのことでショックであり、やっぱりそこまで私は病んでいたんだ…と受け入れることができました。よくこれまで何とか生きてこれたなーと涙が出てきました。羞恥心と向き合うことも辛そうですが、一人で難しければ、インチャのセラピーをこちらで受けることも検討したいと思いました。嗅覚について私はほかの女性と比べると鈍感だと思っていました。4年前から食事を変え始め2年半前からレメディーを取り始め、自然に近づくことで化学物質の臭いが気になるようになりました。脳の働きで、においのないものを臭うと感じるという状況がよくわかりませんが、思い込みの強さによって、いろいろな問題が起こるというのは興味深かったです。五感を大切にしたいと思えるようになってきたので、意識して嗅覚を鍛えてみたいです。やっぱりレメディーの話は面白くて、本当に好きなんだな、学びたいんだなってことを改めて感じました。豊池ホメオパスの4番目の娘さんの話や、2番目の息子さんの話を興味深く納得したのと同時にその生命力や治癒力に感動しました。親の心の状態が良くも悪くも子へ影響を与えることを学びました。ファミリーホメオパスコースも気になっています。

●嗅覚とインチャとの関係について、事例を通して説明していただいたことで、より、イメージしやすく分かりやすく学ぶことが出来ました。いろいろな嗅覚の症状に対するレメディーの特徴や意味についてもケースと併せて教えていただいたので、以前から知っているなじみのあるレメディーに関しても、より理解が深まりました。同時にレメディーの効果やホメオパシーの奥深さも感じました。お話の中やレメディーの説明の中に今の自分の抱えている問題との関連も感じました。インチャ癒しの必然性、必要性を再認識することが出来ました。しっかり取り組みたいと思います。今日も勉強になりました。ありがとうございました。

●豊池先生の相談会のケース紹介がとってもわかりやすく、インチャがあることを認めて癒していくことでクライアントさん自身の変容ぶりのすごさに感動しました。「インチャ癒しをすると人生が変わる」の意味がより一層手に取るようにわかりました。抑圧してきた感情によりそって自分のための涙を流すこと・・・本当に大切なことだと思いました。最近会社でも、レメディーをとっている友達たちがお互いの変化に気づいて、それを自然に伝えあっているほほえましい光景を目にして、レメディーってすごいなーと改めて思いました。豊池先生、たくさんの貴重なご経験をシェアしてくださってありがとうございました。

●親しみやすい、母性を感じる講師の人柄も出ているインチャ授業でした。ケースもまじえての講義の説明は聞いていて、"あ、自分もこんな事があった"と気付ける事もあり、忘れていた分、又、いやそうと思えてありがたかったです。インチャの授業にきているのですが、今回は嗅覚異常で「劣った」という所が特に気になりました。夫が先日から嗅いが分からない、と言っていたのを思い出したからです。自分の感情に蓋をしている所があるんだ! と気付けたので、夫にもよりそって何か思う事がないか聞いてみたいと思いました。きっと「自分は大丈夫」と言われてしまうと思うのですが…。レメディの力も貸りたいと思います。心配になってきました。

●今日はどうもありがとうございました。臭覚という感覚が、こんなにインチャと関係ある感覚ということに驚き、勉強になりました。今日の3つのケースを伺い、自分と重なる部分が多くあり、なかなか、うまくインチャいやしができない自分のヒントをたくさん頂けました。すみません、インクがなくなりました。1つ1つのレメディの説明を伺っていても、自分の状態も気づかせてくれ、子供たちのインチャについても考えさせられました。

●「香り」というタイトルだったので、アロマ的なことを学習をするのかと思い込んでいたのですが、嗅覚についてでした。嗅覚が感情や思い込みと関係があるなんて、考えた事もないので、とても興味深かったです。豊池ホメオパスの豊富なケースがレメディーと共に紹介されていて、とても分かりやすかったです。私も息子も鼻のアレルギーがあるので、試してみたいレメディーをとって、自分の感情を見つめ、変化を楽しみたいです。愛情深い、母のような感覚をずっと感じながらお話を聞くことが出来ました。ありがとうございました!

●レメディーの特徴を学ぶ時に、いつも思うのですが、私にはこのレメディーだなあ、合いそうだと思い、帰ってからとってみようと思うのですが、次のレメディー、また次のレメディーとレメディーの特徴を聞いていると、全てのレメディーが自分に当てはまるなぁという事に気付きます。今日の豊池先生の言葉、「プルービングすればするほど健康になる」というのがありましたが、自分では癒したつもりでいても、生きている限り私たちのインチャ癒しは続いていくのだと思うので、キットにまだたくさん残っているレメディーをとってみようと思います。(今までは自分には関係なさそうと思ってほとんど手を付けていないものもあったので。)

●ケースを通じて感情の変遷に伴って癒しが起こっていくプロセスを具体的に聞くことができ、インチャ癒しの深さを改めて実感しました。それぞれのケースで取り組まれたテーマは自分自身にあてはまる点があり、インチャができる原因は明らかな暴力なのではなく、悲しむ親のために自分の幸せを犠牲にすることもあることがわかって自分のインチャ癒しも進むのではないかと思います。

●インチャ2期終了しました。香りの授業だけ出席できなかったので、今回は久しぶりの授業に出させていただきました。当時の授業では気づけなかったことにふと気づけたり、レメディー選択の面でも勉強になりました。自分にインチャがないと確信していた人が3年を経てインチャに気づくケースは自分と重ねてしまいました。自分もインチャまだまだあると思います。これからもどんどんインチャ癒しを頑張ります。ありがとうございました。

●私は聴覚が過敏なので、ずっとなぜだろうと思っていました。最近、健康相談を受けて、シリカ、アーセニカム等を摂っていました。最近悩んでいた聴覚過敏症が少しましになってきました。今日の嗅覚の講義では自分の症状と兼ね合わせて聞いていました。今、お世話になっているホメオパスは私のQX診断で、「香料」というのが出ているよと言われたので、今日の講義で豊池先生がおっしゃっていた嗅覚が鈍感は私に当てはまるのではないかと思いました。香りに鈍感になっていると感じたので、しばらく香りのリハビリをしていきたいと思いました。

●「嗅覚」の講座と違った切り口で、それぞれのレメディーの特徴を具体的に丁寧に、豊池先生のクライアントさんの症例をもとに説明していただけて良く理解できました。今まで36種のキット以外のレメディーを持っていても、あまりプルービングしていなかったので、これからはいろいろと試してみたいと思っています。「レメディーが無意識の蓋を開き、”その時”の記憶、感情を再現し、気付きを与えてくれる」ということを実践していきたいと思いました。

●豊池先生、講義ありがとうございました!インナーチャイルド癒しに重きをおいて相談会をなさってる話、とても参考になりました。ホメオパスになって11年、やればやるほど「もっと勉強しないと!」と思うこのごろです。嗅覚に関する悩みをお持ちのクライアントさんは本当に多いなーと思います。今回、レジュメでまとめて下さっているので、とてもありがたいです。活用します。夫の布団、巨大ハムスターの巣みたいな臭いがするんです。日に干しても日に干したハムスターの巣みたいになります。私の臭覚過剰?!嫌いなのか?!相談会でインチャを抱えているクライアントさんたちと会ってきて、中にはすごくしぶとくて深いドスコイなインチャのクライアントさんがいらして、「もっと自分のインチャ癒しの能力をあげなければー」と、このコースを受けに来ましたが、はからずとも自分のくすぶっていた残りインチャが出てきて、それと向き合ったりしています。まだまだですねー。しかし確かに「奇跡?!」と思うようなことにもたくさん出会えていて楽しい仕事です!

●匂いが記憶、感情、思い込みが関係しているとは知りませんでした。自分自身も嗅覚の病があるかもと気が付きました。レメディーをとって、インチャを癒していこうと思いました。私も相談会で、なかなか症状が出なかったとき、ベルリンウォールを処方してもらった時、一番自分でもびっくりするぐらい怒り、爆発して、たまっているものが吐き出されて、脳天からスーッと気持ちがよくなりました。

●精神的に苦しくてセラピーを受けていても、「こんなつまらない私の話を聞いてもらうなら、せめて笑って下さい」という思いで、なるべくおもしろい話をして、セラピストが笑ってくれるとほっとするけど、話を聞いてもらったのに、苦しみが軽くならないのは、なぜだろうと思っていましたが、それは「恥ずかしい」という気持ちを隠すための行動をしているからだと分かりました。また、私は6年前に亡くなった母の記憶や思い出が全くないのですが、今日のケースのお話を聞いて、少し思い出すことができました。今日の講義を聞いて、インチャ癒しでは自分にかけたことのない言葉は人にはかけられないのだ、ということがよく分かりました。ありがとうございました。

●レメディーはすごすぎる。インチャ癒しにこんなに有効なのかとあらためてびっくりしました。先生の話を聞いていて、プルービングを絶対にやってみようと思いました。また、インチャに向き合うことを避けている自分も感じました。最近恐い夢をよく見るし、胸のところで手をぎゅっとして眠っていることが多くあります。これは絶対何かあるとおもっているので、じっくり考え向き合います。感情日記も大事ですよね。

●講義ありがとうございます。2年前に嗅覚が無くなったことがあります。山ほどの不安と恐怖にあったときです。その時は何のレメディーを使ったのか忘れましたが何かのインチャに気づかなければ治らなかったのでしょう。もう一度その頃のことを思い出して、今日教えて頂いたレメディーを試していきたいと思います。

●嗅覚異常は本来の自分に繋がっていない事を教えてくれている…なるほどと思いました。臭いは感情や記憶との関連も強いですよね。嗅覚って思ってた以上に大事だと再認識しました。様々なクライアントさんとのエピソードはとても興味深く聞かせていただきました。ありがとうございました。

●カシノシンとベルリンウォールをすぐにでもとりたいです。最初のお話にあったとおり、今、私の場合怒りなど感情がふん出していて、表面的にふつうにして仕事をするのがつらい状態になっています。仕事がいそがしいせいもありますが。ちょうどタイムリーなお話をお聞きできて本当によかったです。色々積極的に使ってみたいです。ありがとうございました。

●においと記憶はとても関係性が深いとは知っていましたが、嗅覚が鈍くなると、感情も解らなくなるというのは驚きでした。最後の男性のケースは興味深かったです。似たような状況が主人にもあるのでは?と思いました。なかなか相談会を再開してくれないので、いくつか試してみたいです。とても楽しい講義でした。ありがとうございました。

●本日の嗅覚の授業は興味深かったです。自分の経験として、アロマのような良い香りに癒されたり、ふとした香りに昔の悲しかった出来事を思い出したりという経験があります。本日の講義でインチャを癒す上で嗅覚はとっても大切だと認識を持ちました。先生が話して下さったいくつかのケースのインチャ癒しはとっても勉強になりました。

●ケースを通して等、とてもわかりやすかったです。まだホメオパシーに出会って日が浅いので、レメディーを詳しく説明していただけたのはとても嬉しいです。今朝起きた時から鼻水が出て仕方ないので、香りではないですが、これも何かインチャと関係するのかな?と考えてみようと思います。

●レメディの説明がより詳しく具体的で楽しかったです。その人の感情の変遷がどこなのかという判断が難しいかなと思いました。どの部分をみて、どの段階だと判断されているのかというのをもう少し詳しく聞きたかったです。

●レメディがたくさんあってとても楽しかったです。体験談がとても分かりやすく感じました。どの授業でもそうですが、資料に書いてあることを一言、示唆していただけると、レメディがまだわからない私のようなものはむちゃくちゃになってアルファベットをうつしてメモしていたりするので教えていただけると助かります。資料配布されているものとないものとかあるので、気になりました。

●実例の症例と、レメディーの関連がすごく分かりやすかったです。とった事のないレメディーもまだまだあるので、とってみたいと思います。胎児期や小さい頃の母親の影響は本当に大きいのだな・・・と自分でも気付いていないインチャが沢山あるのだろうと思います。とても勉強になりました。

●胎教の話が参考になりました。まだおなかの中なのに、赤ちゃんてちゃんと聞いていることにびっくりしました。男性は視覚が発達、女性は嗅覚と聴覚が発達している。だから男性は目で見たものしか信じないし、女性は感情で動く。なるほどと思いました。

●とても面白かったです。ケースのお話をしているときに反応している自分がいて、結構インチャがあるものだと確認しています。同時進行で相談会に行き始めたせいか、このところ涙もろいです。小さいことを少しずつホメていくこともとても大事だとまたわかりました。今日はありがとうございました。

●症例の中、母の顔色をみて行動する例を聞いて、少なからず自分もそうだったなあと思い出しました。レメディーをとらずに、みんなの体験で自分の体験を思い出すインチャコースは、受けることに意義があると思いました。自分の意志を見つめていきたいと思います。ありがとうございました。

●体験談が参考になります。夢の話-共感してます。回を重ねるごとに興味がわきます。レメディーの内容を聞くと、すべてとらなければいけないと思ってしまう。迷ってしまう。

●今回はたくさんのレメディーを勉強できてよかったです。自分でも当てはまったり、とってみたいレメディーもあったので、とってみてプルービングしてみたいです。ありがとうございました。

●家族に幸せになって欲しいと思うならば、まずは自分が幸せになること。自分の意志で生きるということを強く感じました。ありがとうございました。

●アプローチの成功例を話された事例は具体的でよくわかった。トイレを…の夢の話は心に残った。レメディーの説明、質問はよくわかった。ありがとうございました。

●知らないレメディーがたくさんあって、ベルリンの壁のレメディーとか驚きました。症例もたくさん聞けてよかったです。ありがとうございます。

●いろいろなケースを聞きながらレメディの説明があったので、わかりやすく講義を受けることができました。ありがとうございました。

●ケースを交えながらお話して頂いて面白かったです。いろいろプルービングしてみたいと思います。

●実例がありとてもわかりやすかったです。レメディーの説明もくわしく勉強になりました。

●豊池先生のケーステイクと共にレメディーの説明がすすみ、学びが深まっていきました。

<< 1つ前の記事へ | 記事一覧へ |

最新の講義の様子

2018/02/10インナーチャイルドセラピスト養成コース講師:豊池先生 (写真クリックで拡大します...
2018/01/27インナーチャイルドセラピスト養成コース講師:由井学長 (写真クリックで拡大します...
2017/12/23インナーチャイルドセラピスト養成コース講師:菊田先生 (写真クリックで拡大します...
2017/12/16インナーチャイルドセラピスト養成コース講師:由井学長(DVD上映) (写真クリッ...
2017/11/25インナーチャイルドセラピスト養成コース講師:由井学長 (写真クリックで拡大します...

講義を月別に表示する