2018年04月21日(土)

2018年4月21日(土)

インナーチャイルドセラピスト養成コース「笑いと泣き」
講師:由井学長(DVD)

20180421in6_tokyo1.jpg 20180421in6_tokyo2.jpg 20180421in6_sapporo1.jpg 20180421in6_nagoya1.jpg 20180421in6_osaka1.jpg 20180421in6_fukuoka1.jpg

本日はインナーチャイルドセラピストコースが行われました。 今回は由井学長のDVD上映授業、テーマは「笑いと泣き」です。

まず前半は宿題に関してテーマ「恥ずかしさ」についての解説が行われました。

恥ずかしさと言うのは「悲しみ、恐れ、怒り、深い悲しみ」様々な感情要素を伴っています。日本人にとって恥ずかしさは切っても切れない感情です。学生が取り組んだ宿題のシェアーが行われ、体験が共有されました。自分と向き合い、奥に潜んでいるインナーチャイルド見つけてあげ、声をかけてあげる作業をとても真剣に取り組まれているケースに、皆さん共感されたようです。

後半はいよいよ「笑いと泣き」の時間です。眉毛とお歯黒と髭で扮装した学長が登場!!皆様、爆笑されていました。

次に笑いヨガの実習が行われました。実習を通して皆で声を出して笑う事によって、体が熱くなり、感情の解放を実感する事が出来たかと思います。

「泣き」では、特に人生で一番悲しかった出来事として由井学長が話してくださった、お母さんとのエピソードは皆の心の琴線にふれたようで、今度は涙と悲しみの気で教室が満たされました。自らの体験と、その時々の気持ちを包み隠さず、本音で語り、感情を出すことで心の中に閉じ込めたものが解放されること、実際に感じて体験して理解する生きた学びの授業となりました。

笑う事が出来れば泣くことが出来る。とても大切な2つの感情について実践を通して心で感じて体感し、皆さんにとって大きな学びになったと思います。

インナーチャイルドセラピストコースは回を追うごとに深みを増し、多くの受講生たちがインナーチャイルドを確実に解放しております。

学生の皆様お疲れ様でした。

講義の感想

●寅子先生ありがとう御座いました。宿題のシェアー『恥ずかしい』のケースの学びの中で、恥ずかしさ、悲しみの抑圧が恥になると、他を責める、自分を責める、悲しみ、恐れ、怒りの合体化の説明で、この世的価値観で裁かれ、インチャ をつくってきた事を考えさせられました。『笑い』『泣き』先生の笑い顔は印象的で、実習の笑いが腹から声を出せて自分が緩んで行くのを感じました。皆様とも楽しみながら笑えました。すっきりした気分になって明るくなれました。泣いて自分を許して愛してゆきたいです。寅子先生のお母様のお話、よかったです。魂に語りかける事であなたを救うあなたが出てきます。小さな光に向かって歩んでご覧との先生のお言葉を信じてインチャを語り合います。苦こそ幸なりのわかる人になりたいです。ありがとう御座いました。

●本日の講義ありがとうございました。こんなに大きな声をだして笑ったのはいつの時以来だったでしょう。笑いすぎて涙がでました。笑いと泣きはつながっていることを実感しました。泣けないと笑うことができないと教わり、泣くことを我慢しなくても良いのだと思いました。「泣ける人は強い」皆がそれをわかったらもっと生きやすくなるのでしょう。

●前回の宿題提出が父の問題だったので、自分が何をはずかしいと記入して提出していたのか忘れていて、もったいないと思った。家に戻ったら紙を見て復習したいです。笑いのヨガ、実際にトラコ先生とやりたかったです!DVDでもおもしろかったですが、生で見たかったなぁと思いました。後半のとらこ先生の命日の話は、母の別れを思い出し、同じ気持ちを味わいました。涙が出るって良いことなんですね。今日、知る事が出来て良かったです。元々涙もろい自分ですが、一人でさびしい時、のりとと心経をもっともっとやります。とらこ先生はすごいです。

●笑いと泣きが関係しているとは思っていなかったので、講義を聞き深く関係していることを知ることができた。笑えることで泣けるようになる。泣くのが苦手なので、笑ってゆるめて、泣き上手になりたいです。笑いヨガ、10分笑うとお腹と顔が痛くなりました!笑いと泣きをいっぱい取り入れて生活していきたいです。

●今日の講義もとらこ先生の体験からにじみ出たお話で大変心に響きました。昨年春から怒りはどんどん出てきましたが、泣くことはまだまだの状態です。今日の講義は大変深いので、再度eラーニングで受講して、私のインチャ癒しをさらに進めていきたいと思っています。とらこ先生の涙に心を打たれました。

●今まで笑いについて考えることがなかったので、前半の「笑い」の定義について理解するまで時間がかかりました。笑いヨガは聞いたこともありますが、笑いにたくさんの免疫アップする項目があり、強制的に笑うということは多少難しいところもありましたが、取り入れようと思います。「笑いすぎてお腹が痛い」という思いをもっと生活の中で感じたいと思います。

●「恥ずかしい」が深いことに驚きました。レポートの時にも、恥ずかしいだけでなく、いろんな感情がうずまっていたのがわかりました。笑うことはエネルギーが必要だとわかりました。身体も熱くなりました。最近、大笑いしていない事にも気付きました。泣くことで気持ちが楽になることはよくありますが、「笑えないと泣けない」ということは初めて聞きました。あれこれ考えずに、思い切り笑って思い切り泣けるように(子供のように)なりたいと思いました。

●「負けを受け入れられる人は幸せ」この言葉の意味がインチャコースで学ばせて頂き、宿題にとり組んで自分を見つめることで、はらおちしてきた感じがします。最近会社で、炭酸水を落としてしまい、うっかり忘れて思いっきりフタを開けたら勢いよく炭酸水が吹き出してみんなが仕事をしている中で、スカートをびしょびしょにしてしまい大笑いした出来事がありました。以前よりもさらに自分自身を笑えるようになってきたかなーと感じています。インチャがなくなると泣くことも笑うこともなくなると聞いた時、「それはそれでさみしいなー。だったらインチャがあったままでもいいかなー」と思ってしまった自分がいました。今日はたくさん笑ってたくさん汗をかきました。ありがとうございました。

●インチャワークをとおして。ネガティブな感情に関して日々とりくんできたのですが笑いについて考えたこともなかったので新しい概念でした。私は、子宮の病気のためホメオパシーレメディを通して好転反応のすごさを体感してきたこの4年あまり実は、数日前に久しぶりにどうしてよいかわからないほどの絶望感が出てきました。インチャのイメージもうかばずに、それでもとりくみながら1日中泣きはらしました。祝詞もよみました。これでよかったんだと今日は、納得しました。笑うってすごい体感です。ぐったりゆるみました。これをやったらもっとスピードをましそうな気がします。あきらめずに取りくもうと思います。

●笑いの実習で、ムリヤリ笑うことが難しくて、顔が引きつってしまいました。口元だけしか動かないんです。おでこが緊張する。私自分の笑い声が嫌いなんだ、と、ひとつ気づくことができました。その辺のスピの人とは違い、先生の力強い人生は多くの人に希望と内観の機会を与える尊いものだと思います。

●笑いと泣きのDVDをみて、心がとても楽になりました。「そのままの自分でいいんだ。なーんだ。」これからは今までのように「あーしなきゃいけない、こうしなきゃいけない」と自分を苦しめずに生きていけるような気がします。「恥」に関しては複雑で奥が深いと耳にしたことがありましたが、私自身、本当に「恥」が強くて生活に影響が出るくらいで困っているので、やはりショックでした。笑いヨガは、面白かったけど、超恥ずかしかったです。子供たちが小さい時やりたかったです。とら子先生の涙のおはなし本当に感動しました。やっぱり憧れます。

●笑いの実践おもしろかったです。横隔膜が痛くなり、体がポカポカしてきて、普段全然笑ってないのだなあと改めて思いました。笑いで緩んだせいでしょうか、その後の泣きの部分、だいぶ泣けてきました。自分の中にある魂に語りかけて、笑って、泣いていきたいと思います。祝詞・般若心経を唱えて、心から感謝と愛を与える人になっていきたいなと思いました。

●笑うことの大切さ、泣くことの大切さがよくわかりました。涙が出ないつらい時期があり、その時は感情を感じることができなく自分自身がわからなくなってしまいました。今は泣くことができるようになり、とても楽になり、泣いたあと前へ進もうという気持ちになることができます。今日はありがとうございました。

●笑いは大切なのだなと感じました。以前は家族が見ているお笑い番組で、家族ほど笑えない自分がいたのですが、最近は笑えるようになっています。少しずつ何かがいやされている? と思います。泣くことも多くなりましたが、それを主人に見られるととてもいやがられます。彼にもかなりのインチャがあるのだと思います。主人もどうにか、いやされるようになってほしいと思う今日この頃です。ありがとうございました。

●笑いヨガをした時、お腹の底から笑うのが難しい(身体がかたくなっている)ことに気づいた。笑った後、ハートチャクラのあたりが痛くなって、視界が今までよりはっきりしたように感じた。エネルギーが軽くなったような気がしてつい数分前の自分が何をもやもやと思い悩んでいたのだろうと不思議な気持ちになった。

●笑いヨガ10分は大変でしたが、身体が熱くなり、腹筋が痛くなり、笑いの効果を感じました。"泣き"の講座では由井先生の人生の歩みの話を聞けて、自分も自分の悲しみや痛みの体験と向き合い、涙を流して、解放されていていく必要性を感じました。ありがとうございました。

●子どもの時は泣いたり笑ったり、確かに今に比べるともっとも多く喜怒哀楽してましたね。いったいいつから無感動、無表情になってしまったのだろう?とインチャ癒しをしながら自分の怒りや悲しみ感情と向き合っています。結構簡単なことで怒っていたりすることを直視してこなかったことに気付かされます。笑い、もっともっと笑ってゆるめていこうと思います。自分の子どもがお笑い番組が好きのが何故かわかりました(笑)

●今日の講義はライブでやって欲しかったです。先生の話を聴きながら自分の事を考えていました。このコースを受け始めてから「泣く」という事についていつも考えていましたが、それと同じで笑いという事が抑圧した感情を緩められる事を教えられました。笑う事はできて泣く事はできないという事は、実はどちらもできていないのかと・・・自分に向きあい緩める事をまずしたいと思います。家に帰って笑わなければと思いました。

●自我がなければ笑いも泣きもしない、というお話がとても印象に残りました。自我の方が肉体やアストラル体より高い次元になるというのに驚きました。人間というのはすごいものなんだなと、なんとなく思いました。笑うと価値観が緩む、泣ける人は笑うとよいというのは、インチャ癒しにとても良いことをお伺いしました。インチャ癒しをすることが重く感じられ、進めていける所もありましたが、気楽にやりたいと思います。本日も有難うございました。

●笑う、泣くという感情について深く考えたことがありませんでした。1つ1つの感情をもう一度振り返り、悲しみに戻り、泣ききるというインナーチャイルド癒しをしたいと思いました。ありがとうございました。

●笑うこと、泣くことには単純ではない深い意味があると理解しました。また、笑いと泣きには免疫と深い関係があり、健康にもつながる事を知りました。笑いの実践では、無理に笑うこっけいさに笑えて身がホカホカし、顔の筋肉や喉の痛みが出てきましたが、これらの部分を動かさずおろそかにしていたと自覚しました。今後はどんどん実践して免疫力UPにつなげていきたいです。

●笑いの実習の時、何もなく笑うのが思った以上に難しいことがわかりました。しかし、無理に笑った後は体もあたたかくなり、気分もスッキリし効果を感じられました。思いのほか、自分の腹筋が使えないことにビックリ。家でもやってみたいと思います。ありがとうございました。

●笑いヨガ、すごくポカポカしました。笑いと泣きがこんなふうにSetになっていると考えられるなんて知らなかったです。好きなTVで、…ナイトスクープが好きなんですが、まさに笑いと泣き両方あるので、私は癒されたくて

●講義、ありがとうございます。何もないのに腹の底から笑うというのはむずかしかったです。笑った後は、顔の筋肉や耳の下のリンパが痛くなったりしていました。実習が終って落ち着いたとき呼吸が深く楽にできていて、ちょっとスッキリした気分です。

●笑い(強制的でも)をすることは、全身運動でとても疲れた。でも頭はスッキリした。子どもとともに毎日笑いたいと思った。泣くまでの感情のゆさぶりが少ないため最近泣くことが少ないが、過去の思い出を癒すために泣けるようになりたいと思った。

●笑いヨガが楽しかったです。10分間笑うことは今までなかったので、おなかやほほが痛かったです。最後の由井先生のお話は、こんな人生を歩んでこられたのに、そのことを許せるというのがすごいなと思いました。どうしたらここまでいけるのか、自分自身そこまで不幸な出来事がなかったけど、なにか生きづらさを感じます。

●笑い、泣き。全て起こる出来事には意味がある。自分自身を愛する。一人でどうしようもない時、祝詞と般若心経を唱える。とらこ先生の愛を感じました。たくさん笑って、たくさん泣いて、色々なことを流していこうと思います。

●本日は、どうもありがとうございました。「笑い」というのが、どのような授業なのかと思っていました。インチャにこのように結びついていることを知りました。自分の身におこることを1つずつみつめていきたいと思います。

●笑うと腹筋がとてもいたくなり体がぽかぽかして久しぶりの感覚で気持ちがよかった。今度から何もなくても笑う習慣をつけようと思った。笑わないと泣けないというのも初耳でした。

●“笑い”と“泣き” 笑いの本質や泣きの本質を知る事でどちらも大切な事だと思いました。たくさん笑って素直に泣こう…と思いました。ありがとうございました。

●笑いと泣き。自分に起こることは自分を変えた?育てた?全ての人と愛をもちたいと思っている。印象に残る講義であったが。ありがとうございました。

●母が昔、子供が思いっきり泣いている漫画の新聞の切り抜きを私に見せ、「こんなに泣けたらどんなに良いかねえ。」と言った事を思い出しました。母も泣きたいことがいっぱいあったのだと。

●笑いの原理が分かりましたが、私は泣けないので、泣きが良く分かりませんでした。帰って復習しようと思います。

●強制的に笑えるんだ。笑う事を忘れていたかも?身体にかなりいい感じ。すばらしい詩。

●また聴講したいです! 講義だけでなく、実技? 実習があったことが良かった

<< 1つ前の記事へ | 記事一覧へ | 次の記事へ >>

最新の講義の様子

2018/04/28インナーチャイルドセラピスト養成コース講師:由井学長 (写真クリックで拡大します...
2018/04/21インナーチャイルドセラピスト養成コース「笑いと泣き」講師:由井学長(DVD) 本...
2018/04/07インナーチャイルドセラピスト養成コース講師:麻野先生 (写真クリックで拡大します...
2018/03/21 (写真クリックで拡大します。) お彼岸日にあたる今日、CHhom各校同時中継で...
2018/03/10インナーチャイルドセラピスト養成コース講師:東先生 (写真クリックで拡大します。...

講義を月別に表示する