2017年05月13日(土)

2017年5月13日(土)

インナーチャイルドセラピスト養成コース
講師:由井学長(DVD上映)

20170513_incha_tokyo_01.jpg20170513_incha_nagoya_01.jpg

(写真クリックで拡大します。)

本日18回目は、由井学長によるテーマ「音」のDVD上映授業を行いました。

音とインナーチャイルドの関係について、耳と体全身で感じて学ぶ、実践的な講義となりました。音はダイレクトに魂に響く、音はインチャの癒しにとって、とても大切なパートです。音とトラウマはどのように関係するのか?音、耳、聴覚とインチャの関わりという、また新たな観点からインチャ癒しを見ていきました。

中耳を鍛えるトマティスメソッド、自分の可聴域を知り体の弱い部分を知ること、 動物たちの声を聴き情緒情操を育むこと、オームのマントラを唱え、音の共鳴を感じること、シンギングボウルやティンシャを使った瞑想法、 チャクラに対応する音階の発声、DNAの修復をする愛の周波数528Hzの発声...など、さまざまな実践を交えて、音の持つ癒しと力を感じていきました。

また、音の周波数の違いによって感じ方は様々で、周波数と体の臓器の関係についての解説もなされました。音のレメディーのプルービングとともに、皆さんが音から感じる感覚によって、自分がどの臓器をケアしていけばいいのか実感していただけたようです。

今回も五感を使ったインチャ癒しを皆で体験することができた実践授業となりました。学生の皆様お疲れ様でした。

20170513_incha_sapporo_01.jpg20170513_incha_osaka_01.jpg20170513_incha_fukuoka_01.jpg

講義の感想

●授業の中で周波数を396Hz~963Hzまで7つを聴いていく体験をさせて頂きました。396Hz、417Hzと聴いて3番目に528Hzに来た時に絶対的なこれだ!!という安定感を感じました。もともと440Hzではなくて基音は528Hzだったというのが体感と共に納得でした。私の体の基音を528HzにTuningし直したら色々なことが好転していくだろうと感じました。639Hz、741Hzと続きましたが、まずは528Hzでベースを作って、その上にそれらをのせていけたら、私を再構築できる、そんな感じを受けました。今朝ここに来る電車の中で、今まで取り組んでいる宿題のインチャ癒しとして幼い頃の自分を思い出していたら、ずっと仲が悪かった年子の弟のことで新しい視点が浮かんできました。今まで弟が悪い人で私は品行方正とずーっと思っていたけれど、私が長いこと持っていたその価値観は正しくなかった!弟にとったらいやな姉がいて、たまらなく嫌だったろうなーと気づきました!!次回の宿題は「みんな、それぞれに正しい」・・・うんうん、そうだと繋がりました。

●音が骨や細胞に響いていることがわかりました。音のレメディーは好きなものは1番でしたが、2番目のレメディーがガツンと脳に響いたのがわかりました。「あ!脳だな」とすぐにわかりました。イルミナティーはどこにでも付きまとい、ラの周波数まで変えていることには驚きでした。そして腎臓の形と耳の形が似ていること。昔は耳から妊娠していたとのこと。驚きが一杯の授業でした。昔、バリでガムランを聞いた時に、意識が別のところへ言ってしまい、トランス状態?になってしまったことを思い出しました。友達には大変迷惑をかけてしまいましたが、動くことも話すこともできず、ただただ涙が流れていました。やはり音というのは細胞や奥深い所に響くのだと実感しました。私も夫も子供も皆それぞれ音楽をやっているので、伝えたい音を聴いている人が癒される音を出せるようにしたいと思いました。チャクラCDはよく聞いているのですが、とてもリラックスできます。ただ流しているだけだったので、どの音がどこに響くか、確認しながら聞いて行こうと思います。

●更新の時期となり、久しぶりに講義をうけさせていただきました。DVD講義の前には、とら子先生と「祝詞」などをあげ、心身共に整えてることができて清らかな状態で受けることができました。(プラーナの振動が整い涼しい感じ)ありがとうございます。宿題のケースでは、父親から受けた行動により自分も変態で気持ち悪い存在ではずかしい人間であると、自身で責め続け、それを人に知られることはあってはならないと秘密を持ち、ふたをしてきてこと、その深い深い悲しみをインチャが癒してくれ、その後インチャを癒すという過程をへて霊性があがり父親のよいところへ目がいくようになったという流れはとても勉強になりました。認め、受けいれ、理解することでゆるしが生まれ寵愛にいたる。素晴らしいと思いました。「音と癒し」の講義では、実習があって楽しく実感、体感しながら学ぶことができました。自分の可聴域を知り、必要な周波数もわかっておもしろかったです。音からインチャ、トラウマができること。とら子先生が生徒にかけた「ダメな子だ」「いい子だ」というものや、音響兵器LRAD、オームのマントラ、シンギンギボウル。ティンシャ、そして音のレメディを作る様子などとても分かりやすかったです。これからクライアントさんにより多く耳に対してアプローチしていきたいと思いました。ありがとうございます。

●とらこ先生がインチャコースを作ってくれたおかげで今の私がいます。とらこ先生の思いが本当にありがたいです。「インチャが癒えると霊性が向上し人の良い部分が見えるようになる」もっとそうなりたい自分がいます。今の自分が今どのような感情を持っているのか、勇気を持ってさらけ出していきたいです。「人からどう思われているか」前よりは手放せたかと思うけど自分はまだまだたくさん持っているから目の前の自分を知って、認めて、許し、人のことも分かるようになりたいです。チベットの仏具の音に癒されました。ほしいと思いました。とらこ先生ありがとうございました。

●前回の講義のアンケートの質問に個別に答えて下さり、ありがとうございました。今日の講義の10分の休み時間中にトイレに行った際に、大きな声でわんわん泣いている子がいた所に、寅子先生がいらっしゃって、「悲しいんだよな。いやだったんだよな。」とその子をなぐさめていらっしゃいました。私は、子供らしくてかわいらしいな、あんなに泣けるなんてうらやましいなと思っていましたが、ふと、私は優しくされた経験が少なかったのだな、優しくされても、何倍にも返さなければならないんだなと、母から受け継いだ価値観に気づきました。そして、自分の感覚に無感覚になって、感じないようにしてきた自分にも気づきました。寅子先生にお会いできて、本当に感謝しています。でなければ、ずっと感じないまま生きていたかもしれません。インチャ癒しは、私のペースで少しずつですが取り組んでいます。私が偉大な寅子先生にお返しできることはないかもしれませんが・・・。本当に感謝しています。いつもありがとうございます。

●今日の授業は、聞きたいと思っていた事、自分への気付きがたくさんありました。長男は小1の時にいじめにあい、「おまえは死んだ方がよい」「おまえがいると世の中が悪くなる」と友人から毎日のように耳元でささやかれ、ヤクザの息子のいる上級生のグループに目をつけられ、言いがかりと暴力、担任の先生にも加担され、転校しました。それ以来、息子も変わってしまい弟をいじめる事をはけ口としものすごい怒りのエネルギーに家族みんなが疲へいし、私自身も息子をこんな風にした人たちへのうらみと憎しみに、くるった時期がありました。インチャと向きあえとの神様から頂いたできごとだと思っているのですが、今だにどうしても息子が家の中で負のエネルギーをまきちらすことに疲れてしまい、ガミガミ言ってしまう自分にどうしたらいいものかと、向き合わされているところでした。時々やるのですが今日来る前に、魂で息子とぶつかって来たのですが、真剣に息子とぶつかること、魂と魂で話をすると、息子の目がかわり、言葉の力、音の力が変わると感じていました。私は声楽の仕事をしていて、先日も療法として精神病院で歌ってきました。自分の声は、自分の魂の色が出てしまうと、本当によく感じ、人前で歌う時には自分の魂をクリアにするようにと思っています。今日改めて今、これから自分が進んでいきたい方向、歌も息子たちとの関わりも、良い周波数に囲まれるよう、改善していきたいと思いました。ありがとうございました。

●憎しみの宿題の解説は分かりやすくためになりました。怒りを解放しインチャ癒しをすることで霊性が上がるというのは確かにそうだなと思いました。インチャ癒しを続けたいと思います。昔の話もとても興味深くレメディーをとってのプルービングは面白かったです。視聴した396Hzや417Hzなどの音源をほしいなと思いました。どこで入手できるのか教えてほしいです。

●今日の授業ははじめて知ることばかりで周波数の音や音のレメディーなどの新たな物事の見方をするきっかけになりました。グレゴリオ聖歌は私の姉が中学生の時に熱心に聴いていたのですが若い心で多感な年頃だからこそひかれるものがあったのだろうと思い、少し姉があの頃生きづらくて大変だったと分かりました。今日の話は伝えてあげようと思いました。

●人間はひとつの楽器であるというお話をどこかで見たことがあります。一人一人それぞれの音があって、それぞれの思うように奏でているのだと思うと、生きることがちょっと楽しくなる…気がします。インチャ癒しをしていると、私のインチャは「おいてかないで」「見捨てないで」とよく口にするので、腎臓のサポートはかなり重要だと思っています。最近サポートJinを飲み始めたら、体温がちょっと上がりました。以前は35℃台が多かったのですが、36度に入るようになりました!嬉しいです。感情の面ではどうなるか、楽しみです。レメディーやチンクチャーをとると、ちゃんと反応してくれる自分の体が尊いなって最近思います。

●何も聞かされず試した液体でも、やはり自分が一番抱えている問題に関係したものを選ぶのだなぁと不思議な気持ちになりました。毎回授業に出て、宿題はどうしよう…と思い、取り組むのが怖いのが正直なところです。もうすぐ授業も終わってしまうので、「ねばならない」など自分を辛くすることを考えず「せっかく与えてもらった自分を見つめる機会だよ~」と軽くとらえ、やってみます。今日の授業もとても楽しかったです。ありがとうございました。

●「音」がこんなに人の心と体に対して強い力を持っていると思っていなかったので驚きました。講義中に実験としてなめた528Hzの入ったアルコールをなめた時に口の中に豚肉の味が突然感じられ、その後に耳が詰まる感じがしたのですが、何か意味はあるのでしょうか?講義の前は前日にネットをし過ぎて頭が重かったのですが、休み時間にシンギングボウルを触って音を聴いていたら治ったのでやっぱり効くんだなぁと実感できました。

●インチャ癒しは自分の感情が乱れた時に『何を怖れているの?』と問いかけて本当の思いに気づくことの繰り返いなのだと身に染みて実感します。音、レメディーのプルーピングが面白かったです。①番は甘くて美味しかったし、③番はまろやかですんなり和みました。②番は刺激的でピリピリしました。周波数は741HZ 963HZが心地よかったです。音が肉体だけではなくエネルギー体に影響することがよくわかりました。ありがとうございました。

●“音”というものが、こんなにも影響があるとは知らなかったため、とても勉強になったとともに、これからとても大切にしていきたいとも思いました。心地の良い音の中での生活や、子どもへの声掛けなども気を付けていこうと思います。

●528HZは、自宅でよく聞いています。自分の心が安定するのを感じます。今日の実習で、50HZ~11,000HZが聞こえたのですが、一度聞こえなくなり、また15,000HZ~16,000HZの所だけが聞こえました。不思議だなと思いました。私もストレスで耳が聞き取りにくくなったことがあります。音のもたらす影響の大きさを感じました。

●いろんな音のヘルツを聞けてすごくよかった。音で治療ができるというのが意外だった。音のレメディーがあることを初めて知った。知らないことばかりで、とても新鮮にいろいろ勉強になりました。ありがとうございます。

●音に私は敏感に反応します。自然の音が好きです。鳥のさえずり・風の音・波・川のせせらぎ等。しかし、時計のカチカチとか、ボールペンをカチカチいわせたり、そんな音にイライラします。「うるさい!」と怒りが出てきます。よく勉強してレメディーを取りたいです。音は私にとっての課題の一つですね。ありがとうございました。

●音について学びました。音で兵器を作ったり破壊することもできたり、また、トラウマや細胞の回復ができたりと、とても深いものだということが分かりました。子供たちには優しくほめて接しようと思いました。家でもソルフェジオ周波数をかけてみようと思います。

●最近、耳が過敏だと感じているところだった。人が怒っていると、それがのりうつるように自分も怒っていたり、音という物に振り回されている自分に気付いています。今日の授業でも、周波数の高い音を聞くと体がぐったり重くなった。もう、気、プラナーが乱れているのはよくわかっています。528HZのレメディーをとった後もすごくダルくなったが、これはとった方がいいということなのでしょうか?

●「音」の重要性について、くわしく学ぶことができて良かったです。都会の音のある生活になれてくると、時々、静かな場所、音のない世界に行きたくなる理由がわかりました。なので、できる限り、静かな場所に行くようにして自分自身をいやしてあげたいと思いました。又、言葉の大切さ、耳で聞く言葉で、子供の成長にも関係することもわかったので、いつも早くしなさいとか、否定的にことばかり言葉にしていたので、もっと、ほめる事に焦点をおいて、言葉を使っていきたいと思いました。本日もありがとうございました。

●(3番 甘味あるけど舌がピリピリ 10番 マズイ 17番 舌がビリビリ痛い 味薄い)イルカが死んだところで、泣きそうになりました。チベタンボウルとベルを打った時は、補聴器で音が少し聞こえました。倍音は聞こえず。聞きたくなくて聞こえなくなったとしたら、聞きたいという強い意志をもって、同種療法で音が聞こえるようになったらいいなと思います。

●周波数という言葉はよく耳にしますが、そういうことだったのかと勉強になりました。そして、なぜ音に癒しの力があるのかもよく分かりました。逆に兵器にもなるのだということを知り驚きました。古代、なぜ音楽が学問として重要視されていたのかも納得しました。440Hzの話でも、いかに自分が真実を知らずに生きているのかに気付きましたし、このような学びの場に居られることを改めてありがたく思います。ありがとうございます。

●音のレメディーまであるのに驚きました。音が人間を破壊できるというのも怖いなあと思います。そのような兵器があるということだけでなく、日常の会話の中でも、その一つ一つが影響していくことに対して、気をつけなければいけないなと思いました。

●まさに今の私に必要な内容でした。今朝とてももやもやし、休んでしまおうかとも思いましたが、やはり大切な事が得られると思って気を取り直して来て本当に良かったです。音のレメディーは今日から取りたいと思います。ありがとうございました。

●声、音、言葉が相手に及ぼす影響の大きいことを改めて感じた。私自身が右耳が聞こえづらくなっていて(耳閉感)原因は何だろう…と思っていました。インチャを学ぶようになってから、よく右耳が聞こえづらくなっていました。私の「こえ」を聞いてあげようと思っています。私が心地良いと感じたのは528、愛の周波数。この意味を知りたいです。

●耳と腎がこんなに関係があるとは知らなかった。日頃の子への言葉かけを大切にしようと思った。いつも急いでいる時はプリプリして早くして!!と言って怒ってしまう自分に反省。子供は相当やばそう。落ち込んだ。優しい母になろうと思った。音のチンクチャーは面白かった。

●528Hzはとてもよく使わせて頂いています。音は本当に大事ですネ。言霊、音霊…大切にしたいと改めて思いました。地球が自然な音だけであったら…と想像してみました。人も、動、植物も皆幸せであろうかと思います。

●音は大事なツールだと思ってきましたが精神、感情、身体に及ぼす仕組みが講義で細かく知ることができ、とても為になりました。自身でも色々ためしてみたいと思います。ありがとうございました。

●音は暴力にも癒しにもなる存在なんだなと思いました。普段意識してなかったけれど、言葉も音の一部なんですね。自分自身があたたかく広い言葉を使えているかどうか考えさせられました。

●日頃何気なく聞いている音に色んな意味があるんだな、と思いました。ラの音の周波数が意図的に440HZになって、病気になりやすいというのは、もう少し話を聞きたかったです。

●知らないうちに、音での影響を受けている、という事にもっと意識を向けたいと思いました。ありがとうございます。

●今日のケースの宿題の体験談で、私にも思い当たるところがあるのを気付かせて頂きました。ありがとうございました。そして、音って凄い!と思いました。ハマリそうです。

●音について今まであまりなじみがなかったのであたらしい分野で面白かったです。心地よのよい音、ことだまのパワーについても知れて興味深かったです。

●音について自分がこんなに興味があったことにおどろきました。とても深いなーと思いました。

●私は音にとても興味がありましたので、楽しみにしていました。ありがとうございました。

●アンケートかいているときにきいていた音楽はすばらしかった。relaxしすぎてねむりにさそわれた。

<< 1つ前の記事へ | 記事一覧へ | 次の記事へ >>

最新の講義の様子

2017/07/01インナーチャイルドセラピスト養成コース講師:由井学長 (写真クリックで拡大します...
2017/06/10インナーチャイルドセラピスト養成コース講師:東先生 (写真クリックで拡大します。...
2017/05/27インナーチャイルドセラピスト養成コース講師:由利先生 (写真クリックで拡大します...
2017/05/13インナーチャイルドセラピスト養成コース講師:由井学長(DVD上映) (写真クリッ...
2017/05/06インナーチャイルドセラピスト養成コース講師:由井学長 (写真クリックで拡大します...

講義を月別に表示する