2013年11月09日(土)

2013年11月9日(土)

インナーチャイルドセラピスト養成コース
講師:由井学長・東先生

夕方からインナーチャイルドセラピストコースが開催されました。

前半は由井学長による講義が行なわれました。

まず、前回の宿題「恐れの感情を抑圧した出来事について」に向き合った受講生たちが、自らの心のインナーチャイルドの声に触れた体験を全員が共有し、そして、由井学長によって解放へと導かれました。

「他人から自分へ向けられた思いを断る事ができない。」「いつも冷静で、上手く感情が湧きあがらない。」「自分と比べたら、あなたの環境は恵まれているのよ!と怒りが湧き上がる。」など、誰しも、人生の歩みの中で形成された性格や自動反応のパターンができあがっています。

受講生が真剣に向き合った自分自身のインナーチャイルドに関して由井学長が全身で受け止め、抑圧した感情、忘れ去られたインナーチャイルドをいかに優しく見つめ、いかに温かく手を差し伸べるかの方法も伝えられました。

由井学長の心からの思いに、多くの受講生達が目頭を熱くし、ハラハラと熱い涙を流す場面もあり、全身全霊学びとなったようです。

後半は、東先生による「インナーチャイルドを癒すフラワーエッセンス②」の講義が行われました。

今回は「価値観の由来を探る」をテーマに、色とりどりの植物の写真をみながら、フラワーエッセンスが持つ特徴や性質を丁寧に説明して頂きました。多くの花々を分かりやすく解説して下さり、使用事例や関連する植物も交えながら体系的に捉える事ができました。

今回の講義を通して、自分に合うフラワーエッセンスを見つけられた方も多かったようです。

由井学長、東先生、本日も充実した講義ありがとうございました。

(写真クリックで拡大します。)

講義の感想

●寅子先生の今現在のお姿(風邪中)からも学ぶことが出来る、ということが素晴らしい授業だと思います。大先生でもまだインチャをかかえていらっしゃる、という生の授業を受けられ、毎回とても感動的です。そして先生のありのままの自分でいいんだと言われていることをとても実感しています。東先生の優しい雰囲気に心が和みます。この約1ヶ月、今回とったエッセンスにより、また色々な気づきが起こりました。インチャ癒しをしていく上で、ホメオパシーのレメディーではハードすぎる時、花のエネルギーがそれを優しくサポートしてくれる、というのは本当に心強く、変化しようとするときに勇気をくれるのですね。

●寅子先生のインチャの癒しの実践は本当に深いところを探り、具体的ですごいなーと思いました。ご自身のインチャの癒しもまだやられていることに頭が下がります。自分自身、まだまだインチャを見つけ出し癒す作業が進みませんが、あせらずじっくりやっていこうと思っています。東先生の講義、いつも楽しいです。一回目の宿題で自己卑下のフラワーエッセンスを勧められ、2、3日前より試しています。今日もとってみたいエッセンスがいくつかありましたので、次回の授業まで、色々と試してみたいと思います。ありがとうございました。

●本日もありがとうございました。自分にはいろんなインチャがあることを認識しているのですが、なかなか表に出てきてくれません。寅子先生の授業で他の人達のケースを解説していただき、とても参考になります。東先生の授業でフラワーエッセンスが有効であることを知りましたので、これからも利用しながら、もっと自分に向き合ってインチャ探しをしていこうと思います。ありがとうございました。

●とら子先生、体調の優れない所、いつものように内容の濃いレクチャーをありがとうございました。声が出なくなった原因のお話しでは、インチャから体に現れる症状をリアルに伝えて頂きました。迫力のあるとても心に響いた体験談でした。東先生の講義では益々、植物の生態が興味深くなりました。コンポジットのエッセンスを使用しながら、穏やかに癒されている効果を感じながら、身近に起こる小さな出来事に気付くのが楽しくなりました。庭に捨てたアボガドの種が発芽し今、3m位に大きくなっています。目に見える植物のパワーもすごいですね。本日もお疲れ様でした。

●由井学長:愛されない恐れというのが、こんなにも根深いものだという事に、改めて驚きます。拒否されたり否定されたりした時に、まずは驚いてしまい、何も反発する事ができないで呑み込んでしまう事が多いと思っていましたが、それは反発する力がないというよりも価値観が先にあったとわかりました。価値観がどのように自分の中に根づいているのか、見極めたいと思います。東先生:前回の授業の後、抑圧の子供時代と三位一体のエッセンスを使ってみたのですが、宿題で親の嫌いなところを見てゆくと、普段自分が仲良かった人たちに対して最近苛立ちを感じていた事の理由がわかってきた事に驚きました。親にしていた、或いはされていたパターンの不自然さを自分が好んでひきつけた、そのような人と付き合っていたのだとわかりました。その古いパターンから上手に脱却する事ができそうです。そのような子供の時に無意識に身に付けたパターンを2つほどみつけられました。不自由さを感じていた事のパターンがわかってよかったです。価値観の探し方を応援するエッセンスも使ってみようと思います。

●毎回一生懸命宿題をしているのですが、他の方の内容を授業で聞くたびとても上手に文章をまとめておられるのでだんだんプレッシャーを感じてきてしまいました。完璧主義のインチャが出てきました。今回のとらこ先生の言葉は特に心に届き、ものすごく心が楽になりました。涙が出てきました。まだまだインチャがたくさんあると実感しました。忙しくなかなか復習もできず、覚えることも次から次へと出てきて焦っていたのですが、少し楽になり少しずつ学び方とインチャの癒し方のコツをつかみ始めたのかなと感じました。

●今日の話も心にしみました。とらこ先生が「どうして私の声は潰れたのですか」という問いをした時に「声をからして訴えても誰も理解してくれなかった。呼べど叫べど誰も来てくれなかった。」という体験から喉にたくさんの悲しみがたまっている、そういうインチャが自分の中に居るんだと気付いたという話をしてくださって、自分の体験と重なり驚いた。私にも全く同じ体験があり、私以外にこんな体験をした人がいるというのを知れたのは安心を感じ、共感と共に希望も感じました。実は私は9月にインチャコースが始まって以来今日まで変な咳が止まらない、軽い咳なのだが風邪ではなく、胸にも鼻にもいかずただしゃべろうとすると咳が出る。これもなんでだか内観してみようと思いました。東先生のフラワーエッセンスの授業も分かりやすくて良かったです。エッセンスに使われていた植物の写真をスライドで見せていただきながら、急にふと自然の中に抱かれたい、自然が恋しいという気持ちがわいてきました。初めての感覚です。

●ありがとうございました。宿題をこなすたびに少しずつインチャを解放でき、また他の方の例を取り上げてもらうととても参考になります。シングルフラワーエッセンスいろいろ使ってみたいと思いました。ウッド・アネモネぜひ使ってみたいです。エッセンスを助けてくれるエッセンスがあるのも初めて知りました。ハンドブックを見ながらいろいろ試します。

●寅子先生、体調が悪いのに喉が辛そうなのに授業をしてくださって先生の思いが響きました。今回の宿題は自分には難しく、提出したはものの、まだインチャとしっかり向き合えてなかったと思いました。東先生の講義はどれ位フラワーエッセンスの知識が入ってるのだろうと驚く程いろんなエピソードを教えていただき、楽しく興味が湧きました。次回までには今度こそフラワーエッセンスを選んで使ってみようと思いました。どういう変化が起きるのかやってみたいと思います。

●由井先生の講義は「思い」の中に価値観があるということで、(私自身)ついつい感じる思いを流しているなと思いました。せっかくの思いをもっと大切に見つめていきたいと思いました。ケースの人も自分と重なる部分があったりして、ためになります。Aさんのように深く感じることをしたいと思いました。フラワーエッセンスは最近、抑圧の子供時代エッセンスをとりだしたので、取りあえずそれが終わってから、今日紹介されたフラワーエッセンスをとってみたいと思いました。

●由井先生:(私自身)ケース2の方に近い感じがしました。涙が出なくて辛かったのですが最後に話された先生のノドのお話を聞いたら涙が出てきました。少しずつの一歩が焦りにつながり、逆に進めなくしていたのかもしれません。東先生:フラワーエッセンスは、インチャの講義で初めて聞きました。今日は2回目で試してみたいと思いました。キンポウゲ科は毒をもっているものが多い。アラスカに生息しているものは忍耐力がある。マメ科は後ろめたさ、罪悪感、羞恥心をもっているなど、とても興味深いお話で楽しかったです。今日もありがとうございました。

●喉の調子が悪いところ、講義をして下さりありがとうございました。声のトーンが違うと心の違うところに響いてくるような感じがしました。ワークをやっていく中で、母を何度もナイフで刺すイメージが出てきたことが有りました。深い気持ちに触れられた感じがしたので、授業の中で“めっけもの”とおっしゃっていたのがよく理解できた気がします。自分が恵まれた環境で育ってきたなあと感じることが多く、Cさんのような気持ちを抱かれる方がいる(そんなちっぽけなことで・・・!)のはわかります。自分でもどこかでそうは思っているので・・・。それでも私なりにインチャはあるので、恵まれたことに感謝しつつも、自分なりにインチャ癒しをやって行きたいと思います。新しいフラワーエッセンスを知り、色々と興味を惹かれたので、じっくりと試してみたいです。

●寅子先生、風邪で大変な中、講義ありがとうございました。私は人前で話す仕事の時、自分の体調が悪かったり、声が出ない時など自分を責めダメ出しをしていたのですが、寅子先生の話を聞いて、やはり症状はありがたい。そして体の部分への感謝について改めて気付かせてもらいました。泣けてきました。今回の「恐れ」の事例も分かりやすくとても良かったです。東先生のフラワーエッセンスも2回目でそれぞれのフラワーの特徴の説明が分かりやすかったです。先生の優しい語り口調も好きです。一つ質問なんおですが、最近太陽風邪や地場のエネルギーの変化で頭痛や倦怠感がたまにあるのですが、このタイプの頭痛などでも一般的なレメディーの頭痛に合うものでいいのでしょうか。なんとなくこの場合は左目のあたりが痛くなります。

●寅子先生、体調不良の中、授業をしてくださりありがとうございました。今日の②のケースの方が、とても自分とソックリだと思いました。姉がとても感情的で、よく親とケンカをし、暴れていました。それを間近でみていた私は、冷静になろう、冷静になろうと感情を抑圧してきました。そしてまさに先生がおっしゃったように、感情的な人に対して嫌悪感を抱くようになりました。しかし先日、私も怒りにまかせて言動をおこしてしまい、その姿は姉そのものだと思いました。「あえて感情的になって、感情的な人間と認める」ということが今の自分にとても必要だと感じました。学生時代にイタリアに留学していたのですが、イタリア人の感情を全面に表に出すということを潜在的に求めてイタリアを選んでいたのだと思います。今日も大きな気づきがありました。ありがとうございました。

●今日の宿題のケースは虐待を受けていたものが多く、心に響いてしばし呆然として何も考えられなくなることがありました。自分が兄から受けた暴力を思い出すと激しく感情が出るというより、今はまだ心がヒリヒリするという感じです。フラワーエッセンスの授業はその植物の持つ特性が精神を癒す特徴にそのままなる、という話がとても興味深くていつの間にか引き込まれていました。

●由井先生、とても深い講義をありがとうございました。他の方の経験を拝聴することで、ふっと思い出したり、心の琴線に触れたりすることがあって参考になりました。先生の喉から発せられる言葉に、いつも以上に反応している自分がいました。授業に合ったスローペースが心地よかったです。フラワーエッセンスは効果がその人に「強すぎる」という場合などは絶対に生じないのでしょうか?時期がその人に早いとか…。授業の中では好転反応はないとお話しされていましたが、わかりやすい内容でフラワーエッセンスに興味をもちました。

●ケース①のパターン(相手ののぞみに答えようとする)は自分もこれまでものすごくやってきたなあと思いました。まさに私がこれまでやってきたことと同じだ!と思いながらきいていました。(実際それで恋愛がうまくいかなくて泥沼になったことが・・・。)今、家の工事をしたり、講座に通い始めたりと変化が続いているので、ふと思いついて「変換期」のエッセンスを使っています。これだ!と思うような効果はあまり感じられていませんが(体調を崩していたりしますし・・・。)「あ、飲んでおこう!(飲んでみたい!)」とこの「変換期」のエッセンスを使いたくなる日が続いています。今まで親や周りの人に、「自分はこうしたい」「自分はこう思う」と主張することができなかった(まさに「相手を不幸にさせてはいけない」と思って自分で引いてきました。)のが、最近少しづつ、自分の「したいこと」や「ほしいもの」、「好きなもの、好きなことをえらぶ」ことができるようになってきた気がします。そういえば以前ほど人が怖くなくなってきたように思います。修行僧気味なので、アリゾナ・ファーとドワーフ・パープルを試してみようと思います。他にも、思いあたるもの、試してみたいものがいくつもありました。試すのが楽しみです。

●ケース②の例を見て、インチャが癒せないのは、「愛されていない」と今も認めるのが怖いからかなと思いました。私の主人は無感情のアダルトチルドレンで、母からの抑圧が相当強かったと思うのですが、どうしても自分と向き合えません。彼の批判をしているわけではないのに、懸命に自分を弁護したり、だれも責めていないのに必死に自分を正当化し、いくら説明しても理解できません。その姿を見ていると、自信がない=愛されていないと認めることを異常に恐れている気がします。そして私は私で正しさの思いを突きつけてしまい、寅子先生のおっしゃるとおり、愛のなさを感じています。それが自分のこれから学ぶテーマだと思っていますが難しいです。

●前回の東先生の講義のあと、初めて買ってみました。不満と怒りでしたが、怒りで子供をののしっているとき使ってみました。子供にも一緒にシュッシュッです。二人で笑ってしまいました。口げんかの都度使っていたので、その時だけでなく怒って無いときでもとり、一カ月位続けて良いということですね!5月、次回も楽しみです。寅子先生も素敵な声から出る癒し。なんか今日は優しい思いが伝わってきました。今日も沢山キャッチしました。ありがとうございました。私の内容はダメかなあと自信が無かったのです。また、皆と同じ事書かないといけないインチャがいました。

●宿題のケースのAさんの異性に対する関係と私も重なるところがありました。Bさんの「いつも冷静にいられるように頑張っている感」にも心当たりあります。Cさんは怒りを抑圧して恨みとなりましたが私はそれも抑圧し無感情、無感動に近くなってしまっているのかもと思いました。とらこ先生の喉のお話、心にしみました。自分い合うフラワーエッセンスが見つかったので使ってみたいと思います。

●いろいろなインチャ癒しのケースを知り、インチャの思いは人それぞれ、家庭環境もそれぞれなんだとわかりました。由井先生のインチャに語りかけるということ、知らないうちに子供の時に行っていました。母に怒られた時、無視された時、叩かれた時、ひとり自分の部屋に戻って泣きながら自分を抱きしめて、ほめてほしかっただけなのに~弟よりかわいがってほしいだけなのに~なんで自分の子供を叩くの~とか言って慰めていました。それでも母にわからせるために怒り、反抗していましたが、思春期にもう面倒くさくなり自分の感情を殺そうと決め無感情に入りました。今、ひとつひとつ幼い頃から大人の私まで閉じ込めた感情を拾い、治していかないと本当の自分に会えないなと思いました。祖父の生まれ変わりと言われて私を生かしているのは亡くなった人と思い、成人するまで生きようと決心していましたが、由井先生が前回の講座で父母に生かされているのではなく、自然の神によって生かされているというお言葉で気づかされました。37回忌を過ぎると祖父も神に戻り、私のそばにいなくなってしまったと感じていましたが、そうではない。原来、自然の神によって生かされているんだ!!と私は私のままでいたら良かったのだと今更ながら気づきました。フラワーエッセンス(ベイリー)をどれを選んだら良いのか、どれも合っているような気がしていました。本日の講座でウッド・アネモネからはじめてみようと思いました。インナーチャイルドで様々な感情が出てきているのでベイリーフラワーエッセンスを使い体に出ている症状を改善するためにも長期使用をしてみようと思いました。

●昨日、1年前位に買ってずっと使っていなかったウッド・アネモネのエッセンスをみつけ、初めて使ってみました。取ってみたらやさしく、よい感じがしました。今日の授業に出てきたのでびっくりしました。今が使い初める時期なのだなと思いました。植物はおもしろいですね。

●とっても沢山愛されている実感を得ました。感謝。フラワーエッセンスも何年も前に使った時「こんなちんたらしたもの効くか!」と思ったし、待っていられないんだよ!今が、今すぐ苦しいのを何とかしてくれよ」と。思っていたことを思い出しました。あの時は怒りの感情が強くて、FEの優しさを受け取る自分にはなっていませんでした。今なら使えると思います。5月までの間、色々使ってみようと思います。楽しみです。

●今日はありがとうございました。フラワーエッセンスは以前から使っていたのですが、はじめてフラワーのセワピストさんに見てもらいながら自分用に色々と合せてつくってもらいました。・アンジェリカ・エロス・イサン・ニジェラマ・クジラ・カルフォルニアポピー、これらをブレンドしてもらったエッセンスを毎日とりはじめてからすぐに効果がでました。まるで先週とはまったく別人のように明るく、何かアクションがあっても心乱れることなく、人が苦手な私ですがハートが開いてきたのが、人とたのしくコミュニケーションをとることがあできました。何より私のカルマでもある孤独とも対峙できるようになってきた事がとても大きい変化になりました。今日もとても良い気付きをえられました。ありがとうございました。

●由井先生の喉の痛みのお話を聞いて、自分の左膝の痛みの原因について思いがめぐりました。左膝は15歳の時の交通事故が原因で靭帯損傷し、その後のスポーツ等での酷使によって半月板断裂なども起こってしまっているのですが、小さい頃によく高いところから飛び降りる遊び(勇気だめしみたいな)をしていて、かなり膝に大きな衝撃を与えていたかも・・・。それも、左足で血口したような記憶が思い出されました。不思議な感覚です。今日、家に帰ったら、左膝を酷使してきた事、痛みつけてきてしまった事をお詫びしつつ、癒しの言葉と、感謝の言葉をかけてあげようと思います。いつも楽しく講義に出席させていただいております。ありがとうございます。由井先生の喉の痛み、早くやわらいでくれますように・・・。

●本日も有難うございました。由井先生、声が枯れながら、先生ご自身のインナーチャイルドとの出会いのお話しを聞いた時、涙があふれました。先生も幼少の頃、泣き叫べたら、こんな風に声を枯らしながら泣かれたのでしょうかと想像したら、私自身にも言えることなのだなぁと思って、あふれたものでした。ケースでの紹介ですばらしいと言って頂けたのも嬉しかったです。来るまでは、評価を気にする私も少しだけ出てきました。でも、いいんだよ、ほめめられなくても、私はあなたが好きだよ、と言って落ち着かせました。すっとラクになりました。実際に説明して頂いて、気付いたのは、告白されたり、誰かが好意を持って近づいてくれる時に、強く拒絶したこともたっっっくさんありました。完全にシャッターを下ろしてしまう感じです。まだまだインチャはたっっくさん居るのだなぁと思いました。でも、癒し方に手応えというか、このまま進めていこうという気持ちが持てたので、続けていきたいです。授業と関係ないですが、相談会で出して頂いたレメディー、次男も続けていましたら、近ごろ、どもりもが全くなくなりました!とてもすごいなぁと、びっくりしています。そして、レメディーやアルポなど、何なんだろう??と興味が増します。ありがとうございます。東先生の授業は、フラワーエッセンスを知らないので、筆記するのに必死で、ついていけないものがたくさんありました。写真を見ながらの説明が一番スッと入ってきます。本の何ページなど、何がメモとして必要かがまだつかめなくて、書き取り、聞き取りの要領を得られず・・・もっとゆっくり聞けたらと、学びたいなぁと思います。ありがとうございました。

●今回から受講しています。私のインチャも深いようで、このコースを受講することはとても勇気のいることでした。インチャに関する本や、DVDも買ったときのままで、なかなか目を通すことが出来ませんでした。今日は1日中、眠くて仕方がなく、日中何時間も寝てしまいました。自分の子供の顔をたたくという夢を見て、気分が重くなり、またふとんに戻るなどして過ごしました。夕方からの講義には、何とか来ることができましたが、前半のケース紹介の内容はどれも聞くのはつらいものばかりで、あと何回こういった講義を受けるのだろうと思い、体をこわばらせていました。寅子先生のお声のお話になったとき、涙があふれてきました。それと同時に、体の力も少し抜けたように感じました。私は、自分のインチャをいやしたいと、何年間ももがいてきました。これからの数カ月間、できるところまでやるつもりでいます。よろしくお願い致します。

●フラワーエッセンスがとても楽しい内容で、使用してみたいと思った。今まで宿題を出していないが、いつも取り組んでいる。早く出せるように少しずつ取り組んでいきます。いつも勉強になります。ありがとうございました。☆トラ子先生、早くよくなって下さい。おだいじに。いつもありがとうございます。

●東先生のフラワーエッセンスのお話とても興味深く感じ、前回の講座で気になった物をとることにしました。コンポジットエッセンスを約1カ月とりました。幼少から高校生くらいまで変質者かちかんにあうことが多く、トラウマとなっていましたのでとってみたところ、20年ぶりに変な人においかけられて大変な恐怖を感じました。さいわい、認知症のおばあさんで近くに交番もあったので、そこへにげこみ大丈夫でしたが…。あれはどのように受けとめたらよかったのか。昔のように恐怖があった一方、意外と大丈夫だったので、昔のように弱い自分ではないと思える事件でした。今はホメオパスにブラダーセナを勧められたのでとることになりました。今日の夜からとります。何か気づきがあるか楽しみです。

●どのフラワーエッセンスを摂ったらいいのかわかりませんでしたが、今日の講義でわかり始めました。自分に合う必要なエッセンスをぜひ摂ってみようと思います。何に気づきどう変わって行くのかが楽しみです。

●由井先生、体調もすぐれない中、ありがとうございます。授業で周りの人達が涙を流して聞いているのに、私にはこみ上げてくるものが少なくて、感情が無感動、マヒになっているのかなと思いました。今日の②のBさんのケースに似ていそうなので、もう1回宿題をやり直してみます。東先生、おだやかな語り口でいつもありがとうございます。エッセンス像がすごく頭に入ってきてそれが忘れないで記憶に残りやすいです。

●フラワーエッセンスおもしろいです。前回、宿題は書けなかったですが、似たようなケーススタディがありました。かといって他人は他人。私のインチャは私のインチャなので、向き合ってみたい次第です。仕事の一環でできたらいーなーと思っていましたが、嫌いなものから逃げてる/無視してる今の私の状態では、むずかしそう・・・・寛容になってる気はするのですが。

●由井学長の講義で前回に引き続き今回も涙がでました。魂の講義をありがとうございました。インチャ癒しのワークもこんな感じでトライしてみようかなと思いました。今日紹介して頂いたエッセンスどれも自分自身に、パートナーに必要だなと思いました。一度持ち帰り色々とチャレンジしてみようと思います。前回の講座以降、自己卑下のエッセンスを摂ってみました。人に会う時、子供に対してガミガミ言ってしまう時、心が軽くなるのを感じ、体も軽くなる感じがしました。

●症例の中でインチャが癒されてないとほんとの恋愛はできないと聞き、過去の自分を振り返ってみたくなった。自分もそういうところがあった気がした。何事もインチャが癒されてないと自分らしく生きていけないことを再確認し、引き続き自分のインチャと向き合っていきたい。フラワーエッセンスはまだ使っていないが、とても興味深い。これ、私に当てはまるというものがいくつもあり、そのうち試してみたいと思います。

●ケースを聞いていて、自分のインチャ癒しがまだうまくできてないなと思いました。漠然としていて、何かまだ核心に近づけない感じです。フラワーエッセンスを使ってみて自分がどういう感じになるのか体験してみたいなと思いました。

●インチャ癒しを皆さんしっかりやっているようで、凄いと思うと同時にうらやましい。自分にも近い方のケースもあるので参考にしたいです。まだまだ自分はインチャに向き合えていない…。フラワーエッセンスは面白い!つぶさに観察するとキャラがわかる気がします。難解ではない感じ。5月までに何か試してご報告したいです。

●恐れの感情についてうまく見ることができず、今回の宿題を提出することができませんでしたが、自分のタイミングできちんと向き合っていきたいと思います。フラワーエッセンスについてとりあえず何を摂ったらいいのかわからなかったのですが、今日少しヒントがもらえたので良かったです。あまり難しく考えず、ピンときた物から試してもいいのかもしれないと思いました。

●フラワーエッセンスはまだ少ししか試していませんのでこれからいろいろと使ってみたいと思います。シングルはまだ持っていないので、今日の東先生の講義を参考に試してみたいです。バターカップは花びらにラメが入っているみたいで、温かい気持ちを受け止められない、反射してしまうのですね。その花々の姿形が精神への影響がある。花の力って本当にすごいなって改めて思いました。

●ケース①、ケース②共に私のインチャと同じようで、これを文にしてくださった方に感謝します。ウッドアネモネは、カルマ、長男に問題が多い家系には男性だけでなく女性も撮ったほうがよいですよね。コンポジット22を遺伝的なものに効くか使ってみます。長男ばかり様々な病気がでます。長男がダメになったら次男に引き継がれます。今までレメディーばかりを使っていましたが、エッセンスの説明を聞くとどれも合うような気がして、これから使っていこうと思います。とらこ先生・東先生ありがとうございました。

●とらこ先生、そのままの姿で私たちに接してくださってありがとうございます。先生の生きざまが多くを教えてくださっています。勇気をもらいました。東先生、教わったC-1、Anger&Frustration、C-21、Insecurityを最近試し始めました。今日のお講義でも、とても私にぴったりだと思うフラワーエッセンスがいくつもあったので、これから使っていこうと思いました。ますますフラワーエッセンスが好きになりました。ありがとうございました。

●宿題がどうしても途中から進まず、うなりながらききました。数珠つなぎで、「怒り→恐れ→悲しみ」になってしまうので、どれかを切り離せない。だけれど今日の例を見たところ、数珠つなぎになっているなと思い、もういちどやってみようと思った。苦しみの果てには、喜びと光があるよと、とらこ先生が言っていました。東先生がアリゾナファーで人生修行であると思ってる人と言うので笑ってしまった。それは私でもあるのです。まさに!!宿題おくれてもいいよ、私。

●回を重ねる度に軽くなったと思った心とからだが又、少しだけ重くなったりしています。やはり何度もくり返す事によってのみ、あきらめずに自分を支えてあげようと思っています。寅子先生に接して回をかさねていくうちに、今までとても大きく、もの凄いあごがれと羨望と尊敬とが入り交じり、ただただ遠くからお話を聞く事しかできない自分がおりました。でも不思議と風邪をひかれていた寅子先生が少し近くに感じられて嬉しかったです。東先生の講座は美しいです。なんだか物語り風な、おとぎの世界に連れて行ってくださる様な不思議な感覚を体験出来て小説をひとつ読み終えた気持ちにさせて頂きました。今回も本当にどうもありがとうございました。

●由井先生のインチャの解放の講義で紹介されたケースの方と同じようなテーマがあり、自分では宿題時にうまくインチャを癒せなかったが、もう1度さらに、このケースを参考にやってみようと思った。東先生が教えて下さるフラワーエッセンスは、どれも興味深くとってみたいものがまた増えた。今、「不満と怒り」「抑圧の子供時代」を3週間ほどとっているがピンとこない部分があるので、「ラウンド・ヘデット・リーク」をとってみたいと思いました。今日の授業ありがとうございました。寅子先生の、のどがよくなりますように。

●綺麗に咲いているお花達も東先生の話を聞いていると感情のある生き物感じて面白いなって思いました。先生の本が欲しくなりました。ありがとうございます。

●今日はクラスの中で初めて泣くことができました。このコースに通い始めて、レメディーやフラワーエッセンスを積極的にとるようになり、感情が動き始めているのを感じています。

●由井先生のルーマニアの殺人事件の話で被害者の人のインチャの想像はとても納得できました。あと、人生でものすごく辛い経験をしている人に圧倒され、自分がとても小さなことで悩んでいる気がして恥ずかしくなります.

●今日のフラワーエッセンスはとても面白かったです。前回の時はとっつきにくくてあまりなじめなかったのですが、今日の授業を受けてウッド・アネモネをとってみようと思います。

●フラワーエッセンスはまだ使ったことがないので、いろいろと試してみようと思いました。

<< 1つ前の記事へ | 記事一覧へ | 次の記事へ >>

最新の講義の様子

2017/10/07インナーチャイルドセラピスト養成コース講師:由井学長(DVD上映) (写真クリッ...
2017/09/23インナーチャイルドセラピスト養成コース講師:由井学長(DVD上映) (写真クリッ...
2017/09/16インナーチャイルドセラピスト養成コース講師:東先生 (写真クリックで拡大します。...
2017/09/02インナーチャイルドセラピスト養成コース講師:由井学長 (写真クリックで拡大します...
2017/09/02午後は、インナーチャイルドセラピストコース在校生・卒業生の交流会、「インチャの会...

講義を月別に表示する