2013年11月23日(土)

2013年11月23日(土)

インナーチャイルドセラピスト養成コース
講師:由井学長

(写真クリックで拡大します。)

夕方からインナーチャイルドセラピスト養成コースが行われ由井学長が教壇に立ちました。

本日のテーマは怒り。多くの日本人が親や社会から「怒ってはいけない」と道徳で自分の気持ちを押し殺し、その抑圧されたエネルギーが自分や他人を批判する精神を生み出しているだけでなく、自分自身の肉体を傷つける原動力にもなっております。

本日の授業は、前回、宿題として提出された「怒りの感情を抑圧した出来事」について学生達が真摯に向かいあった内容に関して、一部の方の例が全員にシェアされました。それぞれ一人一人が共感を感じた後に、由井学長より深く温かな言葉が発せられ、抑圧されたインナーチャイルドを救い出すコツが伝授されました。

自分に向きあった際に、他人から傷つけられ怒りが蓄積している事に気づいた体験。
その怒りの感情を枕を殴って吐きだした後に、冷静さを取り戻した体験。
幼い頃、親による兄妹の比較に傷つき、いつしか自分を責め続けている事に気づき、癒せた体験など。

同級生たちの生の体験と、由井学長の愛ある導きが一人一人の中にある似た体験を呼び起こし、癒すツールとなり、クラス全員に癒しの輪が広がりました。最後に、由井学長の動物相談会でおこったエピソードが映像で紹介されました。QXで表わされた動物の潜在意識より「飼い主を癒して欲しい」というメッセージを受けて、由井学長が暖かな心で飼い主の心を癒し、インナーチャイルドを解放する様子が映し出され、多くの学生が涙しました。

由井学長、本日も素晴らしい講義をありがとうございました。
学生の皆様、遅くまで本当にお疲れさまでした。

講義の感想

●今日も魂の授業をありがとうございました。未だ一度も宿題を提出することが出来ません。ですが今日、美しい紅葉を見ながら歩いていると私は私のままでいいんだよ。私自身をしっかりと受け入れていこう。怒りの感情について意識していたので、怒ってもいいんだよと認めてあげることができました。その時に吹いた風の感覚を今でも覚えています。今日の授業で自然と接することその自然を感じる事の素晴らしさのお話しを聞いて、今日の経験はここにつながっていたのだなと思いました。自然はすばらしい。何て心がほぐされるんだろう。こんなに自分があるがままで生きていいんだと思えたのは初めてです。少しずつ自分の変化が分かるようになってきました。本気で生きる自分の時間を人生を生きたい!!インナーチャイルドセラピストコースに通ったこと通うと決めた自分をほめてあげます。素晴らしいよ、私。ありがとうございました。

●とてもとても自分にとって濃い大切な講義でした。怒りの感情の抑圧が母からの愛情が欲しいため。涙をこらえ感情をおさえ、じっと我慢している自分のインチャが見えたように思いました。そしてわが子のことを思いました。分かってはいるけれど感情を爆発されて泣き怒り続けられると、最初は受け入れていたけれど途中で我慢の限界となります。そういう時は傷つけるような否定的態度をとっているのを思い出し胸が苦しくなりました。でも仕方ない。そんな自分さえも受け入れていこう。生活するってことは全て良い事ではないし、学びながら生きていくしかないかな。何といっても私は我が子だちを無条件に愛していく自信があるのです。(これは未来への宣言です)実母との葛藤もあります。今は怒りが出てこない私ですが、エネルギーを高めていきたい。大いなる存在に守られている自分や全ての生命に祝福を送りたいなと思います。カウンセリングのポイントで「しっかりとその場にいる」という事。共にいる時間を大切に思う事。相手の物語(この表現はとてもしっくりきました。誰もが皆主人公なのですね)を共に読み取って行くと言う事。たとえセラピストでなかったとしてもとても大切なメッセージ。常に心にとどめておきたいと思います。回を追うごとに深みが増し、養成講座に出られて幸せです。全てに感謝。

●本日も、素晴らしいお話をありがとうございました。怒りの感情が一番苦手で、怒りを出す人が大嫌いでした。今日の授業で「怒り」の感情が大切である事を学び、おどろきと同時に自分の中にあるはずの怒りの構造が良く理解出来ました。前回の宿題で怒りの出来事を書き、思い出しては涙が止まりませんでしたが、その時の怒りはどこかへ行ってしまったようで、どうした事かとても不思議でしたが、本日の授業で「敗北/あきらめ」感から無感情になったのだと解り「目から鱗」でした。自分が親から受けた価値観をひきずり、今、息子に、友人とケンカをしてはいけないとか、感情的になってはいけないとか、毎日、間違った価値観をすりこんでいる事に気付きました。今日から今までと一転して、怒っても良いんだよ、反抗しても良いんだよと言われた息子のおどろいた顔が浮かびます。間に合って良かったです。道徳や世間のあたりまえのしつけが子供の心にとって、必ずしも良い事ではないと言う事、教えて行きたいと思います。自分の中にある自己卑下、あきらめてしまった感情も丁寧に諭していこうと思います。ありがとうございました。お疲れさまでした。

●本日もありがとうございました。ケースの解説を聞く度に、細かい様々な感情に気付かされたり、インチャに出会い、これも癒さなきゃ!あ、また、これも!これも!と、あわてるような気持ちになります。最近、早く癒して楽になりたい、ツルツルピカピカに癒したい!と焦っている私がいます。大きな出来事、人生の中でも濃く印象づけられている場面を癒すことが多いので、ささやかな出来事はほとんど拾えていないのか・・・。それでも、入学した頃よりも日常生活の中で自分の気持ちにほんろうされることが少なくなってきました。心構えのお話しを聞きながら思い出したのは、18才で初めて精神科を訪ねた時、とりあえず薬を、と出され、くすりじゃないんだ!原因は親や家庭なんだ!と叫び、あばれ、とり抑えられた、あの時から20年経ったんだなぁと思いました。それからあちこち、転々と、本当の癒し、治癒を求めて、さまよい続け、やっと、やっと、ここに辿り着けたのだと、心の底から嬉しく思いました。私は記憶力や理解力がとても乏しかったので、情報や知識がとても欠落していると思い、それがとにかく怯えの素で、手も足も出せない人生でした。今はその恐怖はとっても少なくなっていることに気付きましたが、もしセラピストになれた時、なりたいけど!このことが私の壁になるかなぁと不安が出てきました。そんな私から人が離れていってしまう恐怖・・・これは私のインチャでもあるので、癒してあげて、受け入れていけたらなぁと思いました。由井先生が今日は白い服を着てきたの、とお話された時、とっても胸があたたかくなり、ジーンときました。私も、どもっていた日々や恐れで手足が震えていたときがあったけど、うん。少しずつ変化してきています。本年は由井先生に出会え、インチャコースにも入学でき、自分にいっぱいごほうびを与えられたスタートの年になりました。いつもありがとうございます。よい年をお迎え下さいませ。

●本日はありがとうございました。私は5年目に初めてホメオパスにかかりました。今でも同じ先生にお世話になっていますが、ふと今日思い出しました。私が辛くて苦しかった時にとても大切に聞いてくださったこと。神様は私の一切を御存じですが、人間の中で私の事を一番知ってくださっているのは私のホメオパスです。私も悩み苦しむ方を癒せることができるセラピストになりたいと思います。

●インチャ癒しがだんだんできるようになってきました。一つその扉が開くとバラバラになっていた過去と現在が一直線上に並び、ああそうかと納得できることが本当にうれしいです。最初はできなくて(どうやってすればいいのかどうしてもわからなかった)苦痛でしたが、ひとたびコツのようなものをつかむと少しずつ面白くなってきました。これまではわき出る感情をただただ相手のせいにばかりしていましたが、なぜ?と自分に目を向けると思いのほか救いの答えがあることに目から鱗です。どんどん癒していこうと思います。後半のセラピストの心構えは改めてまだまだそこまでは達していないと思いました。

●とてもよかったです。感情をこのように体系化してどういう風に抑圧されるのかを教えられる人は他にはいません。心得に関しても先日他のセラピストのセラピストの心得を聞いた時、①場所を決める、②広告する、とかでがっかりしたところでした。とらこ先生は感情にきちんと向き合っているからこそどれだけその人の感情に焦点を置くかを大切にしてたった一回のセッションでもウサギからクライアントさんまで、しかも夫婦が仲良く手を取り合っていくという素晴らしいセッションで本当に本当にすごかったです。

●やはり3時間フルに由井先生の日は、静かにインチャの世界に浸れるように思います。Aさんの報告はとても勉強になりました。分析の深さを感じ、作業を途中で止めなかったことに感心しました。ずっと先生の経験を繰り返し伺ってきて、先生の経験として自分の経験とは異なるものと受け止めていたので、この方のような反応に対して、とても勉強になりました。6回目が終了し、コースを受講してよかったと思っています。

●子供の頃はよく母親と大喧嘩していたので、自分は結構感情を出してきた方だと思いました。大人になって、あまり怒らなくなったので自分は穏やかな人間なのだと思っていました。でも、インチャコースを受け始めて、自分の事をみていると、結構日常的にイライラしていることに気付きました。感情が出てきているのに、目を向けていなかった、気付けていなかったことがこわいと思いました。

●怒りを抑圧しすぎて今回の宿題は全くワークできていませんでした。親の期待にこたえよう、愛されたいとの思いが強くて自分の人生なのに親のための人生になっていたのではないかと感じました。

●どちらかの価値観を緩めていくしかないというとらこ先生の言葉で改めて自分自身の価値観を緩めていくしかないのだなぁと思いました。インチャを癒すのは本当に難しく思います。何年かけても癒せるよう頑張ります。

●現在抱えている悩みを解決できそうなお話がありました。「誰かに攻撃をされたら、その人を受け入れて認める言葉をかけると魔法のように溶ける」私も長いあいだ、とある人物に攻撃をされており、どうすればその人がやめてくれるのかをずっと考えていました。自分で出した答えは、「相手を嫌わないこと」でした。由井先生のお話の内容と似てはいますが、私の場合は、相手のしていることを認めて受け入れることとは全く違いました。相手が人を攻撃する背景には何があるのか、それを見つける。そういう背景があるのなら、私を攻撃するのも仕方ないよね。今のあなたにはそれが必要なんだね。あなたにはこれだけの良い資質があるのだから、必ず乗り越えられるよ。...等々と思っているうちに、まるで自分に対して声をかけているような気持ちになりました。相手と自分の距離が縮まったと思いました。帰宅してから、もっと掘り下げて考えてみるつもりです。本日も本当にどうもありがとうございました。

●本日の講義で怒りを抑圧している自分を発見しました。怒る前に自己卑下、自分を責める自分がいるため、私の手のアレルギーは治らなかったのか?!と思い、帰宅してから根性いれて、怒る自分を抑圧するインチャを癒してみようと思ってます。私の中の憎い感情を受け入れてみたら、アレルギーも治っていく気がしました。「誰ひとり私を愛さなくても、私が愛する」と自分を信じて、体の芯に浸み込むようにしたいと思いました。

●見ないようにしてたことも見て感じて共感していかないといけないんだな、セラピストって本当に今必要だなと思いました。ケースを聞いていてそういえば…という自分の「怒り」のケースも思い出しました。次の宿題は悲しみだというのに。たぶん負け続けたインチャがいます。椿が美しかったです。机の横のタージマハールが気になりました。今日は仕事で疲れていて意識が散っていました。でも由井先生のような雰囲気からでも汲み取って共感してくれるセラピストになりたいと強く思いました。

●最近は、他の人と接し、会話の中や、相手の行動に対して自分がどのような感情を持ったかをその場で感じつつ自分の心を観察してみています。相手に自分を投影して見ているという事がよくわかってきました。特に、怒りや、嫌悪、嫉妬などの感情を通して何故そう感じるのか、という事を見つめてみることは、自分を知るとても良い手がかりだと思いました。セラピストの心得の、傾聴、愛を持って接する、というのは最も大切だと思います。この数カ月、そして数週間、数日、と今、自分の内面が大きく変わってきてるのですが、それは、自分の全てを受け入れよう、と思ってからです。現実生活にも明るさがどんどん増えてきました。まず自分を愛すること、なのですね。ありがとうございました。

●毎回、寅子先生の講義は感動的です。うさぎの症例はすごかったです。うさぎの想いを読み取れるなんて・・・本当に感動しました。私も霊性の向上を目指して修行していきたいと思います。ありがとうございました。

●いつもいつも感じさせていただくのですが怖い半面楽しみでもありどうしようかなーっと思う反面ワクワクしたりします。私が私に戻れるために一歩一歩少しずつ歩いているような実感と感触があるのは確かなことでそれはとらこ先生や講師の先生たちのおかげだと思っています。それと札幌の私のホメオパスの竹内久恵先生とです。正直に生きていこうねって自分にOKを出せるようになっています。ありがたいです。いつも愛ある講座をありがとうございます。来年もよろしくお願いします。

●とてもたくさんの気づきが得られました。とらこ先生とたくさん目が合ってエネルギーをもらえた気がしました。私はとらこ先生のようなセラピストになります。ありがとうございました。愛を込めて。

●今日は、本当にありがとうございます。いつも由井学長からは愛をいただいていますが、それが今日は直球で心の中に入ってきました。直球だけど痛くないです。暖かいです。前に進んでいこうというエネルギーが湧いてきました。神様はいつも見ていてくれますが、由井学長が見ていてくださることが、はげみになります。これからもよろしくお願いします。

●”本気で生きる”-今の自分に一番足りないものだと思います。頑張っていた自分は対抗意識に支えられたものだったので、癒されていくうちに、一旦、原動力を失ってしまった感じです。この後に本当のパワーが内から湧いてくることを信じているのですが・・中々パワフルに戻れない自分を責めないようにしようと思います。セラピストにホメオパスになる”覚悟”もこのコースを終える頃には固まっているといいなと願います。怒りを抑えている人・・職場に沢山いました。彼女達を少しでも楽に生きられるようにサポートできるようになりたいです。その為に自分のインチャとこれからも向合おうと続けます。

●カウンセリングから学ぶセラピストの心構えのところで、由井先生がクライアントから「なぜ私は親から愛されなかったのか」という質問が出たら、どう答えるのかということに対して、答えを下さいました。ちょうど数日前、勉強しているリーディングの学校で、セッションをした時、同じ質問があり、今日、その答えが一致しました。タイムリーな学びがとても有意義でした。今日も授業をありがとうございました。

●怒りという概念が今回の授業を聞いて大きく変わった。怒りというものは、悪いことであると考えていたが、そうではないことが改めて理解できた。偶然ではあるが、つい先日、娘と息子は初めてとっくみ合いのけんかをして、驚いて、私はついとめてしまったが(傷しそうだったので)見守っても良かったのかな?と今日の講義を聞いて考えてしまった。何はともあれ、これから少しいろんなことが楽になりそうな気がします。

●自分の心に語りかけることをもっと楽しめるといいと思いました。約20年間、自分らしく生きるための方法をさがしてきたのですが(19歳から)自分を大切にするのが自分に声をかけることだと思えました。今までは、宿題に向き合うために仕方なくやっていたのですが、もっと自分を受け入れるために、自分の思いがわからない時に、自分で自分にかたりかけてみたいと思えるようになったのが、よかったです。

●ところどころ自分に言われているみたいで、ドキッとしたり涙が出てきました。家では涙を流したいのに、出てこなくてあせるばかりでしたが、少しホッとしました。

●恐れの抑圧、怒りの抑圧とここ2回の宿題でインチャ癒しができていないと感じました。ケースの方々の経験がもの凄くて、自分の経験など大したことがないと思っている自分がいます。人と比べず、自分の内面をもっとじっくり見つめようと思います。DVDのケースで、ウサギ(患者?)から本当の患者を見抜いていく力は凄いと思いました。

●今日のケースの価値観は、私にもあり、正しくなければならない、いい人でいたい等、共感できることがたくさんありました。宿題を取り組む中、たくさんの出来事や、価値観を見つけることができはじめています。「怒り」をやっているときに、悲しみの感情がでてきて、本当に愛されたい、認められたいという気持ちが強くあることを自覚しました。「大丈夫だよ、愛しているよ」と声をかけて、自分で自分をなでてみたり、さすってみたりしています。いろんなことを思い出す中、このことが本当にこの価値観につながっているのだろうか?もっと他にあるのではないかと、まとめるのにひと苦労している感じです。少しずつ、自分に声をかけること、最近になってできるインチャにも、対応して、声をかけることができるようになりました。そうすると、傷ついている自分、怒る自分、自分を責めてしまう自分が、少しずつ癒されていると思います。継続していきたいと思いました。

●明日引越しのため、今回は宿題提出間に合いませんでした。ずーっと庭の広い戸建てが欲しかったんです。そこでトマトだのジャガイモだの育てて、それを食べる生活がしたかったのです。それは自然の中に身を置いた時、不安を手放せることを知ったからです。インチャの最初の「ここ2~3年のうちにどうしたい?どうなりたい?」の質問に「家を買って自給自足に近い生活がしたい…」と書きました。その第一歩が明日から始まるわけです。質問に答えた時は住宅購入の話はまったく具体的にもなく、何も決まっていませんでした。その後わずか2カ月で希望する方向で歩きだせることが嬉しいです。自分がどう変わっていくか、観察していこうと思います。来年もよろしくお願いします。セラピストの心構えを聞いて、自分の意識が、真剣度が、覚悟が、ちょっと軽々しかったかなぁと思いました。ウサギの話は興味深かったです。

●私は4歳の子供に怒ってばかりいます。彼女の意見も尊重して譲歩して約束もして待つのに結局その約束を守ってくれない。どうすれば彼女にインチャをうえつけないようにできるか、そのことばかり考えています。今日も公園で夢中で遊ぶ彼女に帰る時間を促すため2回約束をしました。まず「泥団子をあと2個作ったらかえろうね」「うん」それでも帰らない。「約束したでしょ」「もっと遊びたい」そしたら「あと10分で絶対おしまいね」「うん」10分たっても「いや!」と言って梃子でも動かない。どんなに言い聞かせてもダメ。結局「いい加減にしなさい!約束を守りたくないなら勝手にしなさい!お母さんは帰るから!」とその場をどんどん離れていくと「うわーーん!お母さーん!」と号泣して私もすごく腹を立てて、その後何度も怒りの小言を言うことになり、せっかく楽しく遊んでいたのが全て台無しになっておわる。どうすればいいのかわからない。

●最近なんとか感情日記を書くようにしています。気づいたことは、悲しみや恐れでなく毎日何かに怒っていました。講義の中でも"怒ってばっかりいる人はあきらめてない"と由井学長がおっしゃっていたので何に対してあきらめてないのか?考えてみようと思いました。つらかったことや怒りはいろいろと思いだすのですが、インチャはまだ出てきません。引き続き続けていくしかないのですよね。

●「悲しみ」→「恐れ」→「怒り」と段階的に理解することがわかり、少し混乱していたところがあったのでクリアになりよかったです。最近は人の話を聞くにつけ、意識もしているせいか人の行動の背景にある悲しみ(恐れ)の様なものを感じることが多く、安易に人を批判したり、判断したりすることがなくなりつつあります。また先生のおっしゃった「大いなるもの」の存在を私も確かに感じた経験があり、そこから自分が自分自身を受け入れ変わり始められた事を確かに感じます。今日もありがとうございました。

●宿題を検証していく講義の中には、自分の体験や思いなど重なる箇所が随所にあり、そのたび思い出がフィードバックされたりその時の感情がわいたりとで講義を聞く事と感情を落ち着かせることで心が忙しかったです。次回まで日にちがありますので宿題をしたり感情日記を付けたりしながら自分の感情としっかり向き合っていきたいと思います。

●先生が皆宿題に取り組んで苦しんでいるようだといわれ何か少しほっとした。宿題をすることで嫌でも自分と向き合わされ苦しかった自分がいた。インチャもなかなか話してくれないもどかしさもありますが、何があっても親である私はあなた(インチャ)を愛すと覚悟を決め、まずは悲しんでいるインチャを探す行動をすること、という先生の言葉に良い気をいただけたのであきらめず地道にインチャ癒しをしていきたいと思います。親から愛されたいが故に感情を抑圧すると言われましたが実際宿題をやっていて私自身そのことに気づけました。誰も皆親から愛されたいこと、でも無条件の愛がなかなかもらえないこと、でも自分が親となりこの子を愛してゆきたい、今日は本当にそう思って帰ります(泣)!!そして大いなるものに守られてきたんだよと言う先生のお言葉は本当にありがたくこうして生きてこられたのも守られてきたお陰なんだとあたたかい気持ちになれました。どうもありがとうございました。

●今回ケースの例を読んで私もやってみようと思いました。自分と向き合ってもどうしても癒せないというか、いつもまでも腹が立って仕方のないことがあり、行き詰っています。なぜ腹が立つのか考えてみてもどうも自分の中にある同じものが発見できず、別の視点から回答を得ようとしてみたりしますがなかなかうまくいきません。腹が立つ人たちに本当はどういう思いなのか(本当は幸せになって欲しいと思っている)は分かるんですが忍耐をもって愛で接することができません。こんな私でホメオパスでもないのですがセラピストになりたいという思いを持っており、今日の心構えは特に耳を傾けて聞きました。寅子先生のケーススタディは毎回本気で接している事がよく伝わります。心でちゃんと接しておられるなと思います。今日感応についてお話がありましたが、私も最近自分が大いなるものに愛されていると感じる事ができました。輪廻転生について知り、何を学ぶためにあの親を選び、あの会社へ行き、ここへ来たのか、ある日バーとわかり、涙があふれて車中号泣して家に帰りました。試練や偶然と思える出来事が自分を学ばせてくれた為にあったと分かり、生かされている幸福感を感じました。そしてそれ以来、長年の不眠症が解消しました。

●前回も今回も宿題に取り組めなかった。恐れも怒りも、沢山沢山抱えていて、どこからほぐしていいものか、全く糸口がみつからなかった。一つ一つ覚えていられない程沢山あって、ほとんど記憶にないのだ。今日授業で人のケースを見ていて、ああ、こういうこと、私にもあったなと思った。いいヒントをもらった。そこを掘ってみようと思う。

●感応のお話では涙が出ました。コングレスのお手紙を頂きましたが、迷ってました。でも、大いなるお導きともお話の中で受けとめる事ができました。現実的に寅子先生が師である事を感じました。ありがとうございました。

●ずっと仕事の事で腹を立てていて、どうにかしたいと思ってた怒りの感情を今回のワークで解決出来そうです。ありがとうございました。

●今日もありがとうございました。今日も色々な気づきが有りました。私もやっぱり感情を出すと愛されないと感情を抑圧してきました。感情を出してもいいんだよ、とまずは声をかけてあげたいと思います。もう少し掘り下げてみたいと思います。

●今回の講義でのセラピストの心構えを聞きながら、自分にそんなことができるのかという恐さがあることが見えてきた。やってみようと思うのに資格がないのでは・・器でないのでは・・と。いつもその自信のなさに打ち負かされてますが、先生の自分を癒そうという時点で、自分のカウンセラーという言葉にとても勇気を頂きました。講義でのひとつひとつの言葉に心を温かく包まれて帰路につけています。ありがとうございます。

●今回は宿題がやれませんでした。毎日の生活で精一杯で自分と向き合い時間がとれず、残念でした。でも、他の皆さんも自分のインチャと向き合っている様子がわかって、年末年始で今までの分もしっかり振り返ってみたいです。もしかしたら、今、自分が見たくない、見ると悲しくなる部分にきてるのかもしれません。向き合ってみます。

●インチャ癒しがうまくできない人がたくさんいると聞いて、自分だけではないんだと少しホッとしました。まずは抑圧にする、我慢することをやめる事から始めてみます。そして、インチャの反応があるかわかりませんが、問いかけをするように心がけようと思います。喜びの感情を上手く表現ができないのも、インチャと関係しているのかなあ。喜怒哀楽を表現できるように、出してもいいんだと思えるようになりたいです。

●本音が言えない事が随分あると思いました。自分自身も、そして周りの人にもそういう人が多いと思います。それはすごく苦しい事だなと改めて思いました。悲しみ→恐れ→怒り→深い悲しみが今回よくわかりました。

●ありがとうございました。いろんな価値観に基づいて物事を判断して自分を苦しめていましたが、もっと自分に正直に素直になれるようインチャ癒しに取り組みたいと思いました。そうすると自分も周りも変わっていける気がします。今がとてもいいチャンスと思いやっていきたいです。

●インチャを出そうとしても出ない時、出せない自分を責めることもありました。でも出せない自分をそのまま受け入れて声をかけてあげることが必要なんですね。そのままの感情を出し、その感情を意識していきたいと思います。

●書きたいことがまとまりませんが、私は「人を癒したいな」という想いがありました。理由とか、何でそう思うのか分かりませんが、みんなよくなってほしいという気持ちが自分の元にある様な気がしていたのを思い出しました。

●とても心が揺さぶられ、涙が出ました。最後のウサギさんのお話で、奥様の人生に寄り添うご主人。辛いことのある人には、こういう人が必要だなぁ、まさに宝だなぁと。自分もそばにいるそんな存在への感謝も忘れずにいたいと気づかされました。

●ケースでは、自分ととてもよく似ているケースがあり、どんな言葉をかければよいのかがよく分かりました。私も怒っている子供に抑圧する事を言ったりしているなぁ。と思いました。子供は受けとめるとしがみついて泣いて、すっきりしたりするので、忙しく自分が焦ったりしている時には、一呼吸して、しっかり向き合いたいです。一切成就の祓いを言って頑張ります。

●セラピストとして活動出来る事がまた楽しくなりました。また、自分と向き合い、インナーチャイルドを癒して行こうと思います。ウサギの気持ちを感じられるとら子先生はやっぱり素敵だし、大好きだなぁ。と思いました。

●ケースの方の気持ちがよく分かりました。子供を産んだり、育てたりするのが怖い気持ちと、やってみたい気持ちと、出来ない自分は劣っているんじゃないかって・・・。

●怒りのケースとても勉強になりました。怒りを抑圧してばかりで、あきらめの状態が多かったので、しっかり見つめていこうと思いました。

●第5回の宿題はとても難しかったですが、宿題のケースA~D、DVDの事例、とら子先生の体験など伺って焦らずインナーチャイルドに向き合っていきたいと感じています。少しずつでも前進できればうれしいです。

●今回も宿題出せずにすみません。でもいつもとりくんでいます。ウサギの話、すごく勉強になりました。

●本日もありがとうございました。まだインチャが出てこないですが、今日の講義もとても参考になりました。ありがとうございました。

●「セラピストの心構え」内面に目を向けて日々を本気で生きます。この1ヶ月劇的な生活の変化がありました。

●ありがとうございました。

<< 1つ前の記事へ | 記事一覧へ | 次の記事へ >>

最新の講義の様子

2017/10/07インナーチャイルドセラピスト養成コース講師:由井学長(DVD上映) (写真クリッ...
2017/09/23インナーチャイルドセラピスト養成コース講師:由井学長(DVD上映) (写真クリッ...
2017/09/16インナーチャイルドセラピスト養成コース講師:東先生 (写真クリックで拡大します。...
2017/09/02インナーチャイルドセラピスト養成コース講師:由井学長 (写真クリックで拡大します...
2017/09/02午後は、インナーチャイルドセラピストコース在校生・卒業生の交流会、「インチャの会...

講義を月別に表示する