2015年07月20日(月)

2015年7月20日(月・祝)

インナーチャイルドセラピスト養成コース
オープンキャンパス(DVD上映会)
講師:由井学長

20150720_op_nagoya_01.jpg 20150720_op_osaka_01.jpg

(写真クリックで拡大します。)

本日はインナーチャイルドセラピストコース公開講座として、由井学長による「インナーチャイルドを学ぶ」のDVD上映講義が行われました。

誰しも、心の問題をかかえており、インチャを癒すことが大切です。

子育てや夫婦の問題などさまざまな場面において、子供の頃に傷ついたインチャが出てくる場合がありますが、そのようなインチャの問題が浮上して生きづらさを感じてしまう時、感情を見つめ、どのような価値観が関係しているかを客観的にとらえることが癒しのステップになり得るからです。

講義では由井学長が長年取り組んだインチャ癒しの経験や子育てを通して学んだことの体験談から、癒しの実践法まで紹介されました。

優しく穏やかに講義は進められ、由井学長が紡ぎ出す言葉のレメディーの一つ一つが皆さんの心にも染み渡って行ったようです。

本日参加された皆さまにもインチャ癒しの大切さが伝わったようです。
終了後はインチャコースにかなり興味を持ち、入学検討したいという方も多くいらっしゃいました。

CHhomの魅力あふれる講義の様子を肌で感じて体験していただきました。

CHhomインナーチャイルドセラピストコース通学コースは9月開講 eラーニングコースは11月開講となります。
この機会にお早目に お申し込みください。

20150720_op_sapporo_01.jpg20150720_op_tokyo_01.jpg

講義の感想

●今日、このインナーチャイルドのお話を聞いて、より深くインナーチャイルドについて理解することが出来ました。ここ何年か自分のインナーチャイルドのこと、子供時代の辛かったことと向きあう機会が多くなり、自分のインナーチャイルドをきちんと癒したいと感じる様になって、由井先生のお話を今日聞いて本当に自分を愛することが大切だと実感できました。入学を前向きに検討したいなと思います。

●寅子先生の感情が(守っているものでなく痛みからの)見える時、一緒に心がふえました。泣きました。人の感情もレメディーと同じですね。今日は大切なレメディーをあがとうございました。受講に関しては資格の仕組みを重視しているので、もう少し考えたいと思います。一番自分らしく還元していける仕組みはどれなのか…考えたいです。

●インナーチャイルドを癒すことの大切さをヒシヒシと感じました。由井先生のお話はやさしく、心に響いてきます。聞いているだけでも癒された感じになりました。さて、ホメオパシーって何だろう?それとインナーチャイルドとの関係をどうおりなしていくのだろう。というところで今回参加しました。やはり、ホメオパシーそのものを知らなければ、先が見えてこない様です。参加させて頂き、とても参考になりました。ありがとうございました。

●すごく楽しかったです。3時間のDVDでしたが、全部の瞬間の言葉や、学びがありました。実例を挙げてのお話や、体験談で出演された方たちの映像もすごく伝わりました。今回、ここに来させて頂けて本当に良かったです。ありがとうございました!!

●本日はありがとうございました。参加者が、私一人だけのために申し訳ない気持ちになりましたが、参加させていただき、とても良かったです。とらこ先生のお言葉がとても心に響いてきて勇気がわいてくるような、自分がかかえているインナーチャイルドに積極的にかかわっていきたいという前向きな気持ちになりました。また、自分を愛することの大切さがとてもよくわかりました。

●前回は、インナーチャイルドコースとか意識しないで聞いていましたが、今回意識して聞きました。結構大変そうだな、特に感情日記。私の子供時代もしくは、現代日本に生きてる子もそうなのか、感情と向き合うことなく、生きてきたからなあ。なんか西洋の人の方が、感情コントロール子供時代にしつけとしてできてきたのかな?とも思う。大人になってから過去のトラウマ大変そうですが、同じことを繰り返したくないから、やった方がいいと思います。

●私自身どんなにがんばってもなかなか自信を持てずに、自己卑下の傾向がありますが、それもインチャが癒されていないせいかと思いました。母子の 関係が周りの人間関係に影響するのも実感しています。時々、まわりの人の私に対する態度が母親を重複して見えることがありますので。いろいろとた めになるお話を聞かせていただき、ありがとうございました。

●とらこさんの故郷の町や単車でこけたエピソードなどがみられてうれしいです。虐待の連鎖というのは、一族のカルマ、先祖のインチャで、今それに気づいた人がそれを癒す、浄化する、鎮魂する役割なんだと思う。心の病(うつや自律神経失調症)も体の様々な病気もインナーチャイルドのSOSなのだと思う。人類全体から受け継いでいるマヤズムを治療するのも壮大な癒しだと思う。

●自分の母親との関係とむかしの自分をとりもどし、心のやさしさと、人とのかかわりのもつ意味をもっと深く感じさせられたように思います。

●もともと興味があり、本なども読んでいたが、更に知識を深めたいと思った。実際の患者さんの映像などを交えていたので終始集中することができた。

●レメディーもですが、インナーチャイルドのケアも非常に重要だということが理解できました。

<< 1つ前の記事へ | 記事一覧へ | 次の記事へ >>

最新の講義の様子

2017/10/07インナーチャイルドセラピスト養成コース講師:由井学長(DVD上映) (写真クリッ...
2017/09/23インナーチャイルドセラピスト養成コース講師:由井学長(DVD上映) (写真クリッ...
2017/09/16インナーチャイルドセラピスト養成コース講師:東先生 (写真クリックで拡大します。...
2017/09/02インナーチャイルドセラピスト養成コース講師:由井学長 (写真クリックで拡大します...
2017/09/02午後は、インナーチャイルドセラピストコース在校生・卒業生の交流会、「インチャの会...

講義を月別に表示する