2012年11月17日(土)

2012年11月17日(土)

インナーチャイルドセラピスト養成コース 第3回
講師:由井学長、新城先生

●前半:由井学長

20121117_innner_yui.jpg

●後半:新城先生

20121117_innner_shinjyou.jpg

本日インナーチャイルドセラピストコース第3回目が行われました。

まずは由井学長による感情の変遷とインナーチャイルドの形成についての説明を例をあげて分かりやすくお話いただきました。

そして前回皆さんにお渡ししていた宿題を基にして、そこから自分を見つめてどのようなことが出て来たのか?特に親に対して嫌いだった部分を自分も持っていないか?ということを認識しそこから脱出するための気づきを与えるセッションが行われました。
生ケーステイクも行われ被験者の問題がクリアになって行く様子を見てその気づきを参加者一同でシェアすることができました。

後半は、新城先生による「インナーチャイルドのマテリアメディカ」の講義が行われました。「Amm-c.」「Fl-ac.」「Nit-ac.」「Plat.」「Thuj.」「Verat.」などをテーマに講義を進めて頂きました。

新城先生のホメオパスとしての実体験から、憎しみやプライドなどさまざまなケースを挙げて頂き、丁寧に分かりやすく解説して頂きました。精神を中心に、現代病や病理学的な視点からとらえたマテリアメディカは、実に奥深く、多くの学びがありました。

由井学長、新城先生ありがとうございました。

講義の感想

●インチャの授業は本当に心がゆさぶられます。自分でもずいぶん罪悪感とか自己否下とか減ったように思ってもまだまだあるな~と気付かされます。 心にドーンときて涙が出てきます。私は母を責めてました。こんな母じゃなかったら私はこんな風にならなかったのに、なんで私をもっと愛してくれな かったの・・・とよく思ってました。でも私は自分が被害者になってると気が付かされました。そして今、じぶんは子供に対しては、私がこの子達の親 じゃなければもっと幸せだったのでは・・・母としての責任をはたせてるのか?と自分を必要以上に責める自分がいる事にも気が付きました。自分が被 害者を辞めなければ、我が子も私の被害者として生きていくのかも・・・。同じ連鎖が続くと思いました。まずは私は自分が被害者から脱出しようと思 いました。一歩ずつインチャを癒し、動じない自分になっていけるのを楽しみに、感情の乱れもじっくり味わっていきたいと思います。本日もありがと うございました。

●由井先生、本当にありがとうございました。先生に私のケースについてお話していただき、とてもよい体験になりました。なかなか難しいと思ってい た私のインチャもなんだか今はなんとかそのうちなるのではないかと思いました。「とにかくゆっくりゆったりすることを許したい」と思います。また その後の新城先生のお話に出てきた親が、大切にしていたんだということから由井先生の言われたことがじわじわと湧いてきて涙が溢れてきました。こ れからも涙の溢れてきたそのことを忘れないでいたいと思います。本当に本当にありがとうございました。これからもいろんなことがあると思います が、インナーチャイルドの講座わたしにとってもとても大切なものとなると思います。ありがとうございました。

●前半の由井先生のパートでは、ひとり前に出していただいて、具体的にインナーチャイルドの分析をしていき、とてもわかりやすかったです。親に対 していやだと思うことを、実は自分もしていると、ハッとさせられました。いやだと思う相手を、自分が人間として成長していくために必要だったこ と、「ありがたい」と思えたら、被害者意識からの脱却のチャンス。これはまさに自分の意識の革命でしょう。これを意識を持ってやっていくインナー チャイルド癒しは、世界を変えていくと思います。自分からやっていきます。新城先生の、インナーチャイルドのレメディーのマテリアメディカも、ズ バッズバッとわかりやすく伝えてくださり、良かったです。プラチナのケースでは、自分が父親に愛されていたことを思い出したクライアントさんのと ころで涙が出ました。自分にも同じところがあったようです。気付きをありがとうございました。

●いつもお世話になり、ありがとうございます。由井先生のご経験をはじめに、受講生さんのインチャをケースとして、具体的に教え て下さり、とてもわかりやすかったです。自分もそうですが、親のいやだなぁと思っていることを、実際は自分もしているのだということが、よくわか りました。それを否定するのではなく、許していくことが大事なんですね。新城先生のマテリアメディカでもでてきましたが、私は今、ちょうど相談会 で出された Nit-ac.をのんでいるのですが、人を憎む、そして自分を憎むということが起きていたのが、これまではわかりませんでした。悲しみとか、恐れとか、怒りが強いなぁと思っていたのですが、「自分への憎しみ」という部分があるということは、本当に思っている以上に強い感情、インチャがあったのだなぁと思います。 窒素入りの野菜とか、小さい頃の家庭環境とか、Nit-ac. のテーマがよくわかり、やはり自分と共通点があることもよくわかりました。その他のレメディーも、とてもわかりやすかったです。次のクラスも楽しみです。 ありがとうございました。

●宿題がでることで必ずインナーチャイルドと向き合う事ができるので、これから成長できるような気がしてワクワクします。ただ例としてでていただ いた方のようにとらこ先生とのセッションの中で気づいていくように、一人で自問自答しても行きづまってしまってるような気がしています。これから みんなとシェアしていく授業があるかもしれないですが、今はその一人でやってる所で何かブロックかかってるのが気になります。それをとるためにま ず対応するレメディーを教えてもらったんですよね。新城先生の1つ1つのレメディーを詳しく説明してくれてわかりやすかったです。先生の人間観察 の楽しさに愛を感じました。ありがとうございました。

●ありがとうございました。由井先生:感情の変遷をもう一度やっていただいたので、より深く理解できました。すべての元は、両親からきていると 思ってよいのですね。「三つ子の魂、百まで」を実感しました。「魂の学びの場として、インチャがある」という言葉は響きます。インチャいやしをす るには、心や体にエネルギーがあることが大切です。心や体をいやすレメディーとインチャ、並行してやっていきたいです。新城先生:とてもわかりや すかったです。情報量が多く、よく整理しなくては、と思います。今日のレメディーは、自分の中に皆、あるように思います。

●忙しく家事や仕事に追いかけられている毎日の中、この時間は自分を見つめる事の出来る大切な時間です。自分のインナーチャイルドは随分癒されていると思っていましたが、まだまだですね。由井先生の言葉に涙が溢れている自分がいます。まだまだ自分を愛せていないし、許せていないなと分かりました。新城先生のレメディーの解説もとても分かりやすかったです。ありがとうございました。

●とても興味深かったです。3時間あっという間でした。宿題については私は掘り下げるのが甘いのか、ブロックがかかっているのか、本音だったのか少しわからなくなりました。また考え直そうと思います。レメディーはどれも私に合いそうな気がして、手持ちのモノから試してみたくなりました。ありがとうございました。

●前回の宿題のケース進行、とらこ先生の質問によりひとつひとつ見えてくるものがある。前の時もすごいなぁと思いましたが、今日も本当に驚くことばかりで、これは2007年から思っていることですが、とらこ先生には何かが聞こえているの?見えているの?今日もエッ!?というところがありました。新城先生の授業も、ずっと書きっぱなしで、もう手首が痛いですが、とてもわかりやすく充実した内容で、いろいろと気づかされることがありました。

●インナーチャイルド形成の背景には一人一人違うパターンがあるので、変遷の流れに当てはめて理解しようとした場合とても難しかったです。しかし完璧な親からは何も学べないと知ると、自分がインチャをつくり、学び、気付くために私自身の人生があった事を理解できたら、インナーチャイルドもありがたいな!と思えました。自分が被害者であるまでは幸せを感じることはできないというのも納得です。 

●何であれ、自分のベースを作り上げているもの、人に対して頭を下げること敬意を持つこと、私もなかなかできません。自分の努力してきたことを否定する様な気がしていました。由井先生の行動で世界のホメオパスの心がつながったこととても感動しました。精神のMMもこうやってテーマごとで解説してもらえるとわかりやすく、イメージをつかみやすいです。

●具体的な例を使っての由井先生のお話わかりやすかったです。ただ私はまだその先にどんなインチャがあるかという深読みができません。これは経験を積めばよいのでしょうね?新城先生のレメディーの話、精神を中心とした内容ですごく参考になりました。RACKの症状をわかりやすい言葉に置き換えて説明してくれてとても助かりました。ありがとうございました。

●新城先生のマテリアメディカはとてもわかりやすく、レメディーのイメージがすっと頭にはいってきました。特にPlatのケースはクライアントさんが変わって行く様に感動しました。適切なレメディーを取るだけでなく、一番大切なことはクライアント自身が気づいていく過程なんだと改めて感じました。本日の講義で得たことを胸にまた自分のインナーチャイルドと向き合っていきたいと思います。

●今日も具体的にセルフカウンセリングについてやっていただきわかりやすかったです。ただ実践となると道徳インチャが強すぎるのか、なかなか進まず、カウンセリングシートを見ながらうなっています。久しぶりの新城先生、楽しかったです。人間観察好きなのはホメオパスにとって、とてもプラスなところですね。興味本位のものでなく愛があるなぁと 感じました。今Thuj.をとってますが、他のもとってみます。

●最初のケースでは、自分が嫌っていること・苦手なことは実は親から植え付けられたり、言われたりしたことが根っ こにあるのだということ、そしてどのようにしてインチャを見つけていけば良いのか少しわかったような気がします。1人で宿題をやっていても(イン チャを見つけようとしても)むずかしく感じて頭を抱えてしまうけれど、由井先生が導いてくれると理解しやすいです。後半のマテリアメディカは、レ メディーを身近な人に当てはめてみてね、と言われたとおりに考えていたら、わかりやすく面白かったです。自分自身はPlat.だなーとつくづく思 いました。ちょうど今、ホメオパスから処方してもらっているので、しっかり摂ろうと思います。

●宿題から落ちこぼれてますが、自分の毎日に起こっていることが共鳴して心の中が動きます。私の個人史にとって、大変タイムリーなコースになりま した・・・。師に頭を下げる。大きなことですね、基本ですね。いつも大切なことを由井先生ありがとうございます。新城先生のMM初めて聞きまし た。わかりやすく印象に残りやすく楽しい講座でした。ありがとうございました。

●インナーチャイルドにミネラルも大きく関連していることがわかり、インナーチャイルドをいやすにはその人のいろいろな情報を知ることが必要だと いうことがわかりました。行きにくくなっている人(きらわれてしまう人)ほどつらい過去があるということをかみしめ、けして人を嫌うことはしない ようにしようと思いました。

●授業ありがとうございました。全ては自分の中にある、自分の嫌いな人は自分のインチャを気付かせてくれるありがたい存在、自分のインチャをいや す事ができれば、どんな人とでも結婚相手としてやっていけるのでしょうか? 誰かを好きになるのは本来の自分が好きなのではなく、自分のインチャ が好きなのでしょうか? MMは特徴がつかめてとてもわかりやすかったです。もっと話を聞きたかったです。

●宿題の発表のところで子供に対して正直に誠実に向き合っていない自分ややはり自分の親に似てしまっていることを改めて感じました。それらを含め てどんどん受け入れて愛せる自分になりたいです。レメディーのところでは、どれも自分に当てはまる気がしました。家族の顔とレメディーが一致した 気がするものはとらせてみようと思いました。

●寅子先生の講義、今日はむずかしかったです。新城先生のマテリアメディカ、最高でした。レメディのことはしっているはずなのに、真新しいことを 学んでいるようでしんせんなかんじもしましたし、ケースもくわしくてのめり込んだように講義もきくことができました。ありがとうございまし た。

●由井先生によるライブセッションは今日も素晴らしく、過干渉な親と同じ事をしている自分や子供にインチャをダブらせている自分をクライアントに 気づかせて行く導きはさすがだなと思いました。愛のない家庭で生まれたけれどあなたが気づくことで愛ある人間になればよい、そのためのインチャ癒 しなんだという言葉に感動しました。先生自身も様々な体験を通して日々インチャと向き合っているというお話も感心しました。ありがとうございまし た。

●新城先生はプルービングを基にしてMMを分かりやすく具体的な例をあげて話していただきひとつひとつの特徴がイメージしやすかったです。力強い 言葉には説得力があり、さりげない一言一言に気が効いていていつもながらすごいなあと感心しながら聞いていましたMM以外の+αのエピソードや体 験談も楽しくてためになることが盛りだくさんでした。ありがとうございました。

●由井学長も、新城先生も、身近な人の話やケースなどふんだんにとり入れて、とてもわかりやすいお話でした。由井学長の講義では、生ケースの分析 が素晴ら しかったです。その方の奥にある価値観の存在を明らかにしていく過程があざやかでした。新城先生の講義は人を引き込む力があり、あっと言う間に時 間が経ち ました。ハーネマンのプルービングに基づいたレメディー像を、ご自身の体験をまじえて、とても詳しくまたわかりやすく解説して下さいました。両先生、あり がとうございました。

●由井先生のお話しは、いつも自分の心に問いかけることができる、ありがたい講義です。今の自分は④の怒りが多く、心して③の悲しみへと数字を小 さくしていくことができるようにすることが当面の課題です。新城先生は親しみやすい明るい人柄で、講義内容がどんどん頭に入ってきました。具体例 は、事例を話す為に遭遇したとしか思えない、どなたも個性の強い興味深いキャラクターの方々が登場し、レメディの特徴がわかりやすく、印象深いも のになりました。

●今日、初めて受けました。インチャ講座、なぜ受けるのが、恐かったですが、大丈夫そうです。新城先生の授業は、すごく一生懸命やって下さって、 楽しく聞けました。ケースがあってわかりやすかったです。ありがとうございました。

●あっという間の3時間でした。誰もが奥の深いインナーチャイルドの中で生きていると思いました。自分だけじゃなくみんなそう生きているんだと実感しました。ありがとうございました。宿題にまた悩みそうですが頑張ってメールします。

●由井先生の授業ではアンケートの実例を聞け、自分の見つめ方がまだ浅いなと思いました。いろいろ心が反応しているはずなのに見落としていることがいろいろあるような気がした。新城先生の授業では自分に使っているレメディが出てきたりして興味深かった。各々のレメディーの背景、あてはまることが面白いと思った。

●インチャと向き合う時には、いつもきっかけとなる出来事がありますが、宿題と向き合う時には、そうした自然に感情が揺り動かされることのない中で、自分と対峙することになり、そこに提出のタイムリミットを与えられることも、また学びなのだと思います。ありがとうございます。

●由井先生のパート。宿題は悩んでしまい提出できませんでした。今日は授業を参考に書きたいと思います。実際に学生の方と先生のやり取りはとても参考になりました。新城先生のパートはレメディーの特徴がまとめられていてイメージしやすかったです。ケースも具体的でした。

●少しずつインナーチャイルドの癒す方法が見えてきました。考えてみても、まだまだ思い出せないことが多いですが、ひとつひとつやっていきたいと思います。マテリアメディカの授業では、たくさん思い当ることがありました。

●発表のあった宿題の分は、自分の事とも重なっていたので分かりやすく、自分も掘り下げる必要がある事が明確になりました。新城先生のマテリアメディカも分かりやすくPlat.のケースは涙が出てきました。ありがとうございました。

●今日のレメディーのなかで、Thuj.が気になりました。幹が見えない木、まるで私のようです。とってみたいと思います。

●毎回、少しずつ自分の理解を深めていけるような気がしています。インチャから見たMMもよかったです。

●由井先生の実践は、毎回なっとくのあるものばかり。自分におきかえた時にどうだろうと考えさせられる。新城先生のMMは、とてもわかりやすかっ た。インチャにとっかしたとらえ方をするとこうなるのかと実感。新しいことを学んだ気がする。

●レメディーの色々な働きが解りやすかったです。まだ1年生でレメディーはほとんど解らないので、とても勉強になりました。

●症例(?)の人の話がわかりやすかったです。ブッダの言葉が心に響きました。他の言葉も知りたくなりました。レメディーの話が面白かった。

●分かりやすく説明して下さり、理解しやすかったです。ありがとうございました。

●悲しみ→怒り の部分がまだよくわかりません。新城先生のお話は具体的で面白かったです。

<< 1つ前の記事へ | 記事一覧へ | 次の記事へ >>

最新の講義の様子

2017/10/07インナーチャイルドセラピスト養成コース講師:由井学長(DVD上映) (写真クリッ...
2017/09/23インナーチャイルドセラピスト養成コース講師:由井学長(DVD上映) (写真クリッ...
2017/09/16インナーチャイルドセラピスト養成コース講師:東先生 (写真クリックで拡大します。...
2017/09/02インナーチャイルドセラピスト養成コース講師:由井学長 (写真クリックで拡大します...
2017/09/02午後は、インナーチャイルドセラピストコース在校生・卒業生の交流会、「インチャの会...

講義を月別に表示する