2018年09月02日(日)

2018年9月2日(日)

CHhom プロフェッショナルホメオパス CH6・7・8・9期
「オルガノン講読」
講師:新城先生

20180902_CH6789_tokyo_01.jpg20180902_CH6789_tokyo_02.jpg

(写真クリックで拡大します。)

本日は、全学年合同のホメオパスのバイブルであるオルガノンの講読の授業が行われ、新城先生が教鞭を持ちました。今回取り上げるのは「急性病」と「慢性病」でした。

ハーネマンはホメオパシーの進化を伝える為、オルガノンを何度も書き換え、晩年にはこれまでの集大成となる第6版を執筆しましたが、後世のホメオパス達に大変誤解され、混乱したまま現代に伝わっております。

なぜなら、ハーネマンの指示には、ホメオパシー初期の時代に行われていた現物質(毒物)を含む状態のレメディー化されたものに対するリピートの危険性と、慢性病治療においては現物質を含まないLMポーテンシーをリピートして使用する必要性のくだりの解釈は、オルガノンの全体構成と、時代背景、当時のハーネマンを取り巻く状況を知る事など、深い洞察と理解力が必要になるからです。

鋭い読解力が必要なリピートのパートを、由井学長が一節一節、一行一行を慎重に読み解き、医術のオルガノンの日本語版を作り上げたものをベースに授業は行われました。今回の授業ではパラグラフ71~78までをとりあげました。

午前は急性病の種類や原因を画像等を使いわかりやすく解説されました。また、新城先生自身が最近体験した熱中症の体験を原因から対処法までユーモアを交えてお話しされており学生達も興味深く聞いているのが印象的でした。

慢性病パートでは慢性病の分類、マヤズムの形成など多くの画像を使用しながらわかりやすく解説されました。

慢性病の最後に由井学長の化学物質過敏症のケース動画を上映し、治癒されていく様子を視聴した後、処方やPsoraの解説をされました。

最後まで熱のこもった講義となり学生たちも集中して熱心に聞いていました。

新城先生、本日のありがとうございました。
学生の皆さま、本当にお疲れ様でした。

20180902_CH6789_sapporo_01.jpg20180902_CH6789_nagoya_01.jpg20180902_CH6789_osaka_01.jpg

講義の感想

●めちゃめちゃ楽しかったです!!オーガノンは、ただ読んでいても「赤下げないで白上げない」のような難しい書き方で、まゆ毛がだんだん八の字になってきてしまうのですが、新城先生の情熱的でメリハリのある授業で楽しく頭に入ってきました。Psorが大きくなりすぎると「症状を出せない、老廃物を出せない、感情を出せない・・・、これはガンの人の症状だ」という言葉が印象的でした。バイタルフォースは魂を守るために肉体を手放そうとする、つまりは死を選択する。その人がその人らしく生きるために「出せる人」になれるよう導くのが、ホメオパスの役割のように感じました。ありがとうございました。

●新城先生の授業はとてもおもしろく一日があっという間でした!!1年生のわたしでもわかりやすくお話してくださり、要点は何度も伝えて下さるのでしっかり書き留めることができました。大変助かりました。ソーラの状態がどうであるかを見極めること、必須ミネラルが抗疥癬レメディーになること、必ず+鉱物レメディーを一緒にとることなど、慢性症状(病)に対する(+マヤズム)対処法を今回学ぶことができて、とても興味深い授業でした!もっともっと学びたいです。本当にありがとうございました。内容が盛り沢山でした!

●先生がオーガノンに沿って様々な事例を示してくださったおかげでとてもわかりやすくオーガノンの文章がしっかり頭に入ったと思います。CHhomに入学して1年半近く経ちました。先生のお話を聞いていてやっと点と点(今まで得た知識)が線になって理解できる内容が増えて来たように思います。若草物語、昔アニメで観ていて好きだったので資料として映画で観ることができて嬉しかったです。映画の方にも興味が出て来ました。子宮頚がんワクチンのDVDを観ると私自身も3回打ってしまっているので怖くなります。それと同時に私は同じような症状が出ていないことに感謝しないとと思いました。私自身に症状が出ない理由が少し分かったような気がします。妹家族も時々レメディーを摂っているのですがソーファーの入ったレメディーはあまり摂っていないと思うので急性病の後にすすめようと思います。ソーラの特徴の理解が深まりました。長時間の講義ありがとうございました。

●オルガノン購読 ~オルガノンと慢性病論の授業、とてもありがたいです。入学してから両方読みましたが、読んだといっても、文字を追っているだけで、深く正しく理解することは、この授業なくしてはできない…と痛感しました。詳しく分かり易く、教えていただけることに本当にありがたいと感謝です。今ここで学ばせて頂いていることがぜいたくでありがたいことだと痛感しました。いろいろな症状が出ていることも、ソーラ(疥癬マヤズム)の視点から考える必要があると。先月の新城先生のデトックスセミナーに出席させて頂いたとき、あせもにArs. 10Mをとって、足に粟粒疹様のかゆい湿疹(黄色い液体が出て)を出しながら、かゆみに耐えつつ、質問させて頂きました。あれから1ケ月過ぎ、また同様にあせもが出て来たので、やっぱりLMでやらないといけないと身をもって体験させて頂きました。新城先生、いつも質問に答えて下さり、ありがとうございます。これからも、恐れず、レメディをとって、プルービングしていこうと思いますので、また…質問させて頂けたらうれしいです。

●新城先生の初めてのオルガノンの授業、とってもとってもわかりやすかったです。急性病と慢性病を見極め、その人のPsorの状態、サセプタビリティ、インチャの状態など統合的に見ることにより、正しいレメディを選択できるのだと思いました。クライアント本人がインチャ癒しを真剣に取り組むことはもちろんのことですが、日本一億総インチャ人間+慢性病だらけの中、学生相談をやりながら、日本人をホメオパシー的に治療していくことの難しさを日々実感しています。当然、私自身もある誘引によりPsorとサセプタビリティが拡大し、今現在感情が大暴れしているのですが、このような人間を相手に根気強く忍耐を持って相談会に向えるのだろうか?という私自身に対するギモンが湧き上がってきています。本物のハイルクインストになりたいと思う一方、本当に厳しく難しい道であると痛感しています。私自身、毎日がPsorを立ち上げる出来事ばかりで、今は信仰心もなくなり、元々神を憎んでいたことを思い出しました。この先どうなるんだろうと思っているところです。本日はありがとうございました。

●ハーネマンの言葉をだいぶ平易に噛み砕いて下さったので、分かりやすかったので、とても有難かったです。マヤズム・ソーラがもう少し遠い存在だったが、外因により容易に目覚め、怒ったりし始めるのかなと思った。より身近になり、もっと丁寧につき合っていかないといけないものだと少~しですが分かったので、抗マヤズムのSulphなどを生活に取り入れていきたいです。でも不思議、でもナゾが多いホメオパシー。より一層分かりますように・・・!!

●自らの体験をもとに、症状の抑圧をしたことによる状態を話されていて、とても分かりやすかったです。3年間学んできたけれど、まだまだ急性病と慢性病についてわかっていない部分が多いなと思いました。また、ハーネマンととらこ先生との解釈を比較しながら講義を進めてくださり、とらこ先生の言っていたことをさらに深く気付きを得ることができました。

●どういうことかは理解できましたが、頭の中でまだまだまとまっていない感じですので、難しかったです…。人に説明できない状態です。慢性マヤズムの形成の話は、直感的に理解できたような気にはなりますが、一般の人に説明できません…。ホメオパシーの本質に関わる授業であった、ということはよく理解できました。

●以前から例えば咳は急性??慢性??という疑問があったので、今日の授業で良くわかりました。セルフケアの時にソーラの事を念頭に…というのが、これから自分や家族にも試していこうと思います。プロフェッショナルコースに入ることにしたきっかけは慢性病に対処できるのはホメオパシーだけだと思ったからです。その片鱗を今日見れた気がします。

●新城先生の初めてのオルガノン授業でした。1~4年生の合同でしたので、1年生にも分かるように丁寧で分かりやすい授業内容でした。急性病であっても、根底には慢性病が潜んでおり、キッカケにより、潜伏していたPsorが表面に吹き出てくる仕組みについて、くわしく教えていただきました。また、慢性病について鉱物レメディーを出すことの大切さを認識できました。オルガノン購読から、ハーネマンの意図を読み解くことにより、病気の根本であるマヤズム治療がいかに大切かを学びました。また、バイタルフォースの仕組みや働き方など、今まで学んできたことの復習になりました。ありがとうございました。

●急性病と慢性病について、とても難しかったですが、少し分かりました。ソーラが根本にあり、サセプタビリティの強弱により、急性病が出るか出ないかとなる。ソーラを大きくしない事、ミネラルの枯渇がソーラを大きくしてしまうこと、急性病を抑圧すると慢性病になるので出しっぱなしにすること。ソーラを立ち上がらせる誘因には、心的ショックもあり、考え方により、ソーラが立ち上がるので、今現在において、幸せに思えることが大事だとわかりました。バイタルフォースが守ろうとしてるのは、魂であるので、肉体が死んでも魂を守ろうとしている。魂が喜んでいれば、ソーラは立ち上がりにくいので、今幸せに思えることが大事だと分かりました。ミネラルと心が大事ですね。レメディーとってみます。今日も授業ありがとうございました。

●とても苦心してわかりやすいように説明されているのが伝わりました。おそらく初めてついていける授業となりました。ありがとうございました。慢性マヤズムの形成の過程は特に分かりやすかったです。現代の薬による抑圧のフタが更に積み重なっていくと、将来の子供達はどうなってしまうんだろう・・と心配になりました。ホメオパスとしては、少しでも多くのフタを取ることが役目なんだろうな、とも感じました。

●まだまだ理解できているとは言えませんが、なぜ人は病気になっていくのか?急性病とは何なのか?慢性病とは何なのか?マヤズムはどう形成されていくのか?細かくとても丁寧に教えて頂き、ソーラが立ち上がらないように日頃から気を付けて生活したいと思います。今回、ソーラの大きさがとても大事な事を教えて頂けましたが、結果論ではなく、今現在ソーラが大きくなっているのか?どのくらいなのか知る方法は全くありませんか?それが分かっていたら、そう少し気を付け方も変わると思います。

●午後からの参加でしたが、慢性病についての講義は今までも時々ありましたので、2年生になってみたら理解できる部分が増えたと思います。今回は由井先生の解釈によるマヤズムの形成がとても分かりやすかったです。絵も理解出来やすく書かれていてありがたいです。午前の急性病の部分は早く補講をとり、午後の分ももう一度資料を見直します。

●急性マヤズムを抑圧して、慢性マヤズムになることや、慢性マヤズムから急性病が起こることはよくわかりました。マヤズムに関する講義ももっと聞きたいと思います。どの症状がどのマヤズムに属するのかという大まかなマヤズムは分かるのですが、まだ処方においてのマヤズムを選択するのに迷ってばかりなので、もっと勉強したいです。ありがとうございました。

●抑圧を重ねてソーラが大きい状態になってしまっていたら、症状が多く現れ、持続していくと聞いた時は、元気に戻る希が薄れるような気になりましたが、ミネラルが大事であり、必須ミネラルによりソーラを小さくできること、物事の感じ方(インチャを癒して、起きたことが必要だから自分に起こったと思えること)を信仰心を持つ感じ方を身につけること、など様々な解決法を教えていただきました。とても意義深い講義でした。ありがとうございました。

●日本人が多くが、かかえている慢性マヤズムとそれによって起こる、急性症状を取り除くことの難しさを考えると、気が遠くなってしまいます・・・。少しずつでもほんの一歩ずつでも改善する方法を見つけ出さなくてはいけないのだと感じました。人を丁寧にみる、観察し、症状を引き出すための勉強を重ねていきたいと思います。インチャの癒しや、何よりも自分を大切にすることも大事だと感じました。ありがとうございました。

●実はオーガノンを開いたのはとても久しぶりでしたが、新城先生のわかり易い解説で、またオーガノンを読んでみようかなと思えました。ハーネマンの時代から人体の真理が少しも変わっていない事に改めて驚きます。今日の授業を通して、これまで培ってきたPsorのイメージが整理された様に思います。新城先生、この授業の準備はとても大変だったと思います。良い授業でした。ありがとうございました。

●オルガノンハーネマンの書き方や言い回しが私にとってとてもわかりづらくなかなか頭に入りませんが、今日の新城先生の話はとてもわかりやすくちゃんと読んでみたいという気になりまっした。急性病、慢性病の授業は前にもありましたが、感染症とインチャの関係についてもっと知りたいと思老います。Psor.を大きくしないような生活を送れたらと思いました。先生のオルガノン良かったです。ありがとうございました。

●初めての新城先生の講義でしたがとても楽しく受講させていただきました。ありがとうございました。ひとりで読むととても難解なオーガノンも先生の解説でとても分かりやすく落とし込むことができました。抗疥癬レメディ、必須ミネラルレメディの重要性も改めて学ぶことができましたので今日帰宅後からすぐにセルフケアしていきます。また次回の講義も楽しみにしています。ありがとうございました。

●新城先生の講義はとてもわかりやすかったです。psor.の恐ろしさ、セルフケアであってもZENメソッドでなければレメディが効かなくなるというのは、今までバカスカ適当に使っていたので心配になりました。(これもpsor.を目覚めさせそうですが)DVDの映像を見ての視点がホメオパスとしての目線にどれだけなれるか?これからきたえていかねばです。若草物語は何人か原作で死んだのではなかったかなと思います。原作はものすごくぶ厚い本でした。自分はものすごく静電気体質なので歯のつめものの害かなと思います。なかなか歯はむずかしいです。

●今までで一番わかりやすいオーガノンの授業でした!新城先生すごい!!最後のまとめのところもパワポあるともっとうれしかったですが、それは自分でまとめなさいということですね。。。!わたしも水銀が多いと毎日毎日QXででて、今サポートMercを処方されています。こわすぎますが出していくしかないからがんばります。ありがとうございました。

●とても分かりやすい言葉におきかえて説明さあれていたので理解しやすかったです。ただ午前のはじめの方は、おきかえる言葉が解釈を多く含んでいるように聞こえて、オーガノンの原文を読んでも理解ができていない人には誤解を与えてしまわないだろうかと思う所が何か所かありました。具体的に覚えていないので書けずすみません...授業が進むにつれ、そういうことはなくなったように思います。

●新城先生の講義でPsorについて詳しく学びましたが、私もたくさん薬で抑えてきた事があるので、たくさん老廃物があるんだろうな…と思いました。あとセルフケアで急性病を抑えているので、いずれまた何かしらの症状が出るのかな‥と軽くビビっちゃいました。バイタルフォースが一番守りたいのは魂である。ありがとう!

●オルガノン購読はなかなか進まなかったが、本日の講義を受けて、理解を深める事が出来た。急な病の表面でとるレメディーだけでは不十分。片手落ちで、必ずSulph.をとらないといけないという意味も認識が進んだ。授業の欠席が続き、久しぶりに皆様とあえて嬉しかった。同時に遅れを感じて少し焦っています。必須ミネラル不足が何故いけないかということを学び、収穫の大きかった1日でした。

●すっごく丁寧にわかりやすく教えて下さって嬉しかったです。ありがとうございます。RAH時代の大変な様子も聞けて(ずっと知りたいと思っていた)、そういう日本のホメオパシー界の経験と歴史があって今の恵まれた環境、ノウハウを享受できることを感謝して精一杯勉強したいと元気がでてきました。Psor.がどういうものか、どのようにとらえて症状をみたらいいのかという点がよくわかりました。なぜPsor.が処方されているのかも理解でき、とても満足な一日でした。

●とても奥の深い内容でしたが、先生のご説明は大変分かり易く、授業のペースも良かったです。しっかりとメモも取れました。1年生で分からないことも多い中、大事なところは、またこれから出ると言っていただき、安心しました。ミネラルの重要さも、なんとなく分かりましたので、今後の授業でまた学んでいくことを楽しみにしています。ありがとうございます。

●新城先生、ありがとうございました。難解なオルガノンの内容を、分かり易く伝えて下さり、納得できる部分が多かったです。患者さんの出している症状が急性症なのか、慢性病なのか、見極める必要があることを学びました。急性病の対応についても、Sulph系を加えていきたいと思います

●これまでの学びがいくつかの点でつながったように理解できた本日の講義で学びが多かったです。なぜ同じ誘因があっても発症したりしなかったりするのかあという長年のなぞがとけてすっきりしまっした。ホメオパシーの深さにますまさす魅せられのめりこんでいきそうです。

●オルガノン購読の授業を新城先生がやるときいて少し驚きましたが、内容は大変わかりやすくて話も面白かったので、すごくよかったです。疥癬治療の重要性を切に感じました。熱中症の失敗談の話などが特に面白かったです。新城先生は話が上手いので聞いていて楽しかったです!ありがとうございました。

●とてもわかりやすかったです。この膨大なオルガノンのまとめ方が自分でもうまくできなくて、まちがった覚え方をするのも嫌で、よく混乱します。子宮頸癌ワクチンの解毒について、もう少し詳しい情報がありましたら、今後授業で教えていただけると嬉しいです。ありがとうございました。

●難しいことをわかりやすく教えてくださってありがとうございます。ソーラの話は衝撃的でした。急性症状に病状に合った単一のレメディーをとっていましたが、同時にSULPHなどの鉱物レメディーもとるように先生がおしゃっていました。そうしないとソーラが大きくなるのでしょうか?ここを聞き逃してしまいました。

●新しい切り口でのオーガノンノ解説でした。新鮮な感覚です。とても丁寧に言葉一つ一つをひも解いて行ってくださいました。オーガノンは一人で読んでいてもよく理解ができません。詳しくわかりやすくご説明くださりありがとうございました。

●私たちの根本的な部分にPsor.があり、それが外因によって立ち上がることが急性病として症状に出るしくみがよくわかりました。植物と一緒に鉱物をとるということの意味がやっとわかった気がします。「たくさんのことを理解しようとするのではなく、一つのことをもっと深く理解しようとする」という新城先生の言葉が心に残りました。

●オルガノンの授業が本日はとてもわかりやすく教えていただき、ありがとうございました。全学年合同というのも、窮屈で疲れますが、優しく教えていただけるので、OKかなと思いました。病気を2つにわけること、現在は学生相談中で、もう一度最初から考えてみようと思いました。わかりやすかったです。

●慢性病のソーラは原因がなければ急性も出てこないので原因を積極的に減らす生活はやはり大切かなと思いました化学物質過敏症のとらのこ発表の方の例は最初2年間に授業で見た気がしますがその後事故にあわれてあのように変化するなんてと感激しました。

●心のこもった講義をありがとうございました。慢性病という点から見ると、今まで勉強した内容もまた違ったとらえ方をすることがわかりました。しっかり理解できるように、オーガノンを読まねば!!と思います。

●とても難しい内容をわかりやすく説明していただいたので今までぼんやりとしたイメージでしか分からなかったPsorのことがだいぶ理解できました。難しい中にも楽しいお話も盛り込んでくださりわかりやすい授業をありがとうございました。

●オルガノンは言葉が難解で一人で読もうとしてもなかなか進まず苦労します。新城先生のわかりやすい説明でこんなにもスルスルと入って来るのかと思いました。この記憶が消えぬよう復習したいと思います。

●新城先生のクラスは初めてでしたが、大変わかり易い授業でした。ライン病(Lep)がPsorに変わってきたこと、ソーラの土壌に感染体や病原体が薬などの抑圧により合体することなど、わかり易い考え方・ご説明でした

●急性病、慢性病のパートは授業で何度か触れていましたが、自分の中でまだ不安なパートでもあったので今回もう一度オルガノンをもとに解説を聞けてとても分かりやすかったです。ありがとうございました。

●とてもよい授業でした。面白くてお昼後も眠たくならなかったです。難しい内容の急性病と慢性病の授業でしたが、新城先生の分かりやすい説明と工夫でとても腑に落ちました。ありがとうございます。

●よくわかりました。ということは、マヤズム治療だけしていけばいいんですかね?急性なんて、ほっといて、急性をとりながらということもせずに、マヤズムに直で届かせる位のポーテンシーでたたいていって、Psor.をとりのぞけば、Psor.から出てる急性症状も勝手にとれていくワケだし。

●これまでの授業でもマヤズムのことはよく分かった気でいましたが、今日の講義はとても丁寧で分かりやすく、頭の中が整理された感じです。Psorが立ち上がるという意味が、今までよく分かってなかったですが、今日はとてもよく分かりました。Psor.-ミネラル-レメディーの関係も、とても良かった。ありがとうございました。

●「ハーネマンはこう書いている」「とらこ先生はこうおっしゃっている」と全部整理した状態で教えていただき、あいまいな理解だった部分のいくつかが整理できて、ハッキリした理解になり、とてもありがたかったです。

●初めての新城先生の講義、とても分かりやすかったです。1年生なのでまだまだ分からない所だらけですが、その分からない部分が整理されて頭に入ったような気がします。後半の最後やれなかったところも、機会があればまたお聞きしたいです。今日はありがとうございました。

●急性病と慢性病の違いがとてもよく解りました。又、マヤズムがベースにあるという事がとても重要となってくるという事もしっかり理解でき、これからレメディー等を使用する際、合わせてとっていこうと思います。

●急性病と慢性病のレメディーの使い方を改めて教えて頂けて勉強になりました。Psor.が小さい人、大きい人という図でかいて見せて頂いたのですごく分かりやすかったです。マヤズムがすごく整理されて良かったです。

●1年生の時、授業で聞いて、なんとなくしかわからずモヤモヤしていたマヤズム、急性病、慢性病等の部分を、整理して分かりやすく説明していただき、すっきりしました。とはいえ、まだまだわかっていないことも多いので、これから復習したいと思います。

●深い内容でした。処方を出すうえでとても大事な話でしたので、しっかり覚えたいと思います。持っているソーラが大きくなり症状を出すという感覚で処方した事がなかったので、難しいと思いました。ありがとうございました。

●興味深い内容で、集中して学ぶことができました。難しいオーガノンですが、とてもわかりやすい説明で、理解が深まりました。ソーラというものの深さに考えさせられました。

●慢性マヤズムとても難しくてなかなか理解できなかったですが、今日の新城先生の講義でずいぶん理解できたような気がします。とても分かりやすかったです

●本日の授業はとてもわかりやすかった。急性病と慢性病について、又、鉱物レメディーの大切さが良く理解できた。急性病の下に慢性マヤズムがあることを見逃してはいけないことが大切。

●マヤズムのこと、とても分かりやすく説明してくださっていてよく理解できました。急性病、慢性病の違いも分かりやすかったです。しっかり復習したいと思います。

●まずクライアントさんの主訴が急性病か慢性病か見極めるとうことの必要性と難しさを感じました。まだマヤズムの判断も中々見極められない状態ですが、Psorのことがよく理解できました。

●クライアントさんをみる注意点がわかってよかった。ミネラルやTSの重要性を日を追うごとに感じる。

●わかったような思いでいた部分を再認識できました。まだまだオルガノンに対して、理解しきれていない部分、じっくりと読んで吸収を今一度と思います。ありがとうございました。

●新城先生の授業は、いつも面白いのですが、今日の授業はとてもわかりやすかったです。sor.について、かなり理解が深まりました。ありがとうございました。

●慢性病、急性病のとらえ方についてマヤズムのことについてとても分かりやすく説明して頂きました。ありがとうございました。

●とても難しいけど、すごくわかりやすく教えて頂けました。マヤズムは深すぎていつも興味深いです。ありがとうございました。

●難しいものですがとても分かりやすくて夢中になって聞いていました。去年よりだいぶ言っていることがわかるようになってきてうれしい。

●オーガノン難しいけど、新城先生の講義は、ゆっくりこまかく詳しくだったのでついていきやすかった。

●とてもわかりやすく、難しい部分が自分の中で、かなり整理されたように思います。ありがとうございました。

●とても分かりやすい授業でした。慢性マヤズムについて理解を深めることができました。

●本日もありがとうございました。何度も同じことを聞いてやっとわかってきた気がします。

●新城先生のオルガノン、説明がとてもわかりやすかったです。ありがとうございました。

●1年次、2年次で理解できなかったことがやっと少しだけ理解できるようになりました。

●オーガノン講読は難しくて苦手でしたが、新城先生の講義はわかりやすかったです。

●今日も分かりやすく、とても面白い授業でした。ありがとうございました。

●初めてマヤズムが腑に落ちて理解できた(ハート)

●いつも分かりやすく興味深い授業をありがとうございます。


<< 1つ前の記事へ | 記事一覧へ | 次の記事へ >>

最新の講義の様子

2018/09/08CHhom プロフェッショナルホメオパス CH6・7期「ケーステイクと分析」講...
2018/09/02CHhom プロフェッショナルホメオパス CH6・7・8・9期「オルガノン講読...
2018/09/01CHhom プロフェッショナルホメオパス CH7・8期「TBRの使い方」&「Q...
2018/08/26CHhom プロフェッショナルホメオパス CH8・9期「マテリアメディカ」講師...
2018/08/25CHhom プロフェッショナルホメオパス CH8・9期「臨床病理学②」講師:酒...

講義を月別に表示する